マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

ツール・サービス紹介

2023.02.21

【無料で使える】「 エンドポイントセキュリティ 」ツールまとめ

【無料で使える】「 エンドポイントセキュリティ 」ツールまとめ

【無料で使える】「 エンドポイントセキュリティ 」ツールまとめとして、
以下の内容を紹介しています。

・【用語解説】「 エンドポイントセキュリティ 」
・【無料オープンソース】「 エンドポイントセキュリティ 」ツール 5選
・【有償ツール】「 エンドポイントセキュリティ 」ソリューション 6選

【用語解説】「 エンドポイントセキュリティ 」

エンドポイントセキュリティの「概要」

概要

「エンドポイントセキュリティ」(エンドポイント保護)とは、「ネットワークに接続されたエンドポイント」を「悪意のある攻撃から保護」するためのサイバーセキュリティアプローチです。

ネットワークに接続するすべてのエンドポイントデバイスを保護し、悪意のある攻撃者がアクセスポイントとして利用できないようにすることで、機密データや知的財産の保護を目指します。

エンドポイントの例

「エンドポイント」とは「企業ネットワークに接続するすべてのデバイス」を指します。
・デスクトップPC
・ノートPC
・モバイルデバイス ←「スマートフォン」「タブレット」
・ルーター
・サーバ
・プリンタ
・IoTデバイス
・POSシステム
・ATM など

エンドポイントセキュリティが「必要な理由」

「すべてのエンドポイント」が「攻撃対象エントリポイント」になる

エンドポイントは企業ネットワークに接続されているため、エンドポイントは「サイバー攻撃における魅力的なターゲット」となります。

「エンドポイントを経由した不正アクセス」を望んでいるサイバー犯罪者から、エンドポイントを保護することが重要です。

「ランサムウェア攻撃」+「フィッシング攻撃」対策

ITセキュリティにおいて、「ランサムウェア攻撃」+「フィッシング攻撃」は、深刻化する永続的な脅威となっています。

企業は「サイバー脅威からITネットワークを絶えず保護しなければならない」という課題に直面していますが、「ウイルス対策ソフトウェアのような従来のソリューション」は、ネットワークセキュリティのごく一部にのみ焦点を当てているため、防御が不十分です。

「ネットワーク全体をカバー」「より高度なセキュリティ制御」などの特徴を持つエンドポイントセキュリティソリューションは、サイバーセキュリティにおいて不可欠となってきています。

リモートワーク推進によるエンドポイントの増加

今日のビジネスの世界では、「リモートワーク」や「BYOD(Bring Your Own Device)」が推進されていることにより、エンドポイントが増加し続けています。

エンドポイントセキュリティソリューションを導入し、すべてのエンドポイントデバイスを統合管理できる新しいセキュリティレイヤーを導入する必要があります。

エンドポイントセキュリティソリューションの「主な機能」

EPP(Endpoint Protection Platform):ファイル分析機能

エンドポイントセキュリティソリューションは、管理下にあるすべてのファイルを分析し、認識された脅威を検出して阻止します。
・ファイルベースのマルウェア検出
・ファイルベースのマルウェア攻撃の防止
・悪意のあるアクティビティを検出
・セキュリティインシデント(アラート)に対応するために必要な調査機能

EDR(Endpoint Detection and Response):高レベル脅威検出機能

EDRは、EPPが展開された後の「保護第2層」として機能し、高度なサイバー攻撃を継続的に監視して検出します。

サイバー脅威のライフサイクル全体を分析し、「脅威がどのように侵入したか?」「どのように拡散したのか?」などについて、綿密に調査します。

XDR(Extended Detection and Response):相関データ分析機能

XDRは、EDRをさらに強化した機能です。

「クラウド」「ネットワーク」「Eメール」「サーバ」「エンドポイント」など、多数のネットワークエントリポイント間でデータを収集して相互に関連付けます。

相関データを分析することで、可視性と意味を付与して高度な脅威を明らかにします。

暗号化機能

「エンドポイント」「Eメール」「フォルダ」「ファイル」などを暗号化して保護します。

潜在的脅威特定機能

機械学習機能により、「過去の攻撃データ」と「現在のデータパターン」を比較して、潜在的な脅威を特定します。

データ管理機能

各データのセキュリティレベルが正しく分類されていることを確認して、正確に使用できるようにアクセス権を管理します。

統合ファイアウォール機能

「ネットワークへの不正アクセス」または「ネットワークからの不正アクセス」を防止します。

Eメールゲートウェイ機能

「フィッシング攻撃」や「ソーシャルエンジニアリング攻撃」から企業やユーザーを保護します。

脅威フォレンジック機能

管理対象となるデバイスやネットワークから詳細な情報を収集し分析することで、脅威を解明します。

統合管理機能

すべてのエンドポイントデバイスを統合管理できるダッシュボード機能が提供されます。

【無料オープンソース】「 エンドポイントセキュリティ 」ツール 5選

①侵入検知システム「OSSEC」

①侵入検知システム「OSSEC」

概要

「OSSEC」は、システムを監視および制御するためのオープンソースプラットフォームです。

「HIDS:ホストベース侵入検知機能」「ログ監視機能」「SIM/SIEM:セキュリティ情報管理機能」などを活用できます。

特徴

・強力な相関および分析エンジン
・システムインベントリ収集機能
・ログ分析機能
・ログベース侵入検知機能
・悪意のあるアプリケーション(ルートキット)を検出
・アクティブレスポンス機能
・コンプライアンス監査機能
・ファイル整合性監視機能
・一元化ポリシーの適用

オフィシャルサイト

→github.com →ossec/ossec-hids

→ossec.net

②EDRソリューション「OpenEDR」

概要

「OpenEDR」は、オープンソースサイバーセキュリティプラットフォームです。

本格的なEDR(Endpoint Detection and Response)機能により環境全体を分析できます。

特徴

・「エンドポイント」「ハッシュ」「ベースイベント」「アドバンスイベント」に関するすべての詳細を収集
・ファイルおよびデバイスの詳細軌跡情報を取得
・プロセス階層追跡機能により実用的な知見を提供
・根本原因分析が可能 :「迅速」「効果的」「正確」
・システムを危険にさらしている可能性のある問題を明確化

オフィシャルサイト

→github.com →ComodoSecurity/openedr

③セキュリティプラットフォーム「Wazuh」

概要

「Wazuh」は、脅威に関する「防止」「検出」「対応」に活用できるオープンソースプラットフォームです。

「オンプレミス」「仮想化」「コンテナ化」「クラウドベース」の環境全体でワークロードを保護できます。

特徴

・侵入検知機能
・ログデータ分析機能
・ファイル整合性監視機能
・コンテナ監視機能
・脆弱性検出機能
・構成評価機能
・インシデント対応機能
・コンプライアンス要件準拠サポート
・APIレベルでクラウドインフラストラクチャを監視

オフィシャルサイト

→github.com →wazuh/wazuh

→wazuh.com

④エンドポイント可視化「osquery」

④エンドポイント可視化「osquery」

概要

「osquery」は、オペレーティングシステムを監視(分析)するためのフレームワークです。

オペレーティングシステムを「高性能リレーショナルデータベース」として公開し、SQLベースクエリを実行してオペレーティングシステムデータを探索できます。

分散ホスト監視デーモン「osqueryd」

・高性能
・スモールフットプリント
・インフラストラクチャ全体で実行されるクエリをスケジュール可能
・時間の経過に伴うクエリ結果の集約を処理
・インフラストラクチャの状態変化を示すログを生成
・内部ログ集約パイプラインに統合

オフィシャルサイト

→github.com →osquery/osquery

→osquery.io

⑤侵入テストフレームワーク「Metasploit」

⑤侵入テストフレームワーク「Metasploit」

概要

「Metasploit」は、脆弱性検証ツールです。

さまざまな侵入テストワークフローを管理し、効率的な侵入テストを実施できます。

特徴

・エクスプロイト戦術の選択
・証拠収集
・侵入テストのほぼすべてのフェーズを自動化
・サイバーセキュリティ監査の戦略的要素に集中可能

オフィシャルサイト

→github.com →rapid7/metasploit-framework

→metasploit.com

【有償ツール】「 エンドポイントセキュリティ 」ソリューション 6選

特に海外で人気がある「 エンドポイントセキュリティ ソリューション」を紹介します。

①中小企業向けオールインワンセキュリティ「GravityZone Business Security」

①中小企業向けオールインワンセキュリティ「GravityZone Business Security」

概要

「GravityZone Business Security」は、リソース効率の高いサイバーセキュリティパッケージです。

「使いやすさ」「パフォーマンス」「コスト」のバランスを求めるすべての中小企業向けに設計されています。

特徴

■最高クラスの保護パフォーマンス
・独立したセキュリティテストで一貫して第1位にランク
・あらゆる規模の組織に信頼できるセキュリティを提供

■次世代エンドポイント保護プラットフォーム
・階層化セキュリティ保護 :「デスクトップPC」「ノートPC」「サーバ」
・実行中プロセスの継続的監視
・脅威検出による即座無力化 :「プロセス終了」「隔離」「変更削除」「ロールバック」
・構成ミスを検出して露出を低下
・エンドポイントの表面領域を強化

■ネットワークセキュリティ「Network Attack Defense」
・ネットワーク脆弱性攻撃に対する新しいレベルの保護
・悪意のある動きを実行前にブロック
・保護を新しい領域に拡張

■マルウェア保護
・あらゆる種類のマルウェアに対応
・・ランサムウェア
・・フィッシング
・・ゼロデイ攻撃
・・ウイルス
・・スパイウェア
・効果的なマルウェア検出
・最小限の誤検知

■ランサムウェア保護
・多層防御アーキテクチャを実装
・ランサムウェア軽減機能 :バックアップを使用して自動的に回復
・ランタイムモード :新しいランサムウェアパターンを検出
・ほとんどのセキュリティインシデントを防止

■最新の脅威に対応
・包括的なテクノロジースタック
・実行中プロセスの継続的監視
・機械学習技術
・行動分析

オフィシャルサイト

→bitdefender.com →business →smb-products →business-security

②セキュリティエコシステム「ESET PROTECT Platform」

②セキュリティエコシステム「ESET PROTECT Platform」

概要

「ESET PROTECT Platform」は、バランスの取れたセキュリティエコシステムです。

「侵害防止」「検出」「対応機能」を統合し、ESETの「マネージドサービス」「プロフェッショナルサービス」「脅威インテリジェンス」「30 年以上のサイバーセキュリティ機械学習研究」によって補完されます。

特徴

■クラウド評価システム「ESET LiveGrid」
・世界中のESETユーザーからのデータを利用
・最新の脅威に即座に対応可能

■例外的な検出
・ESET多層化テクノロジー
・世界最高クラスの検出による防止に重点を置く

■正確な脅威診断
・厳密なテストを実施
・最低の誤検知率
・最高のランク付け

■実証済システムアーキテクチャ
・30年以上の経験に基づいて構築
・ITインフラストラクチャに対する要求が軽い
・直感的単一コンソールデザイン

■展開オプション
・クラウド展開 :完全クラウドベース
・オンプレミス展開 :社内導入も可能

オフィシャルサイト

→eset.com →business →protect-platform

③侵害を阻止する統合プラットフォーム「CrowdStrike」

③侵害を阻止する統合プラットフォーム「CrowdStrike」

概要

「CrowdStrike」は、最先端クラウドから提供されるエンドポイント保護プラットフォームです。

特徴

■エンドポイントセキュリティ
・クラウド規模の「AI分析」+「ディープリンク分析」
・クラス最高の「XDR」「EDR」「次世代AV」「デバイス制御」「ファイアウォール管理」を提供
・トップアナリスト企業から高く評価 :「Gartner」「Forrester」「IDC」

■クラウドセキュリティ
・クラウドセキュリティへの攻撃者に焦点を当てたアプローチ
・攻撃者によるエンタープライズクラウド環境の悪用を阻止
・統合脅威インテリジェンス :「エージェントベース保護」+「エージェントレス保護」
・包括的な「可視性」「検出」「修復」
・開発から実行までをカバーしてクラウドワークロードを保護

■脅威インテリジェンス「CrowdStrike Falcon Intelligence」
・敵対者に焦点を当てたセキュリティへのアプローチを強化
・「インシデントワークフロー」および「進行中リスクスコアリング」の一部として提示
・脅威をより深く掘り下げ

■個人情報保護「Falcon Identity Protection」
・IDベースの攻撃に対してリアルタイムで包括的な保護
・すべての「ID」および「構成データ」を収集して分析
・IDランドスケープを即座に可視化

■IT運用機能
・「脆弱性管理」「パッチ適用」などのIT運用機能を提供
・マルウェア検索機能
・サンドボックス分析機能

■可観測性「CrowdStrike Falcon LogScale」
・ライブログデータを1 秒未満のレイテンシで「集約」「関連付け」「検索」

オフィシャルサイト

→crowdstrike.com

④エンドポイントDNSセキュリティ「Heimdal Threat Prevention」

【無料で使える】「 エンドポイントセキュリティ 」ツールまとめ

概要

「Heimdal Threat Prevention」は、「サイバー犯罪インテリジェンス」「機械学習」「AIベース防御」を組み合わせた「先駆的なDNSセキュリティソリューション」です。

オンサイト(リモート)のハイブリッドワークフォースを保護し、脅威を正確に防ぎます。

特徴

■リアルタイム防御
・ニューラルネットワークモデリングを使用
・将来の脅威を 96% の精度で予測
・ユーザーのトラフィックをスキャン
・悪意のある URL やプロセスを特定
・攻撃者の出所をバックトラック
・感染したドメインをブロック

■DNS over HTTPS トラフィック フィルタリング
・「DNSの制限された境界」を越えて脅威を探索
・「ツール」「アプリケーション」「クラウドサービス」を悪用する脅威を阻止

■マルウェア対策
・独自MLによる脅威インテリジェンス
・「従来型ウイルス対策脅威検出」から脱却
・「侵害されたユーザー」発見のための脅威+プロセスの関連付け

■脅威ハンティング
・内部関係者の脅威に対抗
・シャドー IT インスタンスを根絶して排除
・「侵害されたアカウント」に関連する「あらゆる種類の悪意のあるアクティビティ」を排除

■ウイルス対策連携
・さまざまなアンチウイルス(ファイアウォール)と連携
・本物のエンドポイント防御ソリューションを提供

オフィシャルサイト

→heimdalsecurity.com →enterprise-security →products →threat-prevention

⑤強力なマルウェア保護「Malwarebytes Endpoint Protection」

【無料で使える】「 エンドポイントセキュリティ 」ツールまとめ

概要

「Malwarebytes Endpoint Protection」は、デバイスを安全に保ち、チーム生産性を維持する包括的なセキュリティ機能を提供します。

「正確な脅威検出」「プロアクティブな脅威ブロック」「完全な修復」によって「強力なマルウェア保護+修復」を提供します。

特徴

■マルウェア対策
・軽量エージェント
・革新的な機械学習+人工知能を採用
・グッドウェア モデルを適用 :特許取得済み
・シンプル管理
・「ネットワーク全体のイベント+デバイス状態」のリアルタイム ステータスを提供

■脅威検出および修復サービス「Malwarebytes MDR」
・Malwarebytes Managed Detection and Response
・迅速セットアップ
・24 時間 365 日の監視と調査
・脅威の検出を加速
・インシデントに正確に対応

■DNS フィルタリング
・「悪意のある Web サイト」「Webベースアプリ」「オンライン コンテンツ」から発生する脅威に対抗
・安全な Web ブラウジングを提供

オフィシャルサイト

→malwarebytes.com →business →endpoint-protection

⑥デバイスライフサイクル管理「Symantec Endpoint Security」

【無料で使える】「 エンドポイントセキュリティ 」ツールまとめ

概要

「Symantec Endpoint Security」は、「境界内外エンドポイント管理機能」「資産管理機能」「パッチ管理機能」を提供します。

「デスクトップPC」「ノートPC」「サーバ」についてライフサイクル全体で管理できます。

特徴

■デバイス状況の可視化
・「デスクトップPC」「ノートPC」「ソフトウェア」について詳細に可視化
・脆弱性特定 :履歴データ+リアルタイムデータ
・適切なパッチ適用を迅速に展開

■コスト削減
・「すべてのハードウェア資産+ソフトウェア資産」を検出追跡
・投資を最適化
・不要なソフトウェアの購入を排除
・コスト+時間のかかるライセンス監査を回避

■サーバ稼働を維持
・中央コンソール制御 :「プロビジョニング」「パッチ適用」「監視」「修正」
・サービス中断を削減

■導入時間を短縮
・すべてのエンドポイントへの展開を迅速化+簡素化
・最新OSへの移行
・マシンのインベントリ+ソフトウェアの展開
・OS全体でのカスタム構成の実行

エンドポイント管理ソリューション

■Client Management Suite
・デバイス+ソフトウェアを管理するための冗長タスクを自動化
・「Windows」「Mac」「Linux」「仮想デスクトップ」向け

■Asset Management Suite
・資産管理
・コンプライアンス確保

■Server Management Suite
・物理(仮想)サーバを管理
・一元的に「プロビジョニング」「制御」「自動化」「監視」

■Ghost Solution Suite
・オペレーティングシステムの展開+移行
・クロスプラットフォーム管理

オフィシャルサイト

→broadcom.com →products →cybersecurity →endpoint [→endpoint-security]

【お知らせ】ITセミナー「マジセミ」のご紹介

「 マジセミ 」では、日々、多くのIT関連セミナーを開催しています。

参加者のみなさまのために「本当に役立つ情報の提供」を目標としています。

また、「 マジセミ 」を通じて、デジタル関連プロダクト(サービス)との「新たな出会いの場」「新たな体験の場」を創造することで、「IT業界の発展」「製造業の発展」「エンジニアの活躍促進」の実現を目指しています。

多くのセミナーの中から「ご自身のスキルやビジネスを強化できるセミナー」を見つけて、ぜひ一度、ご参加ください。

マジセミドライブ


参考サイト
→toolbox.com →「Top 10 Open Source Cybersecurity Tools for Businesses in 2022」
→heimdalsecurity.com →「25 Free & Open Source Cybersecurity Tools for Businesses」
→sangfor.com →「What are EDR Tools | 5 Best Open-Source EDR Tools | Sangfor Endpoint Secure」
→makeuseof.com →What Is Endpoint Security and Why Is It Important?
→crowdstrike.com →WHAT IS ENDPOINT SECURITY? HOW ENDPOINT PROTECTION WORKS
→itprotoday.com →What Is Endpoint Protection?
→solutionsreview.com →「The 22 Best Endpoint Security Vendors and Solutions for 2022」
→spiceworks.com →「Top 10 Endpoint Security Vendors in 2021」
→crowdstrike.com →「13 ENDPOINT SECURITY SOLUTIONS FOR BUSINESS」
→expertinsights.com →「The Top 11 Endpoint Security Solutions For Business」
→g2.com →「Best Endpoint Protection Suites」
→selecthub.com →「Best Endpoint Security Software」

おすすめの記事

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

トレンド解説

2024.05.07

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

「米国における 生成AI活用 最新動向」について解説しています。生成AIは日本企業にも多くの可能性をもたらし、「デスクワークの効率化」や「業務の自動化推進」に貢献しています。生成AIを理解し、活用することが、グローバルな競争力を高める鍵となります。

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

OSS情報

2024.07.04

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

「 Hoppscotch 」は、オープンソースのAPI開発エコシステムで、使いやすさとアクセシビリティを重視した軽量なWebベースのスイートです。無料版と有料版があり、PostmanやInsomniaの代替として利用可能です。

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。