マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】GlassFish

【OSS情報アーカイブ】GlassFish

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

「GlassFish」とは

GlassFishの導入メリット

GlassFish(グラスフィッシュ)とは、オープンソースのJava EEアプリケーションサーバのこと。内部にさまざまな機能のコンテナを備えて、ウェブ上で動作する業務システムの開発・構築・運用までの工程を網羅的に一括管理することが可能となります。

豊富なコンテナ群が広範かつ容易に実現する拡張性、毎週と言えるくらいの頻繁なアップデート、安定した挙動、さらにはサーバ構築のデファクトスタンダードであるJ2EEリファレンス実装による業務フローの短縮化・一本化・コスト削減など、GlassFish(グラスフィッシュ)導入のメリットは、枚挙に暇がありません。

NetBeansの同時導入を検討している、あるいは、NetBeansをすでに導入している環境の方であれば、GlassFish(グラスフィッシュ)同梱版も用意されているので、合わせて検討してみることをオススメします。

GlassFishの特長

GlassFish(グラスフィッシュ)は、次のような特長があります。

  • 業務システムの開発・構築・運用をワンストップで管理
  • さまざまな機能を付与する豊富なコンテナ群
  • J2EEのリファレンスを実装
  • 更新頻度が多く最新の技術をすぐに導入できる
  • NetBeansとのシームレスな連携

こんなお客さまにGlassFishの導入をオススメ

次のようなお客様に、GlassFish(グラスフィッシュ)の導入をオススメします。

  • 開発・構築・運用の業務フローを一本化したい
  • 基幹システムにも対応する信頼性が必須だ
  • 将来性のあるアプリケーションサーバを長く使いたい
  • 機能の頻繁な追加・更新を考えている
  • NetBeansなど総合開発環境(IDE)の導入・連携も考えている

GlassFishのライセンス

GlassFish(グラスフィッシュ)ソフトウェアは、CDDLライセンスです。
ソフトウェアのコピーや配布、ソースコードの公開を原則として、ソースコードの自由な改変も認められています。

GlassFishの導入事例

GlassFishは、オープンソースのアプリケーションサーバソフトウェアとして、さまざまな規模の企業システムでの導入実績が増えています。

GlassFishのダウンロード

GlassFish ダウンロードページ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

【ChatGPT探訪】GPT-4V「 画像解析機能 」🔍

ChatGPT探訪

2023.11.10

【ChatGPT探訪】GPT-4V「 画像解析機能 」🔍

ChatGPT4の「 画像解析機能 」について、 画像読み込み機能チェックを実施してみました🔍 「請求書不備チェック」は便利なのですが、 クローズドGPTを使いたくなります🤔 さまざまな用途に活用できる可能性を感じました🌟 いろいろ分析してくれるので、 試してみてください👍

【ChatGPT探訪】ビルトイン画像生成AI「 DALL·E 3 」🖼️

ChatGPT探訪

2023.10.27

【ChatGPT探訪】ビルトイン画像生成AI「 DALL·E 3 」🖼️

ChatGPTに統合されている画像生成AI「 DALL·E 3 」について、 いろいろいじりつつ🔍 各種画像生成チェックを実施してみました🎨 商用利用OKの💼 「日常的に使える画像生成ツール」として活用できそう😊 という感じになりました。 Bing経由でも無料で使えるので🆓 試してみてください👍

AIツール関連 記事リストポータル

AIツール

2023.10.05

AIツール関連 記事リストポータル

AI 関連の記事をまとめたポータルページです。