マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

ツール・サービス紹介

2023.03.02

【無料で使える】「 プロジェクト管理 」ツールまとめ

【無料で使える】「 プロジェクト管理 」ツールまとめ

【無料で使える】「 プロジェクト管理 」ツールまとめ として、
以下の内容を紹介しています。

・【用語解説】「ガントチャート」とは
・【ナレッジ紹介】「 プロジェクト管理 ベストプラクティス 」10のポイント
・【無料オープンソース】「 プロジェクト管理 」ツール 14選
・【有償サービス】「 プロジェクト管理 」ツール 8選
・【Googleサービス】データ管理および視覚化ツール「Google Tables」

コンテンツ

【用語解説】「ガントチャート」とは

概要

ガントチャートとは、プロジェクト管理において広く使用されている「チャート(図表)表現手法」です。

多くの場合グラフは横棒グラフとして表現され、プロジェクト管理全般における「計画」「スケジューリング」「監視」に活用できます。

プロジェクトに参画するプロジェクトマネージャーやメンバーが「プロジェクト進捗状況」を一目で確認できるため、「最も人気のあるプロジェクト管理手法」として幅広く利用されています。

ガントチャートで表現される情報

「縦軸」で表現される情報

縦軸で「プロジェクトタスク」が表現されます。

「ソフトウェア選定導入プロジェクト」の場合は、以下のようなタスクとなります。
・調査実施
・ソフトウェア製品選択
・ソフトウェアテスト
・インストール など

「横軸」で表現される情報

横軸で「プロジェクトタスクのタイムライン」が表現されます。
・タスクシーケンス
・開始日
・所要期間
・終了日
・タスク間依存関係
・タスク進捗状況 など

ガントチャートの「ユースケース」

ガントチャートは、主にプロジェクト管理用途で利用されますが、他にもさまざまな用途で利用できます。
・プロジェクトステータスの更新を利害関係者に伝達
・ソフトウェア開発ロードマップの作成
・コンテンツカレンダーの作製
・クライアントへのスケジュール提示
・イベントの計画と開催 など

ガントチャートの「メリット」

プロジェクト計画の作成

プロジェクトのベースとなるガントチャートは、主にプロジェクトマネージャーが計画し作成します。
・プロジェクト計画作成
・スケジュール設定
・マイルストーン設定
・タスク設定
・リソース設定
・重要度設定 など

利用可能なリソースに基づいて「現実的なプロジェクトの完了目標期間」を算出するために役立ちます。

プロジェクト全体の進捗を視覚的に把握

ガントチャートは、「プロジェクトのロードマップ」「プロジェクトコンポーネント状況」「タスク別リソース設定状況」などの高レベルの可視性を提供します。

プロジェクトマネージャー(チームメンバー)は、ガントチャートにより「プロジェクトのタイムラインとタスクの全体像」を視覚化し把握できるため、効率的な管理(監視)を実施できます。

ガントチャートによりプロジェクトに関するさまざまなステータス状況を確認できます。
・プロジェクトの開始から終了までのスケジュール
・プロジェクトに必要となるすべてのタスク
・各タスクの開始日および終了日
・タスク間の依存関係
・タスク間の重複関係
・各タスクの担当者
・各タスクの進捗状況
・各フェーズにおける重要なマイルストーン設定日
・各フェーズにおけるクリティカルパス など

潜在的ボトルネックを検出

ガントチャートは、「並行して実行可能なタスク」と「他のタスクが完了するまで開始(終了)できないタスク」を分けて管理することで、タスク間依存関係管理を実施できます。

「進捗が遅れるとプロジェクト全体に影響が波及するタスク」を潜在的ボトルネックとして検出することで、「特に注意して管理しなければならないタスク」としてサポートできます。

チームメンバーの目標意識向上

ガントチャートは、プロジェクトメンバー全員に共有できるため、リモートワーカーを含むすべてのチームメンバーがプロジェクトの進捗状況をリアルタイムで把握できます。

各メンバーは「自身の役割と責任」を確認できることで、チームメンバー全員の目標意識向上につながるメリットがあります。

ガントチャートの「注意点」

明らかとなっていないクリティカルパスが存在する可能性

プロジェクトフェーズ内において、最優先で管理する必要があるクリティカルパスを明確化できていたとしても、実際には「フェーズタスクが別のフェーズタスクに依存していた」という場合があります。

早急に発見し修正をかける必要があります。

ガントチャートとは異なるプロジェクト管理方法「PERTチャート(PERT図)」を利用することで、より詳細な依存関係管理を実施できます。
・プロジェクトのタスクと各タスクに関連する依存関係について視覚的に表現できる
・個々のタスクを整理分解して詳細に管理できる

タスク内部の管理は担当者任せ

ガントチャートは、プロジェクトワークフローの高レベルのビューを提供するのに適しています。

しかし、各タスクの管理は担当者に委任することになるため、特に大規模プロジェクトにおいて、「作業プロセス」や「成果物品質」に統一性がなくなる場合があります。

「ガイドライン作成」や「チェックタスクの追加」などにより、各タスクの成果物品質をコントロールする必要があります。

作業量を管理しにくい

ガントチャートは、期間ベースで表現されるものであるため、「各タスクの作業量」は管理しにくいものとなります。

また、「同時並行実施タスクにおいて担当できるメンバーが競合していた」などのケースも発生します。

「シンプルなガントチャートツールのみでの管理」では、作業量やリソース割当に関する詳細管理は難しい場合があります。

ガントチャートツール

プロジェクト管理ソフトウェアに同梱

ガントチャートはプロジェクトスケジューリングツールであるため、多くの場合、プロジェクト管理ソフトウェアに含まれています。

チャート共有機能

近年のガントチャートツールのクラウド化により、従来型スタンドアロンデスクトップツールと比較して、チャート共有を大幅に実施しやすくなっています。

「多くのチームメンバーが参画するプロジェクト」や「リモートワーカーが多数参加するプロジェクト」でも、リアルタイムで各タスクの状況を確認できます。

【ナレッジ紹介】「 プロジェクト管理 ベストプラクティス 」10のポイント

プロジェクト管理者向けナレッジとして、プロジェクト管理を実施するにあたって有効となる10のポイントについて紹介します。

①「ビジネスケース」を作成

「ビジネスケース」とは

「ビジネスケース」とは「プロジェクトに関する論理的な説明文書」を指します。

「該当プロジェクトに投資価値があるのか?」について、企業上層部へのプレゼン資料となります。

主な記載項目

■ビジネス目標
・プロジェクト要件
・戦略的コンテキスト
■予算規模
・プロジェクトを完了するための「予算規模」+「リソース規模」
・潜在的ROI
■リスク
・想定されるリスク
・潜在的なハードル
・リスクマネジメント施策 など

②「プロジェクト概要」を作成

「プロジェクト概要」では、簡潔にプロジェクトの全体像を説明します。

主な記載項目

・プロジェクト名
・クライアント情報
・プロジェクト概要説明
・プロジェクト範囲
・成果物
・マイルストーン
・成功指標
・予算
・リソース など

③「プロジェクト計画」を作成

「プロジェクト計画」では、「プロジェクトのすべてについてどのように完了させるのか?」について詳細に説明します。

計画作成には多くの時間がかかりますが、全体的な進捗状況を監視するために必要不可欠なフェーズです。

主な記載項目

・範囲と使命
・スケジュール
・予算編成
・人員
・評価と管理
・リスクアセスメント
・品質基準
・追跡および分散分析
・エスカレーションと問題管理
・作業分解図
・作業許可と変更管理 など

チームの作業負荷管理

プロジェクト計画作成時には、「チームメンバーの作業負荷」について慎重に計画する必要があります。

計画がずさんな場合、プロジェクトにとって大きなリスクとなります。

④「コミュニケーションチャネル」を確立

「社内チーム」「利害関係者」「クライアント」のいずれであっても、コミュニケーションは双方向の道として機能する必要があります。

複数のコミュニケーションツールを導入してしまうと一貫した情報共有が難しくなるため、1つのポータルスペースなどに集約させ、「明確かつ一貫性のあるコミュニケーションチャネル」を確立して維持することが重要となります。

⑤「スケジュール作成」+「進捗管理」

スケジュール作成

チームの「可用性」「予算」「リソース状況」などを検討しながら、「現実的に達成可能なスケジュール」を設定します。

大タスクを小タスクに分割

「大きなタスク」を「達成可能な小タスク」に細かく分割して、「小タスク単位での進捗管理」を実施することが有効とされています。

⑥問題に対する是正措置

予期しない変更要求問題

プロジェクト失敗の主な原因として、「プロジェクト目標の変更」や「プロジェクト要求の変更」などの「予期しない変更」が挙げられます。

プロジェクト管理者は、リスクが高い変更要求に対して、「タイムライン」「予算」「タスク管理」などの再調整が必要であるかどうかにかかわらず、最優先で直接取り組むスタンスが必要です。

予算超過問題

プロジェクトが予算を超えるペースで進行してしまっている場合は、「リソースの再割り当て」や「タイムラインの更新」を検討し、「プロジェクトの範囲」についても検討する必要があります。

早急かつ決定的なアクションが必要

進行中のプロジェクトには多様な問題が発生しますが、放置しておくほどリスクは増大していきます。

「早急かつ決定的なアクション」により、問題の拡大を防ぐ必要があります。

⑦スコープクリープ発生に注意する

「スコープクリープ」とは

プロジェクト初期段階でのプロジェクトスコープは明確となっていますが、実行フェーズに入るとスコープは流動的になります。

「スコープクリープ」は、主要なプロジェクト管理リスクであり、「変更要求などの制御手順なしでプロジェクトスコープに変更が加えられた場合に発生するリスク」です。

これらの変更は、「スケジュール」「予算」「コスト」「リソース」などの割り当てにも影響を及ぼし、マイルストーン達成や目標達成を損なう可能性があります。

スコープクリープのリスクを周知する

「チームメンバー」「クライアント」「利害関係者」などのすべての関係者に対して、「スコープクリープのリスク」について周知し、スコープ変更については関係者全員に共有する体制作りが重要です。

⑧プロジェクト状況の監視

プロジェクト進行にあたって、以下の項目などに代表されるプロジェクト状況の継続的監視が必要です。

・KPI(重要業績評価指標)追跡
・差異管理
・是正措置
・品質保証
・リスク管理
・スコープクリープ確認

⑨プロジェクトドキュメントの恒常的整備

プロジェクト全体を通してプロジェクトドキュメントを常に最新の状態に保ち続ける必要があります。

このプラクティスにより、新しいチームメンバーがプロジェクトを理解するために役立つため、結果として時間を大幅に節約できます。

特に整備しておくべきドキュメント

・プロジェクトスケジュール
・プロジェクト費用
・RACIチャート(責任分担表)
・リスク(問題)ログ
・変更リクエスト など

⑩プロジェクト終了時の回顧会議

プロジェクトの最後に回顧会議を開催することが推奨されています。

プロジェクトを総括し、知見として重要な洞察をまとめておくことは、企業にとっての大きな資産となります。

主な項目

・各種フィードバック
・各種アイデア
・成功した点
・失敗した点
・反省点
・将来のプロジェクトでの改善案 など

【無料オープンソース】「 プロジェクト管理 」ツール 14選

①アジャイル開発向けプロジェクト管理「Taiga」

①アジャイル開発向けプロジェクト管理「Taiga」

概要

「Taiga」は、アジャイル開発プロジェクトについて「簡単に」「直感的に」「効果的に」管理できるツールです。

アジャイルチームを機能横断的かつ効果的に管理できます。

特徴

■かんばん
・直感的シンプル
・複数ワークフロー :「スイムレーン」
・ワークフローカスタマイズ :サブタスクを含む
・検索機能 :豊富なフィルタオプション
・表示オプション :「ズームレベル」「ユーザーストーリーのアーカイブ」
・スクラムへの切り替え

■スプリント
・バックログからスプリント計画
・プロジェクトのクリティカルラインを含む見積り
・スプリントタスクボード :「ユーザーストーリーごとのスイムレーン」「ズーム機能」
・バーンダウンチャート :「プロジェクトレベル」「スプリントレベル」
・かんばんへの切り替え

■問題追跡
・設定 :「種類」「優先度」「重大度」
・スプリントに問題を追加
・問題をユーザーストーリーに昇格
・検索機能 :豊富なフィルタオプション

■ダッシュボード(レポート機能)
・チームパフォーマンスダッシュボード
・パーソナルダッシュボード :「通知機能」
・Wiki機能
・カスタムリアルタイムレポート

■カスタマイズ
・チームの役割と権限を定義
・20以上の言語で利用可能
・カスタムタグ+カスタムフィールド

オフィシャルサイト

→github.com →kaleidos-ventures

→taiga.io

②プロジェクト管理Webアプリ「Redmine」

②プロジェクト管理Webアプリ「Redmine」

概要

「Redmine」は、柔軟なプロジェクト管理Webアプリケーションです。

「Ruby on Railsフレームワーク」で実装されており、「クロスプラットフォーム」「クロスデータベース」をサポートしています。

主な機能

■プロジェクト管理
・複数プロジェクトのサポート
・ガントチャート
・カレンダー
・ドキュメント管理
・ファイル管理
・フィード+メール通知

■問題管理
・問題追跡システム

■コミュニケーションツール
・ニュース
・Wiki機能
・フォーラム機能

■ユーザー管理
・役割ベースのアクセス制御
・ユーザー自己登録のサポート

■カスタマイズオプション
・ユーザーカスタムフィールド :「課題」「タイムエントリ」「プロジェクト」
・SCM統合 :「SVN」「CVS」「Git」「Mercurial」「Bazaar」
・LDAP認証のサポート
・多言語サポート
・複数のデータベースのサポート

オフィシャルサイト

→github.com →redmine/redmine

→redmine.org →projects →redmine →wiki

③最適化スケジューラー「TaskJuggler」

③最適化スケジューラー「TaskJuggler」

概要

「TaskJuggler」は、オープンソースのプロジェクト管理ツールです。

プロジェクトの計画と追跡に対する新しいアプローチにより、プロジェクト管理タスクの全範囲を網羅し、従来ツールよりも柔軟にプロジェクトを管理できます。

「Linux」「Windows」「MacOS」などで動作します

特徴

■高度なスケジューリング
・自動リソース平準化
・タスク競合解決
・what-if分析
・柔軟な勤務時間管理+休暇管理
・シフト勤務のサポート
・複数のタイムゾーンのサポート

■レポート
・包括的で柔軟なレポート
・強力なフィルタリング機能
・レポートインフラストラクチャ :「タイムシート」「ステータスシート」
・プロジェクト追跡レポート
・ステータスレポート

■エンタープライズ機能
・プロジェクトを結合してより大きなプロジェクトに統合
・中央リソース割り当てデータベースのサポート
・複雑なレポートラインを管理
・プロジェクト記述言語 :マクロサポート
・マルチコアCPUスケーリング
・改訂管理システムのサポート

■データ統合
・データエクスポート :「CSV」「Microsoft Project」「Computer Associates Clarity」「iCalendar」
・Webパブリッシング用HTMLレポート
・インタラクティブレポート用の組み込みWebサーバ

オフィシャルサイト

→github.com →taskjuggler/TaskJuggler

→taskjuggler.org

④Mattermost連携「Focalboard」

④Mattermost連携「Focalboard」

概要

「Focalboard」は、「Asana」「Trello」「Notion」を代替可能なオープンソースプロジェクト管理ツールです。

オープンソースチャットサービス「Mattermost」の熱心な開発者グループによって構築されています。

2エディション

①パーソナルデスクトップ:「Mac」「Windows」「Linux」用デスクトップアプリ
②Mattermost Boards:「セルフホストサーバ」または「クラウドサーバ」

Mattermostボード

「Mattermost Boards」とは、FocalboardのMattermostプラグインバージョンです。

「プロジェクト管理ツール」に加え、あらゆる規模のチームに対応可能な「メッセージング機能」や「コラボレーション機能」を備えています。

オフィシャルサイト

→github.com →mattermost/focalboard

→focalboard.com

⑤スタートアップ向け「Leantime」

⑤スタートアップ向け「Leantime」

概要

「Leantime」は、「スタートアップやイノベーター向け」のオープンソースプロジェクト管理システムです。

構想から納品までプロジェクトを管理できるように設計されています。

特徴

・タスク管理機能 :「かんばんボード」「テーブルビュー」「カレンダービュー」
・アイデアボード
・リサーチボード
・ガントチャートマイルストーン管理
・タイムシート管理
・プロジェクトダッシュボード
・プロジェクトレポート
・ユーザーロール設定
・二要素認証機能
・LDAP統合機能
・統合機能 :「Mattermost」「Slack」「Zulip」
・CSVエクスポート機能
・多言語対応

オフィシャルサイト

→github.com →Leantime/leantime

→leantime.io

⑥CakePHPベース「Orangescrum」

⑥CakePHPベース「Orangescrum」

概要

「Orangescrum」(オープンソース)は、CakePHPを使用して作成された柔軟なプロジェクト管理Webアプリケーションです。

リアルタイムのプロジェクトコラボレーションにより、「タスク」「プロジェクト」「リソース」を管理できます。

特徴

■タスク管理
・タスクグループ
・タスクタイプ
・タスクビュー :「カレンダービュー」「リストビュー」
・タスクの期日
・タスク追跡
■タイムログ
■レポート+分析
■Eメール通知
■インポート+エクスポート
■プロジェクトコラボレーション
■ステータスワークフロー
■ユーザーロール管理

オフィシャルサイト

→github.com →Orangescrum/orangescrum

→orangescrum.com

⑦共同かんばんボード「WeKan」

⑦共同かんばんボード「WeKan」

概要

「WeKan」は、オープンソースの「共同かんばんボードアプリケーション」です。

特徴

・セルフホスト可能 :各種プラットフォームにワンクリックインストール
・105以上言語に対応

オフィシャルサイト

→github.com →wekan/wekan

→wekan.github.io

⑧アジャイル開発向き「OpenProject」

⑧アジャイル開発向き「OpenProject」

概要

「OpenProject」は、Webベースのオープンソースプロジェクト管理ソフトウェアです。

「クラシック開発プロジェクト」「アジャイル開発プロジェクト」「ハイブリッドプロジェクト」について効率的な管理を実施できます。

セキュリティおよびプライバシーに関して最高水準の保護機能を提供します。

特徴

・完全な制御
・100%のデータ所有権
・アジャイルプロジェクト管理をサポートするためのツールを提供 :「スクラム」「かんばん」
・チームのワークロードを計画
・チームメンバーにタスクを視覚的に割り当て
・チームが取り組んでいる各トピックについて把握

主な機能

・プロジェクト計画
・スケジューリング
・製品ロードマップ
・リリース計画
・タスク管理
・チームコラボレーション
・開発タイプサポート—「アジャイル」+「スクラム」
・時間追跡
・コスト報告
・予算編成
・バグ追跡
・ウィキ
・フォーラム
・議事録管理

オフィシャルサイト

→github.com →opf/openproject

→openproject.org

⑨オフィススイート「ONLYOFFICE Community Server」

⑨オフィススイート「ONLYOFFICE Community Server」

概要

「ONLYOFFICE Community Server」は、ビジネス生産性ツールを備えた無料のオープンソースオフィススイートです。

「ドキュメント管理」「プロジェクト管理」「カスタマイズ可能なCRM」「メール管理」「請求システム」などをすべて1か所で統合管理できるコラボレーションシステムです。

特徴

・クロスプラットフォームソリューション :「Linux」「Windows」
・クラウドストレージ統合 :「Googleドライブ」「Box」「Dropbox」「OneDrive」「OwnCloud」
・ガントチャート :「マイルストーン」「タスク依存関係」「サブタスク」
・レポート機能
・Peopleモジュール(従業員データベース)
・20以上の言語サポート

オフィシャルサイト

→github.com →ONLYOFFICE/CommunityServer

→onlyoffice.com

⑩ビジネスアプリスイート「Odoo」

⑩ビジネスアプリスイート「Odoo」

概要

「Odoo」は、Webベースのビジネスアプリスイートです。

「Odoo Apps」は、それぞれスタンドアロンアプリケーションとして使用できますが、シームレスに統合されるため、複数のアプリをインストールすることで、オープンソースERPとして利用できます。

700万人以上のユーザーが利用している実績があります。

利用可能な主なシステム

・財務関連
・販売関連
・Webサイト関連
・購買関連
・人事関連
・マーケティング関連
・プロジェクト管理
・生産性向上ツール

オフィシャルサイト

→github.com →odoo/odoo

→odoo.com →ja_JP

⑪オープンソースERP「ERPNext」

⑪オープンソースERP「ERPNext」

概要

「ERPNext」は、オープンソースのエンタープライズリソースプランニング(ERP)ソリューションです。

Python+JavaScriptで構築されたフルスタックWebアプリフレームワーク「FrappeFramework」上に構築されており、ビジネスの運営に役立つ1000以上のオブジェクトが付属しています。

特徴

・チームコラボレーションを合理化
・作業を加速するタスク主導のアプローチ
・プロジェクトの期限と進捗状況を概要追跡
・比較可能なプロジェクトに基づく予測を使用
・今後のプロジェクトを事前に計画し、期限をより正確に見積もり
・プロジェクトを簡素化するためのタスク主導アプローチ
・最小限のコミュニケーションギャップと完全な透明性
・プロジェクトの進捗と効率を評価 :「明確な範囲と優先順位」「推定タイムライン」「マイルストーン」
・やることリスト機能
・リアルタイムチャット機能
・マルチメディアファイル(画像、ビデオ、ドキュメントなど)をアップロード共有
・メールアカウント同期機能
・収益性分析機能
・プロジェクト収益性に関する洞察 :リソースコストと請求をキャプチャ
・オンザフライのカスタマイズ

オフィシャルサイト

→github.com →frappe/erpnext

→erpnext.com

⑫ソフトウェア開発改善オープンソーススイート「Tuleap」

⑫ソフトウェア開発改善オープンソーススイート「Tuleap」

概要

「Tuleap」は、ソフトウェア開発+コラボレーションの管理を改善するためのオープンソーススイートです。

単一Webベースソリューションを使用して、ソフトウェア開発プロジェクトを簡単に構築し展開できます。

高度なカスタマイズ機能により、各ツールをプロセスやビジネス要件に合わせて調整可能です。

特徴

■プロジェクト管理
・プロジェクトの計画と監視
・ソフトウェア開発ライフサイクル管理
■タスク管理
■変更管理
■欠陥管理
■ドキュメント管理
■バージョン管理
■継続的インテグレーション
■ソーシャルコラボレーション管理

オフィシャルサイト

→github.com →Enalean/tuleap

→tuleap.org

⑬MicrosoftProject代替ツール「ProjectLibre」

⑬MicrosoftProject代替ツール「ProjectLibre」

概要

ProjectLibreは、MicrosoftProjectを代替するプロジェクト管理ツールです。

「Linux」「macOS」「Windows」をサポートしており、包括的なプロジェクト管理機能を備えています。

7大陸200カ国で550万回以上ダウンロードされ、InfoWorldの「ベストオブオープンソース賞」を受賞しています。

★無料版

ProjectLibre(オープンソース版)は、「Common Public Attribution License 1.0(CPAL)」で提供されており、無料で利用できます。

特徴①:MicrosoftProject互換

ProjectLibreは、MicrosoftProjectと互換性があるため、MicrosoftProjectファイルをそのまま開いて利用できます。

特徴②:サポートチャート

・ガントチャート
・ネットワーク図
・リソースヒストグラム
・WBS(Work Breakdown Structure)
・RBS(Resource Breakdown Structure)
・EVM(Earned Value Management) : コストとスケジュールからプロジェクト進捗状況を管理する手法

オフィシャルサイト

→sourceforge.net →projects →projectlibre/

→projectlibre.com →product →1-alternative-microsoft-project-open-source

⑭プロジェクトスケジューリングアプリ「GanttProject」

⑭プロジェクトスケジューリングアプリ「GanttProject」

概要

GanttProjectは、無料のプロジェクトスケジューリングアプリです。

GanttProjectは、「GPL-3.0 ライセンス」の下で配布されます。

「商用利用」を含むあらゆる目的のために無料で利用できます。

特徴

・ガントチャートの「タイムライン作成」「リソース割り当て」「プロジェクトコスト計算」
・MSProjectファイルの読み取りと書き込み
・Excelファイルの読み取りと書き込み
・エクスポート機能—「PDF」「CSV」「HTML」「PNG」
・25以上の言語に対応

オフィシャルサイト

→github.com →bardsoftware/ganttproject

→ganttproject.biz

【有償サービス】「 プロジェクト管理 」ツール 8選

①無料で利用できるガントチャートサービス「Sharegantt」

①無料で利用できるガントチャートサービス「Sharegantt」

概要

「Sharegantt」(シェアガント)とは、無料で利用できるガントチャートサービスです。

作業タスクなどをサクサク簡単に登録して、ガントチャートで簡単にシェアできます。

「プロジェクト管理」や「ノウハウ管理」をシェアして活用できるビジネスツールとして活用可能です。

★無料プラン

「シェアガント」はフリープランを提供しています。

「作成プロジェクト数」「ストレージ容量」「ファイル添付サイズ」などに一部制限がありますが、すべての機能をユーザー数無制限で、無料で利用できます。
・ガントチャート機能
・複数ガントチャート横断表示機能
・タスク管理機能
・共有ノート機能
・グループチャット機能
・個人メッセージ機能

特徴①:タスク管理機能

登録したタスクはガントチャートに表示できます。

「プロジェクト全体タスク」や「メンバータスク」をガントチャート上で可視化して管理できるため、日々のタスク管理の効率化が可能です。

特徴②:チャットコミュニケーション機能

「シェアガント」は、「ガントチャート更新」や「タスク更新」と連携したスマートなチャット機能を利用できます。

日々のタスク管理と同時にチャットコミュニケーションを実施することで、プロジェクトを円滑に推進できます。

特徴③:プロジェクトの横断把握

「シェアガント」では、自分が参加しているすべてのプロジェクトを同時に表示できます。

関連するすべてのプロジェクトにおいて、「本日自分がやるべきすべてのタスク」を把握できます。

オフィシャルサイト

→sharegantt.com

②無料で無制限利用可能「Agantty」

②無料で無制限利用可能「Agantty」

概要

Aganttyは、プロジェクト管理ツールです。

※言語は「ドイツ語」+「英語」のみサポートしています。

★無料プラン

ガントチャートに基づいて、1つのアカウントで無制限の「プロジェクト」「タスク」「チーム」を管理できます。

特徴

・ガントチャート : すべてのプロジェクト(タスク)概要を明確化
・タスク管理 : タスクをフィルタリングし、構造化された作業を実施
・チームワーク : チームメンバーにタスクを割り当て
・ドラッグドロップ操作 : 移動するだけで整理
・権限管理 : グローバルおよびプロジェクトベースの権利を割り当て
・リマインダー : 「時間枠タスクPDFエクスポート」+「Eメール通知」
・厳格なデータ保護 : 「ドイツのデータ保護規制(BDSG)」「256ビットSSL暗号化」「ISO27001認証」

オフィシャルサイト

→agantty.com

③プロジェクト計画実施ソリューション「TeamGantt」

③プロジェクト計画実施ソリューション「TeamGantt」

概要

TeamGanttは、ガントチャートによるプロジェクト計画を実施できるオンラインソリューションです。

無料でガントチャートを作成して、プロジェクトのスケジュールを管理できます。

チームメンバーやクライアント招待して、共同でプロジェクトの進捗状況を把握できます。

★無料プラン

無料プランが提供されています。

ただし、以下の制限があります。
・1プロジェクト
・3ユーザー
・60タスク制限 など

→teamgantt.com →pricing(無料版/有償版 機能比較)

特徴①:ビュー切り替え機能

プロジェクトビューを別のチャートにワンクリックで簡単に切り替えることができます。
・ガントチャート
・かんばんボード
・カレンダービュー
・リスト

特徴②:ドラッグアンドドロップスケジューリング

プロジェクト内のタスクをドラッグアンドドロップするだけで、ガントチャートを作成し編集できます。

ガントチャートビルダーは、トレーニングを必要とせずに簡単に使用できます。

タスク追加を開始するだけで、数分で稼働できるようになります。

特徴③:単一集中ハブ

すべての「タスク」「ドキュメント」「チャット」を単一集中ハブに保持できるため、すべての情報を1か所にまとめて整理できます。

チームメンバーは、常にプロジェクトの最新ドキュメントを参照できます。

オフィシャルサイト

→teamgantt.com

④200以上のテンプレート「Airtable」

概要

Airtableは「クラウドコラボレーションツール」および「プロジェクト管理ツール」です。

「プロジェクトの計画と整理」や「開発ロードマップ設定」をサポートします。

ユースケースに基づいた200以上のテンプレートをベースにしてプロジェクト計画を作成できます。

★無料プラン

小規模チーム向けに無料プランが提供されています。

airtable.com →pricing

特徴

・組み込みアプリケーション:「スケジューラー」「Webページデザイナー」「Eメールマーケティングツール」
・高度な「フィルタリング」+「並べ替え」:必要なタスクを効率的に管理
・日常的タスク自動化機能:「プロジェクトリクエスト送信(承認)」「ミーティングスケジュール設定」「請求書処理」
・モバイルアプリ提供:「iOSデバイス」+「Androidデバイス」

オフィシャルサイト

→airtable.com

⑤チームのすべてを 1 か所で確認「Asana」

概要

Asanaは「タスク管理」および「プロジェクト管理」のためのソフトウェアソリューションです。

チームをまとめてプロジェクトで共同作業を実施する場合、単一プラットフォームでの「タスク割り当て」や「タスク追跡管理」が可能です。

日常的タスクを管理し、戦略的イニシアチブを計画するためにも役立ちます。

★無料プラン

小規模チーム向けに無料プランが提供されています。

→asana.com →ja →pricing

特徴

・目標計画+期限設定
・メンバーへのタスク割り当て
・プロジェクト進捗状況を追跡
・タスク要求送信機能:完了ステータス確認実施
・ワークフロー機能
・サービス統合機能:「サードパーティツール」「クラウドストレージツール」
・重要ファイルに対して1か所でアクセス管理
・モバイルアプリ提供:「iOSデバイス」+「Androidデバイス」

オフィシャルサイト

→asana.com

⑥グローバルタイマー機能「ClickUp」

概要

ClickUpは、すべてのプロジェクトを1つのプロジェクト管理アプリにまとめるプロジェクト管理ツールです。

「チームメンバーとのプロジェクト整理」や「コラボレーション」に役立ちます。

★無料プラン

個人利用に最適な無料プランが提供されています。

→clickup.com →pricing

特徴

・管理下にあるすべてのプロジェクトを最初から最後まで追跡
・カスタマイズされたワークフローを作成
・コメント機能:タスクやドキュメントにコメントを追加して割り当て
・グローバルタイマー機能:各プロジェクトに費やされた時間を自動的に追跡
・マインドマップ作成機能:「プロジェクトのアイデアを計画」「タスクをさまざまなプロジェクトフェーズに分散」「チームメンバーの割り当ての概要確認」
・モバイルアプリ提供:「iOSデバイス」+「Androidデバイス」

オフィシャルサイト

→clickup.com

⑦問題整理とバグ追跡「Jira」

概要

Jiraは「製品を計画および構築するチーム」向けのタスク管理ツールです。

「問題整理」「バグ追跡」「チームの活動追跡」などをサポートします。

★無料プラン

10 ユーザーまではいつでも無料で利用できる無料プランが提供されています。

→atlassian.com →ja →software →jira →pricing

特徴

・ユーザーストーリーと問題を作成
・スプリントを計画
・チーム全体にタスクを分散
・優先度に基づいたタスク整理
・チケット割り当て機能
・ワークフロー作成機能
・スケジュールやタスクの依存関係変更時に自動的に通知
・セキュア環境を提供:「アクセス制御権限」「SSL暗号化」
・モバイルアプリ提供:「iOSデバイス」+「Androidデバイス」

オフィシャルサイト

→atlassian.com →software →jira

⑧マインドマップ共有「MindMeister」

概要

MindMeisterは、「マインドマッピングツール」および「プロジェクト管理ツール」です。

チームのコラボレーションとプロジェクト計画をサポートします。

★無料プラン

マインドマップを3枚まで利用できる無料プランが提供されています。

→mindmeister.com →ja →mind-map-pricing

特徴

・マインドマップ共有機能:リアルタイムで編集可能
・プレゼンテーションモード:マインドマップをスライドショーに変換
・複数プロジェクトの進捗状況を視覚化:マインドマップのアジャイルプロジェクトダッシュボード化
・モバイルアプリ提供:「iOSデバイス」+「Androidデバイス」

オフィシャルサイト

→mindmeister.com

【Googleサービス】データ管理および視覚化ツール「Google Tables」

概要

「Google Tables」とは「自動化機能が組み込まれたデータ管理および視覚化ツール」です。

→blog.google →technology →area-120 →tables

特徴

・Googleが提供するクラウドサービス
・ユーザーフレンドリーで直感的なツール
・チームがタスクを整理し追跡
・コラボレーション強化
・タスク(ワークフロー)自動化による効率化
・コーディング無しでアプリを構築できる

複雑な工程管理もサポート

大規模で複雑な工程管理は従来のスプレッドシートベースでは困難でしたが、Tablesの自動化機能を利用することで、「プロジェクト管理ツール」としても活用できます。

インキュベータープロジェクト

「Google Tables」は、Google社内インキュベーター「Area 120」で構築されています。

Area120プロジェクトでは、すべて完全にサポートされたGoogle製品になることを目的として開発されています。

米国内ベータテスト中

「Google Tables(β版)」は、2020年9月22日に、米国でリリースされました。

2021年9月現在、米国内でベータテストが実施されています。

「無料プラン」と「有料プラン」の両方があります。

→tables.area120.google.com

主要構成要素

テーブル

「テーブル」は、構造化データ(行に記録された順序データ)を保持するコンテナです。

テーブル列のデータ型

各テーブルの「列」は厳密に型指定されているため、列タイプを選択すると、その列に格納するデータ型が事前定義されます。

ワークスペース

「ワークスペース」は「グループ化されたテーブルのコレクション」です。
・テーブルは複数のワークスペースに属することができる
・ワークスペースを開くと属しているすべてのテーブルが開く

ビュー

「ビュー」は「特定の方法で表示されたデータを含むテーブルの表現バージョン」です。

さまざまなフィルタを適用して、1つのテーブルについて複数の表現バージョンを作成できます。

基本機能

・テンプレートから新しいワークスペースを作成
・Googleスプレッドシートからデータインポート
・列の分類
・列の割り当て
・レイアウトの切り替え
・データの「グループ化」「フィルタリング」「並べ替え」
・さまざまなタスクのビュー構成の保存
・テーブル共有
・フォーム作成 など

データレイアウトオプション

グリッドレイアウト

標準的なスプレッドシートライクなレイアウトです。

かんばんレイアウト

「カード」や「ボード」形式でデータ(タスク)を操作できるTrelloライクなレイアウトです。
・さまざまなカテゴリのアイテムを視覚化
・列をカテゴリ分類として利用—「ステータス」「タイミング」「プロジェクト」
・あるカテゴリから別のカテゴリにタスクをドラッグアンドドロップ
・どのタスクがどこに属しているかを簡単に追跡できる

カレンダーレイアウト

カレンダー形式で、任意の日付に関連付けられたデータをレイアウトできます。

キューレイアウト

さまざまなデータを「要約リスト」のようにレイアウトできます。

マップレイアウト

Googleマップ内にデータを配置できます。

自動化機能

概要

「Google Tables」を使用すると、各種アクションをすばやく簡単に自動化できます。

自動化インターフェースはシンプルであり、「トリガー」と「アクションモデル」を備えています。

自動化例

・タスクが期限切れになったときに定期的なEメールリマインダーを通知
・フォームからの送信をチャットルームにメッセージ表示
・ステータスが変更された場合、タスクを他の人のワークキューに移動
・チェックボックスをクリックして完了としてマークした場合にアイテムを非表示 など

ノーコードでアプリ構築

「Google Tables」では、基本的にコーディング無しでアプリを構築できます。

コーディングによる複雑な自動化処理も可能です。

Google統合

「Google Tables」は、各種Googleサービスと簡単に連携できるようになっています。
・Googleスプレッドシートから直接データをインポート
・Googleグループとデータを共有
・既存のGoogle連絡先にタスクを割り当て など

【お知らせ】ITセミナー「マジセミ」のご紹介

「 マジセミ 」では、日々、多くのIT関連セミナーを開催しています。

参加者のみなさまのために「本当に役立つ情報の提供」を目標としています。

また、「 マジセミ 」を通じて、デジタル関連プロダクト(サービス)との「新たな出会いの場」「新たな体験の場」を創造することで、「IT業界の発展」「製造業の発展」「エンジニアの活躍促進」の実現を目指しています。

多くのセミナーの中から「ご自身のスキルやビジネスを強化できるセミナー」を見つけて、ぜひ一度、ご参加ください。

マジセミ


参考サイト
→blog.capterra.com →10 Best Free Project Management Software For Your Business
→blog.capterra.com →「7 Best Open Source Project Management Software」
→blog.google →technology →area-120 →tables
→fosspost.org →「5 Popular Free And Open Source Project Management Tools」
→geekflare.com →「11 Best Open Source Project Management Software [Self-hosted]」
→integent.com →「Project Management Best Practices – 10 Tips」
→support.google.com →area120-tables →answer →Tables Beta Update & FAQ
→thedigitalprojectmanager.com →「7 Best Free Gantt Chart Software Of 2021」
→thedigitalprojectmanager.com →「10 Best Open Source Resource Management Software In 2022」
→benlcollins.com →「Google Tables: How I Use Google’s New Workflow Tool」
→computerworld.com →「How Google Tables can turn up your productivity」
→forbes.com →「What Is A Gantt Chart? Here Are The Basics」
→investopedia.com →「Gantt Chart」
→makeuseof.com →「The 8 Best Open-Source Project Management Software」
→makeuseof.com →「The 5 Best Free Gantt Chart Apps for Project Management」
→officetimeline.com →「Gantt chart 101- Part 1: What are Gantt charts used for?」
→orangescrum.com →「The Best Open Source Project Management Software in 2022」
→projectmanager.com →「What Is Scope Creep and How Can I Avoid It?」
→smartsheet.com →「Project Management Best Practices for 2021 and Beyond」
→teamwork.com →「10 project management best practices you MUST know」
→techrepublic.com →「How to use Google Tables to visualize and manage data」
→techtarget.com →「Gantt chart」
→tecmint.com →「Top 5 Open-Source Project Management Tools for Linux」
→zapier.com →「Google Tables vs. Google Sheets: What’s the difference?」

おすすめの記事

【AIツール実験室】チャットAI対抗「添削能力」選手権🏆

AIツール実験室

2023.12.27

【AIツール実験室】チャットAI対抗「添削能力」選手権🏆

各チャットAIの「添削能力」について比較確認をしています。 「ChatGPT4と同等の添削能力を発揮した無料チャットAI」にご注目ください。 また、 ChatGPTカスタマイズ機能「GPTs」を利用して作成した GPTs文章添削機能「添削師匠さん✍️」を紹介しています。 課金勢は試しに使ってみてください。

AIツール関連 記事リストポータル

AIツール

2023.10.05

AIツール関連 記事リストポータル

AI 関連の記事をまとめたポータルページです。

【IT用語解説】「 デジタルヒューマン 」とは😊

IT用語解説

2024.01.26

【IT用語解説】「 デジタルヒューマン 」とは😊

【IT用語解説】「 デジタルヒューマン 」として、「デジタルヒューマンとは何か?」「どのようにして作成できるのか?」「私たちの世界にどのような影響を与えているのか?」などについて、まとめています。