TOP /  業務システム /  全国の営業情報を統合管理し「見える化」する方法(OSSのCRM「vTigerCRM」、OSSのBIツール「Pentaho」活用事例)

全国の営業情報を統合管理し「見える化」する方法(OSSのCRM「vTigerCRM」、OSSのBIツール「Pentaho」活用事例) | 業務システム

講演資料を見るには、プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

メールアドレス


法人様向けの資料のため、フリーアドレスをご利用の場合は、会社名、お名前を入力してください。
会社名
お名前

オープンソースCRMソフトウェア vtigerCRMのご紹介 - 導入開発事例 - 株式会社アイティテラ 株式会社アイティテラのご紹介 社 名:株式会社アイティテラ IT-Tera Co., Ltd 設 立: 2002年10月17日 住 所:東京都港区高輪2-20-29 サクセス泉岳寺ビル7F 資本金 :1500万 代表者 :秋山 忠 従業員数:社員45名(東京:30名、マニラ子会社:15名) 主要株主:秋山忠、オークネット 関連会社: IT-TERA PHILS. INC. 主要取引先:Automotive Technologies Limited ㈱オークネット オリックス自動車㈱ カルピス㈱ カルピスフーズサービス㈱ 独立行政法人海洋研究開発機構 ㈱教育同人社 ㈱ザ・キッス 大日本法令印刷㈱ 高砂熱学工業㈱総合研究所 ㈱東京商工リサーチ 東京福祉大学 日軽情報システム㈱ ㈱日興 ノバルティス ファーマ㈱ ノバルティス アニマルヘルス㈱ ㈱野村総合研究所 ㈱富士山マガジンサービス ヤマサ醤油㈱ 至誠館大学 全国建設労働組合総連合 埼玉土建一般労働組合 ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 1 事業内容 オープンソース・ソフトウェア(OSS)の日本企業様向け導入サポー トとアドイン開発やモディフィケーションを行っております。 Webサービス等で使用されるNode.js、Redis、WebSocket など使い、ブラウザー上で動くオークションシステムの開発も行って おります。 子会社のIT-TERA PHILS.INC.には開発とデザインチーム (Design Lab)メンバーがおり、日本と連携しHTML5などに よるレスポンシブWebデザインのUI開発も行っております。 ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 2 vtigerCRMとは vtigerCRMは、無償で使用できるCRM/SFAオープンソース・ソフトウェアです。 オープンソースCRMとして有名なSugerCRMの初期バージョンからフォークし、独 自の機能拡張を継続しており、顧客管理以外に受注管理などの機能も有しており ます。 バージョン6.0からはオープンソース版以外に有償版(SaaS)サービスが開始されま したが、オープンソース版は引き続き自由に利用することが可能です。 SugerCRM の有償版で実装されている機能をvtigerでは標準で実装されており、 Webフォームの作成やGoogle連携、その他の優秀なサードパーティー・カスタムモ ジュール(無償・有償)も利用することが可能です。 ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 3 vtigerCRMの経緯 フォーク ・無償(MPL) 1.1 4.5以前(MPL) 5.0以降CE版 (GPLv3) 6.5CE版(GPLv3) ・有償版 (SaaS) ・コミュニティ版(GPLv3) ・有償版(SaaS) 7.0以降有償 <Vtiger日本語版コミュニティーサイトからの転機> vtiger社の見解より、vtigerCRMのライセンスはMozillaベースであり、vtiger上に独自の商用アプリケーションを作 成し、なおかつアプリケーションのソースコードを「非開示」にすることも可能です。この点がsugarCRMオープンソース 版が採用するGPL系と異なっております。 ※MPL(Mozilla Public License) ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 4 vtigerCRMの特徴  無償のオープンソース・ソフトウェアであり、サブスクリプションの設定もなく、無償で 利用できます。(6.0以降はvtiger社によるSaaSサービスが開始されました)  顧客管理機能以外に受発注管理や見積・請求等の作成など、簡易的な販売 管理機能を持っております。  Webフォームから入力された情報をリードに登録することや、問い合わせメールを チケット変換し管理することが可能です。また完了チケットをナレッジベース(回 答事例)として蓄積することにより、過去の対応情報を共有することが可能です。  レポート機能によりvtigerの各種データをcsv及びpdf出力することも可能です。  有償・無償のエクステンション・モジュールが豊富。 ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 5 vtigerCRMの主な機能 営業活動管理 見込客管理、顧客企業・顧客担当者管理、活動管理 商談管理(案件)、見積書(PDF) マーケティング管理 販売活動管理(キャンペーン)、メール配信機能 電子メールテンプレート、差し込み印刷テンプレート 顧客サポート&サービス サポート依頼、サービス契約管理 自動電子メール応答、FAQ管理(よくある質問) 顧客ポータル、ドキュメント管理 カレンダー&イベント管理 分析、レポート 予定表(個人・共通・一覧)、イベントアラート(イベント・アラート電子メール通 知) カスタマイズ可能なレポート ダッシュボード・ウィジェット(主要指標、各種データ) プロジェクト管理 プロジェクト、プロジェクトタスク、マイルストーン 販売管理 製品管理、価格台帳、納入業者管理、購買発注(PDF)、請求書(PDF) 電子メールとの統合 Microsoft Outlook、Mozilla Thunderbirdプラグイン CRM(システム)設定 ユーザー、役割、共有ルール、ログイン履歴他 スタジオ(メニュー、フィールド、定義リスト編集) その他設定(通貨、税、諸条件) アナウンス、メールコンバーター、ワークフロー、スケジューラー、ウェブフォーム ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 6 SugarCRMとの機能比較 機能 機能詳細 営業活動管理 見込客・顧客企業・顧客担当者・活動・商談管理 マーケティング管理 サポート依頼(ケース)、FAQ管理(ナレッジベース)、ド キュメント管理、コール管理 ○ 販売活動管理(キャンペーン)、メール配信機能 電子メールテンプレート、差し込み印刷テンプレート 顧客サポート&サービス SugarCRM CE版 ※ターゲット管理あり ○ vtigerCRM ○ ○ △ △ ※ナレッジベースはPROのみ ※コール管理な ○ ○ カレンダー&イベント管 予定表、イベントアラート 理 △ プロジェクト管理 プロジェクト、プロジェクトタスク、マイルストーン 販売管理 製品・価格・納入業者管理、見積書・購買発注・請求書 分析、レポート カスタマイズ可能なレポート ダッシュボード グラフ、チャート ○ (PDF)、サービス契約管理 ポータル 顧客ポータル × Eメール Eメールクライアント ○ Webフォーム Webフォームからリード登録 ○ ワークフロー ワークフロー、スケジューラー × カスタマイズ 画面のカスタマイズ ○ ※マイルストーンなし × ※PROのみ × ※PROのみ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ※リード以外の登録も可能 ○ ○ ○ カスタムモジュール カスタムモジュール作成機能 ○ 電子メールとの統合 Microsoft Outlook、Mozilla Thunderbirdプラグイン モバイル 無償のiPhone、iPadアプリ × ○ PBX連携 PBXアダプター × ○ × ○ ※PROのみ ※本家以外に有償のアプリもある ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. ※プラグイン導入 7 動作環境 ハードウェア Intel 80486 メモリ:512MB以上、最小ディスクスペース:250MB OS Windows MacOSX RHEL CentOS Fedora Core ※その他のLinux Webサーバー Apache HTTPサーバ 2.1以降 Microsoft IIS 6以降 データベース MySQL 5.1.x 言語 PHP 5.x 対応ブラウザ Firefox 25.x以上、Microsoft Internet Explorer 7以上 ※Nginx1.4.4でも動作確認済み。 ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 8 基本的な利用の流れ 画面入力、CSV、Webフォーム などから見込客を作成 案件発生にて顧客へ昇格 商談情報や その他活動の管理 ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 9 販売管理 見積の作成 受注伝票の作成 請求書の作成 発注書の作成 ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 10 問合せ管理 メールコンバーターで特定のメールアドレス用ボックスを追加し、設定したスケジュールに従い、 メールマネージャに届いたメールを自動的にサポート依頼チケットへ変換することができます。 メールコンバーター サポート依頼 メールマネージャー ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 11 カスタマーポータル カスタマーポータルでお客様と情報(見積・請求・チケット)を共有することが可能です。 カスタマーポータルからチケットを入力すると、vtigerのサポート依頼のチケットになります。 vtiger CRM カスタマーポータル ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 12 モバイルアクセス 無償のiPhone/iPad及びAndroid正式アプリからvtigerCRMへアクセスする事が可能です。 また、日本のビーグッド・テクノロジー社製のアプリ(有償)も販売されています。 ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 13 日本対応のIT-TERA版vtigerCRM     姓名順反転、数値表示(小数点削除・右寄せ)、カレンダー日付表示を全て日本仕様に変更済み。 ログイン画面のカスタマイズや、ステータス別リストビュー対応。 PDFフォーマットや各種不具合(文字化け、位置ズレ・・・) AD連携 ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 14 アドオンモジュール  PDFMakerやModuleDesigner等のメジャーなアドオンモジュールの日本語化。  自社アドオンモジュールの販売。(日報モジュール、AIPOカレンダー連携モジュール)  Workflow Designer(有償)の日本語化版の代理販売。 ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 15 カスタムモジュールの開発  vtigerモジュールマネージャーからインポート可能なカスタムモジュールの開発を行っております。  標準モジュールのモディフィケーションから新規モジュールの開発、基幹システムとのAPI連携実績もございます。 ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 16 vtigerCRM導入事例  企業信用情報サービス会社様 営業日報(諸経費含む)からのデータ登録と、アラート情報の表示。 使用バージョン:5.1(一部の処理を5.3より移植) 営業日報画面の追加(諸経費、車両走行距離の登録可能)及び週報のPDF出力 営業アラート表示(ポータルに重要顧客へのコンタクト催促を表示) 顧客担当一括割り当て機能の追加(多人数の担当交代に対応) 予実管理機能の追加  電力マネージメント会社様 営業日報(交通費申請可)からの登録と、各種社内申請の機能を追加。 使用バージョン:5.3 営業日報画面の追加(交通費等の経費データも登録可能) 社員情報管理機能追加 社内書類申請機能追加(ワークフロー機能強化) 経費申請機能追加(入金・出金伝票出力可)※Jasper使用  Webサービス会社様 問い合わせメールのチケット変換と自動担当アサイン 使用バージョン:6.1  問い合わせのチケット変換と担当者自動アサインモジュールの開発  データへのKeyValu情報付加と他システムとのマスタとの連携  出版会社様 代理店と営業活動管理及びミスクレーム管理 使用バージョン:6.1  代理店と顧客及び双方の活動管理(日報)モジュールの開発。  ミスクレーム管理モジュールの開発 ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 事例 紹介 17 vtigerCRMとPentahoCEの導入事例 <目的>  全国の特約店(代理店)とその先の顧客への営業活動や販売状況の見える化を実現する。  お客様の問合せクレームを管理し、顧客満足度の向上を図る。  経営層向けに上記情報をWeb上で簡単に閲覧できる仕組みを構築する。 <検討ポイント>  ホスト・システムの運用に費用がかかっているため、低コストで実現したい。  ホストなどのデータと連携させたいため、柔軟に対応できシステムをベースにする。  初期運用時は既存で運用しているEXCELの活動一覧をcsvで取り込みたい。 オープンソースのvtigerCRMとPentahoCEをベースに実現する。 ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 18 特約店(代理店)・顧客管理 <実施内容> vtiger標準では顧客一階層の管理 であるため、新たに代理店管理のモ ジュールを開発し、二階層で管理を 行えるようにしました。 <開発内容> 特約店及び顧客モジュールとそれぞれ の営業活動モジュールを開発。 メインの特約店管理モジュールでは営 業活動やミスクレームの情報以外にホ ストデータと連携し売上情報も一覧で 表示させるようにしました。 ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 19 クレーム管理 <実施内容> Vtigerのサポート依頼モジュールを ベースにより詳細なクレームの管理を 行う。 <開発内容> クレーム内容(種別、発生部門、受 付元、代理店名、対象商品)とその 対応処置を管理するモジュールを開 発。 ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 20 情報ダッシュボード <実施内容> pentahoCE(無償版)を導入し、経営層向け ダッシュボードを作成しました。 <開発内容> Community Dashboard Editor (CDE)プラグ インを使用し、CE版でダッシュボードを実現。 ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 21 システム構成 Vtigerへの売上データ連携とBIへの各種データ取り込みのため、連携用の中間DBを設置。 ©2011-2015 IT-Tera Co.Ltd All rights reserved. 22

セミナー全体の評価と、参加者からのコメント

参加者によるこのセミナーの評価は、
2.9 でした!(5点満点中)
セミナー名 全国の営業情報を統合管理し「見える化」する方法(OSSのCRM「vTigerCRM」、OSSのBIツール「Pentaho」活用事例)
講演企業 株式会社アイティテラ
開催日 2015年06月26日
東芝テック 安達裕さん
vtigerの概要をつかむのには十分だったが、BIツールも盛り込んだためか、全体的に内容がぼやけた印象。 今回は時間も限られた中だったので仕方がないかもしれないが、活用事例ということで、ツールでできることよりもう一歩踏み込んだ話が聞いてみたい。
通信サービス業・ISP 40代 男性 の参加者
分かりやすかったです ありがとうございます。
SI(システムインテグレータ) 40代 男性 の参加者
VtigerCRMについて興味がありましたので勉強になりました。今後は不明点を解消し、まずは自社導入を目指したいと思います。ありがとうございます。
出版・放送・その他メディア 40代 男性 の参加者
Pentahoに興味がありますがCE版でも使えそうに見えました
SI(システムインテグレータ) 40代 男性 の参加者
具体的な事例としては、内容がありませんでした。なぜvTigerを顧客が選択して、どういう風に活用しているのかが知りたかったお思います
医療業・福祉業 30代 男性 の参加者
事例の紹介が少ない
ソフトウェア受託開発業・情報処理 30代 男性 の参加者
ERPにかんするところも説明してほしかった
その他のサービス業 50代 男性 の参加者
全般的な趣旨は、理解できました。また、製品に関する説明も誠実でわかりやすいと思いました。 ただ、もう少し的を絞って、インパクトのあるプレゼンであれば、思いが活性化したと思います。
SI(システムインテグレータ) 30代 男性 の参加者
こんなものがあるんだと知識として増えたかなと デモをさわってみたいと思いました
nttdata 辻卓二さん
もう少し詳し話があええばと思いました
IT関連ソフトウェア製造業 30代 男性 の参加者
動作をデモでみられたところは良かったと思います、
株式会社ジェニシス 安本智さん
本セミナーでは短時間と言うこともあって、まとまった構成だったので、 初心者には入りやすかったと思います。 逆に物足りなさもあったと感じました。
株式会社インターネットイニシアティブ 五十嵐 正敏さん
実際の画面が見れて良かった。
IT関連ハードウェア製造業 50代 男性 の参加者
技術的なものを期待していたので、少々残念でした。

IT業界の改革にご協力いただけませんか?

本サイトは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、中小IT企業による”本気”の情報提供セミナー「マジセミ」の結果レポートページです。「マジセミ」は、次を目的として活動しています。

我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会に貢献できる、そんなIT業界を創りたいと考えています。

そのためには、技術をもった中小のIT企業がもっと元気になる必要がある。その為には、技術をもった中小のIT企業を、もっと皆様に知って頂く必要がある、と考えました。

株式会社オープンソース活用研究所
代表取締役所長 寺田雄一

本当かウソか、あなたが見極めてください。

もし、我々のこの活動にご賛同していただけるのであれば、ぜひ下のセミナーに参加してください。

「なんだ、結局ただの売り込みセミナーじゃないか」

もしそう感じたら、アンケートなり、あなたのFacebookなりに、そのままお書き頂き、拡散して頂いて構いません。

参加者からのお褒めの言葉、お叱りの言葉が、我々中小IT企業を成長させ、それが日本のIT業界を変えていくのだと、強く確信しています。

あなたの行動が、日本のIT業界を変えるのです。

日程を確認していただき、ご興味のあるセミナータイトルをクリックしてください。

「マジセミ」のFacebookページ

今後のセミナー情報などを提供させていただきたますので、「マジセミ」のFacebookページに「いいね!」をお願いします。

セミナー講演企業のFacebookページ

今後のセミナー情報などを提供させていただきたますので、セミナー講演企業のFacebookページに「いいね!」をお願いします。

日本のIT業界を変えるためのアクション、ありがとうございました!