マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】Debian GNU/Linux

【OSS情報アーカイブ】Debian GNU/Linux

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

「Debian GNU/Linux」とは

基本情報

概要

Debian GNU/Linux(デビアン グニュー リナックス)とは、「Debian Project」のLinuxディストリビューションです。

Linuxディストリビューションとは、「Linuxカーネルとドライバやアプリケーションをパッケージして、利用者がインストールしたり、利用できる形にまとめ上げたもの」です。

「Debian Project」は、ボランティアによって支えられていて、フリーでオープンなオペレーティングシステムを作成しようとするプロジェクトで、Linux開発のリーダー的存在であり続けています。オープンソース開発モデルのベストケースとなっています。

「Debian GNU/Linux」は、細部まできめ細かな注意が払われていて、高品質で安定したスケーラブルなディストリビューションとなっています。科学計算用途のデスクトップワークステーション、ファイアウォールサーバ、ハイエンドネットワークサーバなど、さまざまな用途に合わせての利用が可能です。

「Debian GNU/Linux」は、Linuxコミュニティからのニーズを積極的に取り入れることによって、技術的・機能的な優位性を確保しており、人気が高いディストリビューションです。現在のLinuxが、当たり前のように持っている多くの特徴を導入したパイオニア的存在で、「Debian GNU/Linux」から派生した数多くのディストリビューションが存在します。

主な特徴

【強力なパッケージ管理システム】
ソフトウェアのインストールや削除が簡単にできる「パッケージ管理システム」を備えています。さらに、再インストールせずにシステム更新ができる機能も備えています。
システム管理者は、システムにインストールされるパッケージに関して、ひとつのひとつのパッケージのインストールから、オペレーティングシステム全体まで、完全に制御することができます。個々のパッケージをアップデートしないように設定することもできます。自身でコンパイルしたソフトウェアについても、パッケージ依存関係を細かく設定することができます。

【パッケージ認証】
Debianのサーバは、アップロードされてきたパッケージについて、Debian開発者からのものかどうかを確認しています。また、Debianの各パッケージは、悪意あるソフトウェアからシステムを防衛するため、安全な設定となるように各種注意が払われています。

【セキュリティ自動アップデート】
リリースされたパッケージにセキュリティ上の問題が発生した場合、セキュリティ修正版をインターネットを通じて自動的にダウンロード+インストールするように設定することができます。

【フルパッケージが無料】
「Debian GNU/Linux」のすべてのパッケージは、再配布や改造が自由なライセンス(GPLやBSDライセンスなど)に基づいて配布されているため、数あるLinuxディストリビューションの中でも特に珍しい「フルパッケージが無料」という特徴をもちます。

同様製品(概要情報)

「CentOS」や「Ubuntu」など、数多くの同様なLinuxディストリビューションが存在しています。

導入事例

「Debian GNU/Linux」は、安定性が高く、信頼して使うことができるLinuxディストリビューションとして、世界中のさまざまな領域で幅広く利用されています。

ライセンス情報

「Debian GNU/Linux」のライセンスは、DFSG(Debian GNU/Linux Free Software Guide)ライセンスです 。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

ダウンロード

ダウンロードページ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

OSS情報

2024.07.04

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

「 Hoppscotch 」は、オープンソースのAPI開発エコシステムで、使いやすさとアクセシビリティを重視した軽量なWebベースのスイートです。無料版と有料版があり、PostmanやInsomniaの代替として利用可能です。

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

トレンド解説

2024.05.07

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

「米国における 生成AI活用 最新動向」について解説しています。生成AIは日本企業にも多くの可能性をもたらし、「デスクワークの効率化」や「業務の自動化推進」に貢献しています。生成AIを理解し、活用することが、グローバルな競争力を高める鍵となります。