マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】Alfresco

【OSS情報アーカイブ】Alfresco

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

コンテンツ

「Alfresco」とは

「Alfresco」基本情報

■概要

Alfresco(アルフレスコ)とはオープンソースのECM製品です。エンタープライズレベルのコンテンツ管理機能とビジネスプロセス管理機能を提供します。

■基本説明

Alfrescoは、Javaテクノロジを使用して開発された情報管理ソフトウェアスイートです。

Alfrescoプラットフォームでは「ビジネスドキュメント」「スキャナで取り込んだ画像データ」「写真データ」「設計図データ」「動画ファイル」など、あらゆる種類のコンテンツを完全に管理できます。エンタープライズコンテンツ管理機能により、全社レベルでの共同コンテンツ管理を実施できます。

また、Alfrescoに内蔵されているワークフロー機能により、さまざまなドキュメントを多用するビジネスプロセスを自動化して、ビジネスの正確性や効率性を向上できます。

■「ECM」とは

CMSとは

一般的なコンテンツ管理システムは「CMS(Content Management System)」と呼ばれます。

Webコンテンツなどを構成する「テキスト情報」「画像データ」「レイアウトデータ」などを一元的に管理して、サイトの構築や編集を行う基本的な機能がメインとなります。

ECMとは

「ECM(Enterprise Content Management)」は「エンタープライズ向けコンテンツ管理」を意味し、CMSの上位機能に位置づけられます。

管理対象コンテンツはWebサイト用コンテンツに限定されずに、各種データをリレーショナルデータベースのようにリンクして管理できます。

このリンク機能により、対象サイトごとに「アクセス管理」や「バージョン管理」などについて詳細に管理でき、さまざまなデータを効率的に利用できます。

■経緯

2005年、Alfrescoは商用ECM製品「Documentum」をベースにして開発され、世界初のオープンソースECM製品として誕生しました。

初期段階から商用製品に匹敵するECMとして開発され、以降、さまざまな機能強化が繰り返されています。

■導入事例

Alfrescoは、オープンソースECM分野で世界市場シェア1位を誇っており、豊富な導入実績があります。
・公的機関—「NASA」「イギリス国防省」「欧州司法裁判所」
・日本企業—「野村証券」「日本航空インターナショナル」 など

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→Alfresco →Alfresco Communityエディション

ライセンス情報

Alfrescoのライセンスは「the Lesser Gnu Public License (LGPL) v3」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Alfresco →Open Source Licensing

ダウンロード

→Alfresco →Alfresco Content Services Communityをお試しください

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「NemakiWare」など。

商用版「Alfresco Digital Business Platform」

Alfrescoの中核となる「Digital Business Platform」は、商用ライセンスのオープンソースプラットフォームです。

「Alfresco Digital Business Platform」により、ビジネスプロセスとビジネスコンテンツをインテリジェントにデジタル化してビジネスフローを加速させ、刻々と変わるビジネスニーズに迅速に対応できます。オープンスタンダードをサポートするセキュアプラットフォームとしてエンタープライズレベルのサポートを提供します。

「Alfresco Digital Business Platform」は、「AWS(Amazon Web Services)クイックスタート」を使用して迅速なセットアップが可能です。また、マルチテナントSaaSオファリングも利用できます。

■Alfresco Content Services(ACS)

「Alfresco Content Services」は、エンタープライズクラスの本番環境向けECMで、Alfrescoプラットフォームの中核部分となっているエンタープライズコンテンツ管理機能を提供します。

「Alfresco Content Services」は「クラウドネイティブ」「オープン性」「柔軟性」「拡張性」「可用性」「カスタマイズ性」「セキュリティ」などを特徴としており、「メタデータリポジトリ管理機能」「Webインタフェース」「フルテキストインデックス処理」などを含むエンタープライズコンテンツ管理機能を備えています。

24時間年中無休のサポートを利用できるため、ビジネスプラットフォームとして安心して利用できます。

→Alfresco →Alfresco Content Services

■Alfresco Process Services(APS)

「Alfresco Process Services」は、企業向けビジネスプロセス管理(BPM)ソリューションです。

オープンソース高性能ビジネスプロセスエンジン「Activiti」を基盤として、さまざまな分野のビジネスプロセスに対応できる柔軟性と拡張性を備えています。「グラフィカルデザインツール」や「ビジネスルールエディタ」などを利用して、効率的にビジネスプロセスを管理できます。

「Alfresco Process Services」には「外部ビジネスシステムへのデータ統合機能」も含まれており、「Alfresco Content Services」「Box」「Googleドライブ」などの各種エンタープライズシステムと統合できます。

→Alfresco →Alfresco Process Services(BPM)

■Alfresco Governance Services(AGS)

「Alfresco Governance Services(旧:Alfresco Records Management)」は、情報管理要件に対処するためのレコード管理機能を提供する情報ガバナンスサービスです。

「Alfresco Governance Services」は「DoD 5015.02認定」を受けた唯一のオープンソースレコード管理ソリューションです。

拡張性の高いリポジトリ機能を備え「各種ドキュメント」「画像」「Eメール」「ビデオ」「物理レコード」など、あらゆる種類のビジネスコンテンツと社内レコードを管理できます。

レコード管理をビジネスプロセスにシームレスに統合し、「情報取り込み→保管→破棄」に至るライフサイクル全体を自動化することによりコンプライアンスを強化します。

→Alfresco →Alfresco Governance Services

■Alfresco Application Development Framework

「Alfresco Application Development Framework」は、アプリケーション開発フレームワークです。「Alfresco Digital Business Platform」上に魅力的なレスポンシブWebアプリケーションを迅速に構築できます。

Angularベースの「UIコンポーネント」「サービス」「コマンドラインツール」「JavaScript API」などを提供します。

→Alfresco →Alfrescoアプリケーション開発フレームワーク

コミュニティ版「Alfresco Community Edition」+「Activiti」

コミュニティ版の制限

コミュニティ版は、開発者/技術者向けとして、基幹業務に影響しない環境での利用が推奨されています。スケーラビリティとアベイラビリティに関していくつかのデフォルトの制限があります。

エンタープライズクラスの「機能」「拡張性」「パフォーマンス」「テクニカルサポート」が必要な場合は、「Alfresco Process Services」または「Alfresco Content Services」の利用が推奨されます。

→Alfresco →Alfresco Communityエディション

Alfresco Content Servicesコミュニティ版「Alfresco Community Edition」

■概要

「Alfresco Community Edition」は「Alfresco Content Services」のオープンソースコミュニティエディションで、コンテンツ処理に関してパワフルな機能を提供します。

機能的にも有償版とそれほど遜色がなく無償で利用できるため、コミュニティが中心となって進める新機能の開発や研究などの場面において広く活用されています。

「Alfresco Community Edition」は、あらゆる種類のコンテンツを取り扱えるコンテンツ管理機能を提供し、「コンテンツ共有」や「共同作業」も簡単に行えます。

■Communityエディションに含まれるもの

・オープンソーススタックの限定的Alfresco QA機能
・バグフィックス—現行バージョンのみ
・安定性の高いリリース—Alfrescoエンジニアリングチームより定期的に配布
・ナイトリービルド—最新機能搭載版
・一般公開ソースコード(LGPLv3ライセンス)

Alfresco Process Servicesコミュニティ版「Activiti」

■概要

Activitiは「Alfresco Process Services」のコミュニティ版として独立したオープンソースのビジネスプロセス管理ソフトウェアです。

高性能のビジネスプロセスエンジンを搭載し、技術者/開発者向けのビジネスプロセス管理(BPM)プラットフォームとして利用できます。

Activitiは「サーバ」「クラスタ」「クラウド」で動作し、Springフレームワークと完全に統合されており、非常に軽量でシンプルなコンセプトに基づいています。

■主な機能

・監査サービス
・問い合わせサービス
・クラウドコネクタ機能
・アプリケーションサービス
・通知サービス
・ランタイムバンドル機能

コンテンツエンジン「Alfresco Community Edition」×ビジネスプロセスエンジン「Activiti」連携

コンテンツエンジン「Alfresco Community Edition」をビジネスプロセスエンジン「Activiti」と統合することで、コンテンツ管理とプロセス管理を統合し、組織全体の情報フローを最適化できます。

コンテンツに背景情報を加えて制御することが可能となるため、「コンテンツ活用」「コンテンツをビジネスニーズに対応」「的確な意思決定サポート」「業務フロー改善」「生産性向上」「情報ガバナンス向上」「コラボレーション作業促進」などの効果を得られます。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

AIツール関連 記事リストポータル

AIツール

2023.10.05

AIツール関連 記事リストポータル

AI 関連の記事をまとめたポータルページです。

【AIツール実験室】チャットAI対抗「添削能力」選手権🏆

AIツール実験室

2023.12.27

【AIツール実験室】チャットAI対抗「添削能力」選手権🏆

各チャットAIの「添削能力」について比較確認をしています。 「ChatGPT4と同等の添削能力を発揮した無料チャットAI」にご注目ください。 また、 ChatGPTカスタマイズ機能「GPTs」を利用して作成した GPTs文章添削機能「添削師匠さん✍️」を紹介しています。 課金勢は試しに使ってみてください。

【IT用語解説】「 デジタルヒューマン 」とは😊

IT用語解説

2024.01.26

【IT用語解説】「 デジタルヒューマン 」とは😊

【IT用語解説】「 デジタルヒューマン 」として、「デジタルヒューマンとは何か?」「どのようにして作成できるのか?」「私たちの世界にどのような影響を与えているのか?」などについて、まとめています。