TOP / セミナー講演資料 / 

関連するセミナー

他のカテゴリから探す

マジTECH 202007(クラステクノロジー)

開催日:2020年 7月12日

マジTECH 202007(DevSamurai)

開催日:2020年 7月12日

マジTECH 202007(システムズ/クラウド・インフラ)

開催日:2020年 7月12日

マジTECH 202007(東日本電信電話/AWS)

開催日:2020年 7月12日

マジTECH 202007(東日本電信電話/Azure)

開催日:2020年 7月12日

マジTECH 202007(AOSデータ)

開催日:2020年 7月12日

マジTECH 202007(さくらインターネット)

開催日:2020年 7月12日

マジTECH 202007(ARアドバンストテクノロジ)

開催日:2020年 7月12日

マジTECH 202007(Keyspider Japan/クラウド・インフラ)

開催日:2020年 7月12日

マジTECH 202007(感性AI)

開催日:2020年 7月12日

マジTECH 202007(ヴィンクス/オープンソース)

開催日:2020年 7月12日

マジTECH 202007(信興テクノミスト)

開催日:2020年 7月12日

マジTECH 202007(新宣)

開催日:2020年 7月12日

マジTECH 202007(ドキュメントプラス)

開催日:2020年 7月12日

マジTECH 202007(セールスカレッジ)

開催日:2020年 7月12日

マジTECH 202007(展示会営業マーケティング)

開催日:2020年 7月12日

RPA本格活用の第2ステージへ 「Withコロナ」のRPA活用・企業のDX推進とは?

開催日:2020年 7月10日

本セミナーは、Webセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

新型コロナウイルスの影響により企業活動の在り方は急激な変化を求められております。

「Withコロナ」の時代とともにテレワーク常態化・企業内のデジタル化などより企業のDX推進は加速するものと考えられ、この数年注目を集めていたRPAも、更に活用が期待されております。

本セミナーでは、RPAを本格活用するにあたりテレワーク環境下でのRPA運用の課題やその対策、より無人化した状態でセキュアなRPA運用の仕組みづくりについてご提案致します。

今後適用業務の範囲を広げて、RPAの効果を最大限に生かせる環境づくりに役立つ情報も共有致します。

【セッション】

15:45-16:00 受付

16:00-16:40 テレワーク環境化でのRPA運用の課題・対策方法とは?

~WithコロナでのRPA活用の押さえるべきポイント~

CTCエスピー株式会社

16:40-17:10 リモート・仮想環境など多様なRPA実行環境を包括してモニタリングする方法

エンカレッジ・テクノロジ株式会社

17:10-17:30 質疑応答

主催

エンカレッジ・テクノロジ株式会社

共催

CTCエスピー株式会社

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記載頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


「一人情シス」を助けるAWSのはじめ方(移行・セキュリティ・運用編)

開催日:2020年 7月 9日

本セミナーは、Webセミナーです。

ツールはTeamsを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

一人情シスとは/一人情シスの課題

一人情シスとは、「1人(または2~3人程度の少人数)で企業のシステム部門を担当している状態」を指す言葉です。Dell EMCの調査によると、100人以上1000人未満の中堅企業の約38%が情報システム担当者1名以下の体制となっています。

一人情シスの状態だと、保守・運用業務やセキュリティ対策などの「守りのIT」だけで手いっぱいとなり、現在重要となっている「攻めのIT」が実施できないといった課題があります。

本Webセミナーでは、AWSを活用して一人情シスを支援し、その負担を軽減する方法について解説していきます。

どうやってAWSを始めればよいのか?どこからAWSに移行すればよいのか?

とはいえ、AWSへの移行について、どのように検討すればよいのでしょうか?

どのようなシステムからAWSに移行すればよいのでしょうか?

また、どのようなプロセスで移行すればよいのでしょうか?

AWSのセキュリティはどう担保すればよいのか?

パブリッククラウドを利用する場合、セキュリティは気になるポイントだと思います。

どのようにAWSのセキュリティを担保すればよいのでしょうか?

社内のネットワークとAWSとを、どのように接続すればよいのでしょうか?

AWSに移行した後の運用(監視や自動化)はどうすればよいのか?

情報システム担当としては、システムの運用がどうなるかも気になると思います。

AWSに移行したあと、監視などのシステムの運用はどうなるのでしょうか?

自動化、効率化などはどのように行っていければよいのでしょうか?

ツールや、アウトソースについても解説

本Webセミナーでは、AWS初心者にもわかりやすく上記のような疑問に対して答えていきます。

また、AWSが提供する移行・セキュリティ・運用を強化するためのツールの紹介や、アウトソース活用のポイントについても解説致します。

プログラム

15:45~16:00 受付

16:00~16:40 「一人情シス」を助けるAWSのはじめ方(移行・セキュリティ・運用編)

16:40~17:00 質疑応答

主催

東日本電信電話株式会社

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


Webセミナー/ GMOのシングルサインオンサービス「トラスト・ログイン」販売/OEMパートナー募集 説明会 ~GMOグループとの協業でビジネスを加速させる~

開催日:2020年 7月 3日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

GMOの在宅勤務体制で実証されたIDaaSとは

弊社GMOインターネットグループでは1月27日(月)より、4か月の在宅勤務を実施し、緊急事態宣言解除後も週1-3日はテレワーク推奨となっております。その中で自宅からでも安全に社内システムにアクセスするために、トラスト・ログインを積極活用しております。

従業員の安全確保、またその在宅体制においても情報資産のセキュリティを守るための多くの機能がトラスト・ログインに集約されております。

(クライアント認証、ワンタイムパスワード、IP制限、ステップアップ認証等)
 

貴社のお客様に「安心」をお届けする

GMOインターネットグループが提供するIDaaS「トラスト・ログイン」では、この度パートナーを募集します。
貴社のお客様におかれましても、認証やシングルサインオンのニーズは必ずあるはずです。

「トラスト・ログイン」を使って一緒にお客様に「安心」をお届けするパートナーを募集します。

共同マーケティングで、貴社のビジネスを加速

「トラスト・ログイン」では、パートナーと積極的に共同プロモーションを行っていきます。 
両社で協力し、またパートナー同士の連携・協業も後押ししながら、お互いのビジネスを拡大していきます。

再販や貴社製品・サービスとの連携、OEMなど

パートナーの形態は再販のみならず、貴社製品・サービスとの連携や、「トラスト・ログイン」のOEM提供も可能です。
まずは説明会にご参加頂き、個別にご相談させて頂ければと思います。

プログラム

10:45~11:00 開場

11:00~11:30 トラスト・ログイン製品説明

まずはトラスト・ログインについて、デモンストレーションを交えてご説明します。

11:30~11:50 パートナー制度説明

パートナー制度の概要とメリット、実際のパートナー様の活動例をご紹介します。

11:50~12:00 質疑応答

対象

IDaaSの販売をご検討されている資本金1000万以上のシステムインテグレーション(SIer)様
 

主催

GMOグローバルサイン株式会社

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記載頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


リモートワーク定着のために、認証とID管理はどうあるべきか? VPNやVDIの認証強化と、リモートワークが「当たり前」の社会におけるアクセス管理

開催日:2020年 7月 2日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

引き続きリモートワークは推奨

緊急事態宣言は解除されましたが、新型コロナウィルスの第2波、第3波の感染拡大も懸念される中、引き続きリモートワーク/テレワークが推奨されます。

VPNやVDIのセキュリティ強化が必要

多くの企業では緊急事態宣言の中、急遽VPNやVDIなどリモートワークの環境を整備しましたが、セキュリティ対策が十分でないケースも多いようです。

今後はリモートワークを定着させるため、そのセキュリティを強化する必要があります。

どのような観点で、どのようにセキュリティを強化するべきなのでしょうか。

リモートワークが「当たり前」の社会において、アクセス管理はどうするべきか?

また、今後はリモートワークが「当たり前」の社会になります。

そうなると、アクセス元として考えなければならないクライアントデバイスが急増します。

その時にアクセス管理、及び認証、ID管理はどう考えるべきでしょうか。

参加者も含めたディスカッション

本Webセミナーでは、リモートワークのセキュリティ強化や、リモートワークが「当たり前」の社会におけるアクセス管理について解説すると共に、参加者も含めてリモートワークのセキュリティについて考えていきます。

プログラム

15:45~16:00 受付

16:00~16:15 VPNやVDIの認証強化

エントラストジャパン株式会社

16:15~16:30 リモートワークが「当たり前」の社会におけるアクセス管理

日本ヒューレット・パッカード株式会社

16:30~17:15 質疑応答・ディスカッション

主催(共催)

エントラストジャパン株式会社

日本ヒューレット・パッカード株式会社

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記載頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


失敗例から見る、JUnitによるJava単体テストの課題と、工数削減の方法~Jtestとは~

開催日:2020年 7月 1日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

 

 

JUnitとは

JUnitは、Javaプログラムの単体テストを行うためのツールです。 単体テストを自動化するツールとしてJava開発のプロジェクトで多く使われています。

JUnitの問題点

膨大なテストコードの作成に手間がかかる

単体テストのためにはテストコードを実装する必要があり、テスト対象の規模が大きければ大きいほど、作成するテストコードも増えます。

そのため、単体テストを始めてみるとテストコードを実装するための工数が多く必要となってしまい、単体テストをあきらめてしまう原因になります。

単体テストコードのメンテナンスが大変

またテストコードは、最初の一回を作るだけならよいのですが、運用フェーズでの仕様変更やバグ対応のために、開発コードを修正するとテストコードの修正も必要になり、作業量が二倍近くに増大します。

失敗例から見る、JUnitによる単体テストの課題の解説

このように、JUnitによる単体テストには様々な課題があります。本セミナーではこれらの課題について解説します。

Jtestによる単体テストの工数削減方法を解説

更にこの課題を解決する方法として、テストコード作成の負荷を軽減し、33%程度の工数削減を実現する単体テストツール「Jtest」をご紹介します。

Jtestとは

「Jtest」は、Javaシステムの開発を強力にサポートするJava対応テストツールです。

JUnitを用いた単体テストについて、作成、実行、テストカバレッジ分析、テスト資産の管理といった単体テストに係る作業をサポートし、単体テストの効率化を促進します。

プログラム

15:45~16:00 受付

16:00~16:20 失敗例からみるJunit単体テストのあれこれ

16:20~16:40 Jtest による単体テストの工数削減とROIを向上させる秘策

16:40~16:45 テクマトリックスが提供するソリューションのご紹介

16:45~17:00 質疑応答

主催

テクマトリックス株式会社

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記載頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


「人の移動が制限された新しい生活様式」時代におけるオフショア活用の利点 〜オフショア活用企業が感じた進化の実感とは〜

開催日:2020年 6月30日

本セミナーは、Webセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

※お申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

今“人の移動が制限される”ことを前提にした業務態勢強化が必要に

ビジネス環境が急激に変化する現在、“人の移動が制限される”ことを前提にした業務態勢強化が企業経営の重要なテーマになっています。

直面する課題への対応とともに、今後の新しい商流・商習慣も見据えた企業全体の取り組みが重要となります。

コロナ禍で求められたIT体制の継続性担保とリモートワーク希望技術者の増加

このような状況のなか、IT業界、IT関連の部門では、IT技術者のオンサイトに依存した運営体制のデメリットが明らかになりました。

「満員電車での通勤リスク」「リモート対応出来る企業に行きたい」という理由で転職を希望するエンジニアも増加しており、IT技術者が不足している人材市況下において、非常に重要なテーマとなりつつあります。

オフショア活用企業が実感した「自分たちの進化」

当社はベトナムを中心としたオフショア開発体制を基盤に、様々なお客様のIT体制を海外からご支援する取組を行ってまいりましたが、今回の緊急事態宣言を経て、思いもしなかったメリットがお客様から実感として以下のようなコメントが寄せられました。

・「開発・運用が停止しなくて済んだ」

・「オフショア活用を推進した結果、社内にリモートワークに対応したIT体制が整備できていいて、思ったよりもスムーズに対応できた」

オフショア開発で得られる事業継続性と多様な効果

本セミナーでは、すでにオフショア活用している企業様が今回のリモートワーク 体制にどのように対応できたかを解説することによって、これからオフショア開発を検討するお客様が得られる様々なメリットについて解説します。

それととともに、「言葉の壁」「文化の壁」「距離の壁」の3つのオフショア活用の壁を、従来は常駐型SES・技術者派遣に大きく依存していた企業様がどのように超えていったのかをご紹介します。同時に、3つの壁を超えるにあたって重要なポイントと、その克服のポイントについても解説いたします

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~14:00 「人の移動が制限された新しい生活様式」時代におけるオフショア活用の利点

〜オフショア活用企業が感じた進化の実感とは〜

 [講師]:株式会社コウェル 取締役 吉田 謙

14:00~14:30 質疑応答

主催

株式会社コウェル

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記載頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


ニューノーマル時代のUX、サービスの入口としての認証はどうあるべきか? パスワード使用を回避するFIDO認証をWebサービスに組み込む実装ハンズオン(テクニカルセミナー)

開催日:2020年 6月30日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

本Webセミナーの対象者

・認証・セキュリティを担当している方

・html/cssや、APIについての基礎知識がある方。

※本Webセミナーは、ソースコードレベルの内容が含まれます。

ニューノーマル時代

新型コロナウイルス感染症の流行により、世界は新しい時代に突入したとされ、「コロナ後(アフターコロナ/ポストコロナ)のニューノーマル」と言われています。

ニューノーマルの時代にあっては、オンラインチャネルこそがビジネスの主流になると考えられます。

サービスの入口としての認証はどうあるべきか?

お客様にサービスを利用してもらい、長期的な関係を築いていくためには、安全で使いやすいUXは重要な要素です。

しかし、サービスへの入口となる認証では、使い勝手の面からも、セキュリティの確保やプライバシーの保護の観点からも多くの課題を抱えるパスワード認証が、依然として多く使われています。

パスワード使用を回避するFIDO認証とは?

FIDO認証とは、従来のパスワード認証に代わる次世代の認証技術で、主に生体認証を用いた本人の認証を行う仕組みです。

業界団体であるFIDO Allianceによって規格の策定と普及推進が行われており、デファクトスタンダードになりつつあります。

FIDO認証の概要、及び最新動向と、FIDO認証をWebサービスに組み込む実装ハンズオン(デモ)

本Webセミナーでは、まずFIDO認証についてその概要と最新動向を解説します。

その後、FIDO認証をWebサービスに組み込むための実装(コード)について、デモンストレーションを行います。

スマートフォンをご用意の上、ご参加下さい

今回実装については、主催者側で行う手順を、画面共有でお見せする形になります。参加者がコードを書くことはありません。

その後、そのテストについては、参加者の皆様にもご参加頂きますので、ぜひスマートフォンをご用意の上、ご参加下さい。

・Android 8.1以降の生体認証搭載スマートフォン、Chromeブラウザ

※iOSは今回デモでご利用いただけません

プログラム

15:45~16:00 受付

16:00~16:20 FIDO認証の概要、及び最新動向と、事例紹介

Nok Nok Labs, Inc.

16:20~16:50 WebサービスへのFIDO認証実装実演

富士通株式会社

16:50~17:10 質疑応答

主催

Nok Nok Labs, Inc.

協力

富士通株式会社

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


HACCP(危害分析・重要管理点・温度管理)の課題をIoTで解決する ~IoTは社会問題に対して、どのように貢献できるのか?~

開催日:2020年 6月29日

本セミナーは、Webセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

2020年6月からHACCPが義務化

HACCPとは「Hazard(危害)」「Analysis(分析)」「Critical(重要)」「Control(管理)」「Point(点)」という言葉の略語で、食品を製造する際に安全を確保するための管理手法です。

2018年6月に可決した改正食品衛生法によって2020年6月法令化。2021年6月までに、食品を扱う全事業者に対してHACCP衛生管理の完全義務化が行われることが決定しました。

 

 

HACCPの概要と導入のポイント

本Webセミナーでは、まずこのHACCPについて、専門のコンサルタントが概要を解説します。

また、HACCP導入のポイントについても解説します。

 

IoTは社会問題に対して、どのように貢献できるのか?

IIJでは今まで通信事業者としてIoT事業に注力をしてまいりました。

既にIoTを活用して農業や各産業などの分野に対して業界に特化したソリューションをご提案してまりいましたが、

HACCPについてもIoTがどう貢献できるかについて紹介致します。

 

IoTでHACCPの温度管理の課題を解決する

HACCPの運用は、事業者への負担が高く、全て人の手で行うのは困難です。

そこで本Webセミナーでは、温度管理を中心にIoTを活用してHACCPの運用をサポートする方法について解説します。

 

プログラム

15:45~16:00 受付

 

16:00~16:30 HACCPの概要と導入のポイント

NSSスマートコンサルティング株式会社

ISOサポート事業課(ISOプロ)マネージャー 松田 正一

ISOサポート事業課(ISOプロ) 山谷 聖也

 

16:30~16:45 IoTでHACCPの温度管理の課題を解決する

(IoTは社会問題に対してどのように貢献できるのか?)

株式会社インターネットイニシアティブ

IoTビジネス事業部 IoT営業課

課長代行

田畑 稔

16:45~17:00 質疑応答

 

 

主催

株式会社インターネットイニシアティブ

共催

NSSスマートコンサルティング

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートに記載頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


ゼロから作成する、新規事業計画策定までのプロセス解説 ~なぜ、企業の新規事業計画は失敗するのか?~

開催日:2020年 6月26日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

 

 

本Webセミナーは、スタートアップではなく、企業の新規ビジネスを対象にしています。

申込多数の場合は、実際に新規事業に関わっているご担当の方を優先させて頂きます。

世界が変わる今、企業にとって新規事業は必須に

新型コロナウイルス感染症の流行により、世界は新しい時代に突入したとされ、「コロナ後(アフターコロナ/ポストコロナ)のニューノーマル」と言われています。

ニューノーマルの時代にあっては、ビジネス環境も一変するため、多くの企業が新規事業を検討する必要があります。

なぜ、新規事業は失敗するのか?

従来より一部の企業では新規事業の立ち上げを推進してきました。

しかし残念ながら、そもそも計画段階で挫折してしまったり、無理やり事業化してもビジネスとして成り立たなく、すぐに撤退したりといった事例が後を絶ちません。

なぜなのでしょうか?

新規事業計画策定までのプロセス解説

本Webセミナーでは、大手企業の新規事業開発やスタートアップ投資を行っている株式会社フィンチジャパン代表の高橋広嗣が、新規事業における「ありがちな失敗」について解説するとともに、どのように新規事業計画を策定するべきなのか、そのプロセスについて解説します。

後半では、参加者と新規事業計画についてのディスカッションも

また後半では、参加者の皆様から新規事業計画についての悩みや疑問などをテキストで受け付け、講師がこれに回答していきます。

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:40 ゼロから作成する、新規事業計画策定までのプロセス解説

13:40~14:30 新規事業計画に関するディスカッション

講師

株式会社フィンチジャパン 代表取締役社長 高橋広嗣

早稲田大学大学院を修了。野村総合研究所経営コンサルティング部入社。経営戦略・事業戦略立案に関するコンサルティングを実施。2006年に当社を創業し現在に至る。以来、一貫して事業開発プロジェクトとスタートアップ投資を行っている。対外活動も積極的に行っており、顧客満足を科学した結果を発表したり、宣伝会議講座では事業開発の講義も実施している。『半径3メートルの「行動観察」から大ヒットを生む方法』を刊行。

主催

株式会社フィンチジャパン

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記載頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548