TOP /  DevOps/アジャイル開発/API連携 /  失敗しないニアショア開発のポイント(IBMユーザー研究会での取り組みと、共同組合による開発の提案)

失敗しないニアショア開発のポイント(IBMユーザー研究会での取り組みと、共同組合による開発の提案) | DevOps/アジャイル開発/API連携

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

メールアドレス


法人様向けの資料のため、フリーアドレスをご利用の場合は、会社名、お名前を入力してください。
会社名
お名前

ユーザー企業がオフショア、ニアショア開発を成功させるためのポイント  (IBMユーザー研究会 井上甲介・八重橋輝)

IBMユーザー研究会では、昨年度からユーザー企業が中心となって、「ユーザー企業がオフショア、ニアショア開発を成功させるための秘訣は何か?」というテーマで研究を進めてきました。 その中で、「発注側のニーズや文化を正しく理解する」ことが重要だという結論に達しました。 この研究は、IBMユーザー研究会 関東研の発表会で優秀賞を獲得し、10月には全国大会で発表させて頂く内容です。皆様のお役に立てば幸いです。

距離を感じさせない働き方、テレワーク活用のポイント  (テレワークICT協議会 佐々木 規行)

日本政府が発表した「世界最先端IT国家創造宣言」の中核に位置づけられている"テレワーク"を推進ならびに導入支援活動を行う"テレワークICT協議会"の紹介と共にテレワークの活用ポイントについてご紹介いたします。 また、具体的なテレワーク関連ソリューションについてもご紹介します。

長野県のIT企業が集結した「協同組合」による開発という提案  (グローバルICTソリューションズ協同組合 青山雅司)

長野県は伝統的に精密産業創生の地であり、産業を支援するIT企業も多くあります。また、海外システム開発(オフショア開発)のコストメリットが薄れ、国内企業の活用が見直されています。 当協同組合では、地域(首都圏、長野)企業が連携することで大きな相乗効果を生み出すことを目的として設立いたしました。 当協同組合の活動をご紹介させて頂くとともに、協同組合による開発という新しいフレームワークをご提案させて頂きます。

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

メールアドレス


法人様向けの資料のため、フリーアドレスをご利用の場合は、会社名、お名前を入力してください。
会社名
お名前

セミナー全体の評価と、参加者からのコメント

参加者によるこのセミナーの評価は、
4.1 でした!(5点満点中)
セミナー名 失敗しないニアショア開発のポイント(IBMユーザー研究会での取り組みと、共同組合による開発の提案)
講演企業 IBMユーザー研究会 、テレワークICT協議会 、グローバルICTソリューションズ協同組合 、グローバルICTソリューションズ共同組合
開催日 2016年06月22日
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 60代以上 男性 の参加者
コメントなし
金融業・保険業・証券業 40代 男性 の参加者
IBMユーザー会での研究内容についてオフショア/ニアショア開発を考えるうえでのアプローチがわかりやすくてよかった。具体的な取り組みへの検討は不十分だと感じた。青山さんの地方の実態は面白かった。
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 50代 男性 の参加者
長野からみたニアショアは面白かった。東京から見ているのと大部違う。参考になった。
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 50代 男性 の参加者
コメントなし
一般財団法人長野経済研究所 中村 雅展さん
すべての講演について関心のあるテーマであったので、参考になりました。
株式会社ファンラン 楊 一鋒さん
すばらしいです。考えは一新した。
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 50代 男性 の参加者
色々なヒントを得る事が出来ました。
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 40代 男性 の参加者
コメントなし
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 40代 男性 の参加者
○:GICTさんのプレゼンが共感できた。福井の事情も同じです。 X:アジェンダがあると良かった。
出版・放送・その他メディア 40代 男性 の参加者
コメントなし
消費者に対してITを提供する企業(Webサービス、ゲームなど) 40代 男性 の参加者
本音が聞けたので、良かったです。
新潟エスラボ株式会社 田中 武則さん
グローバルICT協同組合さんの話は参考になりました。
株式会社 ユニ・ソリューションズ 田中 忠弘さん
講演夫々(既存の概念ではなく)新しい挑戦の進行形の内容で、生きたものであり、大変面白かった。悪いところという程ではないが、上記の特長のための不可否であるが、理論あり実践でOO紹介が中心であった。
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 50代 男性 の参加者
実業務に沿った内容で良かったと思います。
匿名の参加者
世の中の変化を再確認 実務的で面白かった
匿名の参加者
コメントなし
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 50代 男性 の参加者
ちょうどクーラーの風がくるところだったので、さむかったです。
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 50代 男性 の参加者
テレワーク、ニアショアの現状、実態が良く判った。 協議会、共同組合に興味がわいた。
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 40代 男性 の参加者
各テーマ具体性があると感じた テーマが似ているようでバラバラな気がした。 参考にはなった。

平成27年度
関東IBMユーザー研究会
IT研究会 活動報告会
2016年3月4日(金)
チーム:H27-04
ユーザー企業が、オフショア、
ニアショアを成功させるための
秘訣は何か!
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
2
3
オフショア開発の現状
▷ 多くの企業が、オフショア開発に「開発コストの
削減」を期待しています。
主要なオフショア開発国別に見たオフショア開発の目的
0%
25%
50%
75%
100%
中国
開発コストの削減
開発コストの削減
インド
ベトナム
フィリピン
8割以上の企業が
IPA発行
『IT人材白書2012』より抜粋
コスト削減目的
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
4
オフショア開発の現状
▷ 一方で、コスト削減の成功体験を持っている企業は多く
はありません。
オフショア開発によるコスト削減効果の達成度
0%
「目標以上に達成」
「ほぼ達成」
と回答した企業は、
25%
50%
目標以上に達成している
75%
100%
どちらともいえない
やや達成していない
ほぼ達成している
45.5%
ほとんど達成していない
もともとコスト削減を目的としていない
無回答
IPA発行 『IT人材白書2012』より抜粋
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
5
オフショア開発の現状
中国の平均賃金(2010~2014)
▷中国エンジニアの人件費高騰
70000
60000
▷品質上がらず、結局コスト高
2010
2011
50000
2012
2013
2014
40466
47078
53391
57993
63416
40000
系列1
▷中国は古い。今はベトナムだ
30000
4年間で
20000
約1.5倍
10000
▷ベトナムの次はミャンマーだ
0
2010
2011
2012
2013
2014
(「出所:中国統計年鑑」)
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
為替レートは円安(42%)
( 2012年と2015年比較) 6
オフショア開発の現状
▷中国エンジニアの人件費高騰
▷品質上がらず、結局コスト高
▷中国は古い。今はベトナムだ
▷ベトナムの次はミャンマーだ
コスト増要因の上位3位が品質維持
1位 : 仕様に関する説明・合意形成
2位 : 詳細な仕様書の作成
3位 : 品質管理(トラブル予防)
(「IT人材白書2012」抜粋)
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
7
オフショア開発の現状
▷中国エンジニアの人件費高騰
オフショア開発委託先 国別内訳
▷品質上がらず、結局コスト高
品質上がらず、結局コスト高
▷中国は古い。今はベトナムだ
▷ベトナムの次はミャンマーだ
インド タイ
3%
インドネシア 4%
4%
ミャンマー
6%
ベトナム
バングラ
ディッシュ
7%
38%
38%
中国
14%
14%
フィリピン
24%
(「オフショア開発白書2014-2015」抜粋)
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
8
オフショア開発の現状
▷ラボ型開発で優秀人材を確保
ラボ型開発で優秀人材を確保
ラボ型開発で優秀人材を
▷日本では採用できないスーパープログラマを
日本では採用できないスーパープログラマを
日本では採用できない
オフショア開発で
開発で活用
オフショア開発で活用
▷オフショア開発で年間1億円コスト削減
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
9
オフショア開発の現状
▷ラボ型開発で優秀人材を確保
ラボ型開発で優秀人材を確保
ラボ型開発で優秀人材を
▷日本では採用できないスーパープログラマを
日本では採用できないスーパープログラマを
日本では採用できない
オフショア開発で
開発で活用
オフショア開発で活用
▷オフショア開発で年間1億円のコスト削減
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
10
インタビューでのキーワード
▷品質基準はオフショア・ニアショア開発を特別視せず、
社内基準を利用することで、不整合が生じることはない。
そうすることによって、初めて品質に問題がなくなる。
▷ ラボ開発で5人の技術者を確保しても、日本人1人分の
コストを下回る。
▷ 高い技術力、語学力(日本語・英語)をもっており、
世界展開への一助となっている
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
11
インタビューでのキーワード
▷定量的に発注しないと、オフショア(ラボ開発モデル)は
維持できない。
▷ 日本はリーディングカントリーではない。オフショアの
優秀な技術者の逆輸入は検討の価値がある。
▷ Iターン、Uターン、介護、育児等で、地方に戻った
人びとが、働きたくても働けないIT人材として
眠っている。
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
12
13
オフショア・ニアショアの多様化
▷ 現在のオフショア開発の実施目的は、コスト削減
以外にも、多様化しています。
技術力・品質 開発スピード・要員確保
・情報セキュリティ技術 ・国内での人材不足の補填
・スマートデバイス ・開発スピードの向上
・ウェブ技術 etc.
海外展開
・BCP、DRリスク軽減
・海外市場の開拓
・グローバル化対応
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
14
15 15
チーム04が目指す姿
自社がどんなスタイルのオフシ
ョア・ニアショアに合っているかを
分析し、(自社分析)

その目的に合致するオフショア・
ニアショア企業とのマッチング
企業マッチング
(企業マッチング)
を提案します!!
16
自社分析
ユーザー企業が求めるものは何か
17
オフショアへの期待の多様化
「コスト削減」以外の目的
・開発スピード向上
・海外の高い技術力活用
・不足人材の確保
・海外市場の開拓
・自社への資源集中
・自社のグローバル化対応
・グローバルデリバリー体制
・グローバル人材育成
・BCP、DR対応
etc.
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
18
19
コンジョイント分析
コンジョイント分析とは?
マーケティングリサーチで使われる手法の一つ。
ユーザーがどの『要素』を重視するかを『客観的』に分析
する手法。
例えば、食事の「味」、「価格」、「手軽さ」のどの要素を重視し
ていますか? と聞いても、何を美味しいと感じるかは人そ
れぞれなので、客観的な分析はできません。
それよりも、1週間の献立を教えてもらい、それぞれの要素
を点数化し分析することにより、無意識に重視している
要素をあぶりだす手法です。
ここでの要素は、「コスト」、「品質」、「納期」など。
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
20
コンジョイント分析
以下の9社(仮想企業)から発注してみたい
企業を2社選んでください。
①万里( 株)
②( 株) オタ グリ
③( 株) レ チョ ン
開発拠点: 中国( 北京) 開発拠点: 日本( 長野県) 開発拠点: フ ィ リ ピン
企業規模: 5000人 企業規模: 50名 企業規模: 500名
日本語能力: 上手 日本語能力: ―(全員日本人) 日本語能力: 普通
英語能力: 上手 英語能力: 下手 英語能力: 上手
一人あたり 工費: 7 0 万円 一人あたり 工費: 7 0 万円 一人あたり 工費: 4 0 万円
ア ピ ールポイ ン ト ア ピ ールポイ ン ト アピ ールポイ ン ト
・ 世界各国から 業務を 受託し て いる 。 そのため、 大半の国の言語を カ バー ・ 親会社経由で御社案件を 多数受注( 御社使用のパッ ケージも 導入済み) ・ 開発工程の経験多数
  でき る ブ リ ッ ジS E が所属。 また、 さ まざ まな 業務を 受けて おり 、 最新技術を 使っ た 新幹線駅直近のため都内から の日帰り 出張も 便利 ・ ス マホアプ リ な ど の開発が得意。

  開発を 経験し た者多数。 品質も 保証さ れて いる 。 ・ 大規模な開発部隊を 持っ て おり 、 迅速に着手可能
・ 親会社よ り I タ ーン やU タ ーン で 長野へ来た人材が多数在籍
・ 工費は高め。
・ 見積も り 不足が起き た場合は、 追加で 費用が発生する が、 納期中の完了を 何よ り 優先
④チン タ オピ ージウ( 株) ⑤糟鶏有限公司 ⑥フ ォ ー( 株)
開発拠点: 中国( 大連) 開発拠点: 中国( 上海) 開発拠点: ベト ナム
企業規模: 10000人 企業規模: 100名 企業規模: 700人
日本語能力: 下手
日本語能力: 上手
日本語能力: 普通
英語能力: 普通 英語能力: 普通 英語能力: 下手
一人あたり 工費: 5 0 万円 一人あたり 工費: 6 0 万円 一人あたり 工費: 5 5 万円
ア ピ ールポイ ン ト ア ピ ールポイ ン ト
アピ ールポイ ン ト
・ 社員の人数はど こ の企業にも 負けない。 それゆえ、 常時、 ・ N3以上保有し ている ブ リ ッ ジ SEが多数在籍。 ・ シ ステ ム技術は優れた要員のみし か在籍し ない。 「 優れた」 と は、
  業務の受託可能、 かつ適切な 人材を そのプ ロ ジ ェ ク ト 内容 ・ 上流工程から 下流工程ま で幅広く 実施可能。   公的資格を 保持し 、 数々のプ ロ ジ ェ ク ト 経験あり と いう こ と 。
  に応じ て 投入可能。 ・ ラ イ バル企業と の契約実績があり 、 業務に精通し たメ ン バー在籍 ・ 対応で き な いシ ステ ム言語はなし 。
・ 運用メ ン バーが在籍し て おり 、 ど んな メ ールにも 2 4h 以内の返答が可能。 ・ 技術の割には安価。
⑦ナマハルマキ( 株) ⑧ハリ ーム( 株) ⑨( 株) 2 2 5
開発拠点: ミ ャ ン マー 開発拠点: インド 開発拠点:
イ ン ド ネシ ア
企業規模: 200 人 企業規模: 250名 企業規模:
60 人
日本語能力: 下手 日本語能力: 普通 日本語能力: 普通
英語能力: 英語能力: 上手 英語能力:
一人あたり 工費: 4 5 万円 一人あたり 工費:
一人あたり 工費:
下手
1 2 万円
ア ピ ールポイ ン ト
ア ピ ールポイ ン ト
上手
6 5 万円
アピ ールポイ ン ト
人数も 多く 、 急な発注にも 対応し ても ら え る が、 難易度の高い業務は対応でき ない。 ・ 英語堪能な メ ン バーが多いため、 英語での依頼の場合は単価がよ り 安く な る 実績も 豊富で あり 、 国内で の外注に比べる と 割安で ある 。
現地の人件費が安く 、 コ ス ト の面で の競争力は非常に高い。 ・ 日本にも 窓口と なる 会社が存在し 、 必要に応じ で相談ができ る 。 他の新興国へのオフ シ ョ ア に比べる と 一定以上の品質を 期待でき る 。
若者が多く 、 流行り の仕事内容だと かな り 積極的に提案も し て く る 。 ・ 担当者の日本語能力がかなり 高い。
・ 停電な ど は自社で電力を 供給でき る ため停電ト ラ ブ ルに巻き 込まれる こ と は少な い
21
選択結果に対する分析の例
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
22
コンジョイント分析(点数表)
Q u a l i ty


C o st
日 上
本 流
の も
商 任
習 せ
慣 ら
を れ
理 る

D el i v er y
安 品 技 単 地
い 質 術 純 政
単 施 力 な 学
価 策 は 作 的
は 高 業 リ
最 く が ス
低 な 多 ク
限 い い は





サ 大 す
ポ 人 ぐ
ト 数
体 を
制 確
充 保

問 柔
題 軟
が な
あ 労
れ 働
ば ス
即 タ
座 イ
に ル


技 品 ①万里( 株) 5 4 4 1 3 0 4 0 0 2 3 4 5 2 0
術 質
力 を
が 重
高 視

②( 株) オタ グリ 2 4 5 5 4 1 4 0 2 0 3 3 2 2 4
③( 株) レ チョ ン 0 1 1 1 0 4 4 3 3 3 2 4 5 4 5
④チン タ オピ ージ ウ( 株) 2 2 2 1 0 2 2 1 2 2 1 5 5 1 0
⑤糟鶏有限公司 1 3 5 4 5 0 3 0 1 2 5 4 3 4 2
⑥フ ォ ー( 株) 4 2 2 3 1 4 1 1 1 2 1 1 2 2 1
⑦ナマハルマキ( 株) 0 0 0 1 0 5 3 4 5 4 0 0 2 2 3
⑧ハリ ーム( 株) 1 2 2 1 1 4 3 4 4 4 0 1 2 2 0
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か! 3 2 1 1 0 2 2 1
⑨( 株) 2 2 5
0 5 5 2 1 2 3










23
重視する型分類
Quality Cost Delivery

特徴
◎ △ △ 品質至上主義 品質を最も重視する
△ ◎ △ コスト至上主義 中国⇒ベトナム⇒ミャンマーなど
コスト削減の為、新興国を渡り歩く
◎ △ 最新技術型 自社で得られない最新技術を
オフショア/ニアショアに求める
モック型 試作品の開発など、品質よりも
安く早くを重視する
育成型 資本投資や大量発注を通じて
長期的に育成する

△ ◎ ◎
○ ○ ○
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
24
チーム04が目指す姿
自社がどんなスタイルのオフシ
ョア・ニアショアに合っているかを
分析し、(自社分析)

その目的に合致するオフショア・
ニアショア企業とのマッチング
企業マッチング
(企業マッチング)
を提案します!!
25
企業マッチング
ユーザー企業がベストな相手と出会うには
26
ベンダー選定のプロセス
①プロジェクトの目標を定義
②RFIとRFPを準備
RFIとRFPを準備
ベンダーリストを収集
③ベンダーリストを収集
④ベンダーの査定を実施
④ベンダーの査定を実施
⑤パイロット開発を実施
⑤パイロット開発を実施
⑥ベンダーを評価して選定
⑥ベンダーを評価して選定
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
27
企業マッチング
Q. ベンダーのリストは
どのように収集しますか?
A.
▷ 過去に協業実績のあるベンダー?
▷ グループ傘下のIT子会社?
▷ とりあえず大手に声をかける?
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
28
企業マッチング
ところが、
ベンダーの特徴は様々
▷ ICT企業は、
国内上場企業だけで300社以上
▷ オフショア・ニアショア企業を
加えると…
東証・業種別上場企業数
東証・発表資料(2014年5月)より抜粋
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
29
マッチング 事例
クラウドソーシング
(Crowdsourcing)
▷ 企業が不特定多数の
「個人」に作業を委託。
▷ WEBサイト上で発注者
(企業)と受注者(個人)
をマッチング。
2012.5.10 朝日新聞記事
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
30
企業マッチングDB
企業検索に特化したデータベース
ユーザー企業
検索
・希望技術
・希望単価
・案件概要
・自社の型

H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
ベンダー企業
登録
・保有技術
・受託実績
・開発体制
・契約条件

31
企業マッチングDB
ベンダーの能力・技能
提供可能技術 受託実績 取組み姿勢
保有スキル/レベル、 業界実績、業務実績 等 経営者の経歴/理念
経験年数、保有人数 等 社員のプロ意識 等
認証、認可、資格 開発体制 CMMI、ISO、 最低受注工数、最低受注 企業の規模 契約条件 純資産額、従業員数 単価、瑕疵担保責任、
特許技術、日本語資保有者 期間、専任担当者有無 売上高、純益額、拠点数 完成義務、損害賠償 等
数等 等 等
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
32
企業マッチングDB
自社の「型」にあわせて企業をマッチング
自社
ベンダーA
ベンダーB
ベンダーAがおすすめ!
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
33
34
34
企業マッチングDB実現向けて
㈱オープンソース活用研究所の取組み
①地域ICT人材データベース(
①地域ICT人材データベース(ニアショア)
ICT人材データベース
地域のICT人材について、そのスキル、
経験、資格等についてのデータベースを
構築。ICT人材を求めている企業やプロ
ジェクトと、地域のICT人材を
マッチング。
㈱オープンソース活用研究所 所長
寺田雄一 氏
Web :
http://osslabo.com/
Facebook : http://www.facebook.com/u1.terada
e-Mail :
tera@osslabo.com
②ベトナムオフショア開発支援
ベトナムのオフショア企業 NAL社 の営
業支援を実施。寺田所長はNAL社の日
本法人、NALヒューマンリソース㈱ の代
表取締役を兼務。
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
35
企業マッチングDB実現向けて
エンジニアにフォーカスしたDBを運営
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
36
企業マッチングDB実現向けて
企業版データベースを開発中
Anyショア企業検索画面
Anyショア企業検索画面
企業タイプ選択
コスト至上主義
を優先
検索する
企業版データベース
提供可能技術 受託実績
企業の規模 開発体制
契約条件・単価 取組み姿勢
検索結果
青森
島根
新潟
長野
A社
B社
C社
D社
平均単価◯◯円
平均単価◯◯円
平均単価◯◯円
平均単価◯◯円
従業員◯◯名
従業員◯◯名
従業員◯◯名
従業員◯◯名
認証、認可、資格
詳細情報、お問い合わせ
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
37
企業マッチングDB実現向けて
ニアショア企業DBから構築
オフショア企業へ拡大
ニアショア企業
オフショア企業
評価・口コミ
ユーザー企業
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
38
39
39
企業マッチングの未来
▷現状のDBは、マニュアルで収集した
データのみ。
▷世の中には、様々なデータ(ビッグ
データ)が転がっている。
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
40
企業マッチングの未来
41
IBM WATSONで実現できる
インターネット上の
企業情報、
口コミ 等
収集・解析
世界中から、
最も適切な企業を
提示
マッチング!!
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
42
43
チーム04が目指す姿
44
提言① 地方創生
日本の現状
東京一極集中 × 地方の人口流出。
Uターン、Iターン者の増加。
介護、育児で働きたくても仕事がない。
Anyショアの考え方とICTをあわせること
で、地方の人が活躍できる場を提供で
きるのではないか?
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
45
Anyショア × 地方創生
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
46
提言② ギルドスタイル
ユーザー企業の悩み
定量的に発注ができない。
様々なパターンの発注がある。
お試しで発注したい。
受注企業をまとめることで、ユーザー企
業のわがままな発注を受けることがで
きるのでは?
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
47
Anyショア × ギルド
受注
①引合
戦略パートナー ギルドオフィス
(首都圏IT企業) (窓口)
④納品
受注
④納品
②事務作業
(仕様確認、会員への照会、契約事務)
受注
③プロジェクトマネージメント
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
48
提言③ 世界進出
ユーザー企業の思い
日本のマーケットはシュリンクしている。
マーケットのスピードは、速度が早い。
日本の技術、品質を世界に届けたい。
世界を知るパートナー企業が必要!
Anyショアデータベースで、ベストマッチ
な企業に出会えるのでは?
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!
49
チーム04が目指す姿
50
ご清聴
ありがとうございました。
Any questions?
Noto Fonts (c) Google Inc. Licensed under Apache License 2.0
H27-04 ユーザー企業が、オフショア、ニアショアを成功させるための秘訣は何か!

他のカテゴリから探す

IT業界の改革にご協力いただけませんか?

本サイトは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、中小IT企業による”本気”の情報提供セミナー「マジセミ」の結果レポートページです。「マジセミ」は、次を目的として活動しています。

我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会に貢献できる、そんなIT業界を創りたいと考えています。

そのためには、技術をもった中小のIT企業がもっと元気になる必要がある。その為には、技術をもった中小のIT企業を、もっと皆様に知って頂く必要がある、と考えました。

株式会社オープンソース活用研究所
代表取締役所長 寺田雄一

本当かウソか、あなたが見極めてください。

もし、我々のこの活動にご賛同していただけるのであれば、ぜひ下のセミナーに参加してください。

「なんだ、結局ただの売り込みセミナーじゃないか」

もしそう感じたら、アンケートなり、あなたのFacebookなりに、そのままお書き頂き、拡散して頂いて構いません。

参加者からのお褒めの言葉、お叱りの言葉が、我々中小IT企業を成長させ、それが日本のIT業界を変えていくのだと、強く確信しています。

あなたの行動が、日本のIT業界を変えるのです。

日程を確認していただき、ご興味のあるセミナータイトルをクリックしてください。

「マジセミ」のFacebookページ

今後のセミナー情報などを提供させていただきたますので、「マジセミ」のFacebookページに「いいね!」をお願いします。

日本のIT業界を変えるためのアクション、ありがとうございました!