2021年06月29日開催
【Salesforce導入が難しかった方向け】初期費用0円、最短翌日から利用できる! 世界4万社が導入する freshworks CRM とは?

動画視聴・資料ダウンロードするには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

会社名
お 名 前
所属部署
役職
電話番号
メールアドレス

イベント内容

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

DXは95%失敗するという実態

AI、RPA、5Gなど共に到来したDXブームですが、その実態はどのようになっているのでしょうか。
DX第一人者のマイケル・ウェイド教授の著書『DX実行戦略 デジタルで稼ぐ組織をつくる』では、DXで期待したような成果を上げた企業は5%のみという衝撃的なデータがあります。つまり95%の企業はDXの推進に挫折しているわけです。なぜでしょうか?

CRM、SFA、 MA、CS…データマネジメントに多種のクラウドサービスが必要

DXの推進と共に、従来は経験や感覚に依存していた営業・マーケティングが、より定量的・科学的なアプローチを導入することが当たり前の時代になってきました。マーケティング・情シス担当者の扱う領域も徐々に広くなり、CRM(顧客管理)、SFA(営業支援)、MA(マーケティングオートメーション)、CS(カスタマーサクセス)を一人で担当しているケースもあるのではないでしょうか?
膨大な顧客データをスピーディーにハンドリングするためにも、クラウドサービスの利用は避けられなくなっています。
しかしながら、様々なツールを導入したがシステム連携ができない、部門ごとにバラバラのツールを使いデータ連携がうまくいかないということも起こり得ます。

CRMを導入したいがハードルが高すぎる・・・

CRM/SFAは高価で導入に時間がかかり、SIベンダーに多額の費用を支払い、数カ月、半年かけて導入するというイメージが強いのではないでしょうか?

導入検討を進める中で、
・初期費用と月額費用を試算すると、導入後の費用対効果が合わない
・アカウント数が今後増えることを想定すると、社内稟議が通りにくい
・初期構築にカスタマイズが必要で、本格稼働まで数ヶ月かかる
・開発をベンダー頼みにしてしまい、なかなか導入が進まないのでは
といった不安があるのではないでしょうか?
さらに上層部からは「コストは抑えながら早く導入してほしい」と指示が出たりと、担当者はコストとスピードの両立が求められます。

CRM導入後に現場で使われなくなる理由

加えて、CRMの導入後にも壁が立ちはだかります。
・現場の社員の入力負荷が大きすぎる
・カスマイズ性が高い反面、設定項目が多すぎる
・CRMで蓄積するデータの利用目的が不明瞭
・運用支援やカスタマーサクセスの推進役が社内にいない
このような事象がほぼすべての企業で発生しているといっても過言ではありません。
現場で使われなくなる根本原因はどこにあるのでしょうか?

本セミナーでは

「CRMを導入したいが、コストと初期構築がネックで導入が進まない」という課題を深掘りしながら、原因と解決策をお話しいたします。世界で4万社の導入実績があり、1アカウント月額3200円〜最短翌日から開始できるfreshworks CRMの機能・事例紹介と製品デモを行います。

こんな人におすすめ

・今、まさに低価格のCRM導入を検討している
・導入スピードが早く、煩雑なカスタマイズが不要なツールを探している
・まずはCRMを一部門でトライアル導入して事例を作りたい

プログラム 

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:50 CRMを導入したいが、コストと初期構築がネックで導入が進まない

〜最短翌日から利用可、世界で4万社が導入する“freshworks CRM”とは?〜

<アジェンダ>
・なぜDXは95%失敗するのか?
・CRMの新規導入におけるネックと、導入後の落とし穴
・freshworks CRM 製品紹介(機能、特徴、事例)
・製品デモ

13:50~14:00 質疑応答

主催

OrangeOne株式会社