TOP /   /  オフショア開発の【落とし穴】と【請負契約vsラボ型契約】~ベトナムオフショア開発勉強会~

オフショア開発の【落とし穴】と【請負契約vsラボ型契約】~ベトナムオフショア開発勉強会~ |

講演資料を見るには、プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

メールアドレス


法人様向けの資料のため、フリーアドレスをご利用の場合は、会社名、お名前を入力してください。
会社名
お名前

2015/9/27 オフショア開発の【落とし穴】と 【請負契約vsラボ型契約】 ~ベトナムオフショア開発勉強会~ 株式会社オープンソース活用研究所 代表取締役所長 寺田雄一 tera@osslabo.com Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 代表取締役所長 寺田雄一のプロフィール ・2003年、野村総合研究所に大手で日本初のOSS専門組織オープンソース・ソリューションセンターを設⽴。 ・2006年、オープンソース・ワンストップサービス「OpenStandia(オープンスタンディア)」事業を創業。 ・2013年まで野村総合研究所において、オープンソース事業の責任者を務める。 ・オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)、OpenAMコンソーシアムの発起人。 同会の理事、会⻑や、NPO法人日本ADempiereの会の理事などを歴任。 ・情報サービス産業白書2012年版〜2015年版「オープンソースソフトウェアの動向」の執筆を担当。 ・「エンジニアの楽園」を目指し、「開発合宿(ハッカソン)」などをプロデュースする活動も⾏う。 ・2013年、IT業界の構造改革を実現するため、野村総合研究所を退社し、 株式会社オープンソース活⽤研究所を設⽴。 2 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 1 2015/9/27 オープンソース活用研究所のミッション ITはもっと社会に貢献できる︕ システムエンジニアは、もっとヒーローになれる︕ 〜IT業界の構造改⾰〜 我々は、 ユーザ企業と、「OSS」や「アジャイル的 開発」が得意な中小IT企業、地域のIT企業、 海外のIT企業、とを直接結び、 「多段階の階層構造問題」 や 「スクラッチ 開発偏重問題」 を解決することで、 エンジニアが「誇り」と「喜び」をもっ て仕事ができる、IT業界を創ります。 3 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 株式会社オープンソース活用研究所のご紹介 社名 株式会社オープンソース活用研究略称︓OSSラボ(OSSLabo) 所在地 〒160-0023 東京都新宿区⻄新宿6-12-7 ストーク新宿507号室 電話/メール 03-5990-info@osslabo.com 設⽴ 2013年11⽉ 代表 代表取締役所⻑ 寺田雄一 (主な事業) 中堅・中小IT企業向け 中堅・中小IT企業向け マーケティング支援事業 エンジニア採用支援事業 Security IT専門メディア事業 News(仮) ニアショア開発支援事業 オフショア開発支援事業 4 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 2 2015/9/27 NAL社の営業・マーケティングを支援 (日本での窓口) グループ名 NAL グループ 2015年10⽉、⽇本法⼈設⽴予定 ・株式会社 NAL Viet 【英語表記】 NAL Viet Nam., JSC. ・株式会社 NAL Global CareerNAL GC., JSC. 住所 Ha Noi市、Cau Giay区、Duy Tan通り、BQLビル、3階 連絡先 partner@nal.vn 社員数 約70名 - Le Hoang Nam ( NAL Viet Nam 代表) - Nguyen Trong Nghia ( NAL GC 代表) 役員 - Pham Manh Lan - Nguyen Tuan Anh - オフショア受託開発 • Webアプリ開発 事業内容︓ • iOS/Androidアプリ開発 • ラボ契約 - 人材開発/採用コンサルティング 5 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. NALのポジション ■NALは、成⻑率No.1のハノイのIT企業 ■ホーチミン vs ハノイ ●ホーチミンの企業は、欧米向けオフショアも多く、 単価も高い。 ■ベトナムオフショア企業のカテゴリ ●日系企業の子会社(親会社案件専門) ●日系企業の子会社(他社案件も対応) ●日本人がベトナムで企業 ●ベトナムローカルIT企業 → NALはここ • コスト⾯で競争⼒あり 6 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 3 2015/9/27 ■ベトナム・オフショア開発の現状 7 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 2015年問題 出所)http://blogs.itmedia.co.jp/itsolutionjuku/2015/01/2015_4.html 8 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 4 2015/9/27 ■日本人エンジニアの負担増 → 労働環境のさらなる悪化・・・ ■だから、オフショア開発 9 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 高騰する中国オフショア開発のコスト 出所)http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20130712/491006/ 10Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 5 2015/9/27 オフショア開発、委託先の選択肢 中国 インド バングラ ベトナム デシュ ミャンマー フィリピン 出所)https://www.google.co.jp/maps/ Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 11 決め手は日本語能力 ←コミュニケーションが最大の課題 出所)http://www.offshore-kaihatsu.com/faq/kadai.php ベトナムはアジアでも有数の 日本語学習者の多い国。 ベトナムでの外国語学習は、 日本語が2位(1位は英語)。 最近では中学校、高校でも一部 日本語教育が導入されています。 出所)http://ja.wikipedia.org/wiki/日本語能力試験 12 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 6 2015/9/27 NAL社でも日本語能力が高いエンジニアが多い ■ 社員の半数程度は、N3以上︕ ● N3…自身のプロジェクトの 中で、問題なく日本語で コミュニケーションできる レベル。 ● N1、N2…自身のプロジェクト 以外でも、日本語でビジネスの 会話ができるレベル。 13Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 東南アジア最大のIT大国は? ■ ベトナムには、すでに国内 に30万人のエンジニアが 存在します。 ■ さらに、現在約260の大学 で情報学科を設⽴し、年間 約5万人のエンジニアを育成 するビジョンを実⾏中です。 ■ 2020年までに100万人の エンジニア創出を国家目標 にしています。 ■ ベトナムは、東南アジア 最大のIT大国であると言え ます。 14Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 7 2015/9/27 オフショア開発の選択肢と現状 ■実際に、日本からの オフショア委託先で は、ベトナムは中国 に次ぐ2番目の規模 になっています。 ■ベトナムにとっても、 日本は最大のIT輸 出国(約60%が対 日)となっています。 出所)http://www.ipa.go.jp/files/000027245.pdf 15Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. ベトナムでは、多くのオフショア開発が行われている ■ NALでも、東証一部上場企業をはじめ、多数の開発実績。 ■ 90%以上の⽇本企業が、サービスに満⾜し継続利⽤。 ■ 現在十数プロジェクトが同時稼働。 NAL社提供 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 16 8 2015/9/27 ベトナムでは、多くのオフショア開発が行われている ■下流⼯程(詳細設計〜開発〜単体テスト) 以外にも、要件定義、基本設計や、日本で も最先端な技術のR&D等も実施。 17Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. ■ベトナム・オフショア開発会社の1日 18Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 9 2015/9/27 NALオフィスの場所 NALオフィス ハノイ市街地 19 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 午前07:30 NALのエントランス。 入るには指紋認証が 必要です。 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 20 10 2015/9/27 セキュリティ エントランスには監視 カメラもあります。 21 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. セキュリティ エントランスから執務室に 入るときには、さらにもう 1つ指紋認証が必要です。 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 22 11 2015/9/27 午前07:30 社員の約半数くらいが 既に出社していました。 23 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 午前07:45 1日は掃除から始まり ます。 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 24 12 2015/9/27 午前08:00 朝会が始まります。 まずはみんなで体操から。 25 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 午前08:00 朝会では、以下を行います。 ・業務連絡 ・社員2名が発表(好きなこと) ・メンバーへの感謝 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 26 13 2015/9/27 マネージメント チーム毎にに朝会を行いいます。 ・進捗状況の確認 役員も各チームを ・今日のタスクの確認 回って状況を把握し ・課題 ます。 などについて共有します。 27 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. マネージメント 座席はチーム毎(プロジェ クト毎)です。 天井にチーム名を表すプ レートがあります。 28 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 14 2015/9/27 セキュリティ お客様の要望があれば、プロ ジェクト専門の部屋を作ります。 指紋認証で、プロジェクトメン バーしか入室できません。 ネットワークは、お客様の要 望に応じて、プロジェクトで独 立したものを用意しています。 また、社外からはアクセスで きません。開発は社内でのみ 行っています。 29 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. マネージメント チーム横断でプロジェクトの状況や課題 を確認する、専任スタッフもいます。 プロジェクトの問題の早期発見、早期エ スカレーションを実現します。 30 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 15 2015/9/27 午前08:30~11:30 各チーム、各自開発 に集中します。 31 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. マネージメント “アジャイル界?”で有名な、ドイ さんもいます。各チームのアジャ イル開発を指導しています。 ドイさんの発案で「メンタリング制度」 もスタートしました。メンターとメン ティーをマッチングして、様々な技術 や業務以外のことも、共有できるよ うにしています。 週に1回クラブ活動的に時間をとっ て活動しています。自分がどれだけ 成長できたかは、評価にも反映され ます。 32 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 16 2015/9/27 マネージメント SCRUM開発の大きな図 が壁にはってあります。 33 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. マネージメント 10時から、「役員相談タイム」 を設けたそうです。チームの中 で解決できない課題を相談す る時間とのことです。 役員室があるのですが、今は プロジェクトルームになってい て、役員は窓際の席とのこと。。 34 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 17 2015/9/27 ちょっと一息 窓からの眺め。 IT企業が集積している 地域です。 35 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 午前11:30~午後01:00 11:30~13:00までがお昼 休憩。多くのエンジニアが昼食 後、仮眠をとります。 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 36 18 2015/9/27 ちょっと一息 ビリヤード台にアクリル板を置い て、会議室にしています。 もちろん、ビリヤードもやります。 「マイキュー」が置いてあります。 37 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. ちょっと一息 本棚には、日本語の 書籍が並びます。 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 38 19 2015/9/27 午後01:00~06:00 また開発に集中し ます。 39 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. マネージメント タスク管理には、「trello」を メインで使っています。お客 様と共有するツールとして は、お客様指定のものを使 います。RedmineやBacklog など。 40 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 20 2015/9/27 マネージメント Redmineで設計ドキュメント を共有したりもします。 41 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. マネージメント チームを超えた情報共有(業 務連絡やFAQなど)は、piazza というツールを使っています。 Q&A型のツールです。 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 42 21 2015/9/27 品質 品質では、テストを重視してい ます。テストケースはNALが作 成し、お客様にレビュー、承認 してもらいます。 43 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 品質 エビデンス(スクリーンショッ ト)を取得し、報告書をまとめ て、顧客納品します。 もちろん、事前にチーム内レ ビューを行います。 44 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 22 2015/9/27 午後03:00 おやつの時間です。 社員全員におやつが配られます。今日はこれ。 笹だんごみたいですが、中身はソーセージです。 45 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 午後04:30 有志による勉強会です。この 日は日本語の勉強をしていま した。他にも、Javaの勉強など 技術面の勉強もしています。 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 46 23 2015/9/27 午後05:30 ■業務終了。 ■この後、6時から日本語クラスもあります ので、基本的に残業はありません。 ■しかし、プロジェクトの状況によっては残 業での対応にも応じてくれるとのことです。 47Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 午後06:00~08:00 ■日本語クラスがあります。 ■⽉、⽔、⾦コースと、⽕、⽊、⼟コースと、 2コースあり、ほぼ全社員がどちらかの コースで日本語を勉強しているとこのと。 ■日本語検定試験を取得すると、大幅に給与 がアップする仕組みもあり、真剣に日本語 の習得に取り組んでいます。 48Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 24 2015/9/27 土曜日 ■午前中に、以下のような勉強会を実施して います。 ●各チームのノウハウの全社共有 ●セキュリティ勉強会 ●その他 49Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. ■オフショア開発の落とし⽳ 50Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 25 2015/9/27 オフショア開発の落とし穴 ■「オフショア開発を⾏えば、簡単にコスト が削減できる︕」 ●NALの標準単価は1MM=$2,200(約26万円)。 3〜5名程度のラボ型開発チームでの価格。 ●月に1MM程度の開発の場合、PGは$2,200でも、 どうしても別途BSEが必要。ニアショアなどの 単価に近づく。 コスト削減のためには、 3名以上のチームによる開発が有効︕ 51Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. オフショア開発の落とし穴 ■「オフショア開発を⾏えば、簡単にコスト が削減できる︕」 ●最低、最初の1ヶ月は「仕事のやり方」を共有 する時間。生産性は上がらない。 ●オフショア開発のメリットは、早くても2ヶ月 目以降に出てくる。 コスト削減のためには、 同じチームによる継続的な開発が有効︕ 52Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 26 2015/9/27 オフショア開発の落とし穴 ■「設計書、仕様書など、ドキュメントさえ 渡せば、後は⼤丈夫︕」 ●コミュニケーションを密にとることが、オフ ショア開発成功のポイント︕ ●最低でも週1回のSkype会議、できれば毎日。 ●2〜3ヶ月に1回はFace to Faceの会議を実施し たほうがベター。 とにかくコミュニケーションが⼤事︕ 53Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. オフショア開発の落とし穴 ■「自社のやり方を、そのまま踏襲すれば、 ⼤丈夫︕」 ●基本的には、委託元企業のやり方い合わせる が。。。 ●そのやり方で開発が回るようになるために、1 〜2ヶ月はかかる。 「仕事のやり方」を共有する時間を考慮しておく。 54Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 27 2015/9/27 請負開発とラボ型開発 請負開発 ラボ型開発 対価の考え方 成果物に対して対価を支払う。エンジニアの稼働時間に対し て対価を支払う。 仕様書を提示する。 作業について細かく指示をす その後の開発については基本 る。 的にはお任せ。 指示 仕様書を変更する場合は、追 事前に全て決まっている必要 加費用がかかる場合がある。 は無い。都度指⽰をすればよ い。変更してもよい。 納品物に対して検収を⾏う。 開発手法 ウォーターフォール型が多い。アジャイル型が多い。 納品物 ある あるが、保証されない アウトプットに 受注側 発注側 対する責任 開発着手までの時間 ⻑い 短い エンジニアの単価 高い(リスク分を上乗せ) 低い(リスク分が無い) 自社社員や派遣社員のような その他 アウトソース。 マネジメント。 Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 55 請負開発とラボ型開発 ■請負開発が適しているケースは︖ ●仕様が明確になっている場合。 • 画面遷移図、画面レイアウト、項目定義書などが 揃っている場合。 ●開発規模が小さい場合。 • 規模が小さく、コミュニケーションがそれほど要ら ないケース。 56Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 28 2015/9/27 請負開発とラボ型開発 ■ラボ型開発が適しているケースは︖ ●仕様が明確になっていない場合。 仕様変更が発⽣する可能性がある場合。 • ラボ型であれば、柔軟に対応できる。 ●継続した開発が⾒込める場合。 • 同じチームで継続開発できるため、生産性の向上が ⾒込める。 57Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 請負開発とラボ型開発 ■ オフショア開発、最大の問題は、 「仕事のやり方の共有」 ● どのようなプロセス(⼯程)で︖ ● ドキュメントはどこまで作る︖ ● テストは誰がどこまでやる︖ ● 情報共有はどのようにやる︖ ● その他、様々な「暗黙知」︕ ■ 日本企業への委託がうまくいくのは、 ● ⽇本語が話せるからでは無い︕ ● 距離が近いからでも無い︕ ● 「仕事のやり⽅=暗黙知」が共有できてるから︕ • 日本企業でも新規取引先の場合、失敗する可能性が高い。 58Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 29 2015/9/27 請負開発とラボ型開発 ■ラボ型開発の最大のメリットは、 同じチームで継続的に開発することにより、 「仕事のやり⽅=暗黙知」を共有できる︕ 59Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. お問合せ ITはもっと社会に貢献できる︕ システムエンジニアは、もっとヒーローになれる︕ 〜IT業界の構造改⾰〜 株式会会社オオーププンソーース活用用研究究所 ino@oslao.om 3-5990-5417 60Copyright 2015 Open Source Innovation Labs Ltd. All right reserved. 30

セミナー全体の評価と、参加者からのコメント

参加者によるこのセミナーの評価は、
4.8 でした!(5点満点中)
セミナー名 オフショア開発の【落とし穴】と【請負契約vsラボ型契約】~ベトナムオフショア開発勉強会~
講演企業 株式会社オープンソース活用研究所
開催日 2015年10月29日
SI(システムインテグレータ) 60代以上 男性 の参加者
実際の会社を経営しているアンさんが参加したので説得力がありました
その他のIT関連業 40代 男性 の参加者
日本 ベトナムの文化の違いを多少教えていただけました。お互いの認識違いがトラブルの基(日本でも)なので、時間をかけて理解していきたいです。
SI(システムインテグレータ) 40代 男性 の参加者
現実的で正直な情報を得ることが出来ました。
その他のサービス業 50代 男性 の参加者
具体的でした。とても良かったです。
IT関連ソフトウェア製造業 40代 男性 の参加者
nal社に興味がわきました。ベトナムオフショアの現状も把握できました

IT業界の改革にご協力いただけませんか?

本サイトは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、中小IT企業による”本気”の情報提供セミナー「マジセミ」の結果レポートページです。「マジセミ」は、次を目的として活動しています。

我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会に貢献できる、そんなIT業界を創りたいと考えています。

そのためには、技術をもった中小のIT企業がもっと元気になる必要がある。その為には、技術をもった中小のIT企業を、もっと皆様に知って頂く必要がある、と考えました。

株式会社オープンソース活用研究所
代表取締役所長 寺田雄一

本当かウソか、あなたが見極めてください。

もし、我々のこの活動にご賛同していただけるのであれば、ぜひ下のセミナーに参加してください。

「なんだ、結局ただの売り込みセミナーじゃないか」

もしそう感じたら、アンケートなり、あなたのFacebookなりに、そのままお書き頂き、拡散して頂いて構いません。

参加者からのお褒めの言葉、お叱りの言葉が、我々中小IT企業を成長させ、それが日本のIT業界を変えていくのだと、強く確信しています。

あなたの行動が、日本のIT業界を変えるのです。

「マジセミ」のFacebookページ

今後のセミナー情報などを提供させていただきたますので、「マジセミ」のFacebookページに「いいね!」をお願いします。

セミナー講演企業のFacebookページ

今後のセミナー情報などを提供させていただきたますので、セミナー講演企業のFacebookページに「いいね!」をお願いします。

日本のIT業界を変えるためのアクション、ありがとうございました!

関連するセミナーの講演資料
中堅中小企業のための、セキュリティに強いオンラインストレージの比較 業務効率化を実現するためのポイントとコツを徹底解説! ~RPAだけじゃないツール選択と組み合わせ Robochestration~ アクティブ認証/パッシブ認証という考え方と、パスワードレス認証の実現 ~直近インシデントから学ぶ、ウェブアプリ・スマホアプリ認証強化~ 「セキュリティ強化」と「クラウドパワーの最大化」を同時に実現するには? ~ゼロトラストの時代に、セキュリティを確保するためにCASBについて考える~ AWSの運用に関するベストプラクティス ~アプリケーションエンジニアの開発時間を確保するために~ 取引先と、インターネット経由でセキュアにファイルを共有する方法 AWSで12億ファイルも管理可能な Alfresco と、「後から削除できる」Final Code 大手通信会社や新電力会の基幹システムやDXシステムを、要件定義から担当し成功させたチームを徹底解説 「ベトナムでここまでできるの?」大手企業もみんな使っている日本語が超得意なエンジニア集団「NAL」 ひとり情シス(又は中小・中堅企業)のための、現実的なリフト&シフト戦略について AWS EC2上のシステムを、GCPでクラウトネイティブに移行した事例について OSSのプロジェクト管理「Redmine」ベースにガントチャートなど必要機能を包括提供する「Easy Redmine」とは ~OSS版との違いと、ガントチャート、グラフなどによる可視化、ワークフローなど機能の紹介~