TOP /  クラウド/仮想化 /  Zenko 開発エンジニアがフランスから来日「Zenko 開発背景と、米ブルームバーグ社での活用事例、ほか」+ Zenko デプロイ ハンズオン(又はデモ)/Zenko Night #04

Zenko 開発エンジニアがフランスから来日「Zenko 開発背景と、米ブルームバーグ社での活用事例、ほか」+ Zenko デプロイ ハンズオン(又はデモ)/Zenko Night #04 | クラウド/仮想化

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

メールアドレス


法人様向けの資料のため、フリーアドレスをご利用の場合は、会社名、お名前を入力してください。
会社名
お名前

米国 Zenko 開発エンジニア来日公演「Zenko 開発背景と、米ブルームバーグ社での活用事例、ほか」  (スキャリティ・ジャパン株式会社 (調整中))

Amazon S3 APIでマルチクラウドのデータを一括管理するオープンソース「Zenko」とは

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

メールアドレス


法人様向けの資料のため、フリーアドレスをご利用の場合は、会社名、お名前を入力してください。
会社名
お名前

セミナー全体の評価と、参加者からのコメント

参加者によるこのセミナーの評価は、
4.0 でした!(5点満点中)
セミナー名 Zenko 開発エンジニアがフランスから来日「Zenko 開発背景と、米ブルームバーグ社での活用事例、ほか」+ Zenko デプロイ ハンズオン(又はデモ)/Zenko Night #04
講演企業 スキャリティ・ジャパン株式会社
開催日 2018年05月16日
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 50代 男性 の参加者
Sandboxが動かなかったのは残念
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 30代 男性 の参加者
コメントなし
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 50代 男性 の参加者
ハンズオンがほしかった。
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 40代 男性 の参加者
Sadboxが起動しなかったので、事前に環境を作り込む情報があればよかったと思う。
匿名の参加者
コメントなし
株式会社yett 宮本 貴明さん
Zenkoについて、全くの無知でしたが、どういうものか理解できました。
教育業 60代以上 男性 の参加者
Web等の技術ではよくわからなかった点が大分明らかになりました。
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 40代 男性 の参加者
コメントなし
流通業(卸売・小売) 60代以上 女性 の参加者
コメントなし
出版・放送・その他メディア 20代 男性 の参加者
大変技術レベルの高いお話でアメリカ・フランスに於ける先進ユーザの層の厚さを感じました。minikube prometheus etc.は初めてでした。
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 50代 男性 の参加者
善狐だったんですね!
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 40代 男性 の参加者
Zenkoのコア部分を知りたかった。
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 20代 男性 の参加者
コメントなし
匿名の参加者
コメントなし
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 30代 男性 の参加者
実際に開発に携わった方の話を聞けて勉強になった。
消費者に対してITを提供する企業(Webサービス、ゲームなど) 20代 男性 の参加者
具体的操作を見せてもらえたことで、Zenkoに対する理解が深まりました。
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 30代 男性 の参加者
Zenkoのイメージをつかむことができた。
匿名の参加者
Zenkoで何ができるかがよく分かった。 Sandboxができないのが残念。
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 40代 男性 の参加者
Zenkoを知るには適切だった。
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 50代 男性 の参加者
本日のLaureさんが使っていた資料が欲しいです。
その他のIT関連業 30代 男性 の参加者
デモが見れたことが良かったです。 ハンズオンがなくてもの足りなかったです。
その他のIT関連業 50代 男性 の参加者
コメントなし
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 40代 男性 の参加者
ハンズオンを期待した。
その他のIT関連業 40代 女性 の参加者
コメントなし

Laure
Vergeron
Technology Evangelist
R&D Engineer
Zenko: the Multi-
Cloud Data
Controller
We enable people who create value with data
by making AWS storage cheaper
DOCKER TOKYO - 2018-05-15
Agenda
Agenda
1 - What is multi-cloud?
2 - Zenko: introduction to the multi-cloud data controller
3 - Zenko Orbit: introduction to the multi-cloud management UI
4 - CloudServer standalone: a simple local S3 endpoint
5 - Zenko S3 API: basically just AWS S3 API
6 - Zenkommunity
7 - Demos!
What is Multi-Cloud?
What/why is multi cloud?
Examples of Use-Cases for Multi-Cloud
Content Distribution
Media companies have tens of thousands of movies, which they store on Private Cloud for
control. When it is time to publish a movie, it makes sense to copy it to a public cloud to use
its transcoding and CDN services.
Compute Bursting
Banks have to do risk analysis leveraging thousands of CPU every night. These intense
computation only run for a few hours. Rather than having idle servers for the rest of the day, it
makes sense to use Public Cloud services for the computation
Analytics
E-commerce company do more and more machine learning on their very large data lake.
Rather than setting up Hadoop infrastructures in-house, the company can copy just a data set
to an Hadoop cloud, compute the appropriate algorithm, and get back the result and destroy
the cloud copy of the data to save on storage cost.
Long-term Archival / cold storage
While storing data which is regularly accessed is cheaper in a private cloud, long term archive
of never accessed data is cheaper in long term archive cloud offering. Automatic archival of
never accessed data would save a lot of money.
Who is multi cloud?
Who is multi cloud?
What’s the big deal?
What’s the big deal?
What’s the bigger deal?
The Zenko Multi-Cloud Data Controller
Single Interface to any Cloud
S3 API as a single API set to any cloud
Allow reuse in the Cloud
One S3 API for
any cloud
Maintain the native cloud format
Always know your data and where it is
Native
format
Data Insight
Metadata search
Trigger actions based on data
Data Workflow to manage replication, location
Data
Management
Zenko
One namespace
One endpoint
One API
Any Cloud
Zenko: one endpoint, one API, one namespace, any cloud in native format
● One API: the S3 API
● One endpoint: your Zenko
endpoint
● Any cloud
currently supported: Google Cloud
Platform, Microsoft Azure,
Amazon S3, Wasabi, Digital
Ocean Spaces, Scality RING,
local storage

Data stored in native format:
use services native to your
cloud; Zenko does not lock
you in!
Zenko: a stack of microservices
APP
APP
Zenko Open Source
S3 APISingle API set and 360° access to any cloud
S3 CALLS
S3 CALLS
S3 API
S3 API
Bucket LOCATION
DATA
Bucket LOCATION
CRR/DATA
METADATA
METADATA DATA
MONGO DB
Metadata Search
BACKBEAT
Data Policy Engine
METADATA
REST/Sproxyd
AWS S3 API
Backbeat, your data workflow manager Policy-
based data management engine
Leveraging MongoDB for metadata search
Agregated metadata across all clouds in a replicated
MongoDB gives a search tool for optimal data insight
DATA STORAGE
DMD
Native formatData written through Zenko is stored
in the native format of the target cloud storage and
can be read directly, without going through Zenko.
CLOUD API
HA/Failover Deployed as multiple containers for
resilience via metal-k8s
Shared Local
Storage
Simple Security single-tenant credentials
managed locally
Zenko Orbit
Multi-cloud management made easy
Zenko: Orbit management UI
● https://admin.zenko.io
● Free to use until 1TB
● Can either
○ get a sandbox
○ register own
instance
● Available as a pay-as-
you-go service for large
capacities
● No support with free
edition
Zenko: Orbit management UI
● Manage endpoints
● Manage locations
● Manage user keys
● Manage replication
workflows
● Hardware stats
● Storage stats
● Probes to avoid mistakes
at configuration steps
CloudServer Standalone
Make your hard drive an S3 bucket
CloudServer: What?
S3 API served in a Docker Container
Written in Node.js
100% open source (Apache 2.0)
S3 stands for Simple Storage Service. The S3
API provides a simple interface used to store
objects in buckets.
Single AWS S3 API interface to access
multiple backend data storage both on-
premise or public in the cloud.
Open Source Scality CloudServer Adoption
Now Over
1,000,000
Launched June 2016
Open-source
implementation of AWS S3
API
Code available on Github
under Apache 2.0 license
Packaged in Docker
container for easy
deployment
Seamless upgrade to S3
Connector for the RING
Zenko S3 API
What’s there? What’s coming?
Zenko S3 API Support & Roadmap
Current Release API Support
Core S3 APIs


Bucket and object operations (PUT,
GET, DELETE, HEAD)
Multi-Part Upload (MPU) for efficient
ingest of large objects
Advanced S3 APIs




Bucket Website
Bucket CORS
Bucket Versioning
Bucket Cross Region Replication (CRR)
Extended APIs


Utilization API for metering of capacity,
#objects, bandwidth & ops
Bucket CRR 1-to-many
2018 Roadmap
Bucket Lifecycle
Expiration policies - Q3 2018
Extended APIs
Metadata search through extended
GET Bucket API Q3 2018
Zenkommunity
Do you create value with data?
Join us!
Building a Developer community







Community Meetups
Initiated prior to our S3 Server launch
At Docker Tokyo on May 15th
At Scality Tokyo Open Source Night on May 16th
Participating at open source events
for Docker, Nodejs, etc...
Developer Hackathons
Paris and San Francisco in 2015-2018 ; maybe Tokyo next?
Co-sponsoring with partners focused on a specific project goal
(e.g., IP Drives, Backblaze integrations)
Great for building visibility & community participation
How can I get involved with Zenko?
Let us know what you do with Zenko stack!
zenko@scality.com
Get your project/company featured on the website in a quote
Contribute tutorials
Get a blogpost featuring your introduction of your tutorial
Become part of our readTheDocs hosted documentation
Contribute code
It’s an opportunity to drive the roadmap with us !
Join the team and be part of the Zenko craze !
We have Contributing Guidelines on the GitHub repos, and we’ll answer your
questions via GitHub issues or our forum forum.zenko.io
Meet us at AWS Re:invent, DockerCon, Meetups...
All info is on www.zenko.io
26
Zenko CE: everything you need
Zenko: MultiCloud Data Controller
http://zenko.readthedocs.io/en/latest
https://github.com/scality/Zenko
https://forum.scality.com/
https://www.zenko.io/
CloudServer (S3 API standalone)
http://s3-server.readthedocs.io/en/latest/
https://github.com/scality/S3/
https://hub.docker.com/r/scality/s3server/
Backbeat (data driven event manager)
https://github.com/scality/Backbeat
Clueso (cross-cloud metadata search)
https://github.com/scality/Clueso
@zenko_io
@scality
@LaureVergeron
@GiorgioRegni
Ready to join us?
Create an account on our Forum
Clone Zenko, and its microservices

http://forum.zenko.io/
https://github.com/scality/Zenko/
https://github.com/scality/S3/
https://github.com/scality/backbeat
Install s3cmd and AWS CLI
Read the docs ;)
Start with a minikube deployment
Reach out on the Forum as you have questions
Try a full bare-metal-kubespray deployment


https://github.com/scality/Zenko/blob/master/charts/minikube.md
https://github.com/scality/Zenko/tree/master/charts
DIY and Demo
Get your own Zenko sandbox
Deploy Zenko on Minikube and register it on Orbit
Q&A
If you have more later:
forum.zenko.io
Thank You
Email: zenko@scality.com

他のカテゴリから探す

IT業界の改革にご協力いただけませんか?

本サイトは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、中小IT企業による”本気”の情報提供セミナー「マジセミ」の結果レポートページです。「マジセミ」は、次を目的として活動しています。

我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会に貢献できる、そんなIT業界を創りたいと考えています。

そのためには、技術をもった中小のIT企業がもっと元気になる必要がある。その為には、技術をもった中小のIT企業を、もっと皆様に知って頂く必要がある、と考えました。

株式会社オープンソース活用研究所
代表取締役所長 寺田雄一

本当かウソか、あなたが見極めてください。

もし、我々のこの活動にご賛同していただけるのであれば、ぜひ下のセミナーに参加してください。

「なんだ、結局ただの売り込みセミナーじゃないか」

もしそう感じたら、アンケートなり、あなたのFacebookなりに、そのままお書き頂き、拡散して頂いて構いません。

参加者からのお褒めの言葉、お叱りの言葉が、我々中小IT企業を成長させ、それが日本のIT業界を変えていくのだと、強く確信しています。

あなたの行動が、日本のIT業界を変えるのです。

日程を確認していただき、ご興味のあるセミナータイトルをクリックしてください。

「マジセミ」のFacebookページ

今後のセミナー情報などを提供させていただきたますので、「マジセミ」のFacebookページに「いいね!」をお願いします。

日本のIT業界を変えるためのアクション、ありがとうございました!

関連するセミナーの講演資料
マルチクラウドにおける「ポータビリティ」をどう実現するのか? ~Docker/kubernetesとZenko の活用~ 【大阪開催】 「Azure Stack」徹底解説!自社オンプレミス環境にAzure同等のクラウド基盤を構築 ~システム構成・開発・運用・コストなど、ハイブリッドクラウド環境の複雑さを解決するには?~ Docker、Kubernetesなど「コンテナ技術」のクラウドサービス(AWS、Azure、GCP)での活用と、コンテナ時代のシステム運用 注目のIDaaS「Okta」の概要と認証基盤選定のポイント ~ガートナー マジック・クアドラント で IBM や Oracle を抑えて5年連続リーダー~ 「SharePoint」の構築とマイグレーション、コストでお悩みの方必見!ベトナムオフショアとマイグレーションツール活用で実現するSharePoint開発コストの最適化 Zenkoハンズオン(デプロイと、クラウド~クラウド間、クラウド~オンプレ間のレプリケーション)/Zenko Night #05 Zenko 開発エンジニアがフランスから来日「Zenko 開発背景と、米ブルームバーグ社での活用事例、ほか」+ Zenko デプロイ ハンズオン(又はデモ)/Zenko Night #04 オープンソース・Linuxテクノロジーエバンジェリスト HPE古賀氏によるアプリケーションのポータビリティを実現するDocker/データの透過性を実現するZenko その場で体験できるVR/AR/MR(xR)の事例と、xRシステムのグローバル開発 マルチクラウド・ポータビリティの実現を目指す、DockerとZenko勉強会/Zenko Night #02