TOP / セミナー講演資料 / ������������

������������に関連するセミナー

他のカテゴリから探す

オープンソースでデジタルマーケティング ~オープンソースによるマーケティングオートメーション(MA)と会員統合~

開催日:2018年10月11日

#本セミナーの対象者
・ネット通販、会員サイトなど、Webサイトを運用している企業のシステム担当者


#高額なマーケティングオートメーションツール

1to1マーケティングが重要で効果があることは分かっていても、担当者の負担が大きいため十分に実践できていないという企業は多いと思います。

そこで、マーケティング業務を自動化うる「マーケティングオートメーション(MA)」ツールが注目されています。

既に複数のツールやサービスが提供されていますが、高額なものも多く、まだ導入に踏み切れていない企業も多いと思います。


#ばらばらなWebサイト、ばらばらな会員管理

一方、目的毎に複数のWebサイトを持っている企業は多いと思います。
例えば、製品紹介のサイト、ネット通販(EC)サイト、コミュニティ(SNS)サイトなど。

この場合、会員情報もサイト毎にばらばらに管理されていることが多いのが実情です。

このままではいくつかの問題があります。


#会員登録されずに離脱してしまう

まず、利用者にとっては、サイト毎に毎回会員登録をしなければなりません。
これは大きな離脱(会員登録を諦めてしまう)の原因になります。


#1to1マーケティングができない

会員情報や購買履歴、アクセス履歴などもサイト毎にばらばらです。
これでは、せっかくマーケティングオートメーションツールを導入して、顧客をセグメンテーションしたりスコアリングして、1to1マーケティングを実践しようとしても、その元データが不十分ということになってしまいます。


#求められる会員統合

そこで、まずは会員情報を統合し、1to1マーケティングのためのデータベースを整備するとともに、会員登録や認証などを一元化し顧客の利便性を高める必要があります。
また最近では、FacebookなどのSNSの会員情報と連係する、ソーシャル連携なども重要になっています。

この場合、ID管理ツールやシングルサインオンツールを利用しますが、これらも高額なことが多く(ユーザー数に比例したライセンス費用)、導入に踏み切れていない企業も多いと思います。


#オープンソースを活用し、リーズナブルに問題を解決

本セミナーでは、これらの課題について、オープンソースなどを活用することで、リーズナブルに課題を解決する方法やその事例について解説します。


#プログラム

##15:00~15:30 受付

##15:30~16:00 リピート率をアップするOSSのMAツール「Mautic」

大手ファッションサイトでの事例を参考にしながら、コンバージョン率40%UPした方法や、リピート率UPの手法、A/Bテスト、メールマーケティングの重要性などについて解説します。
また、オープンソースのマーケティングオートメーションツールである「Mautic」について紹介します。

##16:00~16:30 会員統合、認証統合の事例とオープンソースのシングルサインオン「OpenAM」

企業のWebサイトにおける、会員統合、認証統合、ソーシャル連携などの事例を紹介するとともに、そこで活用したオープンソースのシングルサインオンツール「OpenAM」について紹介します。


#主催・共催
かもめエンジニアリング株式会社
株式会社Cuon(クオン)

(個人情報取扱)
#協力
[オープンソース活用研究所](https://osslabo.com/)
![マジセミ](https://majisemi.com/e/checker.gif)

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。

ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂きます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


【SIer歓迎】無料オンラインストレージのリスク(データ持ち出し/ランサムウェア感染など)と対策 ~様々なオンラインストレージとの比較と、内部不正対策、ランサムウェア対策など機能紹介~

開催日:2018年10月10日

無料オンラインストレージのリスク

DropboxやGoogleDriveなど、無料のオンラインストレージが人気です。
しかし企業においては、以下のような課題があります。

独自にオンラインストレージを導入しており、セキュリティ対策が不十分。
機密情報もアップロードされており、情報漏えいのリスクがある。
リモートワークなどで自宅PCからアクセスする場合、自宅PCにファイルが残ってしまう。
社員が悪意を持ってデータを持ち出しても分からない。(内部不正を検知できない、防げない)
社員PCがランサムウェアに感染した場合、オンラインストレージで共有している全てのファイルが感染(暗号化)されてしまうリスクがある。

ランサムウェアの脅威

特にランサムウェアは企業にとって脅威です。
たった1台のPCが感染しただけで、そのPCからアクセスできるオンラインストレージ上の全てのファイルが不正に暗号化され、利用できなくなってしまうリスクがあります。
企業のビジネスが完全に停止してしまう可能性もあります。

損害が大きい、内部不正によるデータ持ち出し/情報漏洩

内部不正も申告な問題です。
機密情報や個人情報の漏えいが発覚した場合、損害賠償やイメージダウンによるビジネスへの影響など、損害は計り知れません。
また、内部不正は検知や調査が難しいと言われています。

内部不正対策、ランサムウェア対策など「セキュアSAMBA Pro」の機能紹介と、他社オンラインストレージとの比較

本セミナーでは、このような課題に対応するためのオンラインストレージ「セキュアSAMBA Pro」についてご紹介します。
また、他のオンラインストレージとどのように違うのか、その比較について解説します。

パートナープログラムのご紹介

さらに、「セキュアSAMBA Pro」について協業していただけるシステムインテグレーター様を募集しており、そのためのパートナープログラムについてご説明します。

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~16:15 内部不正対策、ランサムウェア対策など「セキュアSAMBA Pro」の機能紹介と、他社オンラインストレージとの比較

16:15~16:30 パートナープログラムのご紹介

16:30~17:00 質疑応答

主催

スターティアレイズ株式会社

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。

ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂きます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


MySQLやMariaDBでダウンタイム"ゼロ"を実現する「マルチマスター」解説 ~「MySQL InnoDB Cluster」、「Galera Cluster」の紹介~

開催日:2018年10月 4日

DBMSの停止は重大問題

情報システムの中核であるDBMS、その停止は重大問題です。
システムトラブルによる停止はもちろん、メンテナンスによる停止であってもお客様へのサービス提供が継続できなくなることは、
ビジネス的にも大きなインパクトがあります。

従来は「マスタースレーブ」

従来、DBMSの可用性を高めるためには、「マスタースレーブ」方式が多く使われていました。
マスターとスレーブ間のデータ同期は通常非同期で行われるため障害時にはデータロスが発生したり、
運用が複雑だったり、フェイルオーバーに数分程度の時間を要したり、と課題がありました。

国内でも採用されている、ダウンタイム"ゼロ"を実現する「マルチマスター」

近年、ビジネスにおける情報システムの重要性が増している中、Yahoo!JAPANを始め
Webサービス事業者や大手通信キャリアのクラウド基盤、国内各種ECサイトなどで、
ダウンタイム限りなく"ゼロ"に近づける「マルチマスター」方式の採用が急速に増えています。

「MySQL InnoDB Cluster」、「Galera Cluster」を解説

本セミナーでは、MySQLのスペシャリストである株式会社スマートスタイルに依頼し、
「マルチマスター」の概要と技術について解説して頂くと共に、
MySQLやMariaDBのマルチマスター・クラスターである「MySQL InnoDB Cluster」、「Galera Cluster」について説明して頂きます。

プログラム

14:30~15:00 受付

15:00~15:30 MySQLにおける高可用性/HAの実現とマルチマスターの概要

株式会社スマートスタイル 内藤 達也

15:30~16:30 MySQL InnoDB Cluster、Galera Clusterの解説

株式会社スマートスタイル

16:30~17:00 質疑応答

主催

株式会社オープンソース活用研究所

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。

ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂きます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


10万円からお試しできる、ベトナムオフショア開発説明会

開催日:2018年 9月28日

対象者

・エンジニアが不足していて、ベトナムオフショア開発の活用を検討している方
・ベトナムオフショア開発は未経験で、不安がある方
・ベトナムオフショア開発での品質や納期に不安がある方
・過去、オフショア開発を実施したが、失敗してしまった方

この説明会のメリット

・ベトナムへのオフショアについて、不安や疑問を参加者を交えてディスカッションすることで、他社がどのように対策しているのかを知ることができます。

・日本語でのコミュニケーション力の高さで定評のあるベトナム企業「株式会社NAL」のエンジニアがディスカッションに参加し、参加者からの質問にお応えすることで、課題に対する具体的な解決策を知ることができます。

・10万円から、ベトナムオフショア開発をお試ししていただけます。

いま、システムエンジニアが不足しています!

2015年問題と言われたITエンジニア不足の問題。
2017年になった今も解決の目処は立っていません。

経済産業省は2030年には78.9万人のITエンジニアが不足すると試算しています。


出所)http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160610002/20160610002.html

このような中、ベトナムへのオフショア開発が注目されています。

オフショア開発と言えば、中国が主流ですが、システムエンジニア人件費が急速に上昇しており、開発コストが増大しています。
そこで、ベトナムへのオフショア開発が注目されています。
以前より、「ポスト中国」として期待されていましたが、ここ数年で力を付けて、日本からの委託も急速に増えています。

しかしながら、「品質」「納期」「仕様誤認」などの不安も。。。

しかしながら、オフショア開発に対して「品質」「納期」「仕様誤認」などの不安はあると思います。
中国などで一度失敗している方も多いでしょう。

請負契約とラボ契約の違いは?

また、オフショア開発で多い「ラボ契約」について、請負開発とどうちがうのか、疑問に持たれている方も多いと思います。

どうやって選べばいい?どうやって始めればいい?

さらに、ベトナムオフショア開発をやりたいと思ったときに、どうやって会社を選んで、評価して、どうやってスタートすればよいか、分からない方も多いでしょう。

全ての疑問に答えます!

10社以上のベトナムオフショア開発企業と取引があり、30回以上のオフショア開発セミナーを企画・運営している、オープンソース活用研究所 所長の寺田が、このような疑問に全てお答えします。

また、10万円からお試しできるプランについてもご説明します。

参加者でのディスカッションも

最後に、参加者全員で、ベトナムオフショア開発の不安や期待、活用ノウハウなどについて、情報交換を行います。
また、皆様からの疑問に、ベトナム人エンジニアがその場でお答えします。

以前参加していただいた方からは、以下のような感想を頂いています!

SI(システムインテグレータ) 40代男性の参加者
直接、現地の意見が伺えたこと。オフショアに対する「警戒感」が薄まりました。

SI(システムインテグレータ) 40代男性の参加者
ベトナムにおけるオフショア開発の現状、今後の課題など、日本側、ベトナム側の生の声が聞けてとても参考になりました。

その他のIT関連業 20代男性の参加者
現地の方と直接話をすることができて良かったです。少人数で距離が近いため、より親近感を持って参加することが出来ました。

通信サービス業・ISP 40代男性の参加者
ベトナムの現状が現地の方から聞けて、大変参考になりました!

SI(システムインテグレータ) 60代以上男性の参加者
実際の会社を経営しているベトナムの方が参加したので説得力がありました

その他のIT関連業 40代男性の参加者
日本、ベトナムの文化の違いを多少教えていただけました。お互いの認識違いがトラブルの基(日本でも)なので、時間をかけて理解していきたいです。

SI(システムインテグレータ) 40代男性の参加者
現実的で正直な情報を得ることが出来ました。

その他のサービス業 50代男性の参加者
具体的でした。とても良かったです。

IT関連ソフトウェア製造業 40代男性の参加者
NAL社に興味がわきました。ベトナムオフショアの現状も把握できました。

★皆様のご参加をお待ちしております!★

プログラム

18:00~18:30 受付

18:30~19:00 ベトナムオフショア開発説明会

19:00~20:00 質疑応答

主催

NALヒューマンリソース株式会社

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業に提供させていただきます。

ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい


OSSポータル「LIFERAY」最新バージョン「LIFERAY 7.1」の特徴や新機能の紹介とデモ

開催日:2018年 9月27日

本セミナーのメリット

・LIFERAYの最新バージョン「LIFERAY7.1」の特徴や新機能について紹介します。

LIFERAYとは

LIFERAYはWebシステムを構築するためのオープンソースのポータル製品です。

ポータルを実現するためのフレームワーク、およびそのフレームワーク用に開発されたポートレット(機能部品)、及びポートレットの開発環境から構成されています。

企業情報ポータル(EIP)としての用途が多いですが、最近では企業の対外Webサイトにおいても様々な企業内データを利用することも多くなっており、このような分野での活用が増えています。

LIFERAYはJavaで実装されており、JBoss、Apache Tomcat、WebSphereなど多くのアプリケーションサーバやWebコンテナ上で動作します。

LIFERAY 7.1 の特徴

LIFERAY 7 では、

・UI & UX(Bootstrapのバージョンアップ)
・プラットフォーム(検索エンジンがelastic searchに)
・Webコンテンツ(CMSやワークフローの強化)

など、多くの改良や新規機能の追加がありましたが、7.1 ではさらに強化されています。

また、LIFERY 6 から全体のアーキテクチャーも大きく変わっています。

本セミナーでは、それらの変更点について解説します。

デモンストレーションも

また、LIFERAY 7.1 のデモンストレーションも行います。

プログラム

15:00~ 受付
15:30~ 講演・デモ
16:40~ 質疑応答、アンケート
17:00~ 個別相談
17:30  終了

主催

ユニファイド・サービス株式会社

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、主催・共催・協賛・講演企業各社に提供させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257
※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


オフショア開発で実現する「AR/VR、ライブストリーミング」~製造業や建設現場など、遠隔地の作業員と作業共有して業務効率化を図り、人材不足を解消する~

開催日:2018年 9月27日

製造業や建設現場での熟練者不足が深刻化

少子高齢化の影響で、建設現場等で熟練者の不足が深刻化しています。熟練者が年々高齢化する一方で、後進の人材を確保・育成することが難しい状況になっています。

建設業の就業意欲が低下している

中でもとりわけ建設業については、雇用環境の悪化等で就労意欲が低下し、若年者の減少が続いています。高齢熟練者にとっても、厳しい就労環境のため続けることが難しくなっています。

属人的な作業やマニュアルだけでは対応しきれない

熟練者でなければこなせない作業やマニュアルを見ながらの作業では、効率や品質が低下するという問題があります。更には安全性が脅かされ、重大事故につながる危険性もあります。

作業内容を確実に記録したい

また現場作業を実施する中で、作業内容の記録が必要となる場面があります。しかし作業員が限られた時間内で確実に実施することは、大変負荷の高い作業になっています。

「ライブストリーミング」を活用した遠隔地での情報共有

そこで、遠隔地の作業員と熟練者が「ライブストリーミング」で情報共有する方法が注目されています。市販のウェアラブルカメラを利用し「ライブストリーミング」で映像や音声をリアルタイムに共有し、熟練者が素早く的確に指示やアドバイスを与えることができます。電話では伝えきれない詳細情報を360度の視野で確認できます。また作業内容を確実に記録として残したい場面では、カメラで動画として記録し、作業のエビデンスとすることができます。

「AR/VR ホロレンズ」を活用した業務支援アプリ

熟練者でなければこなせない作業やマニュアルをウェアラブルデバイス(ホロレンズ)でAR表示など製造業の業務支援の応用。

「ディープラーニング(AI)」を活用した業務支援アプリ 作業者の効率支援のためのディープラーニング(AI)を利用した物体画像認識

本セミナーでは、「AR/VR、ライブストリーミング」による遠隔地での情報共有方法や活用事例などをご紹介します。

ベトナムオフショア開発で、リーズナブルにAR/VRシステムを実現

このようなAR/VRシステムの開発は、専門的な知識が必要でコストがかかります。しかしベトナムでのオフショア開発で、低コストかつ高品質なAR/VR、ライブストリーミングシステムを実現できます。

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~15:35 オープニング

15:35~16:15 プレゼンテーション

16:15~17:00 質疑応答、ディスカッション

主催

株式会社OneTechnologyJapan

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。

ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂きます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


来年施行の働き方改革関連法に備え、ITで何ができるか?

開催日:2018年 9月26日

ユーザー企業優先

本セミナーは少人数開催のため、ユーザー企業を優先させて頂きます。
IT企業の方はご参加をご遠慮させて頂く可能性がございますのでご承知おき下さい。

人材不足

少子高齢化により、日本における労働人口は減っていく一方です。
将来は4割も減ってしまうという試算もあります。

働き方改革関連法の成立

そのような中、働き方改革関連法が成立しました。

この中で、残業時間について上限規制が設けられ、これを超えて労働させた企業には罰則があります。

このような背景があり、企業にとって業務効率化は「待った無し」の状況です。

システム化されていない、連携できないなどで、手入力、2重入力が多発

一方、見積、請求、顧客管理などバックオフィス業務においては、そもそもシステム化されていなかったり、システム化されていても業務毎にばらばらで連携されておらず、手入力、2重入力が多発するなど、非効率な部分も多いのではないでしょうか。

共有されない情報

また、商談管理において、組織内の情報共有がうまくいっていないために、提案・見積りに時間がかかったり、失注となってしまうことも多いと思います。

面倒な監査対応

さらに最近では、コンプライアンスの強化のため、監査目的で様々なデータを提出しなければならないと思いますが、そのようなデータの整備に膨大な時間がかかっているケースもあります。

東京計器/東京計器インフォメーションシステムの業務効率化例を参考に

本セミナーでは、業務改善に成功した東京計器/東京計器インフォメーションシステムの例を参考に、見積、請求、顧客管理などバックオフィスの非効率業務をどのように改善すればよいのか、紹介します。

参加者同士の情報交換

その上で、参加者の方からもコメントを頂き、情報交換をしていきたいと思います。

プログラム

15:00 ~ 15:30 受け付け

15:30 ~ 16:00 働き方改革 待ったなし

  ~ITでバックオフィスの業務改善を考える~

東京計器インフォーメーションシステム株式会社

昨今の流行りである働き方改革を交え、バックオフィス等の業務改善案をいくつかの課題例を出したうえでvTigerCRMによる解決案をご紹介します。

16:00 ~ 17:00 ディスカッション

主催

東京計器インフォメーションシステム株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

03-5798-3109(AP品川)

セミナー事務局

オープンソース活用研究所



※ご記載頂いた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


新しくなったオープンソースのワークフロー開発ツール「Activiti」とは(概要とワークフロー開発デモ)

開催日:2018年 9月21日

Activiti とは

Activiti は、オープンソースのワークフロー開発ツールです。
Java実装となっており、Apache2.0ライセンスで公開されています。

BPMN 2.0 準拠

また、「BPMN 2.0」に準拠しており、「BPMN 2.0準拠プロセス図を記述できるデザイナー」と「プロセス図をビジネスプロセスとして実行/管理できるBPMエンジン」の機能を備えています。

新しくなったActiviti

Activiti は、オープンソースのドキュメント管理ツールを開発している Alfresco 社が開発を支援しており、最近では画面(フォーム)を開発するツールも提供されています。
従来の「ワークフローエンジン」としてだけではなく、統合的なワークフロー開発ツールとして進化しています。

BOX や Google Drive などのオンラインストレージとも連携

Activiti は、BOX や Google Drive などのオンラインストレージとも連携します。
ワークフローの添付ファイルをシームレスに BOX や Google Drive に格納するといったことが可能です。

Activiti の紹介と、ワークフロー開発デモンストレーション

本セミナーでは、そのような Activiti について、基本からご紹介するとともに、どのようにワークフローを開発していくのかデモンストレーションを行います。

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~16:30 Activiti の概要と、ワークフロー開発デモンストレーション

16:30~17:00 質疑応答

主催

株式会社ヴィセント

セミナー事務局

オープンソース活用研究所


※ご記載頂いた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


VMWare、Docker、AWS、Azureに簡単に配置できる認証基盤 ~オープンソースのシングルサインオン「OpenAM」を仮想アプライアンスで~

開催日:2018年 9月20日

注目が高まるシングルサインオン(SSO)

Office365やSalesforceなどのクラウドサービスの普及、働き方改革のためのリモートワークにおけるセキュリティの強化、内部不正を含めたセキュリティ対策、監査への対応、こういった動きを背景にして、「認証・ID管理」の重要性は増しています。

中でもログイン認証を統合するシングルサインオンは、近年注目が高まっています。かつては大企業のためのものでしたが、現在は一般企業への導入も広がりました。

例えば、Office365やSalesforceなどのクラウドサービスと既存の社内業務システムを認証統合するニーズは根強く、シングルサインオンを検討する上で避けて通れないものになっています。

オープンソースを活用したシングルサインオンと、IDaaSとの比較

従来、上記のような課題を解決するためには、商用製品を活用することが一般的でした。
しかし近年、OpenAMやKeyCloakなどのオープンソースを活用する事例が増えています。

一方、クラウドサービスとして認証基盤を提供する「IDaaS」も注目されていますが、メリット/デメリットがあります。

オープンソースは導入が大変?

オープンソースのデメリットとして、「導入が大変」という点があります。

今回はオープンソースの認証基盤「OpenAM」を仮想アプライアンスとして提供することで、簡単に導入できる方法について解説します。

VMWareのほか、Docker、AWS、Azureなどに配置可能

仮想アプライアンスはVMWareのほか、Docker、AWS、Azureなどに配置可能です。(9月より順次対応)

本セミナーでは、オープンソースを活用した認証基盤(シングルサインオン)について解説するとともに、商用製品やIDaaSとの比較についても解説します。

また、仮想アプライアンスとして提供することで簡単に導入できるメリットについて説明します。

本セミナーでご紹介すること

・シングルサインオンの導入目的や種類、仕組みの概要など
・シングルサインオン用のオープンソース「OpenAM」および「Keycloak」について、概要の紹介と簡単な比較
・オープンソースでシングルサインオンを実現する際の注意点
・IDaaSとの比較、どんなケースに適しているか、等の解説
・IDaaS並みの簡単さでシングルサインオンの自社構築を可能にする方法

※本セミナーは、エンジニア向けの内容ではありません。

本セミナーの対象者

・企業の情報システム部門のご担当者、マネージャー
・システムインテグレーターのSE、マネージャー

※席に限りがあるため、お申し込み多数の場合は具体的な課題がある方を優先させていただきます。

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~16:15 オープンソースで構築するシングルサインオンの概要

かもめエンジニアリング株式会社 潮村剛

16:15~17:00 質疑応答、ディスカッション

主催

かもめエンジニアリング株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

当日連絡先(cast@osslabo.com)

セミナー事務局

オープンソース活用研究所



※ご記載頂いた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


いよいよリリース!Zabbix 4.0の機能紹介と、Zabbixを中心とした運用自動化について

開催日:2018年 9月19日

本セミナーは2部構成です。

1部ではシステム運用の自動化/効率化について、2部ではZabbixについて、ご紹介します。

増え続ける仮想ノードと、増え続ける管理者の負担

近年、仮想化環境や、AWSやAzureなどのパブリッククラウドの普及、ビッグデータなど大量のサーバを必要とする処理の増加などによって、仮想ノードは増え続けています。また、企業はマルチクラウド、ハイブリッドクラウドといった複雑な環境でシステムを構築・運用するようになっています。

たしかにクラウドの活用によって、情報システムのインフラは短期間での構築が可能となり、構成変更も柔軟に行えるようになりました。しかし一方で、システム運用の負担や課題は増大しています。

たとえば、、、

複数のクラウドやオンプレにまたがった環境において、監視やジョブ管理はどう統合したらよいのか?

仮想ノードが頻繁に増減するが、運用管理システムにその情報を反映するのが大変・・・

環境が複雑すぎて、障害調査に時間がかかる・・・

企業のシステム運用の中核となる Zabbix、その最新バージョン 4.0 とは?

Zabbixは他のツールと柔軟に連携できる特徴を持ち、エコシステムを構築しながら、監視だけではなく統合運用全体の中核となりつつあります。

本セミナーでは、いよいよリリースされる Zabbix の最新バージョン 4.0 の機能概要を解説します。

また、監視だけでなく、Zabbixを中心とした周辺技術を用いて、複雑化する運用管理に対してどう対応していくのか、といったテーマでご紹介していきます。

システム運用に関するトレンド「運用自動化・効率化」

システム運用の負担が増加している状況の中、注目されているのが「運用自動化・効率化」です。

「運用自動化・効率化」は、統合的なジョブ管理や、構成変更、その他運用業務を自動化することで、運用担当者の負担を減らすことが期待されています。

最近ではRPAを活用して、システム運用の自動化をさらに進める動きや、運用監視ツールで検知したシステム障害を自動的に復旧できるような仕組みも出ています。

また、オペレーターが目視する画面などを改善するだけで、オペレーターの負担を大きく改善し大きな「効率化」になったりします。

運用自動化は本当に効果がでるのか?何をどのように「自動化・効率化」すればよいのか?

しかし「運用自動化・効率化」といってもどこを自動化・効率化すればよいのでしょうか。
また、以前より「運用自動化・効率化」が叫ばれていますが、実際効果は出ているのでしょうか。

Zabbixパートナーが解説

本セミナーでは、Zabbixパートナーが、ジョブ管理、障害復旧の自動化、イベントビューアの改善など、様々な「運用自動化・効率化」について、その手法をご紹介するとともに、事例やその効果について解説します。

プログラム

13:00~13:30 受付

13:30~13:45 主催者挨拶

株式会社オープンソース活用研究所 寺田 雄一

13:45~14:40 ソリューション紹介【Zabbixによる統合運用の実現 ~ジョブ管理、AWS監視、・・・】

株式会社ヴィンクス  赤松 正浩

多くの企業がZabbixを監視業務に導入しています。監視業務はZabbixで実現できますが、統合運用の実現には他にも機能が必要です。
特に、基幹業務の統合運用には、ジョブ管理(スケジューラ)は必須です。
「Integrated Viewer for Zabbix」(略称:IVZ)は、Zabbixに統合運用に必要な機能をアドオンしたパッケージです。
統合ビューア、エージェントレス監視の拡張、静観設定、ジョブ管理、レポート出力、IBMi(旧AS/400)監視、AWS監視等、様々な機能を実装します。
ジョブ管理では「LoadStar Scheduler」と連携して、統合運用を実現します。
本セッションでは、前半「LoadStar Scheduler」、後半「Integrated Viewer for Zabbix」を中心として、統合運用の実現についてご紹介します。

14:40~15:10 自動化への投資はありか?

株式会社インターネットイニシアティブ 福原 亮

マルチクラウドが浸透し、システムコストは着実に下がってきています。一方で運用管理コストはどうでしょうか?「働き方改革」「自動化」「AI」が叫ばれる昨今。システム運用管理者はいったいどこに投資をすべきなのでしょうか?
IIJの取り組みと合わせて「SaaS型 統合運用管理サービス」をご紹介します。

15:10~15:30 休憩

15:30~16:00 Zabbixエンタープライズ利用浸透における課題への対策

インフォコム株式会社 吉田 和也

昨今、企業情報システムの変化は甚だしく、例えばクラウド化・統合運用等でのオープンソースソフトウェアの利用浸透がより進むと「設定が複雑/面倒」・「判る担当者が限られてしまう」・「操作が不明なとき問い合わせ先がない」といった様々な課題の発現が想定されます。
今回のセミナーでは、システム運用管理ツールの世界において、デファクトスタンダードの地位を確立した「Zabbix」を軸に、企業でのZabbix利用浸透における課題への対策を、当社での案件対応事例を交えご紹介させて頂きます。

16:00~16:45 Zabbix 最新バージョン 4.0 機能概要とInterop Tokyo 2018 で実施したShowNet 環境の監視

Zabbix Japan LLC 寺島 広大

OSSの統合監視ツールとして、日本国内/グローバルで普及が進んでいる「Zabbix」。
その最新バージョンである 4.0 がいよいよリリースされます。
本セッションでは、4.0 の新機能について解説するとともに、先日開催した Interop Tokyo 2018 において実施した、ShowNet 環境の監視について解説します。

16:45~17:30 質疑応答

主催

オープンソース活用研究所


協賛

インフォコム株式会社
株式会社ヴィンクス
株式会社インターネットイニシアティブ

協力

Zabbix Japan LLC

当日会場アクセスに関するお問合せ

03-6809-5202(ビジョンセンター田町)

セミナー事務局

オープンソース活用研究所


※ご記載頂いた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


テレワーク・リモートワークのセキュリティ問題を多要素認証で解決する(SSLクライアント認証/ワンタイムパスワードなど)

開催日:2018年 9月13日

人材不足が深刻化

生産年齢人口の減少などで人手不足が深刻化しています。

在宅勤務などのテレワーク/リモートワーク導入の動き

そこで、育児や介護などで出勤が難しい社員を在宅業務等のリモートワークで活用したいと考える企業が増えてきました。

ライフワークバランスや通勤の負荷を軽減できる

またテレワーク/リモートワークを導入することで、社員が時間を有効に使えることや都心部への通勤負荷を軽減できるというメリットもあります。

セキュリティリスクは大丈夫か

しかしテレワーク/リモートワークを実施する上で、自宅などから社内システムにアクセスする必要が生じます。特にインターネットからアクセスする際には、通常のIDとパスワードだけではリスクが高く危険です。

ID・パスワード認証の不安を解決するには?

そこでIDとパスワードに加えて、電子証明書やワンタイムパスワードによる多要素認証を行うことで安全性を高めることができます。

多要素認証は高額?

多要素認証の導入は高額であったり、社内システムの改修が必要となる場合もあります。そのためにテレワーク/リモートワークを実現するハードルが高いと感じる企業も多くなっています。

導入しやすい多要素認証とは

本セミナーでは、多要素認証を実現する以下の方法と製品について解説します。
・電子証明書を発行し、リモートワークで利用するPCやスマートフォンなどに導入することでセキュリティを強化します。個々の電子証明書を購入すると高額になるため、プライベート証明書を発行する仕組みを構築します。またこちらの証明書を使って、SSL-VPN経由でリモートデスクトップにアクセスすることも可能です。

・社内システムへのログイン認証時に、ワンタイムパスワードを利用します。使い捨てタイプのパスワードにより、更に高い安全性を確保できます。ワンタイムパスワードの方式は、Google,Amazon,Microsoft,Facebookなどでも、広く使われているGoogle Authenticator やFreeOTPのソフトウエア・トークン(パスワード生成器)に対応しています。

プログラム

14:30~15:00 受付開始

15:00~15:30 テレワーク/リモートワークにおけるセキュリティリスクと多要素認証について

オープンソース活用研究所 代表 寺田雄一

15:30~16:30 多要素認証を実現する電子証明書とワンタイムパスワードの製品紹介

既存システム側に手を入れず簡単に多要素認証(電子証明書やワンタイムパスワード)を導入できるアプライアンス製品「Powered BLUE」についてご紹介します。
株式会社ムービット 代表取締役 谷地田 工

16:30~17:00 質疑応答

主催

株式会社ムービット

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。

ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂きます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


10万円からお試しできる、ベトナムオフショア開発説明会

開催日:2018年 8月31日

対象者

・エンジニアが不足していて、ベトナムオフショア開発の活用を検討している方
・ベトナムオフショア開発は未経験で、不安がある方
・ベトナムオフショア開発での品質や納期に不安がある方
・過去、オフショア開発を実施したが、失敗してしまった方

この説明会のメリット

・ベトナムへのオフショアについて、不安や疑問を参加者を交えてディスカッションすることで、他社がどのように対策しているのかを知ることができます。

・日本語でのコミュニケーション力の高さで定評のあるベトナム企業「株式会社NAL」のエンジニアがディスカッションに参加し、参加者からの質問にお応えすることで、課題に対する具体的な解決策を知ることができます。

・10万円から、ベトナムオフショア開発をお試ししていただけます。

いま、システムエンジニアが不足しています!

2015年問題と言われたITエンジニア不足の問題。
2017年になった今も解決の目処は立っていません。

経済産業省は2030年には78.9万人のITエンジニアが不足すると試算しています。


出所)http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160610002/20160610002.html

このような中、ベトナムへのオフショア開発が注目されています。

オフショア開発と言えば、中国が主流ですが、システムエンジニア人件費が急速に上昇しており、開発コストが増大しています。
そこで、ベトナムへのオフショア開発が注目されています。
以前より、「ポスト中国」として期待されていましたが、ここ数年で力を付けて、日本からの委託も急速に増えています。

しかしながら、「品質」「納期」「仕様誤認」などの不安も。。。

しかしながら、オフショア開発に対して「品質」「納期」「仕様誤認」などの不安はあると思います。
中国などで一度失敗している方も多いでしょう。

請負契約とラボ契約の違いは?

また、オフショア開発で多い「ラボ契約」について、請負開発とどうちがうのか、疑問に持たれている方も多いと思います。

どうやって選べばいい?どうやって始めればいい?

さらに、ベトナムオフショア開発をやりたいと思ったときに、どうやって会社を選んで、評価して、どうやってスタートすればよいか、分からない方も多いでしょう。

全ての疑問に答えます!

10社以上のベトナムオフショア開発企業と取引があり、30回以上のオフショア開発セミナーを企画・運営している、オープンソース活用研究所 所長の寺田が、このような疑問に全てお答えします。

また、10万円からお試しできるプランについてもご説明します。

参加者でのディスカッションも

最後に、参加者全員で、ベトナムオフショア開発の不安や期待、活用ノウハウなどについて、情報交換を行います。
また、皆様からの疑問に、ベトナム人エンジニアがその場でお答えします。

以前参加していただいた方からは、以下のような感想を頂いています!

SI(システムインテグレータ) 40代男性の参加者
直接、現地の意見が伺えたこと。オフショアに対する「警戒感」が薄まりました。

SI(システムインテグレータ) 40代男性の参加者
ベトナムにおけるオフショア開発の現状、今後の課題など、日本側、ベトナム側の生の声が聞けてとても参考になりました。

その他のIT関連業 20代男性の参加者
現地の方と直接話をすることができて良かったです。少人数で距離が近いため、より親近感を持って参加することが出来ました。

通信サービス業・ISP 40代男性の参加者
ベトナムの現状が現地の方から聞けて、大変参考になりました!

SI(システムインテグレータ) 60代以上男性の参加者
実際の会社を経営しているベトナムの方が参加したので説得力がありました

その他のIT関連業 40代男性の参加者
日本、ベトナムの文化の違いを多少教えていただけました。お互いの認識違いがトラブルの基(日本でも)なので、時間をかけて理解していきたいです。

SI(システムインテグレータ) 40代男性の参加者
現実的で正直な情報を得ることが出来ました。

その他のサービス業 50代男性の参加者
具体的でした。とても良かったです。

IT関連ソフトウェア製造業 40代男性の参加者
NAL社に興味がわきました。ベトナムオフショアの現状も把握できました。

★皆様のご参加をお待ちしております!★

プログラム

16:00~16:30 受付

16:30~17:00 ベトナムオフショア開発説明会

17:00~18:00 質疑応答

主催

NALヒューマンリソース株式会社

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業に提供させていただきます。

ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


不正調査から障害調査まで、大量のログデータの統合管理をオープンソースで(Graylogの紹介)

開催日:2018年 8月29日

不正アクセス、内部不正の調査、監査

不正アクセスや内部不正などによって、個人情報や機密情報が漏えいする事件、事故が後を絶ちません。

これらの事件、事故が発生しないよう、セキュリティを強化することも必要ですが、近年の対策のトレンドは「事件、事故が発生したときに、それを検知し、調査・追跡できるようにする」というところにシフトしています。

このため、様々なシステムやサーバーに点在している大量のログファイルを収集し、それを検索、分析、可視化する「統合ログ管理」の重要性が増しています。

障害調査

また、仮想化が進み、自社データセンターだけではなくクラウド環境も併用する時代、障害調査も広範囲に及ぶため、やはりログファイルを収集し、統合的に調査する必要があります。

商用製品は高すぎる

このような「統合ログ管理」を行うための商用製品はいくつかありますが、どれも費用が高額であり、一部の大手企業以外では費用がネックで導入できていないところも多くあります。

従来のオープンソースの課題

複数のオープンソースを組み合わせてログ分析を行う方法もありますが、例えばログデータの「アクセス権限管理」ができないので、「全員が全ての情報を見れる」状態になってしまいます。

例えばログデータの中に機密情報が入っていたとすると、誰でもそれにアクセスできてしまいます。

本格的な統合ログ管理ツール「Graylog」

そこで今回ご紹介するのは、オープンソースでありながら本格的な「統合ログ管理」が可能な「Graylog」です。

通信事業者やWebサービス事業者、企業のセキュリティ部門などで注目されています。

本セミナーでは、「Graylog」についてご紹介するとともに、通信事業者などにおける事例についてもご紹介します。

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~16:15 Graylogの紹介と事例

16:15~17:00 質疑応答

主催

株式会社デージーネット
 

協力

マジセミ/オープンソース活用研究所

 
※ご記載いただいた内容は、マジセミ/株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、マジセミ/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂きます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


今知っておくべき「最新OSSデータベース」比較  ~MySQL NDB Cluster/MongoDB/Redis/Elasticsearch/MariaDB ColumnStore など~

開催日:2018年 8月28日

拡大するOSSデータベース

昨今、商用システムにおいて大量のデータを高速処理するスピードや、
画像や動画などの多様な形式のデータの取り扱いが求められ
様々なデータベース(=No SQL)の開発やユーザー利用が進んでいます。

それに伴い、代表的なデータベースであるMySQLやPostgreSQLの他にも
OSSデータベースの普及は急速に広がりを見せています。

多種多様なOSSデータベースを、全て調べるのは大変・・・

現在、公開されているOSSデータベースは300種類を超えます。
新しいOSSデータベースについて、

・それぞれどのような特徴があるのか?
・従来のOSSデータベースとどう違うのか?
・自社のシステムにどう適用できるのか?
・導入や運用時に気を付けるポイントはどこなのか?

といった事などが気になるポイントでしょう。
しかし、国内での事例も少なくまだ情報があまりない最新のOSSデータベースについて調べるのは、結構大変です。

今知っておくべき話題のOSSデータベース5種比較

本セミナーでは、今注目されている以下の5つのOSSデータベースについて、
それぞれの特徴やユースケース、導入や運用にあたっての注意点を交えて比較解説します。

・MySQL NDB Cluster(RDBMS)
・MongoDB(NoSQL-ドキュメント型)
・Redis(NoSQL-キーバリュー型)
・Elasticserch(NoSQL-検索エンジン型)
・MariaDB ColumnStore(カラム型)

プログラム

15:00~15:05 オープニング

15:05~15:25 2018年版 OSSデータベースの最新状況

日本国内ではどういったOSSデータベースが使われていて、何が注目されているのか。
OSSデータベースを安定して長く使い続けるために着目すべきポイントについて解説します。

15:25~16:05 国内利用が増えている、今注目のOSSデータベース比較

代表的なOSSデータベースのMySQLの特徴や強みを解説し、今注目されている5つのOSSデータベース(MySQL NDB Cluster/MongoDB/Redis/Elasticsearch/MariaDB ColumnStore)を
横断的に分かりやすく比較します。

16:05~16:25 スマートスタイル社のOSSサポートサービスのご紹介

スマートスタイルでは約450種類ものOSSプロダクトを対象にサポートサービスを行っております。
OSSを利用するにあたりネックになりやすい技術やトラブル時のサポートについて、
公式ベンダーサポートやOSSコミュニティーのサポートを紹介します。

16:25~16:55 質疑応答

主催

株式会社スマートスタイル

協力

マジセミ株式会社
株式会社オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、主催・共催・協賛・講演企業各社に提供させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


AWSで12億ドキュメントをも管理可能な「Alfresco」のご紹介とデモンストレーション

開催日:2018年 8月27日

本セミナーの対象者

Alfrescoに感心のある、情報システム部門の方や、SIerのエンジニア、マネージャー
Alfrescoをご存知ない方も歓迎します。概要から説明します。

Alfrescoとは

Alfrescoとは、オープンソースのドキュメント管理ツールであり、クラウド時代の「エンタープライズ・コンテンツプラットフォーム」です。
以下の特徴があります。

少人数で安価に使いたいという企業から、大手企業で大量のドキュメントを管理したいという企業まで、幅広く対応できます。

Alfrescoプラットフォームでは、シンプルなビジネス文書から、スキャナーで取り込んだ画像、写真、設計図、大きな動画ファイルに至る、あらゆる種類のコンテンツを完全に管理できます。

Alfrescoのコラボレーション機能により、ファイアウォールの内側はもちろん、外側でも安全に共同作業を行えます。

クラウドとの同期によるインターネット上でのドキュメント共有や、スマートフォンやタブレット端末からのドキュメント参照が可能です。

AWSで12億ドキュメントをも管理可能な、スケーラビリティ

AWS上にAlfresco×10ノード、Solr×20ノードを配置することで、AWSで12億ドキュメントをも管理可能です。

本セミナーでは、Alfrescoについて、デモンストレーションを交えて紹介します。

少人数セミナーのため、今すぐお申し込み下さい!

プログラム

15:00~15:30 受付
15:30~16:30 Alfrescoの紹介とデモ
16:30~17:00 質疑応答、アンケート

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

主催

株式会社ヴィセント

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、主催・共催・協賛・講演企業各社に提供させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257
※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


オープンソースで実現するシングルサインオンの概要(Offce365連携から、会員統合、ソーシャル連携、多要素認証まで)

開催日:2018年 8月23日

注目が高まるシングルサインオン(SSO)

Office365やSalesforceなどのクラウドサービスの普及、働き方改革のためのリモートワークにおけるセキュリティの強化、内部不正を含めたセキュリティ対策、監査への対応、こういった動きを背景にして、「認証・ID管理」の重要性は増しています。

中でもログイン認証を統合するシングルサインオンは、近年注目が高まっています。かつてはBtoCサービスや大企業のためのものでしたが、現在は一般企業への導入も広がりました。

ECサイトなどでは、会員情報の統合やシングルサインオンのニーズが広がる

ECサイト等、Webサイト事業者は、他にも複数のサイトを運営しているケースが多くあります。例えばSNSサイトなどです。これらの複数のサイトについて、会員情報を統合したり、認証連携(シングルサインオン)をしたいというニーズは広がっています。

ソーシャルログイン(FacebookやTwitterアカウント等によるログイン)も

FacebookやTwitterのアカウントで自社サイトにログインする「ソーシャルログイン」も、利用が拡大しています。
利用者にとっては会員登録やログイン認証の手間が省けますし、サイト事業者にとっても会員増が見込めます。

社内業務システムの認証統合も課題

一方、BtoC事業を行わない一般企業でも、セキュリティ向上や業務効率化の観点から、シングルサインオン導入の動きは高まっています。
中でも、Office365やSalesforceなどのクラウドサービスと既存の社内業務システムを認証統合するニーズは根強く、シングルサインオンを検討する上で避けて通れないものになっています。

オープンソースを活用したシングルサインオン

従来、上記のような課題を解決するためには、商用製品を活用することが一般的でした。
しかし近年、OpenAMやKeyCloakなどのオープンソースを活用する事例が増えています。

一方、クラウドサービスとして認証基盤を提供する「IDaaS」も注目されていますが、メリット/デメリットがあります。

本セミナーでは、オープンソースを活用した認証基盤(シングルサインオン)の構築について解説するとともに、商用製品やIDaaSとの比較についても解説します。

本セミナーでご紹介すること

・シングルサインオンの導入目的や種類、仕組みの概要など
・シングルサインオン用のオープンソース「OpenAM」および「Keycloak」について、概要の紹介と簡単な比較
・オープンソースでシングルサインオンを実現する際の注意点
・IDaaSとの比較、どんなケースに適しているか、等の解説
・IDaaS並みの簡単さでシングルサインオンの自社構築を可能にする方法

※本セミナーは、エンジニア向けの内容ではありません。

本セミナーの対象者

・企業の情報システム部門のご担当者、マネージャー
・システムインテグレーターのSE、マネージャー

※席に限りがあるため、お申し込み多数の場合は具体的な課題がある方を優先させていただきます。

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~16:15 オープンソースで構築するシングルサインオンの概要

かもめエンジニアリング株式会社 潮村剛

16:15~17:00 質疑応答、ディスカッション

主催

かもめエンジニアリング株式会社

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。

ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂きます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


デジタル革命時代の「攻めと守りの認証/ID管理」(基調講演:NIST SP800-63-3 などに見る、サイバーセキュリティ対策の国際動向/みずほ銀行など採用、パスワード不要のFIDO最新動向)

開催日:2018年 8月 2日

広がる「デジタル革命」

スマートフォンは、世界人口の半数以上をインターネットで相互に接続しました。IoTでインターネットにつながるデバイスは、300億個とも、10兆個とも言われています。
このように、ヒトやモノがネットワークで直接つながり、地域や時間、移動といった様々な制約を超えてデータをやり取りすることができるようになりました。
このような時代の変化は「デジタル革命(デジタル・トランスフォーメーション) 」と呼ばれています。

デジタルマーケティング、APIエコノミー、IoTで、ますます重要になる「認証」と「ID管理」

このような中、「ID」「アイデンティティ」の管理や、その「認証」の重要性は飛躍的に高まっています。
デジタルマーケティングでは、ネット上でお客様を識別し、最適な「カスタマーエクスペリエンス」を提供する必要があります。
APIエコノミーではリクエストの正当性を確認する必要がありますし、IoTでもデバイスの正当性を確認する必要があります。

「標的型攻撃」、「パスワードリスト攻撃」など、高まる不正アクセスの脅威

一方、企業に対する不正アクセスの脅威は高まる一方です。
「標的型攻撃」や「パスワードリスト攻撃」などによる被害は、日々メディアを賑わせています。

対策が難しい、「内部不正」

また、大手教育機関の事件を例にあげるまでもなく、内部不正による情報漏えいは企業に大きな被害をもたらしますが、その対策が難しいという側面もあります。
このようなリスクに対応するための、全てのベースとなるのが「認証」や「ID管理」であり、その意味でも「認証」や「ID管理」の重要性は高まっています。

今求められる、「攻めの認証/ID管理」と「守りの認証/ID管理」

企業は今、デジタル革命に対応するために、改めて認証やID管理を検討する必要があります。
また、不正アクセスや内部不正の脅威に対応するためにも、認証やID管理を見直す必要があります。

本セミナーでは、このような時代背景の中で、認証やID管理の最新動向をお伝えするとともに、「攻め」と「守り」の両面から「認証」「ID管理」を考えます。

プログラム

13:30~14:00 受付

14:00~14:10 デジタル革命時代の「攻めの認証/ID管理」と、内部不正に対する「守りの認証/ID管理」(主催者挨拶)

マジセミ代表 寺田 雄一

14:10~14:40 パスワードが不要な次世代認証方式「FIDO」の最新動向と活用事例

富士通株式会社 サービステクノロジー本部 ポータルサービス事業部
シニアマネージャー
揚田 昌人

FIDO(Fast IDentity Online)とは、パスワードを使わない認証方式を提供する標準仕様です。
Google、Microsoft等大手IT企業、SAMSUNG等デバイスメーカー、VISAやMasterCard等クレジットカード会社などが参加する、FIDO Allianceで仕様を策定しています。
日本でも、スマートフォンにFIDOを搭載しているNTTドコモが中心となり、LINEやYahoo!など普及に向けた活動が活性化しています。
みずほ銀行での採用など利用が進む中、ChromeやEdgeなどブラウザへの搭載も予定されており、さらなる普及の加速が予想されています。
本講演では、FIDOの紹介と、その最新動向や活用事例、今後の普及の見通しなどについて解説します。

14:40~15:10 共通ID基盤、API連携認証システムを取り巻く技術動向

株式会社オージス総研 事業開発本部 テミストラクトソリューション部 マネジャー 上席アーキテクト 八幡 孝

X-Techが注目される中、顧客向けサービスの立上げやオープンAPI提供の動きが盛んになり、認証・アクセス管理の機能として共通ID基盤、API連携認証システムの重要性が高まっています。当講演では、関連する技術動向を紹介し、共通ID基盤、API連携認証システムで検討をしておくべき事項について解説します。

15:10~15:40 G Suite や Salesforce のユーザーをマスターにして、様々なクラウドサービスと認証連携する方法

GMOグローバルサイン株式会社 赤坂 佳威

企業においてクラウドサービスの利用が拡大する中、G Suite や Salesforce が企業における情報システムのプラットフォームとなっていて、社員のアカウントも、オンプレミスの AD や LDAP ではなく、「G Suite や Salesforce がマスター」というケースも多いと思います。

そのようなケースにおいて、G Suite や Salesforce のアカウントを使って、簡単に様々なクラウドサービス(例えばオンラインストレージや経費精算など)に認証連携する方法について解説します。

15:40~15:50 休憩

15:50~16:20 最新のサイバーセキュリティ対策としてのアクセス管理と認証等

一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC) 常務理事
インターネットトラストセンター センター長
山内 徹

【プロフィール】
内閣官房IT担当室、経済産業省等においてIT政策の企画立案に携わった後、
一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター主席研究員を経て現職。
また、早稲田大学非常勤講師として「シンガポール/アジアのITと社会」の講座を担当。
1985年京都大学大学院原子核工学科修士課程修了。

昨年、アメリカ国立標準技術研究所(NIST)が電子的認証に関するガイドラインの最新版である「NIST SP 800-63-3」を発表しました。

このガイドラインや最近のサイバー攻撃事例などから、最新のサイバーセキュリティ対策として、アクセス管理と認証につき、パスワード管理、電子証明書の活用、多要素認証等企業内システムは何が求められているのか、また、信頼性できるクラウドサービス等を如何に選び、安全に使いこなすかについて、わかりやすく解説します。

16:20~16:50 日本の組織が取り組み始めたパスワードレス

株式会社ソリトンシステムズ マーケティング部 佐野 誠治

「パスワードを定期的に変えるのはかえって危険──。」政府機関から従来と異なる注意が喚起されている中、新しい働き方を推し進める日本の企業において、パスワードに頼らない=パスワードレス認証環境の実現を目指す動きが出始めています。
本講演では企業システムでパスワードレスを実現する方法を具体的に解説します。

16:50~17:20 「認証基盤の構築って大変!」という常識を覆す、オープンソースベースの仮想アプライアンスで、オンプレでも簡単に認証基盤を構築

かもめエンジニアリング株式会社 潮村 剛

「認証基盤を構築したいけど、仕組みが複雑で、専門知識も必要だし、構築も運用も大変。。。」という声をよく耳にします。
最近では、クラウドで認証サービス提供する「IDaaS」も普及しつつありますが、セキュリティポリシーなどの理由から「認証基盤はオンプレで構築したい」という企業も多いと思います。
本セッションではそのような企業に対して、オンプレでも簡単に認証基盤を構築できる、「オープンソースベースの仮想アプライアンス」という方法ご紹介します。

17:20~17:40 質疑応答

主催

オープンソース活用研究所


協賛

株式会社ソリトンシステムズ
GMOグローバルサイン株式会社
かもめエンジニアリング株式会社

協力

株式会社オージス総研
一般財団法人日本情報経済社会推進協会
富士通株式会社

※ご記載頂いた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、主催、協賛、協力、講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所、および主催、協賛、協力、講演各社のプライバシーポリシーに従って厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂きます。ご記載頂いた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。
〔お問合せ先 および 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※各社のプライバシーポリシー
株式会社オープンソース活用研究所 https://osslabo.com/privacy

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


10万円からお試しできる、ベトナムオフショア開発説明会

開催日:2018年 7月31日

対象者

・エンジニアが不足していて、ベトナムオフショア開発の活用を検討している方
・ベトナムオフショア開発は未経験で、不安がある方
・ベトナムオフショア開発での品質や納期に不安がある方
・過去、オフショア開発を実施したが、失敗してしまった方

この説明会のメリット

・ベトナムへのオフショアについて、不安や疑問を参加者を交えてディスカッションすることで、他社がどのように対策しているのかを知ることができます。

・日本語でのコミュニケーション力の高さで定評のあるベトナム企業「株式会社NAL」のエンジニアがディスカッションに参加し、参加者からの質問にお応えすることで、課題に対する具体的な解決策を知ることができます。

・10万円から、ベトナムオフショア開発をお試ししていただけます。

いま、システムエンジニアが不足しています!

2015年問題と言われたITエンジニア不足の問題。
2017年になった今も解決の目処は立っていません。

経済産業省は2030年には78.9万人のITエンジニアが不足すると試算しています。


出所)http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160610002/20160610002.html

このような中、ベトナムへのオフショア開発が注目されています。

オフショア開発と言えば、中国が主流ですが、システムエンジニア人件費が急速に上昇しており、開発コストが増大しています。
そこで、ベトナムへのオフショア開発が注目されています。
以前より、「ポスト中国」として期待されていましたが、ここ数年で力を付けて、日本からの委託も急速に増えています。

しかしながら、「品質」「納期」「仕様誤認」などの不安も。。。

しかしながら、オフショア開発に対して「品質」「納期」「仕様誤認」などの不安はあると思います。
中国などで一度失敗している方も多いでしょう。

請負契約とラボ契約の違いは?

また、オフショア開発で多い「ラボ契約」について、請負開発とどうちがうのか、疑問に持たれている方も多いと思います。

どうやって選べばいい?どうやって始めればいい?

さらに、ベトナムオフショア開発をやりたいと思ったときに、どうやって会社を選んで、評価して、どうやってスタートすればよいか、分からない方も多いでしょう。

全ての疑問に答えます!

10社以上のベトナムオフショア開発企業と取引があり、30回以上のオフショア開発セミナーを企画・運営している、オープンソース活用研究所 所長の寺田が、このような疑問に全てお答えします。

また、10万円からお試しできるプランについてもご説明します。

参加者でのディスカッションも

最後に、参加者全員で、ベトナムオフショア開発の不安や期待、活用ノウハウなどについて、情報交換を行います。
また、皆様からの疑問に、ベトナム人エンジニアがその場でお答えします。

以前参加していただいた方からは、以下のような感想を頂いています!

SI(システムインテグレータ) 40代男性の参加者
直接、現地の意見が伺えたこと。オフショアに対する「警戒感」が薄まりました。

SI(システムインテグレータ) 40代男性の参加者
ベトナムにおけるオフショア開発の現状、今後の課題など、日本側、ベトナム側の生の声が聞けてとても参考になりました。

その他のIT関連業 20代男性の参加者
現地の方と直接話をすることができて良かったです。少人数で距離が近いため、より親近感を持って参加することが出来ました。

通信サービス業・ISP 40代男性の参加者
ベトナムの現状が現地の方から聞けて、大変参考になりました!

SI(システムインテグレータ) 60代以上男性の参加者
実際の会社を経営しているベトナムの方が参加したので説得力がありました

その他のIT関連業 40代男性の参加者
日本、ベトナムの文化の違いを多少教えていただけました。お互いの認識違いがトラブルの基(日本でも)なので、時間をかけて理解していきたいです。

SI(システムインテグレータ) 40代男性の参加者
現実的で正直な情報を得ることが出来ました。

その他のサービス業 50代男性の参加者
具体的でした。とても良かったです。

IT関連ソフトウェア製造業 40代男性の参加者
NAL社に興味がわきました。ベトナムオフショアの現状も把握できました。

★皆様のご参加をお待ちしております!★

プログラム

18:00~18:30 受付

18:30~19:00 ベトナムオフショア開発説明会

19:00~20:00 質疑応答

主催

NALヒューマンリソース株式会社

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業に提供させていただきます。

ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


【大阪開催】OSS運用監視ツールにおける、バースト時の SNMP Trap 受信漏れ対策と、大量アラートのインシデント登録について ~システム監視の効率化の鍵は「前捌き」にあった!~

開催日:2018年 7月27日

「Zabbix でN/W機器の監視がしたい!」けど、SNMP Trap バースト時の対応はどうする?

全ての SNMP Trap を受信しようとしてバーストが発生したら、Zabbixでは受けきれずに取りこぼしが発生する可能性があります。

また、もしZabbixサーバーが落ちていたらどうなるでしょうか?

その間の SNMP Trap は間違いなく取りこぼします。

Zabbix サーバーを使うにしても、どうしたらもっと効率的に SNMP Trap の監視ができるでしょうか?

「Zabbix」から発生したイベントをインシデント管理に連携するには?

Zabbixから発生したイベントで対処が必要があるものは、できればインシデント管理ツールで管理したいですよね?

しかしZabbix のアラートは、無視してもよいものが多かったり、複数メッセージで1つのインシデントだったりします。
従って、大量のアラートを全てを登録するのは、非現実的です。

では、どうすれば効率的にインシデント管理ができるのでしょうか?

効率化のカギは「前捌き」にあった!

SNMP Trap でもインシデント登録でも共通して言えるのは、「前捌き」が効率化のためのカギになります。

今回のセミナーでは、如何に上手く「前捌き」をして Zabbix や Redmine などのオープンソースによる監視を効率化するか、解説致します。

プログラム

14:30~15:00 受付

15:00~15:05 ご挨拶

15:05~15:30 サイバートラスト社ご紹介 並びに Zabbix 関連ビジネスへの取り組み

15:30~16:00 バースト時の SNMP トラップ受信漏れを防ぎ、Zabbix で効率的に監視する方法

16:00~16:15 休憩

16:15~17:00 Zabbixの膨大なアラートを自動的に集約し、インシデント管理に連携する方法

17:00~17:30 質疑応答

主催

サイバートラスト株式会社

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および講演企業のサイバートラスト株式会社に提供させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


海外進出企業をささえるローカライズを、日本+ベトナムオフショアのハイブリッド開発で!

開催日:2018年 7月27日

当日、会場の様子を中継してWebセミナーも開催します。

ご希望の方はこちらから お申込ください。

拡大する海外市場向けのITシステム開発

日本で成功したビジネスモデルを海外にビジネス展開する企業がB2B、B2Cを問わず近年増加しています。
日本から海外市場にビジネス領域を拡大する場合に、日本市場向けに開発されたITシステムを現地の税制や言語に対応したシステム改修が必要になってきます。

ローカライズは費用がかかる

その際に必要になるのが「ローカライズ」です。

言語対応に関しては、英語だけでなく、進出する各国に個別に対応しすることも必要になります。アジア圏では中国語、タイ語、インドネシア語、マレー語、ベトナム語など多岐に渡ります。

また現地の税制への対応や商習慣の違いにより業務フローの変更なども必要になるケースもあります。

このためシステムのローカライズ作業は慎重な準備が必要になり、また開発費もかさみがちになりますが、海外進出を成功させるためにはスピードも非常に重要です。

ローカライズを、日本+ベトナムオフショアのハイブリッドで

これを解決するため、ベトナムオフショアでのローカライズが盛んです。

しかし、ベトナム側だけでは、品質面などで不安に感じている企業も多いと思います。

本セミナーでは、コウェルが提唱する、上流工程を日本でフォローし、日本+ベトナムオフショアのハイブリッドで進める開発手法を利用して、海外進出のためのローカライズする手法を実際の開発事例を交えながらご紹介します。

ベトナムオフショア開発による大規模開発事例やローカライズ事例について、日本側、ベトナム側のそれぞれのエンジニアがプレゼンするアプローチでセミナーを行うことで、どのようなリスクがあるのか、どう解決していけばよいのかについて解説します。

プログラム

16:30〜17:00 受付

17:00〜17:30 海外進出の成功事例から学ぶ、日本とベトナム・ハイブリッド開発の事例(日本側プレゼン)

       株式会社コウェル Global Engineering部ビジネスソリューション 課 副課長  平沼哲

17:30〜18:00 海外進出の成功事例から学ぶ、日本とベトナム・ハイブリッド開発の事例(ベトナム側プレゼン)

       有限会社コウェルアジア システム開発部  課長 Vu Hong Dung

18:00〜18:30 質疑応答

主催

株式会社コウェル

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業にて共有させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂きます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


OSS運用監視ツールにおける、バースト時の SNMP Trap 受信漏れ対策と、大量アラートのインシデント登録について ~システム監視の効率化の鍵は「前捌き」にあった!~

開催日:2018年 7月25日

「Zabbix でN/W機器の監視がしたい!」けど、SNMP Trap バースト時の対応はどうする?

全ての SNMP Trap を受信しようとしてバーストが発生したら、Zabbixでは受けきれずに取りこぼしが発生する可能性があります。

また、もしZabbixサーバーが落ちていたらどうなるでしょうか?

その間の SNMP Trap は間違いなく取りこぼします。

Zabbix サーバーを使うにしても、どうしたらもっと効率的に SNMP Trap の監視ができるでしょうか?

「Zabbix」から発生したイベントをインシデント管理に連携するには?

Zabbixから発生したイベントで対処が必要があるものは、できればインシデント管理ツールで管理したいですよね?

しかしZabbix のアラートは、無視してもよいものが多かったり、複数メッセージで1つのインシデントだったりします。
従って、大量のアラートを全てを登録するのは、非現実的です。

では、どうすれば効率的にインシデント管理ができるのでしょうか?

効率化のカギは「前捌き」にあった!

SNMP Trap でもインシデント登録でも共通して言えるのは、「前捌き」が効率化のためのカギになります。

今回のセミナーでは、如何に上手く「前捌き」をして Zabbix や Redmine などのオープンソースによる監視を効率化するか、解説致します。

プログラム

14:30~15:00 受付

15:00~15:05 ご挨拶

15:05~15:30 サイバートラスト社ご紹介 並びに Zabbix 関連ビジネスへの取り組み

15:30~16:00 バースト時の SNMP トラップ受信漏れを防ぎ、Zabbix で効率的に監視する方法

16:00~16:15 休憩

16:15~17:00 Zabbixの膨大なアラートを自動的に集約し、インシデント管理に連携する方法

17:00~17:30 質疑応答

主催

サイバートラスト株式会社

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および講演企業のサイバートラスト株式会社に提供させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-5990-5417

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


【東京開催】オープンソース「OpenAM」によるシングルサインオンの概要 ~ IDaaS等との比較、導入時の注意点 ~

開催日:2018年 7月25日

注目されるシングルサインオン(SSO)

Office365やSalesforceなどのクラウドサービスの普及、働き方改革のためのリモートワークにおけるセキュリティの強化、内部不正を含めたセキュリティ対策、監査への対応、こういった動きを背景にして、「認証・ID管理」の重要性は増しています。

中でもログイン認証を統合するシングルサインオンは、近年注目が高まっています。かつてはBtoCサービスや大企業のためのものでしたが、現在は一般企業への導入も広がりました。

本セミナーでご提供すること

・シングルサインオンシステムの種類や選択肢、仕組みの概要について理解していただけます。
・シングルサインオン用のオープンソース「OpenAM」について、概要や現状、どんなことができるのかについて、ご紹介します。
・同じくシングルサインオン用のオープンソース「Keycloak」との比較についても触れます。
・IDaaSとの比較、どんなケースに適しているか、等の具体的な解説も行います。

本セミナーの対象者

・企業の情報システム部門のご担当者、マネージャー
・システムインテグレーターのSE、マネージャー

※席に限りがあるため、できるだけ具体的な課題がある方を優先させていただきます。
※本セミナーは、エンジニア向けではありません。

ECサイトなどでは、会員情報の統合やシングルサインオンのニーズが広がっています

ECサイト等、Webサイト事業者は、他にも複数のサイトを運営しているケースが多くあります。例えばSNSサイトなどです。これらの複数のサイトについて、会員情報を統合したり、認証連携(シングルサインオン)をしたいというニーズは広がっています。

ソーシャルログイン(FacebookやTwitterアカウント等によるログイン)も

FacebookやTwitterのアカウントで自社サイトにログインする「ソーシャルログイン」も、利用が拡大しています。
利用者にとっては会員登録やログイン認証の手間が省けますし、サイト事業者にとっても会員増が見込めます。

社内業務システムの認証統合も課題

一方、BtoC事業を行わない一般企業でも、セキュリティ向上や業務効率化の観点から、シングルサインオン導入の動きは高まっています。
中でも、Office365やSalesforceなどのクラウドサービスと既存の社内業務システムを認証統合するニーズは根強いです。

シングルサインオンやOpenAMを知りたい方々のご参加をお待ちします。

プログラム(予定)

15:00~15:30 受付

15:30~16:15 オープンソース「OpenAM」によるシングルサインオンの概要

かもめエンジニアリング株式会社 潮村剛

16:15~17:00 質疑応答、ディスカッション

主催

かもめエンジニアリング株式会社

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載頂いた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、主催・共催・協賛・講演企業各社に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂きます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257
※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


オープンソース+αで、散在するドキュメントを自動的にフォルダ体系に整理整頓する方法

開催日:2018年 7月20日

企業内に散らかっているドキュメント

みなさんの会社では、ドキュメントが散在していませんでしょうか?
具体的には以下のような状況になっていませんでしょうか?

・ファイルサーバーで共有していても、個人で勝手にフォルダを作り、独自に管理している
・結果、重要なドキュメントが、チームや組織で共有されない
・必要なドキュメントが探せない
・また、複数のメンバーが同じドキュメント(のコピー)をそれぞれ編集して、不整合が起こる

守られない、フォルダ体系のルール

多くの企業では、ファイルサーバーを導入後「フォルダ体系」を整備します。

例えば、プロジェクト毎、工程毎、ドキュメントの種類毎などのフォルダ体系を決めて、ドキュメントは決められたフォルダに保存・管理することを定めます。
しかし、最初は守られていたルールも次第に形骸化し、結局は前述のような「ドキュメントが散らかっている状態」になってしまいます。

「人間」がやることですので、これは仕方がないことです。

必要な文書が見つけられない

ただ、これにより「必要な文書が見つけられない」といった不具合が出てきます。

これは企業の生産性を大きく低下させます。

人間ではなく、コンピュータが自動的に整理整頓

そこでおすすめしたいのは、人間ではなく、「コンピュータ」が散らかっているドキュメントを自動的に決められたフォルダ体系に整理してくれる、という方法です。

ドキュメントのファイル名や日付はもちろんのこと、ファイルの中身に記載してある「プロジェクト名」「商品コード」などのキーワードを自動的に識別し、定められたフォルダ体系に整理します。

自動分類のデモンストレーション

これは、オープンソースのドキュメント管理ツール「Alfresco」とそのアドオン(αフォルダ)によって可能となります。

本セミナーでは、Alfresco+αフォルダを使って、企業内に散らかっているドキュメントを、自動的にフォルダ体系に整理整頓する方法について解説します。
どのように自動的に分類されるのか、デモンストレーションも実施します。

(参考)オープンソースのドキュメント管理ツール「Alfresco」とは

Alfrescoとは、オープンソースのドキュメント管理ツールです。

以下の特徴があります。

・少人数で安価に使いたいという企業から、大手企業で大量のドキュメントを管理したいという企業まで、幅広く対応できます。
・Alfrescoプラットフォームでは、シンプルなビジネス文書から、スキャナーで取り込んだ画像、写真、設計図、大きな動画ファイルに至る、あらゆる種類のコンテンツを完全に管理できます。
・Alfrescoに内蔵されているワークフローを使えば、書類を多用するビジネスプロセスを自動化して、より効率的に、かつ正確に業務をこなせます。
・Alfrescoのコラボレーション機能により、ファイアウォールの内側はもちろん、外側でも安全に共同作業を行えます。
・クラウドとの同期によるインターネット上でのドキュメント共有や、スマートフォンやタブレット端末からのドキュメント参照が可能です。

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~16:30 オープンソース+αで、散在するドキュメントを自動的にフォルダ体系に整理整頓する方法

株式会社ヴィセント 森大地

16:30~17:00 質疑応答

主催

株式会社ヴィセント

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、主催・共催・協賛・講演企業各社に提供させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257
※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


内部不正を確実に防ぎつつ、個人情報や機密情報の共有をシンプルに実現するには?

開催日:2018年 7月20日

高まる一方の内部不正対策の重要性

個人情報や機密情報にアクセスするのは、ITに精通したユーザーばかりではありません。

内部不正と一言で言っても故意ではなく、ついうっかり誤操作をした、あるいはルールをよく知らなかった、といった理由は6割にものぼるという調査報告もあります。

その一方、故意にデータを改ざんしたり、外部に持ち出したり、という事例が4割あることも事実です。近年推進されている働き方改革によって、いつでもどこでも働ける環境や文化が浸透してきました。社内の目の届かない環境では、内部不正を働くことの心理的ハードルは自ずと低下します。

企業の情報(ファイル)を内部不正から保護する仕組みは必須と言えます。

それでも、いつでもどこでも、利便性を落とさず情報は共有したい

しかしながら、「会社からでないと情報にアクセスできない」、あるいは「面倒な操作(例えば認証や承認)がないと情報にアクセスできない」というのでは、ビジネスのスピードを損ね、生産性が下がってしまいます。

シンプルでリーズナブルに安全なファイルストレージ環境を実現

本セミナーでは、これらの課題を解決し、利便性を落とさず、内部不正を確実に防止する方法について解説します。

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~15:35 オープニング

15:35~16:20 ファイルサーバーやオンラインストレージにおける内部不正のリスクとは?

エドコンサルティング株式会社 代表取締役 江島 将和

ファイルサーバーやオンラインストレージにおいて、内部不正に関するリスクとはどのようなものがあるのでしょうか。また、情報漏洩の影響がどれほどのダメージを企業に与えるのか、働き方改革が叫ばれる、リモートワークを実現するために必要な対策は何か、について解説します。

16:20~16:50 個人情報や機密情報の流出リスクを回避する、法人向けファイルサーバー「セキュアSAMBA Pro」について

スターティアレイズ株式会社 ソリューション営業部 部長 坊薗 景治

セキュアSAMBA Pro を活用して、どのように個人情報や機密情報の流出リスクを回避するのか、導入企業の事例とデモンストレーションも交えて解説します。

16:50~17:00 質疑応答

主催

スターティアレイズ株式会社

協力

エドコンサルティング株式会社
マジセミ株式会社
株式会社オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、主催・共催・協賛・講演企業各社に提供させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


【福岡開催】オープンソース「OpenAM」によるシングルサインオンの概要 ~ IDaaS等との比較、導入時の注意点や体験談も ~

開催日:2018年 7月19日

注目されるシングルサインオン(SSO)

Office365やSalesforceなどのクラウドサービスの普及、働き方改革のためのリモートワークにおけるセキュリティの強化、内部不正を含めたセキュリティ対策、監査への対応、こういった動きを背景にして、「認証・ID管理」の重要性は増しています。

中でもログイン認証を統合するシングルサインオンは、近年注目が高まっています。かつてはBtoCサービスや大企業のためのものでしたが、現在は一般企業への導入も広がりました。

本セミナーでご提供すること

・シングルサインオンシステムの種類や選択肢、仕組みの概要について理解していただけます。
・シングルサインオン用のオープンソース「OpenAM」について、概要や現状、どんなことができるのかについて、ご紹介します。
・同じくシングルサインオン用のオープンソース「Keycloak」との比較についても触れます。
・IDaaSとの比較、どんなケースに適しているか、等の具体的な解説も行います。
・実際に「OpenAM」の修正やカスタマイズ等に携わっている地元ベンダーより、体験をまじえたお話もしてもらいます。

本セミナーの対象者

・企業の情報システム部門のご担当者、マネージャー
・システムインテグレーターのSE、マネージャー
※席に限りがあるため、できるだけ具体的な課題がある方を優先させていただきます。
※本セミナーは、エンジニア向けではありません。

ECサイトなどでは、会員情報の統合やシングルサインオンのニーズが広がっています

ECサイト等、Webサイト事業者は、他にも複数のサイトを運営しているケースが多くあります。例えばSNSサイトなどです。これらの複数のサイトについて、会員情報を統合したり、認証連携(シングルサインオン)をしたいというニーズは広がっています。

ソーシャルログイン(FacebookやTwitterアカウント等によるログイン)も

FacebookやTwitterのアカウントで自社サイトにログインする「ソーシャルログイン」も、利用が拡大しています。
利用者にとっては会員登録やログイン認証の手間が省けますし、サイト事業者にとっても会員増が見込めます。

社内業務システムの認証統合も課題

一方、BtoC事業を行わない一般企業でも、セキュリティ向上や業務効率化の観点から、シングルサインオン導入の動きは高まっています。
中でも、Office365やSalesforceなどのクラウドサービスと既存の社内業務システムを認証統合するニーズは根強いです。

好評の勉強会、福岡へ

これまで東京都内でのみ行っていた本セミナーですが、初の地方開催は福岡に決定しました。
シングルサインオンやOpenAMを知りたい方々のご参加をお待ちします。

プログラム(予定)

14:30~15:00 受付

15:00~15:45 「オープンソース「OpenAM」によるシングルサインオンの概要」

かもめエンジニアリング株式会社 潮村剛

15:45~16:15 仮題「さわってみて実感したOpenAM」

株式会社阿部情報技術研究所 阿部宗明

16:15~17:00 質疑応答、ディスカッション

主催

かもめエンジニアリング株式会社

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載頂いた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、主催・共催・協賛・講演企業各社に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂きます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257
※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。