マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

AIツール実験室

2023.06.21

【ChatGPT使ってみる実験室】GAS×ChatGPT4で「 URLオープンチェック 」を自動化してみました

【ChatGPT使ってみる実験室】GAS×ChatGPT4で「 URLオープンチェック 」を自動化してみました

はじめに

ごあいさつ

日本全国の「ちょっとした自動化ファン」のみなさま、
おつかれさまです。

Chromebook派として暮らしています、
マジセミ担当者Aでございます。

ちょっと自動化してみた内容について紹介します。

※本記事は、担当者Aの主観により作成されていますので、なにとぞ、そういうことでよろしくお願いします。

ことのあらまし

とあるデータ移行

ちょっとした「データ移行の用事」がありました。

リダイレクト設定用に
「データ移行元のURLリスト」が必要なので、
「560件のURLリスト」を作成しました。

正しくないURLがある

しかし、
「そのままでは正しくないURL」が、だいたい10%ほど存在していることが分かっています。

「正しいURL」に修正するために、
「正しくないURL」を抽出する必要があります。

正しいURLなのか?手動チェックは大変すぎる

「560件のURL」をポチポチ手作業で確認するのは、かなり大変です。

10件で90秒くらいかかるとして、
「1.4時間の地味作業」になってしまいます。

もはや『自動化したい』という野望が生まれざるを得ないのです。

ChatGPT4先生に聞いてみたところ『できますよ。』

担当者A『URLが正しく開くのかチェックは、できますか?』
ChatGPT4先生『できますよ。こちらがPythonのコードです。』
担当者A『GASでも、できますか?』
ChatGPT4先生『できますよ。こちらがGASのコードです。』

ということで、
「GAS×ChatGPT4」を使って、
「スプレッドシート上の560件のURL」が正しく開くのかチェックする機能
を作成してみることとなりました。

【参考】「GAS」とは

概要

「GAS」(Google Apps Script)とは、
Googleサービスを自動化するためのスクリプト言語です。

「Gmail」「Googleスプレッドシート」「Googleドキュメント」「Googleカレンダー」などの、
GoogleWorkspaceアプリケーションを相互に連携させる自動化処理を作成できます。

Googleアカウントがあれば、無料で利用できます。

→workspace.google.co.jp →intl →ja →products →apps-script

ユースケース

・Google Workspaceの自動化
・Googleスプレッドシートでのデータ処理や分析の自動化
・カスタム関数の作成
・Webアプリケーションの作成
・トリガーによる自動実行
・サードパーティ製のアプリ(サービス)と連携 など

『URLオープンチェック関数』作成

チェックシート

スプレッドシートの様子です。

「チェック対象URL」列に入力されているURLに対して、
「URLオープンチェック」列に、「◯」or「✕」を入力してもらいます。

「URLオープンチェック」列に、「◯」or「✕」を入力してもらいます。

関数コード生成用プロンプト

ChatGPT4にGAS関数を作ってもらうために、
プロンプトを作成します。

プロンプト

■指示
GAS用の関数を作成してください。

■関数仕様
①「チェック対象URL」にアクセスする
②「チェック対象URL」を開けた場合、「URLオープンチェック」列に「◯」を出力
③「チェック対象URL」を開けなかった場合 もしくは エラーが発生した場合、「URLオープンチェック」列に「✕」を出力

■スプレッドシート説明
・1行目=項目タイトル
・1列目=「チェック対象URL」列
・2列目=「URLオープンチェック」列

■備考
・関数名=「check_url_open」
・コメントの次の行にコードを記述してください。

プロンプトを実行

プロンプトを実行

ChatGPT4が作成したGAS関数コード「check_url_open」

function check_url_open() {
  // スプレッドシートを取得
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getActiveSheet();

  // 各行に対して操作を行う
  var rows = sheet.getDataRange().getValues();
  for (var i = 1; i < rows.length; i++) {
    var url = rows[i][0]; // 1列目が「チェック対象URL」列
    try {
      var responseCode = UrlFetchApp.fetch(url).getResponseCode();
      if (responseCode >= 200 && responseCode < 300) { // HTTPステータスコードが200番台ならページは開ける
        sheet.getRange(i + 1, 2).setValue(""◯""); // 「URLオープンチェック」列に「◯」を出力
      } else {
        sheet.getRange(i + 1, 2).setValue(""✕""); // 「URLオープンチェック」列に「✕」を出力
      }
    } catch (e) { // エラー発生時
      sheet.getRange(i + 1, 2).setValue(""✕""); // 「URLオープンチェック」列に「✕」を出力
    }
  }
}

コードをコピペ

Googleスプレッドシート →メニュー →拡張機能 →Apps Script

コードをコピペして、
保存アイコンをクリックします。

保存アイコンをクリックします。

GAS関数コード「check_url_open」を実行してみる →成功!

実行

実行

権限確認

「アクセス権限が必要です」となるので、権限を確認して、許可します。

「アクセス権限が必要です」となるので、権限を確認して、許可します。

処理開始

処理が開始されました。

処理が開始されました。

処理完了

10分ほどで完了しました。

10分ほどで完了しました。

◯✕が出ました

◯✕が出力されました。
セルの色指定は、スプレッドシートの「条件付き書式機能」を使っています。

確認してみると、
・◯のやつ=開ける
・✕のやつ=開けない
ということで、
成功です。

成功です。

【反省会】どれだけ時間節約できたのか?

手動の場合

■(想定)「1.4」時間

今回の自動化の場合

■「0.35」時間
・コード作成:10分
・コード実行:11分

まとめ

・1時間ほどお得になった
・地味作業から解放される喜び
・判定は(おそらく)間違ってない(はず)
・コードを作ってもらうのがおもしろい
ということで、
それなりの成功です。よかったです。

【追加調査】AIチャット対抗コード生成選手権

せっかくなので、
同じプロンプトを、他のAIチャットにも投げて、
コード作成をお願いしてみようと思います。

参加AI選手 および 結果発表

AIチャット 備考 URL 結果
Bing Microsoft https://www.bing.com/ 合格!
Bard Google https://bard.google.com/ もうすこしがんばりましょう
Perplexity 評価は意外と高い模様 https://www.perplexity.ai/ もうすこしがんばりましょう

Bing選手

コード生成

・◯:作ってくれました。
・✕:コメントは書いてくれませんでした。

・✕:コメントは書いてくれませんでした。

コード

function check_url_open() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  var lastRow = sheet.getLastRow();
  var urls = sheet.getRange(2, 1, lastRow - 1).getValues();
  
  for (var i = 0; i < urls.length; i++) {
    var url = urls[i][0];
    try {
      var response = UrlFetchApp.fetch(url);
      if (response.getResponseCode() == 200) {
        sheet.getRange(i + 2, 2).setValue(""◯"");
      } else {
        sheet.getRange(i + 2, 2).setValue(""✕"");
      }
    } catch (e) {
      sheet.getRange(i + 2, 2).setValue(""✕"");
    }
  }
}

実行結果

正しく動きました。

グッジョブです。

Bard選手

コード生成

・◯:作成してくれました。
・◯:コメントも書いてくれました。

・◯:コメントも書いてくれました。

コード

function check_url_open() {
  // チェック対象URLを取得する
  var checkUrl = SpreadsheetApp.getActive().getRange('A2').getValue();

  // チェック対象URLにアクセスする
  var response = UrlFetchApp.fetch(checkUrl);

  // チェック対象URLが開かれたかどうかをチェックする
  if (response.getResponseCode() === 200) {
    // チェック対象URLが開かれた場合
    SpreadsheetApp.getActive().getRange('B2').setValue('◯');
  } else {
    // チェック対象URLが開かなかった場合
    SpreadsheetApp.getActive().getRange('B2').setValue('✕');
  }
}

実行結果

✕:ダメでした。

「1つ目の◯✕」しかセットされません。

「◯✕をセットするセル位置」が固定されているどころか、
ループしていないので、1つ目で終わりです。

プロンプトの書き方が、いまいちなのかもしれませんが、
もうちょい汲んでほしかったところですね。

改善を期待しています。

Perplexity選手

コード生成

・◯:生成してくれました。

・◯:生成してくれました。
<img decoding=” >

コード

function check_url_open(url) {
  var response_code = UrlFetchApp.fetch(url).getResponseCode();
  if (response_code == 200) {
    return ""◯"";
  } else {
    return ""✕"";
  }
}

実行結果

✕:ダメでした。

「URLを引数として受け取る」タイプであり、
「思ってたのと違うやつ」になりました。

プロンプトの書き方が、いまいちなのかもしれませんが、
改善を期待しています。

まとめ

GPT系譜である「ChatGPT4」と「Bing」が見事にコードを生成してくれた
という結果になりました。

「たまたまの結果」なのかもしれないので、
いろいろ試してみるのも、よさそうですね。

【お知らせ】「マジセミ」のご紹介

「マジセミ」では、日々、多くのIT関連セミナーを開催しています。

多くのセミナーの中から「ご自身のスキルやビジネスを強化できるセミナー」を見つけて、ぜひ1度、参加してみてください。

マジセミのイメージロゴ

マジセミ関連プラットフォーム

プラットフォーム 説明 URL
マジセミ マジセミで実施されるさまざまなセミナーの開催情報を確認できます。
「IT関連セミナー」「製造業関連セミナー」など、ご自身のビジネスを強化できるセミナーを検索できます。
→majisemi.com
マジセミサービス 「セミナーを開催したい方」向けの情報を確認できます。
トライアルからの利用が可能です。
→majisemi.com →service
マジセミドライブ 「IT関連コンテンツ」などを紹介しています。 →majisemi.com
→topics
マジセミFacebook 毎日「マジセミ関連情報」や「IT関連ニュース」などを紹介しています。
★フォローお願いします。
→facebook.com
→OSSNews
マジセミTwitter マジセミFacebookと同様に、
毎日「マジセミ関連情報」や「IT関連ニュース」などを紹介しています。
★フォローお願いします。
→twitter.com
→Majisemi_it

※「ご意見」「ご感想」「誤字がありましたよ」「こんな使い方もあるみたいですよ」などありましたら、
マジセミSNS(Facebook or Twitter)まで、お知らせください。

おすすめの記事

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

トレンド解説

2024.05.07

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

「米国における 生成AI活用 最新動向」について解説しています。生成AIは日本企業にも多くの可能性をもたらし、「デスクワークの効率化」や「業務の自動化推進」に貢献しています。生成AIを理解し、活用することが、グローバルな競争力を高める鍵となります。

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

ChatGPT探訪

2024.05.07

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

マジセミSNSに投稿した 【担当者A】の「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜💬 を記事化したものです。 ChatGPTに課金していないみなさんにも、 AI同士の議論をお楽しみいただけます👍 ※原稿テキストを放り込むだけで、 ジョジョ風イラストを作成してしまう生成AIがすごくないですか?