マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】SyLAS

【OSS情報アーカイブ】SyLAS

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

「SyLAS」とは

基本情報

概要

SyLAS(シラス)とは、システムログを高速検索できるソフトウェアです。複数サーバログの一元管理も可能です。Webインターフェースから操作を行えます。

基本説明

SyLAS(SysLog Access System)は、メールサーバアカウント情報管理アプリケーション「postLDAPadmin」のプラグインとして動作します。

SyLASは、オープンソースのsyslogサーバ「rsyslog」と連携してログ監視を実現します。

また、データベース「MySQL」または全文検索エンジン「Elasticsearch」を使用します。

syslogサーバ「rsyslog」などがデータベースに保存したログデータに対して、SyLASが検索をかけます。

経緯

2016年7月、デージーネットは、SyLASをオープンソース公開しました。

主な特徴

複数サーバログ一元管理

複数のサーバのログを一元管理し、ログを検索できます。

簡易ログ検索
キーワードを入力し、そのキーワードを含むログを出力します。該当ログがWeb画面に表示されます。

DHCPログ検索
DHCPサーバをログ監視対象とし、ログを解析して表示します。MACアドレス/貸し出しIPアドレスの一覧を表示できます。日時/MACアドレスなどでの絞り込みも可能です。

ネットワークログ検索
ネットワーク機器にsyslogサーバへログを転送する機能があれば、ネットワーク機器のログも検索対象にできます。アプリケーション/ホスト/ファシリティを組み合わせた検索が行えます。

メールログ検索
Postfixをログ監視対象とし、ログ解析して表示します。送信日時/送信元メールアドレス/宛先メールアドレス/送信ステータスなどを表示できます。日時/メールアドレスなどでの絞り込み検索も可能です。
メールサーバ負荷分散システムの場合、「メールが送信されない」という問題が発生した時に、どのサーバで該当のメールが処理されているのか分からないため、すべてのサーバにログインして調査する必要があります。しかし、SyLASを使用すれば、すべてのメールサーバのログを検索できるため、障害調査をスピーディーに行えます。

メール通知機能

ログに特定のメッセージが出力された時に、メールで管理者へ通知できます。

ログ監視設定を行うためにはrsyslogの設定変更が必要になりますが、すべてWebインタフェースから設定できます。送信元IPアドレス/ファシリティ/重要度/キーワード設定/ログ監視通知メールアドレスなどの設定を行えます。

全文検索エンジン(Elasticsearch)連携

全文検索エンジン(Elasticsearch)は、大規模データを扱うことを想定しているため、今までのリレーショナルデータベースでは扱えないような大容量のログ管理にも対応できます。

ログを検索しやすい形式で保存することにより、高速検索が可能です。

全文検索エンジン(Elasticsearch)を採用するとシステム拡張が容易にできます。導入時にはスモールスタートで始め、必要になった都度、サーバを増強する運用が可能です。

簡単に導入できる

複雑な設定が必要なく、手軽に導入できます。

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Logstash」「Fluentd」「Graylog」など。

ダウンロード

ダウンロードページ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

ChatGPT探訪

2024.05.07

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

マジセミSNSに投稿した 【担当者A】の「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜💬 を記事化したものです。 ChatGPTに課金していないみなさんにも、 AI同士の議論をお楽しみいただけます👍 ※原稿テキストを放り込むだけで、 ジョジョ風イラストを作成してしまう生成AIがすごくないですか?

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

トレンド解説

2024.05.07

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

「米国における 生成AI活用 最新動向」について解説しています。生成AIは日本企業にも多くの可能性をもたらし、「デスクワークの効率化」や「業務の自動化推進」に貢献しています。生成AIを理解し、活用することが、グローバルな競争力を高める鍵となります。