TOP /  データ /  【無料】オープンソースで始めるIoTデータ分析ハンズオンセミナー ~機械ログや作業日報など(テキストデータ)を使った機械・設備の故障予測~【奈良】

【無料】オープンソースで始めるIoTデータ分析ハンズオンセミナー ~機械ログや作業日報など(テキストデータ)を使った機械・設備の故障予測~【奈良】 | データ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

会社名
お名前
メールアドレス


講演1  (株式会社KSKアナリティクス 足立)

(1)データ分析プロジェクト開始時の悩み、(2)ハンズオン、テキストマイニングの基礎、分析シナリオ、分析データ、ツールの説明、分析実習、(3)次のステップに向けて、継続のための分析実習振り返り、分析プロジェクトを成功させる秘訣、分析活用事例の紹介

講演2  (株式会社KSKアナリティクス 足立)

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。


会社名
お名前
メールアドレス

他のカテゴリから探す

IT業界の改革にご協力いただけませんか?

本サイトは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、中小IT企業による”本気”の情報提供セミナー「マジセミ」の結果レポートページです。「マジセミ」は、次を目的として活動しています。

我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会に貢献できる、そんなIT業界を創りたいと考えています。

そのためには、技術をもった中小のIT企業がもっと元気になる必要がある。その為には、技術をもった中小のIT企業を、もっと皆様に知って頂く必要がある、と考えました。

株式会社オープンソース活用研究所
代表取締役所長 寺田雄一

本当かウソか、あなたが見極めてください。

もし、我々のこの活動にご賛同していただけるのであれば、ぜひ下のセミナーに参加してください。

「なんだ、結局ただの売り込みセミナーじゃないか」

もしそう感じたら、アンケートなり、あなたのFacebookなりに、そのままお書き頂き、拡散して頂いて構いません。

参加者からのお褒めの言葉、お叱りの言葉が、我々中小IT企業を成長させ、それが日本のIT業界を変えていくのだと、強く確信しています。

あなたの行動が、日本のIT業界を変えるのです。

日程を確認していただき、ご興味のあるセミナータイトルをクリックしてください。

「マジセミ」のFacebookページ

今後のセミナー情報などを提供させていただきたますので、「マジセミ」のFacebookページに「いいね!」をお願いします。

日本のIT業界を変えるためのアクション、ありがとうございました!

関連するセミナーの講演資料
企業が「デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む」とは、具体的にはどういうことなのか? ベトナムでのAI(人工知能)開発って、ぶっちゃけどうなの? 全社プラットフォームとしてのAI自動翻訳「T-4OO」導入で、社内の翻訳業務をまとめて効率化する (技術文書、特許文書の和訳、契約書の英訳などを自動化し、年間1.3億円のコストを削減する方法) AIチャットボット導入の大失敗事例と、神奈川県庁の挑戦 AI(人工知能)を活用し、生産ラインや店舗での画像解析活用の事例を一挙解説(ユーザー企業講演あり) ~30社以上への導入事例から主要事例を解説、プロトタイプも40万円から実施可能~ AI(人工知能)で上司・マネージャーの働き方を改革 ~AIがメンバーのメール確認、クレームを発見、改善の糸口にし、売上が急増した事例~ データサイエンティストがいない「普通の企業」がAI(人工知能)を活用するためには? ~製造業や小売業の事例から、AI導入の指針を解説~ コーディングなしでデータ分析/機械学習を活用する先進「Self-Service Analytics」 の概要とデモ ~AWS Data Lakes and Analytics、Hadoopに対応、その活用課題を解決!~ AR/VRは貴社のビジネスにとってどう役立つのか? ~AR/VRの活用例と今後の動向~ Amazon RedShift のデータを徹底活用するために、東急電鉄様はどのような選択をしたのか? ~事例に見る、データ活用の本当の課題~