マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

ツール・サービス紹介

2023.02.27

【無料で使える】「 RPA 」ツールまとめ

【無料で使える】「 RPA 」ツールまとめ

【無料で使える】「 RPA 」ツールまとめ として、
以下の内容を紹介しています。

・【無料オープンソース】「 RPA 」ツール 9選

【無料オープンソース】「 RPA 」ツール 9選

①ブラウザ用RPAツール「 UI.Vision RPA 」

①ブラウザ用RPAツール「 UI.Vision RPA 」

概要

「UI.Vision」は、オープンソースのクロスプラットフォームRPAソフトウェアです。

「ビジュアルプロセス自動化」「コードレスUIテスト自動化」「Webスクレイピング」「画面スクレイピング」などの作業を自動化します。

ビジュアルデスクトップ自動化

「UI.Vision RPA」は、Webブラウザ内を自動化できるだけではなく、画像(テキスト)認識技術を使用して、デスクトップ操作も自動化できます。

「クリック」「移動」「ドラッグアンドドロップ」「入力」などの処理を自動化できます。

特徴

・ビジュアルWeb自動化 および UIテスト
・「Windows」「Mac」「Linux」用のビジュアルデスクトップオートメーション
・ハイブリッドWeb自動化用「Selenium IDE ++」
・他ツールやスクリプト言語と統合
・エンタープライズグレードのセキュリティ
・ブラウザ拡張機能:「デスクトップUI自動化用ローカルアプリ」で拡張

オフィシャルサイト

→ui.vision →rpa

→github.com →A9T9/RPA

②Word+Excel自動化「 TagUI 」

②Word+Excel自動化「 TagUI 」

概要

「TagUI」は、単純なTagUI言語でフローを記述し、繰り返される時間のかかるタスクを自動化できるツールです。

Word+Excelの自動化

「TagUI MS Officeプラグイン」を使用すると、WordやExcel上で自動化を実施できます。

オフィシャルサイト

→github.com →kelaberetiv/TagUI

③汎用自動化フレームワーク「 RobotFramework RPA 」

③汎用自動化フレームワーク「 RobotFramework RPA 」

概要

「Robot Framework」は、ビジネスプロセスを自動化するために使用されるオープンソースのロボットプロセス自動化(RPA)ソリューションです。

オープンで拡張可能であるため、他のツールと統合して、強力で柔軟なRPAソリューションを作成できます。

特徴

・Robotコアフレームワーク=テスト自動化で非常に人気のある汎用自動化プラットフォーム
・積極的サポート+継続的改善:グローバルで活発な開発コミュニティ
・拡張性:拡張ライブラリの上に構築されたモジュラーアーキテクチャによって実現
・新ライブラリ作成:PythonまたはJavaコード
・Robot FrameworkRPAプロセスをいくつでも並行して実行可能
・エンタープライズ規模のプロジェクトオーケストレーション機能:Jenkinsプラグインを介して利用

優れた拡張性

「Robot Framework」の拡張性は、拡張ライブラリの上に構築されたモジュラーアーキテクチャによって実現されます。
・光学画像認識機能
・データベースアクセス機能
・HTTP API
・モバイルOSサポート(iOS+Android)
・リモート実行機能 など

オフィシャルサイト

→robotframework.org →rpa

→github.com →robotframework/robotframework

④ライブラリおよびツールコレクション「RPA Framework」

④ライブラリおよびツールコレクション「RPA Framework」

概要

「RPA Framework」は、RPA(Robotic Process Automation)用のオープンソースライブラリおよびツールコレクションです。

「Robot Framework」と「Python」の両方で使用できるように設計されています。

十分に整理されたドキュメントにより、積極的にメンテナンスされているコアライブラリをRPA開発者に提供します。

主なパッケージ

■デスクトップ関連
・クロスプラットフォームOSデスクトップ操作「Desktop」
・Windowsデスクトップアプリケーション自動化「Desktop.Windows」
・Excel操作「Excel.Application」
・ブラウザ制御「Browser.Selenium」

■クラウド関連
・クラウドサービス「Cloud.AWS」「Cloud.Azure」「Cloud.Google」
・サービス操作「Salesforce」「SAP」
・Twitter API「Twitter」

■その他
・データベース操作「Database」
・メール操作(IMAP/SMTP)「Email.ImapSmtp」
・TAR/ZIPファイルアーカイブ「Archive」
・暗号化操作「Crypto」

オフィシャルサイト

→github.com →robocorp/rpaframework

→rpaframework.org

⑤クロスプラットフォームGUI自動化「Robotgo」

⑤クロスプラットフォームGUI自動化「Robotgo」

概要

「Robotgo」は、「画面」「プロセス」「ウィンドウハンドル」「グローバルイベントリスナー」などを読み取り操作するRPAツールです。

「Mac」「Windows」「Linux(X11)」をサポートしています。

「Go言語」および「GCC」(GNU Compiler Collection)のインストールが必要です。

主な制御項目

■キーボード
・キータップ
・キートグル

■マウス
・マウス移動
・マウスクリック
・移動クリック
・ドラッグ
・スクロールマウス

■画面
・画面キャプチャ
・ビットマップ
・検索ビットマップ
・イベント
・停止イベント
・アラートを表示
・ウィンドウを閉じる
・プロセス
・アクティブPID

オフィシャルサイト

→github.com →go-vgo/robotgo

⑥Webスクレイピング+ブラウザ自動化ライブラリ「Crawlee」

⑥Webスクレイピング+ブラウザ自動化ライブラリ「Crawlee」

概要

「Crawlee」は、Node.js用の「Webスクレイピング」+「ブラウザ自動化」ライブラリです。

「Webをクロールしてリンクを探す」「データスクレイピング」「ディスクまたはクラウドに保存」のためのツールを提供します。

ブラウザクロールの特徴

・JavaScriptのレンダリングとスクリーンショット
・ヘッドレスとヘッドフルのサポート
・自動ブラウザ管理
・「Playwright」と「Puppeteer」を同一インターフェースで使用
・「Chrome」「Firefox」「Webkit」などをサポート

オフィシャルサイト

→github.com →apify/crawlee

→crawlee.dev

⑦RPA実行用Pythonパッケージ「RPA for Python」

概要

「RPA for Python」(旧名:TagUI)とは、「RPA実行用Pythonパッケージ」です。

「Webサイト」「デスクトップアプリケーション」「コマンドライン」などにおいて、「繰り返される時間のかかるタスク」をすばやく自動化できます。

特徴

■Web要素IDの優先度指定
・XPathセレクタ
・CSSセレクタ
・属性 「id」「name」「class」「title」「aria-label」「text」「href」

■ファイルダウンロード先指定
・Webブラウザでのファイルダウンロード先を指定可能
・「download_location()」を使用してきめ細かく制御
・「tagui_location()」を使用したデフォルトダウンロードフォルダのオーバーライド

■要素識別子を「UI要素を表す.pngまたは.bmp」へのイメージスナップショット化

■エラー処理を完全に制御
・エラー時にPython例外を発生させる
・try-exceptで漏れなく管理

■組込み一時オンラインストレージ機能
・専用のPrivateBinサーバを利用
・最大10MBのファイルを安全に共有

ユースケース

・Web自動化
・視覚的な自動化
・OCR自動化
・キーボード入力の自動化
・マウス操作の自動化
・テレグラム通知
・安全な一時ストレージ

オフィシャルサイト

→github.com →tebelorg/RPA-Python

⑧ローコードコンセプトRPA「OpenRPA」

⑧ローコードコンセプトRPA「OpenRPA」

概要

「OpenRPA」は、オープンソースのロボット処理自動化テクノロジーです。

「データ更新」「データ移動」「ユーザーインターフェースでのアクションの実行」など、さまざまなタスクやプロセスを数分で自動化できます。

OONスタックによる統合RPAシステム構築

「OpenRPA」+「OpenFlow」+「Node-RED」で構成されるオープンソースOONスタックを活用することで、より統合的なRPAシステムの構築も可能です。

特徴

■ローコードコンセプト
・タスク自動化のために技術的(プログラミング)知識は不要
・ボックスをドラッグしていくつかのパラメータを入力するだけで作成可能

■埋め込みデータベース「MongoDB」
・OONスタックではデータフィードに「MongoDB」を使用
・データはJSONで永続化
・KPI作成が容易

■スケーラビリティ
・「OpenRPAエージェント」によるスケールアップ :さまざまな物理マシン(仮想マシン)にインストール
・「HDRobots拡張機能」によるスケールアップ :Windowsターミナルマシンから多数インスタンス同時実行
・OpenRPAの単一インスタンスで多数のワークフローを並行実行

オフィシャルサイト

→github.com →open-rpa/openrpa

→openiap.io →openrpa

⑨GUI操作によるタスク自動化「SikuliX」

概要

「SikuliX」とは、「Windows」「Mac」「Linux」で画面に表示されるものをすべて自動化するためのツールです。

オープンソース画像認識ライブラリ「OpenCV」を利用してGUIコンポーネントを識別し、マウスとキーボードのアクションでそれらを操作できます。

特徴

■GUI操作+スクリプト作成による自動化
・マウスとキーボードを使用したGUI操作に基づきスクリプトを作成
・「SikuliX IDE」を使用して「SikuliXスクリプト」を作成
・スクリプトは「SikuliXIDE内」または「コマンドライン」から実行

■プログラミングによる自動化
・「IntelliJ IDEA」「Eclipse」「NetBeans」などのIDEを利用したプログラミング自動化
・JavaおよびJavaベース言語を利用 :「Jython」「JRuby」「Scala」「Clojure」など

ユースケース

・日常的な使用における反復タスクを自動化
・IT管​​理での管理タスク自動化
・アプリケーション開発テスト
・Webページ構築テスト

オフィシャルサイト

→github.com →RaiMan/SikuliX1

→sikulix.github.io

【お知らせ】ITセミナー「マジセミ」のご紹介

「 マジセミ 」では、日々、多くのIT関連セミナーを開催しています。

参加者のみなさまのために「本当に役立つ情報の提供」を目標としています。

また、「 マジセミ 」を通じて、デジタル関連プロダクト(サービス)との「新たな出会いの場」「新たな体験の場」を創造することで、「IT業界の発展」「製造業の発展」「エンジニアの活躍促進」の実現を目指しています。

多くのセミナーの中から「ご自身のスキルやビジネスを強化できるセミナー」を見つけて、ぜひ一度、ご参加ください。

マジセミ


参考サイト
→rigorousthemes.com →「6 Best Open Source RPA Tools 2022」
→simplilearn.com →「Top 5 Five Open Source RPA Frameworks to Accelerate Automation」
→linuxlinks.com →「6 Best Free and Open Source Robotic Process Automation Tools」
→github.com →search「RPA」
→xenonstack.com →「Best Open Source RPA Tools | Benefits and Applications」
→ggsitc.com →「5 open source Robotic Process Automation tools. Top vendors on the market」

おすすめの記事

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

トレンド解説

2024.05.07

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

「米国における 生成AI活用 最新動向」について解説しています。生成AIは日本企業にも多くの可能性をもたらし、「デスクワークの効率化」や「業務の自動化推進」に貢献しています。生成AIを理解し、活用することが、グローバルな競争力を高める鍵となります。

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

ChatGPT探訪

2024.05.07

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

マジセミSNSに投稿した 【担当者A】の「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜💬 を記事化したものです。 ChatGPTに課金していないみなさんにも、 AI同士の議論をお楽しみいただけます👍 ※原稿テキストを放り込むだけで、 ジョジョ風イラストを作成してしまう生成AIがすごくないですか?

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。