グループウェア 「 サイボウズ 」からの移行の課題と事例解説【セミナー資料・動画】

>

グループウェア 「 サイボウズ 」からの移行に関するセミナーレポートです。オープンソースコラボレーションツール「Mattermost」をベースとする新規プラットフォームへの実際の移行事例について解説されているセミナー資料をダウンロードできます。ただのリプレースではなく、社内システムの将来を見据えた移行事例として参考にできます。

グループウェア 「 サイボウズ 」からの移行に関するセミナーレポートです。オープンソースコラボレーションツール「Mattermost」をベースとする新規プラットフォームへの実際の移行事例について解説されているセミナー資料をダウンロードできます。ただのリプレースではなく、社内システムの将来を見据えた移行事例として参考にできます。

セミナー概要

広く普及しているグループウェア「サイボウズ」

サイボウズは、使いやすいグループウェアとして広く普及しています。

特に、カレンダー機能や掲示板機能などは、企業内情報共有プラットフォームとして人気があります。

サイボウズから移行したいニーズ

オンプレミス環境でサイボウズを利用している企業は多いですが、昨今のクラウドファーストの考え方に従って、サイボウズからのリプレースを検討しているケースがあります。

「クラウド版サイボウズ」を利用する手段もありますが、『メール機能はGmailやMicrosoft365を使いたい』などのニーズもあります。

しかし、『カレンダー機能/掲示板機能/設備予約機能などは、サイボウズ的なUIを使いたい』という要望もあります。

実際の移行事例を紹介

本セミナーでは、実際に「サイボウズ」から「Google Workspace(旧:G Suite)」に移行した事例を解説しています。

カレンダー機能などについてはサイボウズライクなUIを持つオープンソースと組み合わせて活用しています。

セミナー情報

セミナーカテゴリ グループウェア
参加者想定 情シス担当者向け
セミナータイトル サイボウズからの移行の課題
セミナーテーマ ・サイボウズからの移行事例の紹介
・ディスカッション
開催日時 2021/01/27(水) 16:00~17:00
開催場所 オンライン
費用 無料

対象製品概要紹介「Mattermost」

本セミナーの移行事例では、オープンソースコラボレーションツール「Mattermost」を活用しています。

「Mattermost」とは

Mattermostは、オープンソースコラボレーションツールです。

企業全体で安全かつプライベートにコラボレーションを促進できます。

→mattermost.com

エンタープライズプライベートコラボレーション

プライバシーを重視するグローバル企業の多くが、Mattermostと各種サービスを連携させることで自動化を促進し、コラボレーションを強化しています。

・柔軟な展開モデル:セルフホストまたはSaaS
・エンタープライズセキュリティ:エンタープライズグレードの「ID管理機能」「データ管理機能」
・ガバナンス:コンプライアンスシステムとシームレスに連携

DevOpsワークフローによる機能強化

企業内DevOpsチームは、Mattermostを使用して、DevOpsライフサイクルのすべての段階でコラボレーションを強化できます。

要望が高い機能からすばやく実装できます。

オープン性

Mattermostは、活発なコミュニティが開発しているオープンソースコラボレーションプラットフォームであるため、ソースコードにフルアクセスできます。

Go言語とReactで記述されており、MySQLまたはPostgreSQLで単一Linuxバイナリとして実行されます。

「ファイル共有機能」「リアルタイムグループチャット機能」「Webhook機能」など、必要とする機能を使用して、自社のコラボレーションプラットフォームに導入できます。

セミナー資料の見どころ「サイボウズからの移行の課題 移行の契機~課題~解決」

資料アジェンダ

■サイボウズ(グループウェア)を導入したきっかけ
・サイボウズ運用環境
■なぜサイボウズからの移行が必要になったのか?
・きっかけ
・今までのグループウェア機能を残しつつ「Google Workspace」や「各種SaaS」と連携したい
・社内コミュニケーションツール「Mattermost」をベースに
・運用コスト削減とミッション
■具体的に何が移行の課題だったのか?
・UI(デザイン)は違和感のないようにしたい
・セキュリティ強化
■行動に移すには、それなりの労力が掛かりますが……
・今後の社内システムの理想を目指す事と合わせて決断

見どころ

資料内では、「サイボウズ導入」「リプレースへのきっかけ」「移行時の課題」など、実際に移行を実施してみてはじめて分かるポイントなどがまとめられています。

「ライセンス費用削減目標」や「システム担当管理工数削減目標」を定め、ただのリプレースではなく、社内システムの将来を見据えた移行事例として解説されています。

リモートワークの拡大により、サイボウズからの移行を検討している方には、有用な資料として参照できます。

資料ダウンロードはこちらから

グループウェア 「 サイボウズ 」からの移行に関するセミナーレポートです。オープンソースコラボレーションツール「Mattermost」をベースとする新規プラットフォームへの実際の移行事例について解説されているセミナー資料をダウンロードできます。ただのリプレースではなく、社内システムの将来を見据えた移行事例として参考にできます。

最後に

今後も毎日のように、多くのIT関連セミナーが開催されます。ご自分のビジネスを強化できるセミナーを見つけて、ぜひ参加してみてください!

→マジセミTOPページ


参考元サイト
→mattermost.com

By