マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】EasySCP

【OSS情報アーカイブ】EasySCP

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

「EasySCP」とは

基本情報

概要

EasySCP(イージーエスシーピー)とは、仮想ホスティングコントロールパネルです。Linux系サーバの各種管理/設定をサポートします。

基本説明

EasySCP(The Easy Server Control Panel)は、Linuxサーバの各種設定をサポートする管理パネルです。

EasySCPは、ホスティングサービスプロバイダ/インターネットサービスプロバイダなどによる利用を想定して開発されています。

CronJob追加/ユーザ管理/証明書管理/メール管理/FTP管理/MySQL管理などの各種設定が可能です。

使いやすいグラフィカルインターフェースで、マウス操作で各種設定を行えます。

PHPで実装されており、日本語にも対応しています。

経緯

「ispCP Omega」開発終了後、「EasySCP」に移行しています。

主な特徴

サポートプラットフォーム

各種Linuxディストリビューション(CentOS、Debian、Fedora、FreeBSD、OpenBSD、OpenSUSE、Ubuntuなど)に対応しています。

主な機能

・ ヴァーチャルホスト管理(名前ベース、IPアドレスベース)
・ ディスク割り当て管理
・ ドメインエイリアス、サブドメイン管理
・ IPアドレス管理
・ DNS管理
・ バックアップ/リストア管理
・ FTPユーザ管理
・ SSLセキュアドメイン
・ Eメールアドレス管理
・ パスワードプロテクション
・ POP3/IMAPアカウント管理
・ カスタムエラーファイル
・ メール自動返答
・ トラフィック集計
・ CGI/PHP/SSLの構成/管理
・ 多言語対応
・ MySQLデータベースユーザ管理

同様製品(概要情報)

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「ispCP Omega」「VHCS(Virtual Hosting Control System)」など。

ライセンス情報

EasySCPのライセンスは「Creative Commons Attribution-NoDerivs 3.0 Unported License」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

ダウンロード

ダウンロードページ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

トレンド解説

2024.05.07

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

「米国における 生成AI活用 最新動向」について解説しています。生成AIは日本企業にも多くの可能性をもたらし、「デスクワークの効率化」や「業務の自動化推進」に貢献しています。生成AIを理解し、活用することが、グローバルな競争力を高める鍵となります。

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

OSS情報

2024.07.04

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

「 Hoppscotch 」は、オープンソースのAPI開発エコシステムで、使いやすさとアクセシビリティを重視した軽量なWebベースのスイートです。無料版と有料版があり、PostmanやInsomniaの代替として利用可能です。

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。