TOP / セミナー講演資料 / IoT

IoTに関連するセミナー

他のカテゴリから探す

オフショア開発で実現する「AR/VR、ライブストリーミング」~製造業や建設現場など、遠隔地の作業員と作業共有して業務効率化を図り、人材不足を解消する~

開催日:2018年 9月27日

製造業や建設現場での熟練者不足が深刻化

少子高齢化の影響で、建設現場等で熟練者の不足が深刻化しています。熟練者が年々高齢化する一方で、後進の人材を確保・育成することが難しい状況になっています。

建設業の就業意欲が低下している

中でもとりわけ建設業については、雇用環境の悪化等で就労意欲が低下し、若年者の減少が続いています。高齢熟練者にとっても、厳しい就労環境のため続けることが難しくなっています。

属人的な作業やマニュアルだけでは対応しきれない

熟練者でなければこなせない作業やマニュアルを見ながらの作業では、効率や品質が低下するという問題があります。更には安全性が脅かされ、重大事故につながる危険性もあります。

作業内容を確実に記録したい

また現場作業を実施する中で、作業内容の記録が必要となる場面があります。しかし作業員が限られた時間内で確実に実施することは、大変負荷の高い作業になっています。

「ライブストリーミング」を活用した遠隔地での情報共有

そこで、遠隔地の作業員と熟練者が「ライブストリーミング」で情報共有する方法が注目されています。市販のウェアラブルカメラを利用し「ライブストリーミング」で映像や音声をリアルタイムに共有し、熟練者が素早く的確に指示やアドバイスを与えることができます。電話では伝えきれない詳細情報を360度の視野で確認できます。また作業内容を確実に記録として残したい場面では、カメラで動画として記録し、作業のエビデンスとすることができます。

「AR/VR ホロレンズ」を活用した業務支援アプリ

熟練者でなければこなせない作業やマニュアルをウェアラブルデバイス(ホロレンズ)でAR表示など製造業の業務支援の応用。

「ディープラーニング(AI)」を活用した業務支援アプリ 作業者の効率支援のためのディープラーニング(AI)を利用した物体画像認識

本セミナーでは、「AR/VR、ライブストリーミング」による遠隔地での情報共有方法や活用事例などをご紹介します。

ベトナムオフショア開発で、リーズナブルにAR/VRシステムを実現

このようなAR/VRシステムの開発は、専門的な知識が必要でコストがかかります。しかしベトナムでのオフショア開発で、低コストかつ高品質なAR/VR、ライブストリーミングシステムを実現できます。

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~15:35 オープニング

15:35~16:15 プレゼンテーション

16:15~17:00 質疑応答、ディスカッション

主催

株式会社OneTechnologyJapan

協力

オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。

ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂きます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


【大坂開催】AWSとSigfoxを活用したIoT設備管理事例のご紹介

開催日:2018年 5月17日

IoT デバイスと AWS の各種サービスとを連携する「AWS IoT」

もはやクラウドは特別なものではなく、多くの企業が利用しています。特に AWS は多くの企業に支持されているプラットフォームです。

AWS は、IoT 領域においては「AWS IoT」というサービスを提供しています。

AWS IoT は、さまざまなデバイスを AWS の各種サービスや他のデバイスにセキュアに接続し、様々な連携を実現するサービスです。

最有力LPWA「Sigfox」

「LPWA」とは、「Low Power=省電力」+「Wide Area=広域エリア」を意味しており、少ない消費電力で、km単位の距離で広範囲に通信できる無線通信技術です。

デバイスのバッテリー消費を抑えながら、遠い地点にあるデータ収集基地局(ゲートウェイデバイス)まで電波を届けることができ、IoT における通信技術として注目されています。

LPWAの規格にはいくつかありますが、最有力なのが「Sigfox」です。
「Sigfox」は、低価格・低消費電力・長距離伝送が特徴で、年間の通信費用は、なんと「100円~」という低価格を実現しています。

Sigfox と AWS IoT との連携とその事例

本セミナーでは、IoT における AWSの活用方法や、Sigfoxの紹介、及び、Sigfox と AWS IoT との連携について解説いたします。

さらに、AWSとSigfoxを活用したIoT設備管理事例についてもご紹介いたします。

プログラム

14:30~15:00 受付

15:00~15:05 主催者挨拶

15:05~15:50 「AWSの企業利用における最新情報とIoTを利用した活用事例」

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

もはやクラウドは特別なものではなく、多くの企業でご利用いただくようになっております。
企業はクラウドをどのように活用しているのか。またIoTやAIなどの活用はどこまで進んでいるのか。
事例を交えてご説明いたします。

15:50~16:20 「IoTネットワーク「Sigfox」が選ばれる理由とAWS IoTとの親和性」

京セラコミュニケーションシステム株式会社

IoT向けのネットワークとして世の中で普及が加速するLPWAネットワーク。
その中でもIoT市場を牽引する「Sigfox」とは何か。
本セミナーでは、世界共通のネットワークを低価格で容易に実現可能な理由と国内外の最新事例、SigfoxクラウドとAWS IoTとの連携について解説いたします。

16:20~16:35 休憩

16:35~17:15 「Sigfoxを活用したIoT看板点検・保守・見守りサービス」

株式会社オージス総研

センサーデータをSigfoxを使ってクラウド連携し、設備の遠隔監視を実現。
IoTかんたんパックを活用し、早期にIoT設備管理を構築した事例をご紹介いたします。

17:15~17:30 ディスカッション

主催

株式会社オージス総研

共催

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
京セラコミュニケーションシステム株式会社

(協力)
株式会社オープンソース活用研究所


※ご記入頂いた個人情報は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、主催・共催・協力企業へ提供いたします。ご記入頂いた個人情報は、主催・共催・協力企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂きます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出い頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

・お問い合わせ窓口および個人情報保護管理者
株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257
(プライバシーポリシー: https://osslabo.com/privacy )

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方(個人アドレス・フリーメールアドレスからのお申込)は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


【東京開催】AWSとSigfoxを活用したIoT設備管理事例のご紹介

開催日:2018年 5月15日

IoT デバイスと AWS の各種サービスとを連携する「AWS IoT」

もはやクラウドは特別なものではなく、多くの企業が利用しています。特に AWS は多くの企業に支持されているプラットフォームです。

AWS は、IoT 領域においては「AWS IoT」というサービスを提供しています。

AWS IoT は、さまざまなデバイスを AWS の各種サービスや他のデバイスにセキュアに接続し、様々な連携を実現するサービスです。

最有力LPWA「Sigfox」

「LPWA」とは、「Low Power=省電力」+「Wide Area=広域エリア」を意味しており、少ない消費電力で、km単位の距離で広範囲に通信できる無線通信技術です。

デバイスのバッテリー消費を抑えながら、遠い地点にあるデータ収集基地局(ゲートウェイデバイス)まで電波を届けることができ、IoT における通信技術として注目されています。

LPWAの規格にはいくつかありますが、最有力なのが「Sigfox」です。
「Sigfox」は、低価格・低消費電力・長距離伝送が特徴で、年間の通信費用は、なんと「100円~」という低価格を実現しています。

Sigfox と AWS IoT との連携とその事例

本セミナーでは、IoT における AWSの活用方法や、Sigfoxの紹介、及び、Sigfox と AWS IoT との連携について解説いたします。

さらに、AWSとSigfoxを活用したIoT設備管理事例についてもご紹介いたします。

プログラム

14:30~15:00 受付

15:00~15:05 主催者挨拶

15:05~15:50 「AWSの企業利用における最新情報とIoTを利用した活用事例」

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

もはやクラウドは特別なものではなく、多くの企業でご利用頂くようになっております。
企業はクラウドをどのように活用しているのか。またIoTやAIなどの活用はどこまで進んでいるのか。
事例を交えてご説明いたします。

15:50~16:20 「IoTネットワーク「Sigfox」が選ばれる理由とAWS IoTとの親和性」

京セラコミュニケーションシステム株式会社

IoT向けのネットワークとして世の中で普及が加速するLPWAネットワーク。
その中でもIoT市場を牽引する「Sigfox」とは何か。
本セミナーでは、世界共通のネットワークを低価格で容易に実現可能な理由と国内外の最新事例、SigfoxクラウドとAWS IoTとの連携について解説いたします。

16:20~16:35 休憩

16:35~17:15 「Sigfoxを活用したIoT看板点検・保守・見守りサービス」

株式会社オージス総研

センサーデータをSigfoxを使ってクラウド連携し、設備の遠隔監視を実現。
IoTかんたんパックを活用し、早期にIoT設備管理を構築した事例をご紹介いたします。

17:15~17:30 ディスカッション

主催

株式会社オージス総研

共催

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
京セラコミュニケーションシステム株式会社

(協力)
株式会社オープンソース活用研究所


※ご記入頂いた個人情報は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、主催・共催・協力企業へ提供いたします。ご記入頂いた個人情報は、主催・共催・協力企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂きます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出いただいた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

・お問い合わせ窓口および個人情報保護管理者
株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257
(プライバシーポリシー: https://osslabo.com/privacy )

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方(個人アドレス・フリーメールアドレスからのお申込)は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


IoTの通信費用問題を解決、最有力LPWA「SIGFOX」の解説と、国内IoT成功事例の紹介

開催日:2018年 3月23日

通信費用はIoT普及の大きな課題

IoTが実用段階に入ってきました。
しかし、大きな課題があります。

センサーやデバイスのコストは大幅に下がり、大量のIoTデバイスを配布、設置できる環境が整いました。
一方、ネットワークは大手通信キャリアの回線を使うことになるため、コスト面での大きな課題がありました。

課題を解決する、LPWA

その課題を解決する技術が「LPWA」です。

「LPWA」とは、「Low Power=省電力」+「Wide Area=広域エリア」を意味しており、少ない消費電力で、km単位の距離で広範囲に通信できる無線通信技術です。
デバイスのバッテリー消費を抑えながら、遠い地点にあるデータ収集基地局(ゲートウェイデバイス)まで電波を届けることができます。

最有力LPWA「SIGFOX」

LPWAの規格にはいくつかありますが、最有力なのが「SIGFOX」です。

「SIGFOX」は、フランスのSIGFOX社が2009年から提供しているLPWAです。
同社は同規格の世界展開に当たって1国の国内サービス事業者を1社とする戦略をとっており、日本では京セラコミュニケーションシステム株式会社が事業者となり、サービスを提供しています。

「SIGFOX」は、低価格・低消費電力・長距離伝送が特徴で、年間の通信費用は、なんと「100円~」という低価格を実現しています。

本セミナーでは、「SIGFOX」とその国内事例およびBIGDATAの可視化Toolについて解説します。

通信費用を削減するもう1つの方法「エッジコンピューティング」事例

通信費用を削減するもう1つの方法は「エッジコンピューティング」です。
これは、センサーから送られる膨大なデータを、エッジ(IoTデバイス側)であらかじめ処理・加工することで、データのサイズを小さくしてからクラウドに送信する技術です。

本セミナーでは、この「エッジコンピューティング」の技術を解説するとともに、設備管理において通信費用を削減した事例について紹介します。

IoTのデータを活用し、ビジネスに活用するためには?

IoTは、膨大な数のセンサーをネットワークに接続することがゴールではありません。
そこから得られる膨大なデータをビジネスに活かすことが、もちろん重要です。

本セミナーでは、データ可視化ー予測モデル作成ーモデル精度検証ーパラメータ最適化など高度な分析を行う方法を解説するとともに、センサーデータ分析のライブデモを行います。

プログラム

13:30~14:00 受付

14:00~14:10 オープニング

14:10~15:15 IoTの通信費用問題を解決、最有力LPWA「SIGFOX」の解説と事例およびDATA可視化Tool「Alteryx/tableau」の解説

KCCSモバイルエンジニアリング株式会社(講演者調整中)

15:15~15:50 通信費用を削減するもう1つの方法「エッジコンピューティング」、設備管理の通信コスト削減事例

かもめエンジニアリング株式会社 潮村 剛

15:50~16:00 休憩

16:00~16:35 機械学習の自動化! プログラミング不要! 機械学習ソフト「RapidMiner」のご紹介

株式会社KSKアナリティクス
データサイエンス本部 ビジネス推進部 部長 高木 宏明

「IoT」「人工知能」がブームになっている一方で、データ分析・活用が思うように進まないといった声も多く挙がっています。
統計・機械学習の理解、R/Python言語などコーディング技術の習得など、分析者には多くのスキルが求められます。
ご紹介する機械学習ソフト「RapidMiner」ではプログラミングなど不要で誰もが簡単に、データ可視化ー予測モデル作成ーモデル精度検証ーパラメータ最適化など高度な分析が可能です。
セミナーでは、予測モデル作成を自動化できる最新の「AutoModel機能」を用いて、センサーデータ分析のライブデモも行います。

16:35~17:00 質疑応答

主催

マジセミ株式会社
オープンソース活用研究所


※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・講演企業各社に提供させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。


【製造業さま向け】 IoTデータ分析(故障予測・異常検知)無料紹介セミナー ~予防保全から予知保全へのシフト~

開催日:2016年12月20日

 IoTの普及によりセンサや画像など各種データを分析し、機器や設備の保全や品質改善に活用したいとお考えの製造業さまが増えています。しかし、何から始めればよいか、どのように進めればよいか、結果をどのように活用すればよいか、などお困りの方も多くいらっしゃいます。
 本セミナーでは、製造業の皆さま共通の課題である保全や改善のための故障予測・異常検知をテーマに、今後必要となる予知保全のためのデータ活用の重要性や、弊社の故障予測・異常検知ソリューションをご紹介します。

以下のキーワードにお悩みまたはご関心のある皆さま、ぜひお申込みくださいませ。

※キーワード:製造業、予防保全、予知保全、品質改善、故障予測、異常検知、データ分析、機械学習、ディープラーニング、人工知能(AI)


【無料】オープンソースで始めるIoTデータ分析セミナー ~故障予測ハンズオン&ディープラーニング~【大阪】

開催日:2016年 9月23日

 IoTの普及により、収集・蓄積したデータを人工知能(AI)・機械学習の手法やソフトウェアを使って分析・活用し、ビジネス価値を創出したいとお考えの企業さまが増えています。例えば、センサや画像データを使えば機械の故障予測・異常検知に活用できます。

 本セミナーでは、プログラミング不要で誰でも簡単に分析でき機械学習が得意な「RapidMiner」を使って、センサデータから機械・設備の故障を予測する実践的なデータ分析をご体験いただきます。
 また、画像データを使った異常検出などにおいて、高精度な分析を実現でき汎用性が高く、ディープラーニング(深層学習)を実装できる「TensorFlow」のご紹介&デモを行います。

 IoTデータだけに限らず、データ分析に関心がありこれから始めたい方、簡単に分析できるツールをお探しの方、コストを抑えて分析できるツールをご検討されている方、最新の分析技術について情報を得たい方におススメです。

※当日使用する分析ソフト「RapidMiner」及びRapidMinerで作成した分析プロセス等は、セミナー終了後も無料で継続利用いただけます。


【無料】オープンソースで始めるIoTデータ分析セミナー ~故障予測ハンズオン&ディープラーニング~【大阪】

開催日:2016年 8月25日

 IoTの普及により、収集・蓄積したデータを人工知能(AI)・機械学習の手法やソフトウェアを使って分析・活用し、ビジネス価値を創出したいとお考えの企業さまが増えています。例えば、センサや画像データを使えば機械の故障予測・異常検知に活用できます。

 本セミナーでは、プログラミング不要で誰でも簡単に分析でき機械学習が得意な「RapidMiner」を使って、センサデータから機械・設備の故障を予測する実践的なデータ分析をご体験いただきます。
 また、画像データを使った異常検出などにおいて、高精度な分析を実現でき汎用性が高く、ディープラーニング(深層学習)を実装できる「TensorFlow」のご紹介&デモを行います。

 IoTデータだけに限らず、データ分析に関心がありこれから始めたい方、簡単に分析できるツールをお探しの方、コストを抑えて分析できるツールをご検討されている方、最新の分析技術について情報を得たい方におススメです。

※当日使用する分析ソフト「RapidMiner」及びRapidMinerで作成した分析プロセス等は、セミナー終了後も無料で継続利用いただけます。


【無料】オープンソースで始めるIoTデータ分析ハンズオンセミナー ~3時間で丸わかり!センサデータを使った機械・設備の故障予測~【大阪】

開催日:2016年 7月13日

 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)と呼ばれる新しいサービス領域によって、機械や農地、配送車、ウェアラブル端末やタブレット端末など様々なモノから、ネットワークを介して大規模データ(ビッグデータ)を収集・蓄積できるようになりました。また、これらのデータを処理する基盤や分析ソフトウェアの登場により、データを活用した生産性・品質の向上、新製品・サービスの創出が活発に進められています。

 本セミナーでは、オープンソースであり無料で使えるデータ分析ソフト「RapidMiner」を使って、【センサデータ(数値データ)】から機械・設備の故障を予測する、実践的なデータ分析をご体験いただきます。

 IoTデータだけに限らず、データ分析に関心がありこれから始めたい方、分析ツールの導入・乗換を検討されている方、データがあるもののどのように分析するべきか分からない方、皆さまのお申込みお待ちしております。


【無料】オープンソースで始めるIoTデータ分析ハンズオンセミナー ~機械ログや作業日報など(テキストデータ)を使った機械・設備の故障予測~【奈良】

開催日:2016年 7月 8日

 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)と呼ばれる新しいサービス領域によって、機械や農地、配送車、ウェアラブル端末やタブレット端末など様々なモノから、ネットワークを介して大規模データ(ビッグデータ)を収集・蓄積できるようになりました。また、これらのデータを処理する基盤や分析ソフトウェアの登場により、データを活用した生産性・品質の向上、新製品・サービスの創出が活発に進められています。

 本セミナーでは、オープンソースであり無料で使えるデータ分析ソフト「RapidMiner」を使って、【機械ログや作業日報(テキストデータ)】から機械・設備の故障を予測する、実践的なデータ分析をご体験いただきます。

 IoTデータだけに限らず、データ分析に関心がありこれから始めたい方、分析ツールの導入・乗換を検討されている方、データがあるもののどのように分析するべきか分からない方、皆さまのお申込みお待ちしております。


【無料】オープンソースで始めるIoTデータ分析ハンズオンセミナー ~3時間で丸わかり!センサデータを使った機械・設備の故障予測~【東京】

開催日:2016年 6月 7日

 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)と呼ばれる新しいサービス領域によって、機械や農地、配送車、ウェアラブル端末やタブレット端末など様々なモノから、ネットワークを介して大規模データ(ビッグデータ)を収集・蓄積できるようになりました。また、これらのデータを処理する基盤や分析ソフトウェアの登場により、データを活用した生産性・品質の向上、新製品・サービスの創出が活発に進められています。

 本セミナーでは、オープンソースであり無料で使えるデータ分析ソフト「RapidMiner」を使って、【センサデータ(数値データ)】から機械・設備の故障を予測する、実践的なデータ分析をご体験いただきます。

 IoTデータだけに限らず、データ分析に関心がありこれから始めたい方、分析ツールの導入・乗換を検討されている方、データがあるもののどのように分析するべきか分からない方、皆さまのお申込みお待ちしております。


IoTセミナー(奈良)

開催日:2016年 5月27日

最近IoTの時代と言われ始めています。ではIoTとは何か、企業にとってメリットは何なのか。

当セミナーでは経済産業省より講師をお招きしIoTを分かりやすく解説していただきます。

生産管理、品質管理、営業企画等の分野で経営効率化が期待できるIoTをこの機会にご理解いただきたいと思います。


【無料】オープンソースで始めるIoTデータ分析ハンズオンセミナー ~3時間で丸わかり!センサデータを使った機械・設備の故障予測~

開催日:2016年 5月25日

 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)と呼ばれる新しいサービス領域によって、機械や農地、配送車、ウェアラブル端末やタブレット端末など様々なモノから、ネットワークを介して大規模データ(ビッグデータ)を収集・蓄積できるようになりました。また、これらのデータを処理する基盤や分析ソフトウェアの登場により、データを活用した生産性・品質の向上、新製品・サービスの創出が活発に進められています。

 本セミナーでは、オープンソースであり無料で使えるデータ分析ソフト「RapidMiner」を使って、【センサデータ(数値データ)】から機械・設備の故障を予測する、実践的なデータ分析をご体験いただきます。

 IoTデータだけに限らず、データ分析に関心がありこれから始めたい方、分析ツールの導入・乗換を検討されている方、データがあるもののどのように分析するべきか分からない方、皆さまのお申込みお待ちしております。


IoTセミナー(大阪)

開催日:2016年 5月13日

最近IoTの時代と言われ始めています。ではIoTとは何か、企業にとってメリットは何なのか。

当セミナーでは経済産業省より講師をお招きしIoTを分かりやすく解説していただきます。

生産管理、品質管理、営業企画等の分野で経営効率化が期待できるIoTをこの機会にご理解いただきたいと思います。


【無料】オープンソースで始めるIoTデータ分析ハンズオンセミナー ~3時間で丸わかり!作業日報を使った機械・設備の故障予測(前編)~

開催日:2016年 4月21日

 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)と呼ばれる新しいサービス領域によって、機械や農地、配送車、ウェアラブル端末やタブレット端末など様々なモノから、ネットワークを介して大規模データ(ビッグデータ)を収集・蓄積できるようになりました。また、これらのデータを処理する基盤や分析ソフトウェアの登場により、データを活用した生産性・品質の向上、新製品・サービスの創出が活発に進められています。

 本セミナーでは、オープンソースであり無料で使えるデータ分析ソフト「NYSOL」「RapidMiner」を使って、【作業日報(テキストデータ)】から機械・設備の故障を予測する、実践的なデータ分析をご体験いただきます。

 IoTデータだけに限らず、データ分析に関心がありこれから始めたい方、分析ツールの導入・乗換を検討されている方、データがあるもののどのように分析するべきか分からない方、皆さまのお申込みお待ちしております。

※当日使用する分析環境は、セミナー終了後も無料で継続利用いただけます。
※本セミナーは、予測のための「テキストの前処理(加工・整形)」にあたります。


【無料】オープンソースで始めるIoTデータ分析ハンズオンセミナー ~3時間で丸わかり!センサデータを使った機械・設備の故障予測~

開催日:2016年 4月21日

 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)と呼ばれる新しいサービス領域によって、機械や農地、配送車、ウェアラブル端末やタブレット端末など様々なモノから、ネットワークを介して大規模データ(ビッグデータ)を収集・蓄積できるようになりました。また、これらのデータを処理する基盤や分析ソフトウェアの登場により、データを活用した生産性・品質の向上、新製品・サービスの創出が活発に進められています。

 本セミナーでは、オープンソースであり無料で使えるデータ分析ソフト「RapidMiner」を使って、【センサデータ(数値データ)】から機械・設備の故障を予測する、実践的なデータ分析をご体験いただきます。

 IoTデータだけに限らず、データ分析に関心がありこれから始めたい方、分析ツールの導入・乗換を検討されている方、データがあるもののどのように分析するべきか分からない方、皆さまのお申込みお待ちしております。

※当日使用する分析ソフト及び分析プロセス等は、セミナー終了後も無料で継続利用いただけます。


【無料】オープンソースで始めるIoTデータ活用~異常検知・故障予測、始めてみませんか?~(東京)

開催日:2016年 2月27日

 オープンソースでIoTデータの活用を始めてみませんか?
 本セミナーでは、オープンソースのデータマイニングツール「RapidMiner」用いて、センサなど機械から収集・蓄積したデータを異常検知・故障予測へ活用する方法を、デモを交えてご紹介します。

 さらに、ビッグデータ・IoTのための、データの蓄積、可視化からデータマイニングによる予測まで、データ活用をフルカバーする統合分析プラットフォームについてもご紹介します。

 IoTデータだけに限らず、データ分析に関心がありこれから始めたい方、分析ツールの導入・乗換を
検討されている方、データがあるもののどのように分析するべきか分からない方、ぜひ本セミナーへ
お越しください!


【無料】オープンソースによるIoTデータ分析ハンズオンセミナー(東京)

開催日:2016年 2月25日

 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)と呼ばれる新しいサービス領域によって、機械や農地、配送車等の様々なモノに搭載されたセンサ情報を収集・蓄積できるようになりました。そして、これらの大規模データ(ビッグデータ)を分析する基盤やソフトウェアの登場により、データを活用して新たな製品やサービスを生み出す動きが盛んになっています。

 本セミナーでは、オープンソースのデータ分析ソフト(データマイニング・機械学習)RapidMinerを使った実践的なデータ分析をご体験いただきます。

 IoT時代に効果的なデータ活用を知っていただき、御社の製品価値向上や生産性向上へとつなげていただきたいと考えております。皆さまのご参加をお待ちしております。

※当日使用する分析ソフト、分析プロセスなどは、セミナー終了後も無料で継続利用いただけます。


【IoT事例紹介】アイ・オー・データ機器様事例紹介 ~外出先のスマートフォンと、自宅の機器(デバイス)とで通信するには?~

開催日:2015年 3月19日

2015/3/19(木)13:00~15:00に、かもめエンジニアリング株式会社 会議室にて、「【IoT事例紹介】アイ・オー・データ機器様事例紹介 ~外出先のスマートフォンと、自宅の機器(デバイス)とで通信するには?~」が開催されました。
セミナーは盛況のうちに終了し、参加者によるアンケートでも、高得点を獲得しました!
高得点を得たセミナーの内容を知りたい方は、以下から講演資料を取得して下さい!


IoT時代を支える、高速大量データ処理技術に関する勉強会 ~500億台からの膨大なリクエストを、どう高速にアルタムで処理するか/MQTTの紹介と分散KVSの応用~

開催日:2014年12月10日

12月10日に、かもめエンジニアリング株式会社 会議室にて、
「IoT時代を支える、高速大量データ処理技術に関する勉強会」
が開催され、代表取締役の潮村による講演の他、参加者によるディスカッションが行われました。

セミナーは盛況のうちに終了し、参加者によるアンケートでも、高得点を獲得しました!

IoTのノウハウが詰まった資料を見たい方は、以下から講演資料取得して下さい!