マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】VisionX

【OSS情報アーカイブ】VisionX

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

「VisionX」とは

概要

VisionX(ビジョンエックス)とは、アプリケーション全体を視覚的に開発できるローコード開発プラットフォームです。Javaオープンソーススタック上に「Webアプリケーション」「デスクトップアプリケーション」「モバイルアプリケーション」を構築できます。

基本説明

VisionXは、「Webアプリケーション」「デスクトップアプリケーション」「モバイルアプリケーション」を可能な限り迅速かつ効率的に作成するように構築されています。

「10画面の問題追跡システム」「500画面のバックオフィスシステム」「モバイル注文アプリ」などについて、従来の開発手法の2~5倍の開発効率でアプリケーションを実装できます。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→visionx.sibvisions.com

■主要開発元

VisionXは、SIB Visions GmbHが提供しています。

→VisionX →about us

■ライセンス情報

VisionXのライセンスは「Apache 2.0 license」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→VisionX →Features [→100% Java Open Source]

■動作環境

VisionXは「Windows」「macOS」「各種Linuxディストリビューション」向けに提供されています。

→doc.sibvisions.com →visionx →installation

■ダウンロード

→GitHub →SIB Visions GmbH

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「​iPLAss」「​Skyve」など。

4ステップ開発

VisionXを使用すると、以下の4つの簡単な手順でアプリケーションを作成できます。

VisionXでUIを変更し、EclipseでJavaソースコードをリアルタイムで変更します。

①UIテンプレート選択
②データモデル定義
③UI調整
④ビジネスロジック追加

Javaフレームワーク統合

VisionXアプリケーションは「Apache 2.0ライセンス」または「互換性のあるJavaオープンソースフレームワークとライブラリ」のみを使用します。

そのため、ベンダーのロックインはまったくなく、他のJavaフレームワークを追加して、すべてをカスタマイズしてニーズに合わせて拡張できます。

カスタムワークフロー

VisionXを使用すると、ビジネスニーズに合わせてカスタムワークフローを作成できます。

「プロジェクト管理」「ロジスティックタスク」「人事プロセス(休暇申請)」など、ワークフローデザイナーでさまざまなビジネスワークフローを作成して管理できます。

→VisionX →workflow-engine

エンタープライズ機能標準搭載

VisionXには、「ログイン機能」「データベースアクセス機能」「セキュリティ機能」など、エンタープライズアプリケーション向けの高度な機能がすべて搭載されています。

ビジュアル開発機能

使いやすいビジュアルデザイナーにより、システムエンジニアだけではなく、「ビジネスユーザー」や「プロジェクトマネージャー」も、コーディング不要でビジネスニーズを解決するアプリケーションを開発できます。

VisionXの優れたユーザーエクスペリエンスにより、「ユーザーインターフェース」「データモデル」「ビジネスロジック」をグラフィカルに作成および変更できます。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

OSS情報

2024.07.04

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

「 Hoppscotch 」は、オープンソースのAPI開発エコシステムで、使いやすさとアクセシビリティを重視した軽量なWebベースのスイートです。無料版と有料版があり、PostmanやInsomniaの代替として利用可能です。

【OSS情報】LLMトレーニング用ライブラリ「 GPT-NeoX 」📚

OSS情報

2024.07.18

【OSS情報】LLMトレーニング用ライブラリ「 GPT-NeoX 」📚

「 GPT-NeoX 」は、GPU上で大規模言語モデル(LLM)を効率的にトレーニングするためのライブラリです。NVIDIAのモデルを基に独自の最適化が加えられ、オートレグレッシブ言語モデルのトレーニング手法を集約しています。

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。