マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】Infrataster

【OSS情報アーカイブ】Infrataster

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

「Infrataster」とは

基本情報

概要

Infrataster(インフラテイスター)とは、テスト自動化ツールです。構築したサーバに対して外部からサービス利用者に近い視点から振る舞いのテストを行えます。

基本説明

Infratasterは、インフラの振る舞いをテストするフレームワークです。

サーバ上のサービスへのアクセス/ネットワーク通信などの自動テストを行います。

経緯

Infratasterは、クックパッドの荒井良太氏が開発したツールです。

「Infrataster」の名称は、「infraのtester(テスト実施者)」ではなく「infraのtaster(味見役/毒見役)」という意味です。

主な特徴

サーバ外部からのテスト

同様の自動テストツールとして「Serverspec」があります。Serverspecは「サーバ内部のテスト」(ホワイトボックステスト)を実施するツールです。サーバ内部のミドルウェアやファイルに対するテストを行います。

それに対して、Infratasterは「サーバ外部からのテスト」(ブラックボックステスト)を実施します。Infratasterは、外部から(実際のクライアントから)テストを行います。Infratasterでのテストの場合、サーバ内部で動作しているミドルウェア種類などは関係なく、外部から見てどのような振る舞いをするかを検証します。そのため、結合テストフェーズに適しています。

「Serverspec」と「Infrataster」は、競合するものではなく補完関係にあります。両者を併用して、ホワイトボックステスト+ブラックボックステストを行えば、より堅牢なインフラ構築を目指せます。

基本的なテスト内容

基本的には、対象のサーバに対して、特定のヘッダ付きHTTPリクエストを送信して、期待通りのレスポンスが返却されるかを確認できます。

MySQLの「SHOW VARIABLES」の結果を取得して確認できます。

テストフレームワーク「capybara」を使用して、実際にユーザがそのWebアプリケーションを使用しているかのように、さまざまなページに遷移して、不具合がないかをチェックできます。

プラグイン

プラグインを追加することにより拡張できます。主なプラグインとして、以下のようなものがあります。
・infrataster-plugin-chef
・infrataster-plugin-dns
・infrataster-plugin-firewall
・infrataster-plugin-ldap
・infrataster-plugin-memcached
・infrataster-plugin-mysql
・infrataster-plugin-pgsql
・infrataster-plugin-redis
・infrataster-plugin-ssl_certificates

テストスクリプト制御

テストスクリプトの制御には、Rubyのテストフレームワーク「RSpec」を使用します。

Infratasterは「RSpec」のテストヘルパとして機能します。英語の文章を書くようにテスト内容を記述して、期待された動作が行われるかどうかをテストします。

エビデンス出力

テスト結果が出力されるため、証跡として十分に活用できます。

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Serverspec」など。

ライセンス情報

Infratasterのライセンスは「MIT License」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

ダウンロード

ダウンロードページ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

ChatGPT探訪

2024.05.07

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

マジセミSNSに投稿した 【担当者A】の「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜💬 を記事化したものです。 ChatGPTに課金していないみなさんにも、 AI同士の議論をお楽しみいただけます👍 ※原稿テキストを放り込むだけで、 ジョジョ風イラストを作成してしまう生成AIがすごくないですか?

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

トレンド解説

2024.05.07

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

「米国における 生成AI活用 最新動向」について解説しています。生成AIは日本企業にも多くの可能性をもたらし、「デスクワークの効率化」や「業務の自動化推進」に貢献しています。生成AIを理解し、活用することが、グローバルな競争力を高める鍵となります。

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。