TOP / セミナー講演資料 / 人工知能

人工知能に関連するセミナー

他のカテゴリから探す

AI(人工知能)を活用し、生産ラインや店舗での画像解析活用の事例を一挙解説(ユーザー企業講演あり) ~30社以上への導入事例から主要事例を解説、プロトタイプも40万円から実施可能~

開催日:2019年 6月21日

普及する、AI(人工知能)による画像解析技術

AI(人工知能)への期待が高まっています。

特に画像解析の分野では、単に人間の負担を減らし業務を効率化することはもちろん、人間ではできないような判別・判断や集計・分析、予測などでAI(人工知能)を活用することが期待されています。

実際に工場や店舗で使われているユースケースを一挙解説

先進的な企業では、既にAI(人工知能)を活用し、成果を出しています。

例えば、本セミナーの主催者であるDEHAでは、以下のような事例があります。

・生産ライン上にカメラを設置し全量を外観検査/傷、汚れ、異物などを自動検知

・構造物をカメラで撮影し、コンクリート材に幅0.2mm以下の細かな傷も検出

・店舗にカメラを設置、来客者の性別、年齢、人数や、どの棚のどの商品が見られているか、何回目の来店で購買しているかなどを分析

・人間の目ではむずかしい小さな物体(薬や微生物など)も95%以上の精度、35msec/Frameの速度でカウント

・その他、30社以上の事例

ユーザー企業講演による、リアルな話し

本セミナーでは、AI(人工知能)の可能性について語るのではなく、既に導入されており、今効果を上げている事例について解説します。

また、AI(人工知能)を導入したユーザー企業の講演もあり、リアルな話しを聞くことができます。

プロトタイプ開発も40万円から実施可能

さらに画像解析技術に強みを持つベトナム企業DEHAでは、AI(人工知能)を活用した画像解析のプロトタイプ開発も40万円からご提供しています。

本セミナーで、プロトタイプ開発についてもご案内いたします。

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~16:00 店舗にカメラを設置し来客を画像分析、マーケティングに活用した事例(ユーザー企業講演)

16:00~16:10 AI(人工知能)を活用し、生産ラインや店舗での画像解析活用の事例を一挙解説

16:10~16:40 オフショア経験者視点で考えるベトナムのアウトソーシング(ユーザー企業講演)

16:40~17:00 質疑応答

主催

株式会社DEHA SOLUTIONS

当日会場アクセスに関するお問合せ

03-5475-6109

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


AI(人工知能)で上司・マネージャーの働き方を改革 ~AIがメンバーのメール確認、クレームを発見、改善の糸口にし、売上が急増した事例~

開催日:2019年 6月12日

既存顧客の離脱防止、リピート化は経営の最重要課題

既存顧客の離脱防止、リピート化は経営の最重要課題です。

ティエン・ツォ著「サブスクリプション」から引用させていただくと、「モノが売れず、全てがサービスとして提供される時代には、顧客との長期的なリレーションシップが成長の鍵となる。」とあります。

クレームの早期発見が重要

既存顧客の離脱防止、リピート化で重要なのは、クレームやその予兆の早期発見です。

早期発見することで、問題が顕在化する前に適切な対策が可能となります。

これまでのやり方(営業日報)で、確実にクレームを検知できるのか?

これまでは、例えば営業担当者は営業日報などを毎日書き、上司やマネージャーに提出していました。

マネージャーはこれを毎日確認し、問題がある場合はフォローしていくということを実施していました。

しかしこのやり方では、営業担当者が重要な点をきちんと日報で報告しているかという問題があります。

また上司やマネージャーの負担も大きくなります。

AI(人工知能)を活用し、お客様とのメールを常時分析、クレームを早期発見する方法と事例

そこで本セミナーでは、AI(人工知能)を活用し、お客様とのメールを常時分析することで、クレームを早期発見する方法について、事例を交えて解説します。

SIerのプロジェクトにおける課題や遅延の早期発見も可能

また、営業部門以外でも、システムインテグレーターにおけるプロジェクトマネージメントなどでも応用が可能です。

これについても紹介します。

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~15:45 クレームが発生する理由(予兆はブラックボックス)

15:45~16:15 AIにメールをチェックしてもらう方法(サービス紹介)

16:15~16:30 今まさにクレームが来ているかもしれない、無料診断のすすめ

16:30~17:00 質疑応答

主催

AI sales株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

03-3275-6654

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


データサイエンティストがいない「普通の企業」がAI(人工知能)を活用するためには? ~製造業や小売業の事例から、AI導入の指針を解説~

開催日:2019年 3月26日

AIブーム到来

AIはIT企業に限らず様々な企業で導入されています。

自社でも何かできるのではないか、どう取り入れていくのか考えるのは自然な流れです。

AIを何に使うか

とはいえ、自社でAIを導入したいが何をやっていいかわからないと考える担当者の方は多いのではないでしょうか。

何に役立てられるのか、そのために何が必要なのか。

AI人材は自社にいるのか

AIを導入するためには、ビジネスがわかり、データの取り扱いがわかり、データ分析もわかるデータサイエンティストが必要と言われています。

自社にそういう人材がいるのかということを懸念される方も多いと思います

AIプロジェクトの立ち上げ方、進め方がわからない

会社の中でどうやって進めていいかわからないということもあると思います。

こんな悩みをお持ちの方にAI導入の指針を示します

製造業や小売業でAIはどう使われているのか事例を示し、それぞれに必要な技術とデータを示します。

スパースターのようなデータサイエンティストの人材がいない企業でどう進めていくか。

社内で議論を進めプロジェクトを開始するまでのステップを示します。

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~16:15 自社でAIを導入する担当になった方へ AIプロジェクトの立ち上げと進め方を考える

コンサルタント 上田 良寛

16:15~17:00 質疑応答

主催

株式会社オープンソース活用研究所

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


10万円からお試しできる、ベトナムオフショア開発説明会

開催日:2018年 6月26日

対象者

・エンジニアが不足していて、ベトナムオフショア開発の活用を検討している方
・ベトナムオフショア開発は未経験で、不安がある方
・ベトナムオフショア開発での品質や納期に不安がある方
・過去、オフショア開発を実施したが、失敗してしまった方

この説明会のメリット

・ベトナムへのオフショアについて、不安や疑問を参加者を交えてディスカッションすることで、他社がどのように対策しているのかを知ることができます。

・日本語でのコミュニケーション力の高さで定評のあるベトナム企業「株式会社NAL」のエンジニアがディスカッションに参加し、参加者からの質問にお応えすることで、課題に対する具体的な解決策を知ることができます。

・10万円から、ベトナムオフショア開発をお試ししていただけます。

いま、システムエンジニアが不足しています!

2015年問題と言われたITエンジニア不足の問題。
2017年になった今も解決の目処は立っていません。

経済産業省は2030年には78.9万人のITエンジニアが不足すると試算しています。


出所)http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160610002/20160610002.html

このような中、ベトナムへのオフショア開発が注目されています。

オフショア開発と言えば、中国が主流ですが、システムエンジニア人件費が急速に上昇しており、開発コストが増大しています。
そこで、ベトナムへのオフショア開発が注目されています。
以前より、「ポスト中国」として期待されていましたが、ここ数年で力を付けて、日本からの委託も急速に増えています。

しかしながら、「品質」「納期」「仕様誤認」などの不安も。。。

しかしながら、オフショア開発に対して「品質」「納期」「仕様誤認」などの不安はあると思います。
中国などで一度失敗している方も多いでしょう。

請負契約とラボ契約の違いは?

また、オフショア開発で多い「ラボ契約」について、請負開発とどうちがうのか、疑問に持たれている方も多いと思います。

どうやって選べばいい?どうやって始めればいい?

さらに、ベトナムオフショア開発をやりたいと思ったときに、どうやって会社を選んで、評価して、どうやってスタートすればよいか、分からない方も多いでしょう。

全ての疑問に答えます!

10社以上のベトナムオフショア開発企業と取引があり、30回以上のオフショア開発セミナーを企画・運営している、オープンソース活用研究所 所長の寺田が、このような疑問に全てお答えします。

また、10万円からお試しできるプランについてもご説明します。

参加者でのディスカッションも

最後に、参加者全員で、ベトナムオフショア開発の不安や期待、活用ノウハウなどについて、情報交換を行います。
また、皆様からの疑問に、ベトナム人エンジニアがその場でお答えします。

以前参加していただいた方からは、以下のような感想を頂いています!

SI(システムインテグレータ) 40代男性の参加者
直接、現地の意見が伺えたこと。オフショアに対する「警戒感」が薄まりました。

SI(システムインテグレータ) 40代男性の参加者
ベトナムにおけるオフショア開発の現状、今後の課題など、日本側、ベトナム側の生の声が聞けてとても参考になりました。

その他のIT関連業 20代男性の参加者
現地の方と直接話をすることができて良かったです。少人数で距離が近いため、より親近感を持って参加することが出来ました。

通信サービス業・ISP 40代男性の参加者
ベトナムの現状が現地の方から聞けて、大変参考になりました!

SI(システムインテグレータ) 60代以上男性の参加者
実際の会社を経営しているベトナムの方が参加したので説得力がありました

その他のIT関連業 40代男性の参加者
日本、ベトナムの文化の違いを多少教えていただけました。お互いの認識違いがトラブルの基(日本でも)なので、時間をかけて理解していきたいです。

SI(システムインテグレータ) 40代男性の参加者
現実的で正直な情報を得ることが出来ました。

その他のサービス業 50代男性の参加者
具体的でした。とても良かったです。

IT関連ソフトウェア製造業 40代男性の参加者
NAL社に興味がわきました。ベトナムオフショアの現状も把握できました。

★皆様のご参加をお待ちしております!★

プログラム

18:00~18:30 受付

18:30~19:00 ベトナムオフショア開発説明会

19:00~20:00 質疑応答

主催

NALヒューマンリソース株式会社

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業に提供させていただきます。

ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


RPAと国産OSSのWebDBとの良いとこ取りで、「働き方改革」に「快適性」を加えませんか?

開催日:2018年 6月22日

RPAを導入すれば業務効率化が実現できるのでしょうか?

昨今の人材不足を背景に、業務を自動化するためのロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation, RPA)が 急速に普及しています。
RPAは単純な繰り返し作業が得意ですが、人間の仕事を全て代替することはできません。
人間にしか出来ない仕事(計画、判断、コラボレーション等)は別のやり方で効率化する必要があるのです。

ロボット系業務 × 人間系業務の両方を効率化

大量の単純画面操作を得意とするロボット系の業務と 計画する・判断する・コラボレーションを行う人間系の業務、それぞれの得意領域へ適したツールを適用することが重要です。
PC操作業務の自動化を得意とするRPAと計画、判断、コラボレーションが得意なWebDBを適材適所で利用します。
これにより、ロボットと人のオーケストレーションで業務プロセス全体を自動化・効率化することが可能になります。

人気の国産RPAツール「WinActor」

本セミナーでは、RPAとWebDBとの組み合わせで、業務を自動化・効率化する方法について解説します。
RPAツールとしては、いま大人気の「WinActor」をベースに、その活用方法を解説します。

オープンソースのWebDB「プリザンター」

また、WebDBツールとしては、『第30回中小企業優秀新技術・新製品賞 ソフトウェア部門』で優秀賞を受賞した、今注目のオープンソースのWebDB「プリザンター」を紹介します。

働き方改革の実現には「快適性」が不可欠

「働き方改革は、単に業務を自動化・効率化すれば実現するわけではありません。
データの見える化や、コミュニケーションの改善など、人間がより働きやすくする、というポイントも重要です。
本セミナーでは、「ロボットが得意な領域と人間が得意な領域」について、どのように分担するべきかについても解説します。

プログラム

 14:30~15:00 受付

 15:00~15:10 オープニング

 15:10~15:50 セッション1「WebDBプリザンターの紹介(仮)」

株式会社インプリム 内田 太志

 15:50~16:10 セッション2「プリザンター活用事例の紹介とデモンストレーション(仮)」

CTCシステムマネジメント株式会社 菅原 伸也

 16:10~16:20 休憩

 16:20~16:50 セッション3「RPAとOSSの組み合わせで働き方改革と快適性の両立を実現(仮)」

CTCシステムマネジメント株式会社 伊藤 千博

 16:50~17:20 質問タイム

主催

CTCシステムマネジメント株式会社

協力

株式会社インプリム
マジセミ株式会社
株式会社オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、主催・共催・協賛・講演企業各社に提供させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


イーサリアムによるスマートコントラクトの実装と、ICO事例

開催日:2018年 5月29日

注目される「スマートコントラクト」

ビットコインや、その中核技術である「ブロックチェーン」に注目が集まっています。
しかしブロックチェーンは、暗号通貨だけのものではありません。

「スマートコントラクト」の実現こそが、ブロックチェーンの最大の価値だと言われています。

「スマートコントラクト」とは

スマートコントラクトは、コントラクト(契約)をスマートに行える(自動化する)ことを言います。
スマートコントラクトとは契約の自動化であり、契約の条件の確認やその履行までを自動的に実行させます。

取引を自動化できるため、取引や決済にかかる期間の短縮や不正防止、仲介者を介さないことによるコスト削減などの効果が見込めるため、注目されています。

また、ブロックチェーンを活用しでスマートコントラクトを利用することで、非中央集権型のサービスを実現でき、社会に大きな変化をもたらす可能性があると言われています。

「イーサリアム」とは

イーサリアムとは、ブロックチェーンと同様の暗号通貨です。
時価総額は、ビットコインに次ぐ第2位となっています。

ビットコインが「決済システム」に特化しているのに対して、イーサリアムは「アプリケーション作成の‟プラットホーム”」がコンセプトです。

イーサリアムのブロックチェーンやプラットホーム「EVM(Ethereum Virtual Machine)」を利用して誰でもアプリケーションを作成する事ができます。

この特性のため、「スマートコンラクト」を実現するプラットフォームとして、注目を集めています。

イーサリアムによるスマートコントラクトの実装と、ICO事例

本セミナーでは、イーサリアムを使ってどのようにスマートコントラクトを実装するのか、その方法を解説します。

さらに、日本語が得意なベトナムオフショア開発企業 NALが開発した、イーサリアムを活用したICO(新規仮想通貨公開)の事例について紹介します。

プログラム

18:00~18:30 受付

18:30~19:00 イーサリアムによるスマートコントラクトの実装と、ICO事例

19:00~20:00 質疑応答

主催

NALヒューマンリソース株式会社

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業に提供させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者
連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


RPAはどのような業務にどこまで使えるのか?どこまで効果があるのか?

開催日:2018年 2月20日

急速に普及が進むRPA

"昨今の人材不足を背景に、業務を自動化するためのロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation, RPA)の普及が急速に広がっています。
"

どのような業務に、どこまで使えるのか?どこまで効果があるのか?

"RPA導入に興味を持たれている企業も多いと思いますが、「実際にどのような業務を自動化できるの?」「どこまで使い物になるの?」「結果、どの程度の人員を他の業務にまわせるの?」といった疑問を持たれている方が多いのではないでしょうか。
"

人気のRPAツール「WinActor」をベースに解説

"本セミナーでは、いま大人気のRPAツール「WinActor」をベースに、どのような業務に対応できるのか、どの程度の効果が期待できるのかについて解説します。
"

プログラム

"##18:00~18:30 受付

18:30~18:45 RPAはどのような業務にどこまで使えるのか?どこまで効果があるのか?

マジセミ株式会社 代表取締役社長 寺田雄一

18:45~19:25人気のRPAツール「WinActor」ならここまでできる(仮)

株式会社アクシオ(講演者調整中)

19:25~20:00 質疑応答

"

主催

"マジセミ株式会社
"

協力

"株式会社アクシオ
オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業に提供させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者
連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。
"


ディープラーニングを活用した、設計文書、特許文書、論文等の類似性判定や類似文書の検索(ベトナムオフショアで開発する人工知能システム)

開催日:2017年 8月 3日

急速に普及する人工知能

50年来の大きな技術的ブレークスルーと言われるディープラーニングの登場によって、人工知能技術は急速に発展しています。
その適用分野は、画像認識や自然言語処理、医療、金融、など多岐に渡り、さらに多くの分野への適用が検討されています。

ニーズが強い、日本語文書の類似性判定や分類

当社では、ここ3回、人工知能技術を応用したチャットボット(ChatBot)に関するセミナーを行ってきました。
その中でチャットボット以外に、日本語文書の類似性判定や、類似文書の検索などのニーズが強いことがわかりました。

論文の類似性判定システムを、デモシステムとして開発

今回、ベトナムオフショア開発企業であるNALでは、人工知能を研究しているチームで、論文の類似性を検出するシステムを開発しました。
日本でも問題になっている、過去論文の盗用を検出するものです。

ベトナムオフショアでどこまでできるのか

今やベトナムオフショア開発は、コスト削減だけの手段ではありません。
ベトナムのIT企業は、急速に人工知能など最新技術をキャッチアップしています。
(もちろん、コストが削減できることは言うまでもありません。)

本セミナーでは、ベトナムオフショア開発における、人工知能システムの開発状況についてご紹介します。
今回は、ディープラーニングを活用した文書の類似性判定や、類似文書検索を中心にお話しします。

ベトナムオフショア開発の課題や注意点

オフショア開発というと、まだ品質などの面で心配される方もいらっしゃるかもしれません。
実際、注意が必要なポイントもあります。
本セミナーでは、そのようなベトナムオフショア開発における課題や注意点についてもご紹介します。

スケジュール

18:00 受付開始

18:30 ディープラーニングを活用した文書の類似性判定や、類似文書検索

NALヒューマンリソース株式会社 取締役 グエン・トアン・アン

ベトナムオフショア開発における、人工知能システムの開発状況についてご紹介します。今回は、ディープラーニングを活用した文書の類似性判定や、類似文書検索を中心にお話しします。

19:00 ディスカッション

20:00 終了

主催(共催)

NALヒューマンリソース株式会社

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業にて共有させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417
※個人の方、同業の方はご参加をご遠慮いただく場合がございます。


ディープラーニングを活用した、設計文書、特許文書、論文等の類似性判定や類似文書の検索(ベトナムオフショアで開発する人工知能システム)

開催日:2017年 6月26日

急速に普及する人工知能

50年来の大きな技術的ブレークスルーと言われるディープラーニングの登場によって、人工知能技術は急速に発展しています。
その適用分野は、画像認識や自然言語処理、医療、金融、など多岐に渡り、さらに多くの分野への適用が検討されています。

ニーズが強い、日本語文書の類似性判定や分類

当社では、ここ3回、人工知能技術を応用したチャットボット(ChatBot)に関するセミナーを行ってきました。
その中でチャットボット以外に、日本語文書の類似性判定や、類似文書の検索などのニーズが強いことがわかりました。

論文の類似性判定システムを、デモシステムとして開発

今回、ベトナムオフショア開発企業であるNALでは、人工知能を研究しているチームで、論文の類似性を検出するシステムを開発しました。
日本でも問題になっている、過去論文の盗用を検出するものです。

ベトナムオフショアでどこまでできるのか

今やベトナムオフショア開発は、コスト削減だけの手段ではありません。
ベトナムのIT企業は、急速に人工知能など最新技術をキャッチアップしています。
(もちろん、コストが削減できることは言うまでもありません。)

本セミナーでは、ベトナムオフショア開発における、人工知能システムの開発状況についてご紹介します。
今回は、ディープラーニングを活用した文書の類似性判定や、類似文書検索を中心にお話しします。

ベトナムオフショア開発の課題や注意点

オフショア開発というと、まだ品質などの面で心配される方もいらっしゃるかもしれません。
実際、注意が必要なポイントもあります。
本セミナーでは、そのようなベトナムオフショア開発における課題や注意点についてもご紹介します。

スケジュール

18:00 受付開始

18:30 ディープラーニングを活用した文書の類似性判定や、類似文書検索

NALヒューマンリソース株式会社 取締役 グエン・トアン・アン
ベトナムオフショア開発における、人工知能システムの開発状況についてご紹介します。今回は、ディープラーニングを活用した文書の類似性判定や、類似文書検索を中心にお話しします。

19:00 ディスカッション

20:00 終了

主催(共催)

NALヒューマンリソース株式会社

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業にて共有させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417
※個人の方、同業の方はご参加をご遠慮いただく場合がございます。


ベトナムオフショアで開発する、人工知能システム ~増加する、チャットボット(ChatBot)導入事例~

開催日:2017年 6月 5日

好評につき、3回目の開催です!

急速に普及する人工知能

50年来の大きな技術的ブレークスルーと言われるディープラーニングの登場によって、人工知能技術は急速に発展しています。
その適用分野は、画像認識や自然言語処理、医療、金融、など多岐に渡り、さらに多くの分野への適用が検討されています。

導入事例が増える、チャットボットへの応用

その中でも、人工知能技術を応用したチャットボット(ChatBot)の導入事例は急速に増えています。
例えば、銀行や保険のカスタマーサポートセンターや、ECサイトにおける接客支援、ニュースサイトや情報提供サイトのガイドなど、導入分野は多岐に渡ります。

ベトナムオフショアでどこまでできるのか

今やベトナムオフショア開発は、コスト削減だけの手段ではありません。
ベトナムのIT企業は、急速に人工知能など最新技術をキャッチアップしています。
(もちろん、コストが削減できることは言うまでもありません。)

本セミナーでは、ベトナムオフショア開発における、人工知能システムの開発状況についてご紹介します。
今回は、チャットボットを中心にお話しします。

ベトナムオフショア開発の課題や注意点

オフショア開発というと、まだ品質などの面で心配される方もいらっしゃるかもしれません。
実際、注意が必要なポイントもあります。
本セミナーでは、そのようなベトナムオフショア開発における課題や注意点についてもご紹介します。

スケジュール

18:00 受付開始

18:30 ベトナムオフショアで開発する、人工知能システム ~増加する、チャットボット(ChatBot)導入事例~

NALヒューマンリソース株式会社 取締役 グエン・トアン・アン

ベトナムオフショア開発における、人工知能システムの開発状況についてご紹介します。今回は、チャットボットを中心にお話しします。

19:00 ディスカッション

20:00 終了

主催(共催)

NALヒューマンリソース株式会社

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業にて共有させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417
※個人の方、同業の方はご参加をご遠慮いただく場合がございます。


ベトナムオフショアで開発する、人工知能システム ~増加する、チャットボット (ChatBot)導入事例~

開催日:2017年 4月24日

急速に普及する人工知能

50年来の大きな技術的ブレークスルーと言われるディープラーニングの登場によって、人工知能技術は急速に発展しています。
その適用分野は、画像認識や自然言語処理、医療、金融、など多岐に渡り、さらに多くの分野への適用が検討されています。

導入事例が増える、チャットボットへの応用

その中でも、人工知能技術を応用したチャットボット(ChatBot)の導入事例は急速に増えています。
例えば、銀行や保険のカスタマーサポートセンターや、ECサイトにおける接客支援、ニュースサイトや情報提供サイトのガイドなど、導入分野は多岐に渡ります。

ベトナムオフショアでどこまでできるのか

今やベトナムオフショア開発は、コスト削減だけの手段ではありません。
ベトナムのIT企業は、急速に人工知能など最新技術をキャッチアップしています。
(もちろん、コストが削減できることは言うまでもありません。)

本セミナーでは、ベトナムオフショア開発における、人工知能システムの開発状況についてご紹介します。
今回は、チャットボットを中心にお話しします。

ベトナムオフショア開発の課題や注意点

オフショア開発というと、まだ品質などの面で心配される方もいらっしゃるかもしれません。
実際、注意が必要なポイントもあります。
本セミナーでは、そのようなベトナムオフショア開発における課題や注意点についてもご紹介します。

スケジュール

18:00 受付開始

18:30 ベトナムオフショアで開発する、人工知能システム ~増加する、チャットボット(ChatBot)導入事例~

NALヒューマンリソース株式会社 取締役 グエン・トアン・アン

ベトナムオフショア開発における、人工知能システムの開発状況についてご紹介します。今回は、チャットボットを中心にお話しします。

19:00 ディスカッション

20:00 終了

主催(共催)

NALヒューマンリソース株式会社

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業にて共有させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417
※個人の方、同業の方はご参加をご遠慮いただく場合がございます。


ベトナムオフショアで開発する、人工知能システム ~増加する、チャットボット(ChatBot)導入事例~

開催日:2017年 3月28日

急速に普及する人工知能

50年来の大きな技術的ブレークスルーと言われるディープラーニングの登場によって、人工知能技術は急速に発展しています。
その適用分野は、画像認識や自然言語処理、医療、金融、など多岐に渡り、さらに多くの分野への適用が検討されています。

導入事例が増える、チャットボットへの応用

その中でも、人工知能技術を応用したチャットボット(ChatBot)の導入事例は急速に増えています。
例えば、銀行や保険のカスタマーサポートセンターや、ECサイトにおける接客支援、ニュースサイトや情報提供サイトのガイドなど、導入分野は多岐に渡ります。

ベトナムオフショアでどこまでできるのか

今やベトナムオフショア開発は、コスト削減だけの手段ではありません。
ベトナムのIT企業は、急速に人工知能など最新技術をキャッチアップしています。
(もちろん、コストが削減できることは言うまでもありません。)

本セミナーでは、ベトナムオフショア開発における、人工知能システムの開発状況についてご紹介します。
今回は、チャットボットを中心にお話しします。

ベトナムオフショア開発の課題や注意点

オフショア開発というと、まだ品質などの面で心配される方もいらっしゃるかもしれません。
実際、注意が必要なポイントもあります。
本セミナーでは、そのようなベトナムオフショア開発における課題や注意点についてもご紹介します。

スケジュール

18:00 受付開始

18:30 ベトナムオフショアで開発する、人工知能システム ~増加する、チャットボット(ChatBot)導入事例~

NALヒューマンリソース株式会社 取締役 グエン・トアン・アン
ベトナムオフショア開発における、人工知能システムの開発状況についてご紹介します。今回は、チャットボットを中心にお話しします。

19:00 ディスカッション

20:00 終了

主催(共催)

NALヒューマンリソース株式会社

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業にて共有させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417
※個人の方、同業の方はご参加をご遠慮いただく場合がございます。


オープンソースソフトウェアを活用した特許情報の可視化及び分析

開催日:2017年 2月24日

ディープラーニングの基礎とハンズオン(体験学習)

開催日:2017年 2月23日

 人工知能(AI)とセットで「ディープラーニング(深層学習)」と呼ばれる分析技術に注目が集まっています。既に実際のビジネスにおいては、製造工程における異常検出や設備の故障予測、商品のレコメンデーションなど幅広い分野で活用されており、身近で利用しやすい技術となりつつあります。
 本講習会では、ディープラーニングとは何か、その概要説明を行った後、市販のデータ分析ソフトを使用して実際にディープラーニングを受講者の方に体験していただきます。ご関心をお持ちの皆様のご参加をお待ちしています。


人工知能をどうビジネスに活用するか?~オープンソースのディープラーニング「TensorFlow」の活用例から考える~

開催日:2017年 1月18日

急速に発展する人工知能技術

50年来の大きな技術的ブレークスルーと言われるディープラーニングの登場によって、人工知能技術は急速に発展しています。

その適用分野は、画像認識や自然言語処理、医療、金融、など多岐に渡り、さらに多くの分野への適用が検討されています。

オープンソースのディープラーニングエンジン「TensorFlow」

ディープラーニングの実装については様々なものがあり、オープンソースとしても多くのソフトウェアが公開されています。

「TensorFlow」はその1つで、Googleが開発・公開したものです。
ディープラーニングの実装の中でも、人気が高いソフトウェアで、世界中で広く活用されています。

人工知能技術を自社のビジネスにどう活用すればよいのか?

本セミナーでは、急速に発展する人工知能技術を、具体的にどのようにビジネスに活用すればよいのか、「TensorFlow」の活用例をご紹介しながら考えていきます。

プログラム

15:15 受付開始

15:45 Tensorflowとディープラーニング、ビジネスでの活用例

株式会社KSKアナリティクス

セールス&マーケティング本部 データソリューションプランナー 高木宏明

データサイエンス本部 シニアデータアナリスト 渡邊輝

機械学習の中でのディープラーニングの位置づけを解説するとともに、TenssorFlowのメリット、課題、ビジネスでの活用例をご紹介いたします。

16:15 いち早く人工知能テクノロジーを取り入れた 製品・サービスを市場に展開するには?

株式会社XEENUTS代表取締役 西田 泰彦

株式会社クラスキャット 代表取締役 佐々木 規行

人工知能や機械学習の本質とそれらの背景と共に最新の市場動向を把握し、自社における機械学習の活用ならびに機械学習を取り入れた新規ビジネス実現のためのステップを解説いたします。

16:45 人工知能をどうビジネスに活用すればよいのか(ミニパネルディスカッション)

コーディネーター:マジセミ キャスト

我々は人工知能をどうビジネスに活用していけばよいのでしょうか。
登壇者と参加者とで議論していきます。

17:30 終了

主催

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業にて共有させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417


ディープラーニング(深層学習)をさわってみよう!

開催日:2016年12月 3日

 昨今、人工知能(AI)とセットで「ディープラーニング(深層学習)」と呼ばれる分析技術に注目が集まっており、ディープラーニングは、囲碁ソフトのアルゴリズム・自動運転制御システム・製造工程における異常検出など、幅広い分野で活用されています。
 このワークショップでは、ディープラーニングの基礎を学んでいただくと共に、オープンソースのデータ分析ソフト「RapidMiner」を使ってプログラミング無しにディープラーニングをご体験いただき、最新の技術について理解を深めていただきたいと考えております。

1.ディープラーニング(深層学習)とは?
2.RapidMiner を使ったディープラーニング・ハンズオン
3.ディープラーニングは万能なのか?


オープンソースで始めるデータ分析(機械学習・ディープラーニング)

開催日:2016年11月12日

これからデータ分析を始めたい方におススメのデータ分析ソフト「RapidMiner」を使って、機械学習・ディープラーニングを活用する方法をご紹介します。
本セミナーの内容は以下のとおりです。
・データ分析の手法(機械学習・ディープラーニング)とは何か
・分析をどのようなことに活用できるか
・機械学習とディープラーニングの違い
・RapidMinerで機械学習/ディープラーニングを実践
・ディープラーニングは万能なのか?