TOP / セミナー講演資料 / 

関連するセミナー

他のカテゴリから探す

ニューノーマル時代を戦い抜くIT基盤とDXとは? ~お客様の情シス部門アンケート調査、米国動向、CTC社内事例から考える~

開催日:2021年 2月26日

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにて連絡いたします。
なお、事前に以下のURLでテストをお願いいたします。https://zoom.us/test


2025年、企業のIT基盤はどう変わるのか?

世界規模で長期化する新型コロナウィルスの影響により、従業員の働き方と働く環境が多様化してきています。今後5年間、企業のIT基盤(クラウド)への投資は何を最優先とすべきか?情シス部門、ビジネス部門、経営それぞれのITインフラ戦略が求められています。

これまでのDXと見えてきた課題

CTCでは過去15年に渡り、経営改革を目的に社内DXを推進してきました。システムのオープン化と統合、多様なワークプレイス整備等を実現できた一方で、見えてきた課題とは何か?2025年に向けたデジタルワークプレイスの構築とBPR(ビジネスプロセスリエンジニアリング)構想も合わせて、わかりやすく解説をします。

急速に変貌を遂げる米国の働き方

一方、米国でもテック企業を中心に働き方が急速に変化し、日本を先行しています。WFH(在宅勤務)とオフィスのリオープンの選択から、リモートワークをベースにしたコミュニケーション・組織文化づくりまで、ニューノーマルの最新動向に迫ります。

ニューノーマル時代を戦い抜く、IT基盤とDXを考える

本セミナーでは、「ニューノーマル時代のIT基盤とDX」をテーマに、CTCで実施した情シス向けIT基盤(クラウド)調査の結果、米国の最新DX事情、CTCの社内DX事例をご紹介。クラウドとDXのトレンドを押さえ、情シス責任者、経営部門がこれから取るべきアクションを解説します。


プログラム 

9:45~10:00 受付

10:00~10:10 ご挨拶

10:10~10:40  2021年最新 ITサービス基盤の現状、将来動向調査

・ITサービス基盤実態調査レポート

・情シス担当が押さえておくべきITインフラ将来予測

10:40~11:10 Digital Transformation Next 〜いま、米国で何が起きているか〜

・コロナ禍の1年を経た米国IT企業のワークスタイル・コミュニケーション変容

・次に来るDXとは?

11:10~11:50 CTC社内DXへの取り組み

・社内DXのよくある課題や推進ポイント

・企業文化を活かしたDX構想と今後の計画

11:50~12:00 質疑応答

主催

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入いただいた情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


SharePointでペーパーレスを推進する場合の、ライセンスの課題

開催日:2021年 2月26日

クラウド型コンタクトセンターサービス Amazon Connectとは ~在宅で、お客様向けの電話窓口を提供する~

開催日:2021年 2月25日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはMicrosoft Teamsを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

「(緊急連絡先メールアドレス)」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

セミナー当日、参加方法が分からない場合は、(zoom@osslabo.com)までご連絡下さい。

テレワークにおける、代表電話の課題

コロナ禍により、急速にテレワークが普及しています。

企業ではその対応のために、勤怠管理や経費清算などのクラウド化、脱ハンコなどの対策を進めています。

テレワーク(在宅勤務)で課題になるのが代表電話の扱いです。

転送設定にするケースも多いかと思いますが、現在のシステムの仕様によっては、一人の社員に電話が集中してしまう、という課題もあるようです。

DX時代により重要となる、顧客接点「電話」

一方、電話はメールやチャットなどでは伝えられない「気持ち」「感情」なども共有できる優れたツールであり、DX時代に顧客接点としての重要性が増しています。

しかし、そのメリットを最大限活かすには、IVR、ACD、CTIなどの高度なシステムが必要ですし、メールやチャットなどと統合してオムニチャネルを実現する必要があります。

Amazon Connectとは

Amazon Connectとは、優れた顧客体験を実現するためのクラウド型コンタクトセンターサービスです。

オムニチャネルに対応できるようにゼロから設計された Amazon Connect は、コンタクトセンターに必要な機能(電話回線・録音・IVR・ACD・CTI・レポートなど)をワンストップで提供し、顧客とエージェントに音声とチャット全体でシームレスな体験を提供します。

また、自宅を簡単にコンタクトセンターにすることができ、数分で設定が完了します。クラウドサービスですので、すべてが従量課金制です。

本セミナーでは、Amazon Connectについて、必要とされる背景、機能や特徴、料金体系、事例などについて解説します。

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:40 クラウド型コンタクトセンターサービス Amazon Connectとは

(プレゼン内容)

・テレワークにおける、代表電話の課題

・DX時代により重要となる、顧客接点「電話」

・Amazon Connectの機能、特徴、料金体系

・Amazon Connectの活用事例

13:40~14:00 質疑応答

主催

東日本電信電話株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


オープンソース・プロジェクト管理システムの環境構築を手間いらずに。

開催日:2021年 2月25日

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLはマジセミ株式会社から、お申込み後にメールでご連絡致します。なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。https://zoom.us/test

プロジェクト管理システムの役割

ITプロジェクトでは、プロジェクト管理がうまく行かずに情報共有漏れ、納期遅延、工数超過が起きることがよくあります。

ユーザーがプロジェクト管理システムの導入で実現したいことは何でしょうか?

・リスケ変更やそのリビジョン管理

・最新情報の共有と進捗の見える化

・想定外への対応の為の現情報の一元化 

・次のプロジェクトの為の関連情報の蓄積と活用

・遅延リスクの低減、社内規定のテンプレート使用

上記の目的を達成するためにシステムを導入検討されると思います。

プロジェクト管理システムを導入する環境

プロジェクト管理システムは、社内プロジェクトのノウハウを蓄積し、ドキュメントを含む情報の一元管理を行うことができます。

社内情報管理の観点から、開発メーカーのクラウド環境ではなく、社内サーバー或いはお客様独自のセキュリティガイドラインを基に契約しているクラウドサーバー環境での検証・導入を行いたい企業が多いのではないでしょうか?

自前のシステム構築には手間がかかるという問題

社内サーバーや独自に契約したクラウドサーバーのオンプレミス環境は、社内のガイドラインに沿って安全に検証や導入が出来る反面、環境構築には下記のような手間が発生します。

・データベースシステムのインストール

・Webサーバーの設定

・Ruby、Java、PHPなどのランタイム環境のインストール

・バージョンの整合性の確認

・エラーが発生したときの対処

#Easy Redmineで解決できること

本セミナーでは、プロジェクト管理システムの目的、環境構築における課題をご説明しながら、プロジェクト管理システム「Easy Redmine」で解決できることをご紹介します。

ヒューリンクスではEasy Redmineの仮想サーバーの提供を行うことで環境構築の工数削減とスムーズな検証や導入を支援しています。セミナー参加特典として、2021年6月末まで特定のVMデータを無償で提供します。VMデータをデプロイするだけで利用可能となるWebブラウザベースのプロジェクト管理システムでプロジェクト管理をお試しください。

プログラム 

15:45~16:00 受付

16:00~16:05 オープニング(マジセミ)

16:00~16:40 オープンソース・プロジェクト管理システムの環境構築を手間いらずに。~オンプレミス版Easy RedmineのVM環境提供~

・プロジェクト管理システムを導入、構築する際に押さえるポイント

・Easy Redmine機能紹介

・製品デモ

16:40~17:00 質疑応答

#主催

株式会社ヒューリンクス

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


見直さなくて大丈夫?!テレワークで抑えておきたい3つのセキュリティ対策 ~セキュリティ担保とVPN逼迫をどう解決するか?~

開催日:2021年 2月25日

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにて連絡いたします。
なお、事前に以下のURLでテストをお願いいたします。https://zoom.us/test


長期化するテレワーク、情報漏洩やマルウェア感染リスク

コロナ禍でテレワークが定着、長期化の兆しを見せています。
2020年12月パーソル総合研究所の調査では、1万人以上の企業では45.0%、情報通信業では55.7%がテレワークを実施中という結果になりました。
オフィス以外の自宅やカフェなど場所を選ばず働きやすくなった一方で、なりすましや不正アクセスによる情報漏洩、マルウェア感染のリスクも高まっています。
緊急事態宣言以降、多くの企業が突貫工事でVPNなどを整備してテレワーク環境を構築しましたが、果たして現状のままで、セキュリティ対策は十分と言えるのでしょうか?
(参照:https://rc.persol-group.co.jp/news/202012160001.html )



現状のテレワークセキュリティ課題

テレワーク環境では3つのセキュリティ課題があります。

1つ目は、VPNへの接続が強制できておらず、ルール化に終わってしまっている点です。
VPNに接続せず社外のネットワークにアクセスしてしまうリスクを、ユーザーは理解しているのでしょうか。

2つ目は、VPNに接続した結果、VPNが逼迫しインターネット接続が遅くなる点です。
多くのユーザーが同時間帯にVPNにログインし、Office365(Microsoft 365)やZoomなどのクラウドサービスを利用する企業ではよくある事象ではないでしょうか。

3つ目は、PCの盗難・紛失です。
テレワークでPCを社外に持ち出す機会が増えれば、それに伴い、PCの盗難・紛失による情報漏洩のリスクが高まります。BitLockerによるハードディスク暗号化は本当に安全といえるのでしょうか。



安全なテレワーク環境を構築するには?

テレワーク時のセキュリティと管理者の運用性、そしてユーザーの利便性の全てを実現するために、情シスとしてどのような対応ができるのでしょうか?

・社外ネットワーク接続時にVPNへの接続を強制できるようにしたい
・社内ネットワーク、社外ネットワークの判定方法を精緻に行いたい
・VPNの逼迫を防ぐため、一部のサイトやクラウドサービスについては例外的にVPN経由せずに直接アクセスできるようにしたい
・海外出張先などで、管理者の許可のもと一時的にVPN強制を解除したい
・ユーザーによる制御解除を防ぎたい


本セミナーでは上記のようなお悩みを持つ情シス担当者様向けに、アシストにおけるVPNの逼迫問題をどう克服したか、といった体験談も交えながら、テレワークセキュリティで押さえるべきポイントについて解説します。



プログラム 

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:40 見直さなくて大丈夫?!テレワークで抑えておきたい3つのセキュリティ対策

       ~セキュリティ担保とVPN逼迫をどう解決するか?~

・長期化するテレワークとセキュリティ課題
・課題① VPN未接続
・課題② VPN逼迫
・課題③ PCの盗難紛失
・事例のご紹介

13:40~14:00 質疑応答



主催

株式会社アシスト



当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com


セミナー事務局

マジセミ株式会社




※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご回答いただいた情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


コンテナ環境内のアプリケーションセキュリティ:鍵管理の重要性と対策方法

開催日:2021年 2月25日

クラウド活用に最適なコンテナ技術が普及

「クラウドファースト」という言葉が浸透する中、多くの企業が、自社システムにおいて積極的なクラウドの活用を進めています。クラウドを支える基盤技術の1つである「仮想化技術」は日々進化しており、特に近年注目を集めているのが「コンテナ」技術です。

ITシステムの効率化を目指して、「Red Hat Openshift」や「Docker」、「Kubernetes」、「Amazon Elastic Container Service(ECS)/Elastic Kubernetes Service(EKS)」などの関連技術を導入する企業が増えています。

本ウェビナ―ではエンタープライズ・オープンソース・ソリューションのリーディング・プロバイダーであるレッドハット株式会社よりゲストスピーカーを迎え、「コンテナ/Kubernetesを企業で活⽤するための要」について講演していただきます。

コンテナ/Kubernetesを企業で活用するための要

コンテナや「Kubernetes」などのオープンソース技術が注目されています。これらを活用することで、企業・組織は俊敏性を発揮し、革新的なアプリケーションを開発でき、顧客に対してこれまでにない刺激的な価値を提供することが可能になります。こうした「真に取り組みたいこと」の実現を力強くサポートできるようになります。

今回は、初心者の方向けに「Kubernetesを活用する意義」や、その際の有効な選択肢として「OpenShift」をご紹介いたします。

コンテナ環境でも重要な、暗号鍵の管理

コンテナ化されたアプリケーションの開発が進められる中、従来のデータセンターと同様にコンテナ環境でも求められるのが「データセキュリティ」対策です。

特に重要なデータの漏えいを狙う攻撃に対しては「データの暗号化」が有効ですが、ソフトウェアを使った暗号化処理には脆弱性があります。一度システムに侵入されてしまうと、暗号鍵を取得されて簡単にデータを盗むことができます。

重要情報の管理や高度なセキュリティ体制の構築に不可欠なのが、暗号鍵を適切に管理できる「HSM(Hardware Security Module)」です。

HSMとは

HSMとは、データの暗号化やデジタル署名の生成に使用する鍵を安全に保管できる専用ハードウェアです。ネットワークを介したデータへの攻撃はもちろん、物理的な攻撃からもデータを保護します。

しかし、アプリケーション開発者にとってコンテナ環境でのHSMとの連携に慣れていないことも多く、連携作業に時間がかかるなど本番環境への迅速なリリースに影響を及ぼしてしまうことも起きています。

コンテナ環境のセキュリティをより安全にする秘訣

コンテナ環境でも高いセキュリティレベルを確保するにはHSMの利用が効果的です。

本セミナーでは、アプリケーション開発者やインフラエンジニアを対象に、コンテナ環境とHSMとの統合メリット、および楽に連携する秘訣を紹介します。

プログラム

9:45~10:00 受付

10:00~10:05 冒頭挨拶

10:05~10:30 コンテナ/Kubernetes を企業で活用するための要

レッドハット株式会社 Cloud Solution Architect OpenShiftアーキテクト 斎藤 和史

10:30~11:00 コンテナ環境内のアプリケーションセキュリティ:鍵管理の重要性と対策方法

エントラストジャパン株式会社DPS事業本部 ビジネス開発担当 イドハム・アイシャ

主催

エントラストジャパン株式会社

エントラストジャパン株式会社プライバシーステイトメント

ご提供いただいた個人情報は、弊社のイベント、商品のご案内等の営業・マーケティング活動にのみ利用させていただきます。また、ご本人の同意がある場合または法令に基づく場合を除き、第三者への提供・開示は行いません。 弊社のプライバシーに関する声明につきましては、下記サイト(英語)をご覧ください。

https://www.entrust.com/ja/legal-compliance/data-privacy/privacy-statement

共催

レッドハット株式会社

Red Hat 個人情報保護ポリシー

ご提供いただいた個人情報は、弊社の親会社である Red Hat, Inc. と共有し、弊社および Red Hat, Inc. の今後の営業およびマーケティング活動に関連する各種ご案内(イベント、セミナー、キャンペーン、サービス情報の紹介等)のために利用いたします。

弊社および Red Hat, Inc. は、ご提供いただきました個人情報を、以下のサイトに掲載の個人情報保護ポリシーに基づき管理いたします。

https://www.redhat.com/ja/privacy-statement

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


IT中小企業の持続的成長と生産性向上に、なぜMBO(目標管理)が必要なのか? ~VUCA・テレワーク時代の業務目標設定、進捗支援の有効性~

開催日:2021年 2月24日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。https://zoom.us/test

MBOとは何か?

MBOとは「目標管理制度」(Management By Objectives & Self Control)と翻訳される、

1954年にドラッガーが提唱した組織マネジメントの概念です。

2018年に労務行政研究所が実施した調査では、上場企業の79.3%の企業が目標管理を導入しています。

一方で、社員100名以下の中小企業やスタートアップでは、組織規模や事業優先順位などの観点から、

MBOを導入できていない企業の方が多いと推測されます。

VUCA・テレワーク時代で、目標設定・マネジメントが困難に

昨今、VUCAと呼ばれる変化の激しい経営環境に直面し、企業は変化への適応、

持続可能な成長が求められています。

それと同時に、コロナ禍でテレワーク時代が到来し、部下と上司のコミュニケーション、

目標の共有・進捗管理がますます重要視されていきます。

CHO協会の調査結果によると、目標設定や評価などについての最も大きな課題が

「上司と部下との話し合いがあまりなされていない」ことで、全体の約20%のシェアを占めています。

今後、業務目標の設定とマネジメントが困難になる中で、

中小企業の経営者・人事担当はどのように対処すべきなのでしょうか?

参照:

・労務行政研究所 人事労務諸制度実施状況調査(上場企業および大手非上場企業440社を対象)

・日本CHO協会調査結果(2016年)

https://www.j-cho.jp/enq/pdf/1612_01.pdf

なぜMBOがいま必要なのか?

組織が持続的に成長しつづけるためには、生産性を向上し続ける必要があります。

そのためには、

・組織的な目標達成力

・社会的手抜きへの対処

・組織課題、特に管理職層の育成 

が求められます。

生産性向上を目的とした最適な業務目標設定、進捗管理。

これらを実現するには、単なる人事制度ではなく、

経営マネジメントシステムとしてMBOを導入していくことが必要なのです。

本セミナーでは、実践の課題に伴走するMBO支援サービスと

クラウド型MBO運用システムをご紹介いたします。

中小IT企業が生産性向上するために、

・なぜMBOが重要なのか

・運用の実践はどうすれば効果的か

について、具体的に解説いたします。

プログラム 

15:45~16:00 受付

16:00~16:05 オープニング

16:05~16:40

IT成長企業の生産性向上になぜMBO(目標管理)が必要なのか?実践の課題解決に伴走するMBO支援サービスのご紹介

・なぜMBOがIT企業に必要なのか?

・人事制度コンサルティング、MBO支援サービス、クラウド型MBO運用システムのご紹介

16:40~17:00 質疑応答

主催

フォスターリンク株式会社

共催

株式会社BDO人事総合研究所

株式会社リンドバーグ

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


Webセミナーからは商談は獲得できないのか? ~年間300回以上のWebセミナーを開催したマジセミ代表 寺田雄一が解説~

開催日:2021年 2月24日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

 

 

コロナ禍で一気に増えた、Webセミナー

コロナ禍でリアルセミナーが開催できなくなり、この1年でWebセミナーが一気に増えました。

Webセミナーは、自宅やオフィスにいたまま気軽に参加することができ、参加者にはとても人気です。

マジセミでも、コロナになってから既に300回以上のWebセミナーを開催してきました。

 

 

「Webセミナーを開催しても、商談に繋がらない」という問題

一方、営業目的でWebセミナーを開催する場合、主催企業からは、

 

「Webセミナーは気軽に参加できるので、情報収集目的の参加者が多くなった。」

「Webセミナーに参加してくれても、その後連絡がつかない。商談に繋がらない。」

 

という声をしばしば耳にします。

 

 

どうしたら「もっと話しを聞いてみたい!」と思ってもらえるのか?

今回は、そのような課題を解決する方法について解説します。

連絡がつかない、商談に繋がらない、ということは、参加者に、

 

「講演内容に興味が持てなかった」

「それ以上話しを聞いても、有益な情報があるとは思えなかった」

 

というように思われてしまったということです。

 

今回は、参加者に興味を持ってもらうにはどうすればよいのか、どうすれば商談に繋がるプレゼンができるのか、以下の内容について、マジセミ代表 寺田雄一が解説します。

 

「聞きたい」と思わせる、テーマ設定方法

「話しに引き込む」プレゼンシナリオの構築方法

「個別に話しを聞きたい」と思わせる方法

どうしたら商談(個別のアポ=Web会議)を獲得できるのか?

さらに、商談(個別のアポ=Web会議)を獲得するために、どのようにフォローをすればよいのか、以下の内容についても解説します。

 

アンケートの設計は、どう考えればよいのか?

どのタイミングで、どのような方法で、フォローをすればよいのか?

 

 

 

プログラム

09:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング

10:05~10:55 Webセミナーからは商談は獲得できないのか?

10:55~11:00 クロージング

 

主催

マジセミ株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


テレワーク環境から、VPNを使わず、社内システムにセキュアに接続する方法 ~社内システムを修正無しでSAML化しIDaaSと連携、VPNを使わないセキュアな接続~

開催日:2021年 2月24日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。
https://zoom.us/test


具体的な検討をされている企業を優先させて頂きます。

本セミナーは、社内システムとIDaaSなど認証基盤との連携において、具体的な検討をされている企業を優先させて頂きます。
大変恐縮ですが、それ以外の企業や個人のご参加はお断りする可能性がございます。
一般的な情報収集や学習を目的とされる方向けには、3月4日(木)に別途開催を予定しておりますので、そちらをご検討ください。


IDaaSとは

IDaaSとは、フェデレーション/シングルサインオンやID管理の機能をクラウドサービスとして提供するものです。

多数のクラウド・オンプレミス上のシステムに対するID情報やアクセス権限などをクラウドにて一元管理し、さらに多要素認証などでセキュリティを強化します。

 近年、「クラウドファースト」の方針の元、認証基盤もクラウドで実装したいという企業が増えており、IDaaSが注目されています。

 

 

Okta、OneLogin、トラスト・ログイン、IIJ ID や、AzureADも

IDaaSとしては、グローバルではOkta、OneLoginなどのシェア高く、国産のIDaaSとしては、トラスト・ログインや、IIJ IDがあります。

また、AzureADもIDaaSとしての機能を一部備えています。

 

 

完全テレワークに備え、社内業務システムとのフェデレーション/シングルサインオンする

一般的にIDaaSは社内システムとの連携が苦手です。

IDaaSは基本的には、異なるインターネットドメイン間でユーザー認証を行うためのプロトコルであるSAMLという認証の仕組みを使用しています。

 しかし、社内システムは、SAML対応していないものも多くあります。

一部のIDaaSでは、代理認証と呼ばれる方式で、SAML未対応のWebシステムと認証連携できるものもありますが、パスワードがインターネット上に流れるため、セキュリティ的に問題視するケースがあります。

 本セミナーでは、Okta、OneLogin、トラスト・ログイン、IIJ ID や、AzureAD などの IDaaSと、社内業務システムとをセキュアに認証連携するための方法について解説します。

 

 

VPNを使わず、テレワーク環境(社外)から社内ネットワークにセキュアに接続

テレワーク環境(社外)から社内ネットワークに接続する場合、ネットワークの問題もあります。

VPNを使うことが一般的でしたが、最近では「一度接続してしまうとどのシステムにもアクセスし放題」「多くの社員がテレワークすることを想定しておらず帯域が足りない」と言った問題が生じています。

 そこで本セミナーでは、問題の多いVPNを使わず、テレワーク環境(社外)から社内ネットワークにセキュアに接続する方法についても解説します。

 

 

プログラム

15:45~16:00 受付

16:00~16:05 オープニング

16:05~16:45 よりセキュアに連携するために、社内システムをSAML化する方法

16:45~17:00 質疑応答

 

 

主催

かもめエンジニアリング株式会社


当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com


セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入いただいた情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


iTextで大量の注文書PDFを自動的に整理、分類するコード(Java)の解説

開催日:2021年 2月19日

※本セミナーは開発者、SIer向けの実践的なコード解説セミナーです。

 

注文書PDFを「手作業」で分類、処理をしていませんか?

複数の取引先から届く注文書PDFやFAXを、受注管理システムに手作業で入力している企業が多くあります。帳票の内容を目視でチェックする手間や、作業が人に依存するという課題は明白です。

 

iTextでPDF関連作業を自動化する

iTextはPDFを簡単に扱えるJavaと.NET用の開発者向けライブラリです。

PDF国際標準のPDF 2.0を始め、アーカイブ(PDF/A-1、PDF/A-2、PDF/A-3)、アクセシビリティ(PDF/UA)、デジタル署名(PAdES)、電子請求書(ZUGFeRD)に準拠し、データを安全に保護しながら、PDFドキュメントの作成・分割・統合等の自動化を実現します。

 

iTextはオープンソースソフトウェア(OSS)

iTextはソースコードが公開されているOSS製品です。開発元のサポート終了などに左右されることなく、ユーザがソフトウェアの信頼性を判断でき、脆弱性・バグの修正を行うことで長期的に安定して利用することも可能です。

 

ヒューリンクスの豊富な導入実績とサポート体制

iTextは2000年から製品リリースされ、個人ユーザから大規模ユーザまで幅広い導入実績がある信頼のPDFライブラリです。ヒューリンクスはiTextを使用したシステム開発も行っており、そのシステム開発部隊がコード記載方法を含めたサポートを行っています。

 

注文書PDF処理自動化のコード(Java)を解説します

本セミナーでは、異なる3社からの注文書をプログラムに渡し、どの会社からの注文書であるのかを自動判定し、会社名・注文番号・日付・金額等をPDFから抽出する自動処理プログラムの開発を例に紹介します。

 

プログラム

15:45~16:00 受付

16:00~16:05 オープニング

16:05~16:40 iTextを使用したPDF処理のコード解説

16:40~17:00 質疑応答

主催

株式会社ヒューリンクス

 

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


ベトナム人SAPエンジニアチーム立ち上げ経験から具体的ノウハウを解説 ~日本企業はSAP人材不足にどう対応すればよいのか?~

開催日:2021年 2月19日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。https://zoom.us/test


2027年、SAP保守切れ問題とSAP人材不足の問題

2027年にSAPのERP製品、SAP Business Suiteの標準サポートが終了します。導入企業は2027年までに、SAP S/4HANAへマイグレーションする、その他ERP製品へのリプレイスなどの対策が必要です。

また、SAP開発・保守において国内のSAP開発ベンダー間で人材獲得競争が起きており、人材確保は困難になりつつあります。新型コロナの影響で、予算の見直しを迫られる企業も多く、コストダウンと人材確保の両立が喫緊の課題です。

なぜオフショアでのSAP開発なのか?

ベトナムのオフショア開発件数は年々増加の傾向にあります。TopDev社のデータによれば、2018年のベトナムIT求人数は2015年の4倍に成長。ベトナムがオフショアに適している理由が3点あります。

● コストメリット(一人単価25〜40万円程度)

● 豊富なエンジニア供給数

● 親日国家、日本語・英語の話せる人材が豊富

ベトナムでのオフショア開発で、コストダウンとSAP人材リソースの確保を両立することが可能です。しかし、初めてのオフショアで失敗するリスクも気になるところではないでしょうか。

100人のベトナム人エンジニアチーム立ち上げ経験から者が語る、日本企業がSAP人材不足に対応する方法とは?

2020年、ONETECHに技術顧問として15年間グローバル企業でSAP経験のあるコンサルタント が参画しました。彼はかつてSAPのオフショアパートナー会社立ち上げを経験しています。

本セミナーでは、ベトナム人開発チームを立ち上げた具体的な事例を交えながら、オフショア開発を通じたコストダウンとSAP人材確保、両面の解決方法を解説いたします。

※One Technology Japanは、SAP University Alliancesのメンバーのベトナム国家大学 ホーチミン市経済法科大学University of Economics and Law(UEF)と連携しSAP人材の育成もスタートしています。ベトナムのSAP開発のローカル企業とのネットワークも構築し「SAP2027年問題」の解決に尽力しています。



プログラム 

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング (マジセミ )

13:05~13:40 ベトナム人SAPエンジニアチームを立ち上げたノウハウを解説~日本企業はSAP人材不足にどう対応すればよいのか?~

・SAPを取り巻く環境(2027年保守切れ問題とSAP人材不足)

・ベトナムオフショアよくある失敗と成功のポイント

13:40~14:00 質疑応答



主催

株式会社One Technology Japan



当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com


セミナー事務局

マジセミ株式会社





※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入いただいた情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


ワークフローってどうやって使うの?初心者がつまずきやすいポイントとすぐに慣れるためのコツをご紹介 〜Microsoft Teams、LINE WORKSから承認依頼の通知を受け取る方法も解説〜

開催日:2021年 2月18日

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにて連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願いいたします。https://zoom.us/test

テレワークは進んでもシステムを使いこなせない現状

新型コロナウィルス拡大の影響で、大企業にも急速にテレワークが普及しました。在宅勤務を要請する企業が増え、バックオフィス部門にもITシステムの導入を迫られておりました。一方で、企業に根付く文化から完全にIT化されるには時間を要するのも事実です。

電子化に慣れない現場、運用カスタマイズに手間がかかる情シス

実際に電子ワークフローを導入した後、企業はきちんと活用できているのでしょうか?

2020年ワークフロー総研の調査結果によると、ワークフロー利用者の47.1%が「操作性が悪く使い勝手が良くない」と感じており、50%以上が「ワークフローシステムのカスタマイズや変更に関して課題に感じている」と回答しています。

(参照:https://www.atled.jp/wfl/article/detail/workflow-reports_6/ )

導入後にも不便を感じている企業が半数という実態が見えてきています。

ワークフローでつまずかない、すぐ慣れるためのコツとは?

本セミナーでは「ワークフロー」のつまずきやすいポイントや本運用に乗せるまでのコツを、失敗事例・成功事例をご紹介しながら解説をさせていただきます。

プログラム 

15:45~16:00 受付

16:00~16:05 オープニング(マジセミ)

16:05~16:15 システムを入れても使いこなせない会社の共通点とは?(テクバン)

・ワークフローシステムの導入失敗例

・テレワーク長期化でどのような企業変化を求められるのか

16:15~16:30 これさえ押さえればワークフローは怖くない!(エイトレッド)

・つまずきやすいポイント

・押さえておくべきポイント

・製品デモ

16:30~16:40 TeamsやLINE WORKSを活用してワークフローから即座に通知を受け取る方法(テクバン)

・メールではなく、コミュニケーションツールで通知を受け取る必要性

・Teamsから通知を受け取る方法

・LINE WORKSから通知を受け取る方法

・製品デモ

16:40~16:50 トラストログインを活用した自動認証・シングルサインオン(GMOグローバルサイン)

・複数システムをセキュアに利用させる必要性

・リモートワーク時の認証強化、シングルサインオンとは?

・製品デモ

16:50~17:00 質疑応答

主催

テクバン株式会社

共催

株式会社エイトレッド

GMOグローバルサイン株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入いただいた情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


テレワークに“ゼロトラスト”を取り入れて、社内システムへセキュアに接続 ~VPNを使わず、セキュリティをより高めるには?~

開催日:2021年 2月18日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。
https://zoom.us/test

本セミナーは、技術者向けの内容ではありません

主に、経営企画部門や情報システム部門の管掌役員や責任者さま向けに、この分野での最新の課題について把握していただくための内容となっております。

新サービスについてより詳細な説明をお聴きになりたい方は、2月24日(水)に別途Webセミナーを開催予定ですので、そちらにご参加下さい。

テレワークとゼロトラスト

社外から社内システムへアクセスする際には、VPNの利用が一般的です。

しかし、テレワーク利用者が増加した今、「社内ネットワークに一度入ってしまえば、他のシステムへも接続し放題」といったVPNの課題がクローズアップされてきました。

本Webセミナーでは、このようなVPNの課題について解説すると共に、「境界の中であっても信用しない」というゼロトラストの概念について説明します。

VPNを利用せず、ゼロトラストに基いたアクセスコントロールを行う「Keygatewayサービス」

また、このような課題を解決するために、かもめエンジニアリングが今春から提供開始する新サービスについてご紹介します。

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング

13:05~13:45 テレワークに“ゼロトラスト”を取り入れて、社内システムへセキュアに接続 ~VPNを使わず、セキュリティをより高めるには?~

13:45~14:00 質疑応答

主催

かもめエンジニアリング株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


CX(顧客体験)を実現するための、B2C向け認証基盤の仕組みと構成技術 〜ECにおける認証基盤の重要性と、本人認証・ID統合の実装とデモ〜

開催日:2021年 2月17日

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにて連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願いいたします。https://zoom.us/test



コロナとDXの影響で、ECに進出する企業が増加

コロナ禍を機に新たにEC展開を始めた事業者や、今後EC化を検討している企業は多いのではないでしょうか?

実際に、コロナ禍で巣ごもり需要や在宅勤務が進み、ECを利用するユーザが増加傾向を続けています。三井住友カードの調査結果によると、約3人に1人が2019年比で「利用頻度が増えた」と回答。それに伴いEC事業を開始する企業も増え、ネットショップ開設支援サービス「BASE」の新規ショップ開設数は、前年同四半期比で約2倍に増加しました。

参照:

https://www.smbc-card.com/company/news/news0001562.pdf

https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS08546/506262e6/d747/4750/9a65/de8c7839925a/140120201113424527.pdf

なぜ認証基盤が重要なのか?

ECをはじめとするB2Cサービスは、認証基盤を強化することでユーザの利便性・セキュリティが格段に上がることは言うまでもありません。WEBサイトの会員登録、決済において多要素認証、ソーシャルログイン、シングルサインオンを通じて、安心でノンストレスな顧客体験(CX)をユーザに届けることができます。

もし、認証基盤を利用しないと、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

・各WebサービスやAPIとシステム間連携を個別に行うコストや労力が発生

・アカウント管理DBの構築や、アカウント統合を失敗したときのリスクが大きい

・認証領域固有の標準技術や知見を持つエンジニアが必要

・サービスを継続するための最新認証技術仕様への追従、サービス利用の増加に伴った基盤拡張が求められる

などが挙げられます。

認証基盤を頼らず、専門知識なしに継続的にサービス提供をし続けることは非現実的です。

このように認証領域のエンジニアへの負担を軽減し、Webサービスのコアとなる開発に注力する役割を担うのが認証基盤です。

ThemiStruct(統合認証パッケージ)を活用して、認証管理を効率化する

本セミナーでは、ECサイトなどのB2Cサービスにおける認証基盤の重要性と有効性をご説明しながら、技術者向けに認証管理の効率化ソリューションとしてThemiStruct(テミストラクト)の仕組みと具体的な構成技術を解説します。実装デモを中心とした、技術者向けの内容になっております。

▼こんな方におすすめ

・情シス部門の担当者、責任者

・ECサイトの企画・運営担当者

・ 認証の強化やID統合をご検討の方

・セキュリティや品質管理のご担当者



プログラム 

15:45~16:00 受付

16:00~16:05 オープニング(マジセミ)

16:05~16:45 EC/Webサービスの顧客体験を高め、安心して利用できる認証基盤の仕組みと構成技術

講演内容

・管理(CIAM)における課題と認証基盤の役割

・魅力あるWebサービス構築に向けた認証管理製品活用の有効性

・弊社ソリューションThemiStructによる実装デモ

(多要素認証など認証強化の組み込みの動作デモ)

16:45~17:00 質疑応答



主催

株式会社オージス総研

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入いただいた情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


展示会で、出展費用を抑えて効果を出す方法 リアル&バーチャル展示会・共同出展説明会(Japan IT Week 春/マジTECH 春)

開催日:2021年 2月17日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

2021年4月26日(月)~28日(水)に、東京ビッグサイトで Japan IT Week 春 が開催されます!

新型コロナウイルスの営業で、昨年の展示会は中止となりましたが、2020年10月28日(水)~30日(金)に幕張メッセで開催される、Japan IT Week 秋 は予定通り開催されました。

2021年4月26日(月)~28日(水)も予定通り開催される見込みです。

展示会はお金がかかる

展示会は、大量にリードを獲得できる手段ですが、出展費用が多くかかります。

最小単位である1小間でも、場所代+装飾代などで、最低でも200万円程度はかかります。

小さいブースだと人が通らない

また、1小間では裏通りに配置されることが多いため、人通りが期待できません。

せっかく出展しても、期待通りの効果が出ない、といったパターンがほとんどです。

展示会で、出展費用を抑えて効果を出す方法

そこで本説明会では、展示会で、出展費用を抑えて効果を出す方法について、「共同出展」という方法を中心に解説します。

昨年秋に、コロナ禍の中で開催された、幕張メッセでの展示会の様子やポイントも解説

昨年秋に、コロナ禍の中で開催された、幕張メッセでの展示会の様子やポイントも解説します。

60万円で共同出展

マジセミでは毎年、共同出展を企画・運営しています。

少額の出展費用を複数の企業が持ち寄り、共同でメインストリートに大きなブースを出展するという作戦です。

1社あたり今回は60万円(税別)でご出展を受け付けます。

本説明会では、この共同出展の内容や、出展手続きについて説明します。

検討中の企業も参加可能、但しあと3社で出展枠は完売

まだご検討中の企業も参加可能です。

しかし開催まであまり日が無いので、可能な限り先に社内手続きを進めて頂けると助かります。

またあと3社で出展枠は完売となります。

出展希望の方は、説明会の前でも個別にご連絡下さい。

info@majisemi.com

バーチャル展示会「マジTECH」についても紹介。次回は3月開催の予定

また、マジセミが主催するバーチャル展示会「マジTECH」についても紹介します。

次回は3月開催予定です。

主催

マジセミ株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


長期化する在宅勤務で、大企業の情シスが管理すべき「PC操作ログ」とは? ~テレワーク環境で、オフィスと同じ労務管理・セキュリティを実現するために~

開催日:2021年 2月16日

長期化する在宅勤務・テレワークで懸念されることは

2021年1月現在、拡大する新型コロナの影響で、多くの企業で在宅勤務・テレワークが長期化する様相を呈しています。行政実施のテレワーク調査結果(*)によると、テレワークの懸念は「情報漏洩が心配」(47.1%)がトップを占め、テレワーク未導入の企業でも「情報セキュリティの確保」、次いで「適正な労務管理」が主要課題となっています。

*参照:

多様な働き方に関する実態調査(テレワーク)結果報告書(東京都産業労働局)

ICT利活用と社会的課題解決に関する調査研究(総務省)

PC操作ログに求められる2つの役割と課題

セキュリティと業務実態・就業時間を管理するためには、PC操作ログ管理が鍵になります。情シス担当が着手しないといけないセキュリティ課題は多く、脆弱性対策、内部不正対策、データの持ち出し監視、ネットワーク検疫など様々です。これに加えて、規定時間外労働や長時間労働を監視しなければなりません。PC操作ログには情報漏洩対策と労務管理対策の2つの役割があるのです。

しかし、PC操作ログ管理のためにセキュリティ管理ソフトを導入しても、

・社外へ持ち出すPCを管理できない

・多数のPCから操作ログを収集することでネットワークに負荷がかかる

・収集した操作ログを分析・活用できず、業務実態が把握できない

といった課題が解決できずにいる企業は多く存在しています。

パフォーマンスを維持しながらオフィスと同じ環境を構築するには

上記の通り、情シス担当者や労務管理担当者がもっとも関心のあるポイントは「社外にいながらオフィス(社内)と同じ環境を構築できるか」という点でないでしょうか。

本セミナーでは、テレワークPCで起こりがちなセキュリティ課題例をご紹介しながら、IT資産管理/セキュリティ管理統合システム「MCore」 の特長と実現できることを解説いたします。さらにMCoreの新バージョンで搭載される新機能についてもご紹介します。

プログラム 

13:40~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング

14:05~14:35

長期化する在宅勤務で、大企業の情シスが管理すべき「PC操作ログ」とは?

・テレワーク、在宅勤務を取り巻く環境と実態

・MCoreで実現できる、PCセキュリティ対策と労務管理

14:35~14:50 製品デモ

14:50~15:00 質疑応答

主催

住友電工情報システム株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

メール:seminar@sei-info.co.jp/電話番号:06-6394-6754

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


顧客ロイヤルティ × Co-creation = 接する 実践「ジョブ理論」顧客はなぜ、それを買うのか?

開催日:2021年 2月16日

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにて連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願いいたします。https://zoom.us/test

ジョブ理論とは?

ジョブ理論は『イノベーションのジレンマ』でお馴染みの著者クレイトン・クリステンセンによって体系化された、顧客価値発見の手法です。ジョブとは「特定の顧客が成し遂げたい進歩」のことで、顧客がなぜその商品を購入するのか?を紐解くヒントになります。「ミルクシェイクのジレンマ」の事例などが有名です。

ジョブ理論はなぜ必要なのか?

より良い商品やサービスを生み出せば、それが売れると考え、性能や品質の向上ばかりに目がいっていませんか?また、その商品やサービスは顧客にとってどのような価値を提供しているでしょうか?

顧客は“なぜ”その商品やサービスを購入するのか、それを使って“何をしたいのか”を理解しないと、より良い商品やサービスは生み出せません。そうした“なぜ” “何をしたいのか”を理解し、顧客ロイヤルティを向上させるために、ジョブ理論がいま改めて注目されています。

現場でジョブ理論を実践するには?

本セミナーでは『実践「ジョブ理論」』(総合法令出版)の著者である早嶋聡史氏をお招きし、ジョブという視点 (レンズ) から、普段からできるマーケティング力の高め方や具体的なフレームワークについて事例を交えながら解説いたします。マーケティングや新規ビジネス開発の責任者様必聴の内容です。

プログラム 

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング

13:05~13:50 明日から使える実践「ジョブ理論」(EQパートナーズ 早嶋聡史氏)

・「ジョブ理論」とは?

・「ジョブ理論」を活用するフレームワーク

・まとめ

13:50~14:10 質疑応答

主催

富士通コミュニケーションサービス株式会社(CSL)

協力

EQパートナーズ株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入いただいた情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


マイクロソフトが「HoloLens」で目指す未来と、現在 【IT最新動向ぶっちゃけトーク】ホロラボCEO 中村薫 氏×マジセミCEO 寺田雄一

開催日:2021年 2月16日

本セミナーは、Webセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

ここでしか聞けない、【IT最新動向ぶっちゃけトーク】

本セミナーは、IT業界の「旬」なトレンドをテーマに、毎回ゲストをお迎えし、対談形式で「ぶっちゃけトーク」をお届けするものです。また、毎回参加者からの大量のご質問を頂き、ライブで回答していく、参加型のセミナーです。

「HoloLens」とは

「HoloLens」とは、マイクロソフトが開発しているヘッドマウントディスプレイ(HMD)方式の拡張現実ウェアラブルコンピュータです。

今回の対談では、このHoloLensについて掘り下げて行きます。

HoloLensは、他のヘッドマウントディスプレイと何が違うのか?

VRデバイスは他にも、Oculusシリーズや、PlayStation VR などがあります。

HoloLensはこれらと何が違うのでしょうか?

どこを目指しているのでしょうか?

HoloLensの現在(トヨタの事例など)

HoloLensは主にビジネス用途で使われているようです。

現在はどのような事例があるのでしょうか。

トヨタの事例なども紹介します。

HoloLensと、Microsoft Azure、HoloLensと、Microsoft Power Platform

HoloLensは単体でも動作しますが、Microsoft Azure や、Microsoft Power Platform などとも連携できるようです。

連携することによって、どのようなことが実現可能になるのでしょうか?

HoloLensは、スマートフォンやPCを置き換えるのか?

HoloLensは将来的に、スマートフォンやPCに代わるデバイスになるのでしょうか?

今回は、株式会社ホロラボ CEO 中村薫 氏をゲストとしてお招きし、ぶっちゃけトークを展開します。

また、参加者も交えて議論していきます。シナリオがない対談ですので、どこに行くかわかりません。また、時間の関係で全てのテーマについて十分な議論ができないと思います。ご了承下さい。

 

 

登壇者紹介



中村 薫 氏

株式会社ホロラボ CEO / Microsoft MVP & RD / 著書「HoloLens 2 入門」など

2012年にMicrosoft社の開発した3Dセンサー「Kinect」の魅力に出会い独立。センサー関連のアプリ開発から、執筆、登壇活動などを個人事業として取り組む。

2013年に技術コミュニティTMCNの立ち上げに参加。

2017年にTMCNでの出会いからホロラボの設立に至る。

 

 

寺田 雄一



マジセミ株式会社 代表取締役社長

ウェビナー(Webセミナー)の集客・運営サービス「マジセミ」を起業、代表取締役社長。IT関連のウェビナーを年間400回運営。

他にも、ID管理クラウドサービス「Keyspider」を起業し代表を、空飛ぶクルマの運航プラットフォームを提供するエアモビリティ株式会社のCTOなどを務める。

野村総合研究所(NRI)出身。NRIでは社内ベンチャーとして、オープンソース・サポートサービス「OpenStandia」を起業。

主催

マジセミ株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご入力いただいた情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


DX、クラウド、サーバーレスで複雑化するシステムをどう管理し、性能劣化を防ぐのか? 〜Yahoo、JTB、ワイヤ・アンド・ワイヤレスの事例紹介〜

開催日:2021年 2月 9日

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

DXが加速、クラウド、サーバーレスの普及で運用管理は自律型クラウドの時代へ

昨今、デジタルトランスフォーメーション(DX)の波がエンタープライズにも訪れ、クラウドやサーバーレスが一気に広まりました。企業は低コスト・ハイスピードでシステム構築が出来るようになった一方で、ハイブリッドクラウド環境のようにシステムが複雑化し、システムの運用監視、運用管理には変化が迫られています。

大企業の複雑なシステム監視における3つの課題

そのような状況下で、大企業のCIOや情シス担当者が直面する課題は3つ挙げられます。

・従来の監視ツールではシステム全体の可視化が困難

・監視における手作業やコストが増加

・運用保守が属人化

拍車をかけるように、2020年の緊急事態宣言以降、コロナ禍でのリモート対応が多くの企業の求められるようになりました。これまでのような運用保守の手作業・属人対応がますます通用しにくくなってきています。

大規模システムの運用を可視化・省力化・民主化をするには?

本セミナーでは、

・限られたリソースで複雑なシステムと膨大なデータの管理に苦闘している

・IT運用保守を自動化したい

・インフラもアプリも効率的に監視したい

・属人的な監視体制を改善したい

というCIO、情シス担当向けに、運用監視のベストプラクティスとしてYahoo、JTB、ワイヤ・アンド・ワイヤレスの3社の成功事例をご紹介します。複雑化するシステムをどう管理し、どう性能劣化を防ぐのか?パフォーマンスの可視化、監視の省力化・民主化をどう実践するのかについて解説いたします。

プログラム 

15:45~16:00 受付

16:00~16:05 オープニング(マジセミ)

16:05~17:00 『Dynatrace今年の国内お客様事例をまとめて解説!-エンタープライズの複雑なシステムを少人数で安定的に運用監視する方法〜』(収録動画)

講演内容

日本のリーディングカンパニーによる先進事例と実践に役立つユースケースの解説

・ヤフー株式会社:マイクロサービスやクラウドネイティブを使った大規模システムの安定運用稼働術

・株式会社JTB:Dynatraceでチームコラボレーションを促進、問題解決時間を200%向上

・株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス:AIとNoOpsでAWSの監視とトラブル対応を徹底効率化

2020年CIOレポート調査結果の解説

・複雑なクラウドを管理するためにCIOたちが直面している課題

・デジタルビジネス成功に必要な取り組み:可視性、自動化とAI

Dynatraceの最新情報から今後の展望

※質疑応答は講演内で随時おこないます。

 

主催

Dynatrace合同会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


Webセミナーからは商談は獲得できないのか? ~年間300回以上のWebセミナーを開催したマジセミ代表 寺田雄一が解説~

開催日:2021年 2月 9日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

 

 

コロナ禍で一気に増えた、Webセミナー

コロナ禍でリアルセミナーが開催できなくなり、この1年でWebセミナーが一気に増えました。

Webセミナーは、自宅やオフィスにいたまま気軽に参加することができ、参加者にはとても人気です。

マジセミでも、コロナになってから既に300回以上のWebセミナーを開催してきました。

 

 

「Webセミナーを開催しても、商談に繋がらない」という問題

一方、営業目的でWebセミナーを開催する場合、主催企業からは、

 

「Webセミナーは気軽に参加できるので、情報収集目的の参加者が多くなった。」

「Webセミナーに参加してくれても、その後連絡がつかない。商談に繋がらない。」

 

という声をしばしば耳にします。

 

 

どうしたら「もっと話しを聞いてみたい!」と思ってもらえるのか?

今回は、そのような課題を解決する方法について解説します。

連絡がつかない、商談に繋がらない、ということは、参加者に、

 

「講演内容に興味が持てなかった」

「それ以上話しを聞いても、有益な情報があるとは思えなかった」

 

というように思われてしまったということです。

 

今回は、参加者に興味を持ってもらうにはどうすればよいのか、どうすれば商談に繋がるプレゼンができるのか、以下の内容について、マジセミ代表 寺田雄一が解説します。

 

「聞きたい」と思わせる、テーマ設定方法

「話しに引き込む」プレゼンシナリオの構築方法

「個別に話しを聞きたい」と思わせる方法

どうしたら商談(個別のアポ=Web会議)を獲得できるのか?

さらに、商談(個別のアポ=Web会議)を獲得するために、どのようにフォローをすればよいのか、以下の内容についても解説します。

 

アンケートの設計は、どう考えればよいのか?

どのタイミングで、どのような方法で、フォローをすればよいのか?

 

 

 

プログラム

9:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング

10:05~10:55 Webセミナーからは商談は獲得できないのか?

10:55~11:00 クロージング

 

主催

マジセミ株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


DX時代に求められるIT統制の在り方 今こそ見直しておきたい特権ID管理の最適化

開催日:2021年 2月 5日

テレワーク環境における、クラウドID管理とネットワークセキュリティを改めて考える ~ニューノーマルで加速するDX推進、働き方改革について~

開催日:2021年 2月 5日

本セミナーはWebセミナーです。

ツールはMicrosoft Teamsを使います。 URLは直前にメールにてご連絡いたします。

(第一部)DX(デジタルトランスフォーメーション)とテレワーク

新型コロナウイルスの感染拡大により、我々の事業環境は一変しました。
「ニューノーマル」とも言われる状況の中、企業にとって「DX(デジタルトランスフォーメーション)」が必要だと言われています。
DXといわれる中でもニューノーマルの中で特に促進が進んだものひとつが「テレワーク」です。

しかし、本格的なテレワークを推進する上ではまだ課題も多いと思います。

本セミナーでは、これらの課題について、またそれをどう解決していけばよいのかについて二部での実例を介して解説していきます。

(第二部)再度の緊急事態宣言で改めて考える、クラウドID管理とネットワークセキュリティ

再度、緊急事態宣言が発令されました。
企業では昨年から、既にテレワークに取り組まれていると思いますが、さらに本格的なテレワークを推進する上ではまだ課題も多いと思います。

例えば、以下のような課題があります。

テレワークやサテライトオフィスの活用で、業務担当者が急遽変更になったり、要員の入れ替わりや増減があるなど、 企業全体としてのIDやパスワードの管理やログイン認証の変更などの手間が増えてきた?

IT全般統制の観点からも、統合的なID管理や、シングルサインオンを実現したいが、どうすればよいのか?

新しい働き方に対応するためにサテライトオフィスの構築を考えているが、短期など任意の期間で構築できるのか?ネットワークのセキュリティはどう考えればよいのか?

本セミナーでは、再度緊急事態宣言が発令されたこのタイミングで、これらの課題について、またそれをどう解決していけばよいのかについて、改めて考えてみます。

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング

13:05~13:15 (第一部)ニューノーマルで加速するDX推進、働き方改革について

東日本電信電話株式会社

13:15~13:45 (第二部)スピーディーなサテライトオフィス構築と柔軟な権限移譲を可能にするID管理の方法とは?

日本システムウエア株式会社

13:45~14:00 質疑応答

主催

日本システムウエア株式会社
東日本電信電話株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


貴社のWebサイトからの問い合わせを、今日から20~100%UPする無料ハンズオン ~ハンズオン中に作成したチャットボットをそのまま2週間無料お試しで利用する~

開催日:2021年 2月 2日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

 

 

コロナ禍で対面営業が難しい中、重要性が増すWebサイト

コロナ禍で、対面での営業が難しい状況が続いています。

そのような中、Webサイトから、いかに「問い合わせ」を獲得するのかが、増々重要になっています。

 

 

SEOやリスティングをやっても、Webサイト訪問者の90~98%が離脱している

しかし実際には、SEOやリスティング広告などの施策により、せっかくお客様がWebサイトに訪問してもらっても、90~98%ものお客様がそのまま離脱してしまっています。

 

これを解決できるのが「チャットボット」です。

最近ではチャットボットを設置しているWebサイトも増えているため、ご存知の方も多いと思いますが、Webサイトの右下などに常時表示され、お客様が知りたいことに対して、わざわざページを遷移しなくても、すぐに直観的に質問でき、自動的に回答が得られる機能です。

 

 

貴社のWebサイトからの問い合わせを、今日から20~100%UPする無料ハンズオン

メディアリンクが提供するチャットボット「sinclo」を導入しているお客様では、実際に20~100%もお問い合わせが増加しています。

 

今回は、このハンズオンの時間中に実際にチャットボットを作成し、その日から2週間無料お試しできる、無料ハンズオンを開催します。

 

 

 

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング

13:05~13:15 チャットボット「sinclo」のご紹介

13:15~14:15 ハンズオン

14:15~14:30 質疑応答

 

 

主催

メディアリンク株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


ウェビナーシリーズ:外国人エンジニアが失敗しない日本企業への転職講座 ~第1回:人事経験者が語る、企業研究や面接への心構え~

開催日:2021年 1月29日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

IT人材不足の日本企業、今こそ就職・転職のタイミング

 
IT技術の発展や企業のデジタル変革の流れを受け、日本国内のIT市場は拡大傾向にあります。一方で、多くの企業ではITエンジニアの人材が不足し、日本国内の人材だけではITエンジニアの採用や育成などが難しくなっています。
 
そうした課題を解決するため、ITエンジニアの外国人採用を積極的に進める企業が増えています。特に、日本企業のオフショア開発として広く認識されているベトナムなど、IT教育に注力する国の人材に注目が集まっています。
 

海外とは違う? 日本独特の選考方法

 
採用する企業は「より自社の成長に貢献してもらえる」という観点から、書類選考や面接などを実施して人材を選んでいきます。
 
しかし、日本独自の選考方法や基準で評価することがあるため、他の外資系企業での採用活動と同じような取り組みでは、正式採用までたどり着くことが難しいのが現状です。
 

採用率向上に役立つ企業研究の賢い進め方

 
日本企業の採用を勝ち取るためには、自分の能力を発揮できる企業をどう見つけるのかという企業研究も大切です。労働環境や条件、評価基準などをしっかりと見極めることが求められます。
 
また、日本特有の選考方法を正しく理解した上で、会社の成長にも貢献できる人材であるかを人事担当者にアピールすることも重要です。
 

人事担当者は面接でここを見ている! 上手なアピールポイント

 
本セミナーでは、実際に日本企業で外国人採用を担当した経験を踏まえて、日本企業独特の選考方法や人事担当者のこだわるポイントを分かりやすく説明します。
 
また、面接時における基本的なマナーや自己分析や志望動機など、人事担当者への上手なアピールの方法をご紹介します。さらに、セミナー終了後にはご希望者に対する個別相談も実施するなど、あなたの日本企業への転職をご支援いたします。ぜひご参加ください。
 

プログラム

18:45~19:00 受付

19:00~19:05 オープニング

19:00~19:45 第一部 セミナー

(プレゼン内容)
・企業を選ぶポイント
・転職にあたる希望条件の決め方、および企業の選考ポイント
・日本企業でのキャリア形成

19:45~20:00 質疑応答

20:00~ 第二部 個別の転職相談会(希望者5人限定)

 

主催

株式会社コウェル





Series Webinar dành cho IT engineers người nước ngoài: Kỹ năng mềm cần có để chuyển việc thành công tại Nhật

- Tập #1: Chia sẻ từ nhân sự người Nhật về kỹ năng tìm hiểu công ty và chuẩn bị trước khi ứng tuyển tại các công ty Nhật -

Bạn có từng tự hỏi...?

Tại sao mình đủ điều kiện kinh nghiệm, năng lực mà sao vẫn không qua được vòng tuyển dụng?
Mình trả lời về nguyện vọng muốn vào công ty thế này đã được chưa?
Nếu bị hỏi về lý do nghỉ việc hoặc chuyển việc thì trả lời thế này có bị mất điểm?
Bắt đầu từ đâu để tìm và lựa chọn công ty để ứng tuyển?
Career path trong công ty Nhật là như thế nào?
...
 
Tình hình khan hiếm nhân lực IT có kỹ thuật cao ở Nhật trong những năm gần đây là một vấn đề không còn mới nhưng vẫn còn nhức nhối. Chỉ so sánh với 5 năm trước, các công ty Nhật đã open hơn rất nhiều với việc tuyển dụng du học sinh và người nước ngoài cho các vị trí permanent tại Nhật, ngang hàng hoặc hơn cả người bản xứ. Nếu nhìn từ phía công ty, tuyển dụng người nước ngoài là một khoản đầu tư không nhỏ (thuê luật sư để thu xếp giấy tờ thủ tục visa sponsorship, bổ sung chế độ nhân sự phù hợp với nhân viên ngoại quốc, tuyển dụng cán bộ nhân sự có kinh nghiệm hỗ trợ người nước ngoài ở Nhật, lập chế độ hỗ trợ nhà ở, sinh hoạt, vv..). Tuy vậy ngay trong cả thời buổi COVID-19, các công ty Nhật vẫn không ngần ngại đăng tin tuyển dụng open cho người nước ngoài. Số người nước ngoài, trong đó có người Việt Nam, có kỹ thuật tốt, tìm công việc ngành IT ở Nhật cũng đang tăng đều. Vậy sao việc vẫn tìm người và người vẫn tìm việc?
 

Tìm việc ở Nhật có khác gì với các nước khác...?

 
Nhà tuyển dụng nơi đâu cũng mong tìm được nhân tài có thể đóng góp vào sự phát triển của công ty qua các vòng tuyển chọn từ hồ sơ đến bài test và phỏng vấn. Các công ty Nhật cũng vậy, nhưng họ có những quy chuẩn riêng khiến quá trình tuyển dụng thường khó và chông gai hơn so với các công ty nước ngoài ở Nhật (gaishikei).
 

Biết mình biết ta trăm trận trăm thắng

 
Tra cứu thông tin và tìm hiểu về công ty trước khi ứng tuyển là một bước rất quan trọng nhưng thường hay bị bỏ qua. Nhiều bạn trong hồ sơ hoặc khi phỏng vấn nhầm sản phẩm của công ty này với công ty khác, hoặc trình bày motivation không mấy liên quan tới business và mục tiêu của công ty thì dù có kỹ thuật tốt đến mấy, công ty cũng sẽ thấy khó tuyển vì ‘tâm bạn có vẻ không thuộc về đây’...
 
Khi bạn có hiểu biết sâu về công ty, từ cách họ tuyển dụng đến những mối quan tâm trong kinh doanh của họ, bạn sẽ dễ dàng ghi điểm ngay cả khi chưa có kinh nghiệm ‘khủng’ với các công ty Nhật.
 

Nhân sự người Nhật quan sát và đánh giá bạn qua đâu?

 
Tố chất con người đóng một vai trò lớn trong quyết định tuyển dụng và trao gửi vị trí cho một ứng viên tại các công ty Nhật. Từ cách trình bày hồ sơ, tác phong khi gặp mặt qua web cho đến chi tiết câu trả lời trong phỏng vấn đều là những điểm nhà tuyển dụng Nhật quan sát để đánh giá tổng quan một ứng viên. Đây là một trong những kỹ năng mềm mà nhiều bạn chưa quen với việc đi tìm việc ở Nhật còn lúng túng.
 

Webinar lần này sẽ giúp trả lời cho bạn:

Cách trả lời phỏng vấn với người Nhật sao cho trôi chảy
Tác phong thiết yếu để đảm bảo ấn tượng tốt ngay từ đầu khi ứng tuyển tại Nhật
Cách tìm hiểu thông tin về công ty
Nhà tuyển dụng ở Nhật đánh giá những kỹ năng mềm nào trong buổi phỏng vấn
Nắm bắt các điểm cơ bản về quá trình tuyển dụng ở Nhật
giúp bạn làm chủ quá trình tìm công việc mơ ước tại Nhật!
 
Ngoài ra, bạn cũng sẽ có cơ hội trao đổi trực tiếp các thắc mắc và nỗi lo khi xây dựng sự nghiệp tại Nhật với Career Advisor trong mảng tech sau buổi webinar nữa! (dành cho 5 bạn đăng ký đầu tiên).
 

Chương trình:

18:45~19:00 Tiếp tân

19:00~19:05 Giới thiệu mở đầu về speaker

19:00~19:45 Phần 1: Seminar

Điểm lưu ý khi chọn công ty và khi vào vòng tuyển dụng
Cách nắm bắt yêu cầu tuyển dụng của công ty và hoạch định các tiêu chí để chọn nơi ứng tuyển
Hình thành career path phù hợp với công ty bạn muốn ứng tuyển

19:45~20:00 Q & A

20:00~ Phần 2: Tư vấn cá nhân (dành cho 5 người đầu tiên đăng ký)







Career Workshop Series: How to Find Success when Applying as an Engineer for Companies in Japan

~ Episode #1: Learn top tips for company research and interview from a former HR Manager ~

This workshop is conducted in Japanese and completely online using Zoom.
Zoom link to the session will be sent to participants after registration via emails.
 

Ever growing demands for tech talents in Japan

 
The IT market in Japan is expanding, driven by the development of IT technology and the digital transformation of companies, even more so amidst the recent pandemic. More and more companies are actively hiring foreign IT engineers. In particular, tech talents from countries that focus on IT education and are widely recognized as offshore development sites for Japanese companies, such as Vietnam, India, Bangladesh, are drawing more attention for their technical competency and strong growth mindsets.
 

Why is it still difficult to land a job in Japan?

 
Working at a Japanese company gives you the opportunity to master Japanese faster, expand your local network and get a better foothold in the Japanese society. However, applying for a Japanese company is often a long and arduous process that leaves many foreign engineers confused and discouraged. Japan's unique selection methods and criteria make it difficult to reach the point of official hiring if you take the same approach as you would at other foreign companies.
 

How to Improve Your Application Success

 
In order to win employment at a Japanese company, it is essential to conduct corporate research through careful assessment of the working environment, conditions, and evaluation criteria in order to find a company where you can best demonstrate your abilities.
 
It is also important to understand the gist of Japan's unique selection process, and how to better convince the HR manager and hiring managers why they should hire you.
 
In this workshop, our speaker with more than 20 years of experience in talent acquisition, development and training, including hiring foreigners at Japanese companies will walk you through all the unique points in acquiring talents at Japanese companies and where you can improve during the hiring process for a higher success rate.
 
The workshop will also cover basic interview etiquette, self-analysis and motivation, and how to make a better impression to Japanese hiring managers. After the seminar, individual consultations will be held for those who wish to attend, to help you find a new job at a Japanese company. We look forward to seeing you there.
 

Program

18:45 - 19:00 Reception

19:00~19:05 Opening

19:00~19:45 Part 1 Seminar

(Presentation content)
How to choose the right company
How to decide what you are looking for in a career change. Understand what companies look for in a candidate
Career development in Japanese companies

19:45 - 20:00 Question and answer session

20:00- Part 2: Individual Career Consultation (limited to 5 people who wish to attend)

 

Organized by

Cowell Japan

※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


「教師データ不要」のAIチャットボット ~すぐに導入でき、運用負荷も大幅軽減~

開催日:2021年 1月29日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

 

 

普及しつつある、 AIチャットボット

 

2017年ころから、ヘルプデスクやコールセンターなどの業務自動化/効率化を目的として、AIチャットボットが広く使われるようになりました。特に最近では、働き方改革のためのツールとしても注目されています。

 

「ルールの変更作業が大変」AIチャットボット運用の課題

 

AIチャットボットは「ヘルプデスクやカスタマーサポートの業務負担を減らす」「顧客エンゲージメントを改善」「問い合わせを増やす」などの効果があります。

 

しかしAIチャットボット導入のために、一般的にはFAQなどの教師データの作成や整理を行う必要があり、導入までに数カ月かかる場合もあります。

さらに、業務が変更になった場合、FAQなどの教師データを再作成し、再学習する必要があり、頻繁に業務の変更がある現場では、逆に負担になってしまうことも多いようです。

 

このような理由から、

 

「運用が大変で、コストパフォーマンスが悪い」

「導入したけど効果が出ていない」

 

という企業は多数いらっしゃいます。

 

ヘルプデスクのコストを40%削減した事例~教師データ不要のAIチャットボット活用~

 

本セミナーでは、

 

すぐに簡単に導入できる

業務変更にも柔軟に対応できる

 

という特徴を持つ、「教師データ不要」のAIチャットボットについてご紹介するとともに、企業のヘルプデスクのコストを40%削減した具体的な事例についても解説します。

 

 

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:40  AIチャットボットの課題/教師データ不要のAIチャットボットで、すぐに導入でき、運用負荷も大幅軽減

(プレゼン内容)

・AIチャットボットの市場動向

・AIチャットボットの課題

・「教師データ不要」のAIチャットボット

・企業のヘルプデスクのコストを40%削減した具体的な事例

13:40~14:00 質疑応答

 

 

主催

日本システムウエア株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入いただいた情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548