TOP / 近日開催のセミナー / 

関連するセミナー

他のカテゴリから探す

アクセス管理の見直し講座

開催日:2019年 7月 3日

本セミナーは、株式会社マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局が主催するセミナー「アクセス管理の見直し講座」のご紹介です。

マジセミでは特別に、20名をご招待します。

アクセス管理の見直し講座

あらゆる事業がシステムに依存している今、プラットフォームや稼働システムは技術進展によって変化を遂げ、システム環境は多様化を続けています。

そのような時代を背景に、企業を取り巻く内外のセキュリティ脅威はますます巧妙化し、セキュリティ対策の必要性が高まっています。

本セミナーでは、セキュリティ対策の最新動向を専門家から解説したのち、中でも注目を集めているシステムの管理者権限、いわゆる特権アカウント管理にフォーカスし、課題解決のための具体的な対策の紹介や、実際に取り組みを行う企業による講演をいたします。

当日プログラム

14:00~14:30 受付

14:30~15:20 【基調講演】インシデント事例に学ぶ、アクセス管理で見直すべきポイント

登壇者

三上 洋氏

ITジャーナリスト

セキュリティ、ネット事件、モバイルを専門とするITジャーナリスト。Yomiuri Onlineでセキュリティ啓蒙記事を長期連載するほか、テレビ・ラジオでの解説も多数。TBS「ひるおび!」読売テレビ「ミヤネ屋」フジテレビ「バイキング」などでもスタジオ解説を行う。

講演サマリー

特権アカウントを含むアカウントの管理、およびそのアクセス管理は、企業のセキュリティ対策において重要な位置づけがなされており、この管理が疎かになることは、すなわち内部不正や、標的型攻撃の的になりやすいといった重大なインシデントを招く温床ともなりかねません。

このセッションでは、アクセス管理を怠ってしまったことで起きた実際のインシデント事例にもとづき、その事例からアカウント管理全般におけるリスクとなり得るポイントを洗いだすとともに、そのポイントとは何かをご紹介します。

15:20~16:00 セキュリティ対策の肝所、特権アカウント管理の具体策とその効果

登壇者

八釼 友輔氏

エンカレッジ・テクノロジ株式会社

事業推進部 技術推進グループ長

2010年 東証コンピュータシステム入社、証券業界向けフロントシステムの営業部門に配属

2012年 ネットワールドにバックアップ/リカバリーソリューションのプロダクトマーケティング担当として入社

2018年 エンカレッジ・テクノロジにプロダクトマーケティング担当として入社

2019年 事業推進部技術推進グループ長に就任

講演サマリー

近年、システムインフラの多様化に伴い、外部から攻撃されると真っ先に標的になる特権アカウントもまた多様化しています。従来通りのセオリーではセキュリティ担保と運用負担のトレードオフは免れません。脅威への対策としてセキュリティ全般の見直しが急がれる昨今、管理者ユーザーである特権アカウントの管理がサーバーセキュリティ対策の肝所として大きな注目を集めています。

これまでシステム運用にお悩みの様々なお客様の課題解決を支援してきたエンカレッジ・テクノロジ。本セッションでは、現代のシステム環境に求められる特権アカウント管理のポイントと、それを実現するソリューションを詳しくご紹介いたします。

16:00~16:10 休憩

16:10~16:40 ビッグローブの情報漏洩対策における特権ID管理強化の取り組み

登壇者

遠藤 由妃夫氏

ビッグローブ株式会社

経営管理本部 情報セキュリティ統制部

エグゼクティブエキスパート

1986年 NEC入社、NECの通信サービス事業"C&C-VAN"の技術部門に配属

1994年 NECのインターネットサービス"mesh"立ち上げ

1996年 "BIGLOBE"誕生、以降BIGLOBEのエンジニアリーダとしてクラウドなど大規模なインフラ構築を担当

2014年 BIGLOBE、NECから独立.NWサービス本部長就任

2017年 KDDIに買収. BIGLOBEのSOC部門長就任

講演サマリー

近年、多くの企業で内部不正やサイバー攻撃により相次いで発生している情報漏洩事件を受け、インターネットなどのネットワークを利用した情報サービスを提供するビッグローブでは、更なる安全性の確立のためにセキュリティリスクの分析を実施。顧客情報を扱うシステム他、全ての商用IT環境の特権アカウント管理を強化しました。

本セッションでは、従来の特権アカウントの管理方法にどのようなリスクがあったのかご紹介するとともに、ソリューション選定のポイントおよび導入効果などについて詳しく説明いたします。

16:40~16:50 質疑応答・アンケート記入

※個人事業主のお客様、学生、もしくは競合企業の方は参加をご遠慮いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

※お申し込みが定員に達した場合は、抽選により参加をご遠慮ただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

主催

株式会社マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局

協賛

エンカレッジ・テクノロジ株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

株式会社マイナビ ニュースメディア事業部 マイナビニュースセミナー運営事務局 03-6267-4336

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


【大阪開催】AI OCRとRPAによる業務効率化について (RPA導入の課題と解決策)

開催日:2019年 7月 5日

こちらは、株式会社アクシオが主催するセミナーの紹介です。

マジセミでは、特別に東京10名、福岡5名、大阪5名をご招待します。

■5月23日(木) 東京

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90740

■6月20日(木)福岡

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90742

■7月5日(金)大阪

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90743

RPA導入の課題と解決策

PC操作を自動化するRPAは、働き方改革や業務効率化への期待から、業種に係らずに普及が進んでおり、AIとの組合せによりさらに市場拡大すると考えられています。

本セミナーでは、ロボPCの管理を含めWinActorを導入されたお客様が直面する課題をどのように解決したのか解説します。

また、これまで諦められていた手書き帳票のOCRを可能にするDX Suite(AI-OCR)。他を圧倒するその読取精度とWinActorとの連携に関して紹介します。

プログラム

14:00~14:05 ご挨拶

14:05~14:50 RPA駆け込み寺

株式会社NTTデータ

社会基盤ソリューション事業本部

ソーシャルイノベーション事業部

デジタルソリューション統括部

RPAソリューション担当

課長

中川 拓也 氏

RPAの導入が急拡大した反動でしょうか。「RPAツールを選定し、社内に向けて普及・促進しているのだが浸透しない」や、逆に「IT部門が選定したRPAツールの活用を推奨されているのだが、人事部の担当者には難しくて使いこなせない」といったご相談が増えています。何故、このようなことが起こるのでしょう。RPAツールを使いこなせないのが悪いのでしょうか。もちろん、そうは思いません。

本セッションでは、RPAの本質を明確にした上で、RPA導入目的を達成するための、失敗しない導入方法論をご紹介します。今からでも遅くはありません。RPAを適切に活用し、働き方改革を一緒に実現していきましょう。

14:50~15:20 多様なワークスタイルをサポートするITインフラとは~テレワーク、Robotic Process Automationを快適に活用!~

アセンテック株式会社

第3営業部

部長

潤田 雅也 氏

働き方改革対応や業務効率化でVDIを検討・導入する企業が増えていますが、コストやシステム管理等の課題があります。本講演では、従来のVDIの課題を解決するオリジナルのソリューションをご紹介します。低コストでテレワークを実現、スモールスタートでRobotic Process Automationを導入できるなどのメリットをご説明します。

15:20~15:35 休憩

15:35~16:20 AI活用で実現する、働き方改革~実績No.1、300社以上が利用する DX Suite~

AI inside 株式会社

執行役員

事業開発本部長

梅田 祥太朗 氏

人口減少社会で業務効率化や働き方改革が求められるなか、どのようにAIを業務で活用できるのか?RPA市場の拡大と合わせて、AI-OCRのニーズは非常に高まっています。本セミナーでは、当社が開発しているAI 推論・学習エンジン「Neural X」を基盤とした、AI-OCR「DX Suite」のリアルタムデモを通じ進化したAI-OCRをご覧いただきます。また、事例を通じ今後のAI活用の可能性もお伝えします。

16:20~17:05 RPAの導入で経験するロボPCの管理課題とは・・ OnRPA®の第二弾!OnRPA2で何が解決できるのか

株式会社アクシオ

RPA導入のお客様の要求から生まれたOnRPA®。その開発の経緯から、機能、効果、導入事例を解説します。また、RPAの本格導入後に経験する煩わしいシナリオ実行のタスク管理に対応するOnRPA2の詳細を紹介します。その他、画面ロック問題や解像度や色味によるエラーなど導入して分かる注意点や課題を紹介します。

*講演内容、講師など、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

主催

株式会社アクシオ

当日会場アクセスに関するお問合せ

TEL:06-6341-3334

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


BPMxBRMSで実現するデジタル変革(DX)時代の業務プロセス改革と競争力強化

開催日:2019年 7月 9日

こちらは、株式会社NTTデータイントラマートが主催するセミナーの紹介です。

マジセミでは、特別に10名をご招待します。

その鍵は、ビジネスルールにあり

デジタル変革(DX:Digital Transformation)時代の業務プロセス改革と競争力強化をBPMxBRMSで実現する!

日本企業には、これまで長きに渡って築き上げてきた業務オペレーションの強みがあります。

その一方で、デジタル化は諸外国に比べて遅れがあり、生産性が低いことも事実です。

本セミナーでは、事例を交え、DXに向けて業務改革を支えるデジタル化(プロセスとデシジョンの自動化)のソリューションをご紹介します。

プログラム

14:30~15:00 受付

15:00~15:05 ご挨拶

講演者:株式会社NTTデータイントラマート

15:05~15:35 競争力の向上の鍵は業務プロセス改善にあり

講演者:株式会社NTTデータイントラマート

イントラマート社では、企業全体のプロセス統合による業務生産性向上、業務の自動化に向けて、業務改革ツールであるBPMを提供しています。

多くの企業が自社の業務プロセスに課題があることを認識しながらも、実際的な解決手法を見出せず、生産性向上を実現できていません。

本セッションでは、業務改革実現のためのBPM導入のアプローチ、押さえるべきポイントを先行事例を交えながら解説します。

15:35-16:05 デシジョン(意思決定)の自動化による企業競争力の向上

講演者:株式会社オージス総研

企業活動には、無数の小さな意思決定となるビジネスルールが存在し、それらを正しく効率的に行う能力が企業競争力の全体を左右します。

オージス総研では、企業の競争力強化や維持に必用なビジネスルールにBRMSのテクノロジーを活用したソリューションを提供しています。

本セッションでは、BRMSの活用例やプロセスとデシジョンの自動化による業務改革の一層の深化につながる具体例を前セッションの事例をもとにご説明します。

16:05~16:25 休憩

16:25~16:50 自社の業務でも使えるの?DXに向けたBRMS=デシジョン自動化の導入イメージ

講演者:株式会社NTTデータイントラマート 株式会社オージス総研

本セッションでは、実際の業務において複数のパターンの判断が必要なケースの利用イメージを画面レベルで解説します。

ビジネスルールは、企業競争力の源泉やノウハウを含むものが多い反面、煩雑で複雑性を含んでいます。また、法令、国際業界ルールの変更対応などにより、ビジネスルールが実装されている業務システムは、その都度システムベンダーへ改修依頼が必要な場合があります。BRMSとイントラマートを組み合わせることで、定期・不定期なルール変更が、現業部門で対応することが可能になり、ビジネスルールを正確に把握し、事業戦略に活用できます。(適応例:食品小売業、金融業、各種検査業務団体など)

本セッションでは、ルールエンジンを用いることで複雑な条件分岐をノンプログラミングで実現するデモを通じて、ルールエンジンの活用イメージを体感頂きます。

16:50~17:00 質疑応答

主催

株式会社NTTデータイントラマート

協賛

株式会社オージス総研

当日会場アクセスに関するお問合せ

03-6433-1905

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


【大阪開催】情シスアンケートから見たワークフロー製品の課題解説と、ワークフロー製品リプレースのポイント ~「2重入力」「連携できない」を解決する方法/他社製品からの移行ポイント~

開催日:2019年 7月12日

どうする?!限界を感じるワークフローシステム

現在多くの企業で、社内の承認プロセス等を行うワークフローシステムを導入しています。しかし、情報システム部門に対するアンケート結果では「2重入力が多い」「自社システムと連携できない」など、使い勝手の部分での課題が多いようです。また、導入当初とは規模や用途が異なってきたり、使い勝手を改善するために無理やりカスタマイズしてしまい、さらにその担当者が退職して変更ができない等、既存のワークフローシステムに問題を抱える企業が増えています。

リプレース時の製品選定のポイント

このような事態を解決すべく、リプレースを検討する際には何を基準に製品選定すればよいのでしょうか。ポイントは、なるべくカスタマイズが不要で、かつ柔軟性があるシステムであることです。パラメータ設定等で簡単にカスタマイズできれば、使い勝手のよいシステムを構築できます。また主要なパッケージ製品や自社システムへの連携機能を備えていることも重要です。

本セミナーでは、情報システム部門へのアンケート結果を元に、ワークフローシステムの課題やリプレースのポイント、製品選定の考え方などについて解説します。

また他社ワークフロー製品から、今回ご紹介する「MAJOR FLOW Z」への移行ノウハウについても概要を説明します。

さらに自動化を進めるためのRPA連携との活用事例

近年導入が活発化しているRPAをワークフローシステムに連携することで、更に業務を効率化することができます。本セミナーではRPAを活用して、ICカードから交通費情報を読み取り、自動的に経費精算を行った事例や、紙の請求書をOCRで読み取り、自動的に支払申請を行った事例、ワークフローのマスターメンテナンスを自動化した事例などを紹介します。

プログラム

14:00~14:10 オープニング

14:10~14:40 1部:MAJOR FLOW Zについて

(情シスアンケートから見たワークフロー製品の課題解説と、ワークフロー製品リプレースのポイント)

パナソニックネットソリューションズ株式会社

石嵜真資 氏

14:40~15:10 2部:WinActorの活用~業務RPA化について~

株式会社アクシオ

池本武彦

15:10~15:50 3部:RPA連携

株式会社アクシオ

斉藤健太

15:50-16:00 質疑応答

主催

株式会社アクシオ

協力

パナソニックネットソリューションズ株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

06-6377-0128

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


【福岡開催】VMwareのビジョンなどを紹介する、HCI まるわかりセミナーin 博多

開催日:2019年 7月19日



こちらは、Dell EMC / ヴイエムウェア株式会社 が主催するセミナーの紹介です。

マジセミでは特別に25名を招待します。

加速する、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入

デジタルトランスフォーメーションの第一歩と言っても過言ではない、サーバーにコンピューティング機能とストレージ機能を統合したシンプルな構成の仮想化基盤として、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入が加速化しています。

みなさまは すでにHCI導入の準備は整いましたか?

VMwareのビジョン、ほか

本セミナーでは、皆さまのITインフラ製品の比較・検討の一助となれますよう、デル テクノロジーズ ファミリーである Dell EMCとヴイエムウェアから、VMwareのビジョンと、 次世代仮想化基盤としてのHCIソリューション「VxRail」 や、ネットワーク仮想化を実現するVMware NSX Data Centerソリューションについて可能な限りわかりやすく説明させて頂くセミナーとなっております。

小規模ITインフラ環境を運用されているユーザー様から大規模ITインフラ環境の導入・更新をご検討のお客様につきましても、十分に聞き応えのある内容となるよう努めて参りますので、ぜひとも参加のご検討を頂けますようよろしくお願い致します。

プログラム

13:30 - 14:30 VMwareのビジョンとそれを支えるvSAN HCI

服部 寿明

ヴイエムウェア株式会社

ゼネラルビジネスSE統括部 パートナーSE部 部長

奥村 奈緒美

イエムウェア株式会社

パートナーSE本部 パートナーSE部

14:30 - 15:30 スモールスタートに最適なHCI / VxRail

高橋 岳

Dell EMC モダンデータセンター事業本部

プロダクトアーキテクト本部 HCI vArchitect

15:30 - 15:40 休憩

15:40 - 16:10 HCI導入とネットワーク仮想化のちょっといい関係

市川 智基

Dell EMC VMwareシナジーアライアンスセールス

16:10 - 16:30 Q&A

主催

Dell EMC / ヴイエムウェア株式会社



当日会場アクセスに関するお問合せ

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257