マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】Talend Open Studio

【OSS情報アーカイブ】Talend Open Studio

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

「Talend Open Studio」とは

「Talend Open Studio」基本情報

■概要

Talend Open Studio(タレンドオープンスタジオ)とは、ELTビジュアル開発ツール群です。コードを記述せずにETLプロセスを作成できる点が特徴です。

■基本説明

Talend Open Studioは、Talend社が提供しているオープンソースのELTビジュアル開発ツール群です。

「Talend Open Studio for ○○○」として5種類のETLツールがリリースされています。
※2018年3月時点

Talend Open Studioは、「グラフィカルツール」「ネイティブコード生成」「豊富なコネクタ」により、ETL関連処理の設計とデプロイを迅速かつ簡単に行えます。

「Talend Open Studio」の主な特徴

■ビジュアル開発ツール

Talend Open Studioでは、ドラッグアンドドロップでコンポーネントを接続してETLプロセスを作成することで、ネイティブコードが生成されます。

コードを記述する必要がないため、ビジネス部門ユーザーでも簡単に利用できます。

■豊富なコネクター

Talend Open Studioには、豊富なデータコネクタが用意されており、さまざまなストーレジやサービスと連携できます。

・RDBMS:Oracle、Microsoft SQL
・NoSQL:Cassandra、MongoDB、Neo4j
・SaaS:Marketo、Salesforce
・CRM:SAP、Microsoft Dynamics、Sugar CRM
・クラウド:AWS、Azure、Google Cloud Platform など

「Talend Open Studio」ツール群

■Talend Open Studio for Data Integration

概要

「Talend Open Studio for Data Integration」とは、さまざまなデータをデータウェアハウスおよびアプリケーションに簡単に統合して、データをシステム間で同期できるツールです。

オフィシャルページ

→Talend →Talend Open Studio for Data Integration

■Open Studio for Big Data

概要

「Open Studio for Big Data」は、HadoopおよびNoSQLに対して、データ取り込み処理を行うためのツールです。

EDW(エンタープライズデータウェアハウス)のオフローディングおよびデータレイクへのデータ取り込み機能を早期に開発できます。

オフィシャルページ

→Talend →Open Studio for Big Data

■Talend Open Studio for Data Quality

概要

「Talend Open Studio for Data Quality」は、データクオリティツールです。

「データプロファイリング機能」と「グラフィカルなドリルダウン機能」などを提供し、データソースとマッチアップすることで、「ビジネスルールに適用するかどうか?」について、データクオリティを評価できます。

オフィシャルページ

→Talend →Talend Open Studio for Data Quality

■Talend Open Studio for ESB

概要

「Talend Open Studio for ESB」とはESBツールです。

「ESB(Enterprise service bus)」とは、ミドルウェアインフラストラクチャー製品で実装されるソフトウェアアーキテクチャの構成要素です。

サービス指向アーキテクチャ(SOA)を構築し、「業務アプリケーション」「SaaS」「Webサービス」「API」などを統合できます。

オフィシャルページ

→Talend →Talend Open Studio for ESB

■Talend Open Studio for MDM

概要

「Talend Open Studio for MDM」はマスタデータ管理ツールです。

「MDM」とは「Master Data Management」を意味しています。

Webベースアプリケーションを使用して、マスタデータの作成/更新を行い、「データの一貫性」を確保できます。

オフィシャルページ

→Talend →Talend Open Studio for MDM

補足情報

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Pentaho」「RapidMiner」など。

■オフィシャルサイト

オフィシャルサイト

→Talend(ETL ツール フリーソフトウェア)

ライセンス情報

Talend Open Studioのライセンスは「Apacheライセンス」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Talend →統合ソフトウェアをダウンロード →最適なエディションを見分ける方法

ダウンロード

→Talend →統合ソフトウェアをダウンロード

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

トレンド解説

2024.05.07

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

「米国における 生成AI活用 最新動向」について解説しています。生成AIは日本企業にも多くの可能性をもたらし、「デスクワークの効率化」や「業務の自動化推進」に貢献しています。生成AIを理解し、活用することが、グローバルな競争力を高める鍵となります。

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

ChatGPT探訪

2024.05.07

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

マジセミSNSに投稿した 【担当者A】の「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜💬 を記事化したものです。 ChatGPTに課金していないみなさんにも、 AI同士の議論をお楽しみいただけます👍 ※原稿テキストを放り込むだけで、 ジョジョ風イラストを作成してしまう生成AIがすごくないですか?

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。