マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

ツール・サービス紹介

2023.02.21

【無料で使える】「 ファイアウォール 」ソフトウェアまとめ

【無料で使える】「 ファイアウォール 」ソフトウェアまとめ

【無料で使える】「 ファイアウォール 」ソフトウェアまとめ として、
以下の内容を紹介しています。

・【用語解説】「ファイアウォール」とは
・【無料オープンソース】「 ファイアウォール 」ソフトウェア 7選

【用語解説】「ファイアウォール」とは

概要

ファイアウォールは、「コンピュータネットワークへの不正アクセス」や「コンピュータネットワークからの不正アクセス」を防ぐために設計されたセキュリティシステムです。

目的

ファイアウォールは、許可されていないユーザーが、プライベートネットワーク(イントラネット)にアクセスできないようにするために使用されます。

仕組み

ファイアウォールは、「インターネット←→ファイアウォール←→プライベートネットワーク」のように、「セキュリティで保護されたネットワーク」と「制御されたネットワーク」の間に障壁を確立します。

ファイアウォールのいずれかの側に到着するデータパケットを検査しながら、プライベートネットワーク内のコンピューターをインターネットから隔離し保護するように機能します。

主な種類

①プロキシファイアウォール

プロキシファイアウォールは、「特定アプリケーションの1つのネットワーク」から「別のネットワーク」へのゲートウェイとして機能します。

外部ネットワークからの不正アクセスを防ぐために「強化されたセキュリティ」などの追加機能を提供します。

②ステートフルインスペクションファイアウォール

ステートフルインスペクションファイアウォールは、「状態」「ポート」「プロトコル」に基づいて、トラフィックを許可(ブロック)します。

「ステートフル」が示すように、「接続が開かれた瞬間」から「完全に閉じられるまで」のすべてのアクティビティを監視するように機能します。

③次世代ファイアウォール

次世代ファイアウォールは、従来のファイアウォールテクノロジーに「より高度なセキュリティ」を追加します。
・暗号化トラフィックインスペクション
・侵入防止システム
・クラウド配信脅威インテリジェンス
・ウイルス対策ソフトウェア など

「高度なマルウェア」や「アプリケーション層に対する攻撃」のような最新の脅威など、可能な限り多くの危害を回避できます。

④統合脅威管理ファイアウォール

統合脅威管理ファイアウォールは、「ステートフルインスペクションファイアウォール機能」と「ウイルス対策機能」を組み合わせたものです。

「シンプルさ」と「使いやすさ」に重点を置いています。

⑤高度統合脅威管理ファイアウォール

高度統合脅威管理ファイアウォールは、「統合脅威管理ファイアウォール」のすべての機能に加えて、「高度脅威検出機能」が提供されます。

管理者に詳細データを提供し、疑わしいアクティビティをより適切に検出できます。

⑥ネットワークアドレス変換ファイアウォール

ネットワークアドレス変換ファイアウォールは、独自ネットワークアドレスを持つ複数のデバイスを、1つのIPアドレスを使用してインターネットに接続させることで、個々のIPアドレスを非開示状態にできます。

攻撃者はハッキングするIPアドレスをネットワークでスキャンできなくなるため、これらの攻撃に対するセキュリティが強化されます。

【無料オープンソース】「 ファイアウォール 」ソフトウェア 7選

①高い信頼性「PfSense」

①高い信頼性「PfSense」

概要

PfSenseは、「世界で最も信頼できるオープンソースファイアウォール」として広く認められています。

→pfsense.org

主な特徴

・FreeBSDベースディストリビューション
・ステートフルパケットフィルタリング
・高価な商用ファイアウォールクラスの高度な機能を提供
・商用ファイアウォールからの移行は容易
・すべてをWebインターフェースで操作可能 —UNIX知識は不要

②ステートフルファイアウォール「OPNSense」

②ステートフルファイアウォール「OPNSense」

概要

OPNSenseは、強力なステートフルファイアウォール機能を提供します。

→opnsense.org

主な特徴

・IPv4およびIPv6をサポート
・ブロック(通過)トラフィックのライブビュー
・クラス最高の仮想プライベートネットワーク機能
・侵入検知機能

③ステートフルパケットインスペクション「IPFire」

③ステートフルパケットインスペクション「IPFire」

概要

IPFireは、Linuxパケットフィルタリングフレームワーク「Netfilter」の上に構築されており、「ステートフルパケットインスペクションファイアウォール」を採用しています。

→ipfire.org

主な特徴

・各ネットワークセグメントの特定ニーズに合わせたカスタム構成
・スマートキューイングアルゴリズム —帯域幅を最大限に活用
・毎秒数十ギガビットのスループット
・侵入検知/防止システム
・CiscoやJuniperなどのさまざまなベンダーの機器と相互運用

④ホームネットワーク向け「Endian Firewall Community」

④ホームネットワーク向け「Endian Firewall Community」

概要

「Endian Firewall Community」は、ホームネットワーク向けに設計されたLinuxベースのセキュリティソフトウェア製品です。

→endian.com →community

主な特徴

・UTM(Unified Threat Management)プラットフォーム
・エンディアンホットスポットアプリケーション —Wi-FiおよびBYODネットワークを制御
・IoT向けの安全なデジタル接続

⑤ネットワークOS「VyOS」

⑤ネットワークOS「VyOS」

概要

「VyOS」は、オープンソースのネットワークOSです。

主に「ソフトウェアルータ」として運用されることが多く、「ファイアウォールプラットフォーム」としての使用にも適しています。

特徴

■ルーティング
・BGP (IPv4 および IPv6)
・OSPF (v2 および v3)
・ポリシーベースルーティング…

■VPN
・IPsec
・L2TP/IPsec および PPTP サーバ
・トンネルインターフェース (GRE、IPIP、SIT)…

■ファイアウォール(NAT)
・ステートフルファイアウォール
・ゾーンベースファイアウォール
・すべての種類の送信元および宛先NAT (1対1、1対多、多対多)…

■ネットワークサービス
・DHCP および DHCPv6 サーバ
・IPv6 RA
・DNS転送
・Webプロキシ
・PPPoEアクセスコンセントレーター…

■高可用性
・IPv4 および IPv6 の VRRP
・カスタムヘルスチェック機能
・移行スクリプト実行機能
・ECMP(Equal Cost Multi Path)
・ステートフルロードバランシング…

オフィシャルサイト

→github.com →vyos

→vyos.io

⑥ネットワークファイアウォールソリューション「ClearOS 7 Community」

⑥ネットワークファイアウォールソリューション「ClearOS 7 Community」

概要

「ClearOS 7 Community」は、オープンソースのオペレーティングシステムプラットフォームです。

各種環境において、アプリケーションやサービスを実行します。

ClearOSのファイアウォール機能は、ユーザーに安定した高速Webエクスペリエンスを提供しながら、外部インターネットからの攻撃に対して保護する「ネットワークファイアウォールソリューション」として動作します。

特徴

■ファイルサーバ機能
・ネットワークの内外でファイルに安全にアクセス

■ネットワークプラットフォーム
・コアネットワークサービスを促進
・容易なネットワークの管理

■クラウドプラットフォーム
・クラウドサービス統合
・独自クラウドサービスプロバイダー

■機能拡張
・DNSサーバ
・DMZ
・DHCPサーバ
・帯域幅マネージャー

オフィシャルサイト

→github.com →clearos

→clearos.com →clearfoundation →software →clearos-7-community

⑦パケットフィルタリングルールセット構成「iptables」

⑦パケットフィルタリングルールセット構成「iptables」

概要

「iptables」は、パケットフィルタリングルールセットを構成するためのコマンドラインプログラムです。

「Linux 2.4.x」以降で動作します。

特徴

・パケットフィルタルールセットのリスト表示機能
・ルールの「追加」「削除」「変更」機能
・ルール単位でのカウンターの「一覧表示」および「ゼロ設定」
・ip6tablesパッケージ :IPv6パケットフィルタの構成に使用

オフィシャルサイト

→git.netfilter.org →iptables

→netfilter.org →projects →iptables

【お知らせ】ITセミナー「マジセミ」のご紹介

「 マジセミ 」では、日々、多くのIT関連セミナーを開催しています。

参加者のみなさまのために「本当に役立つ情報の提供」を目標としています。

また、「 マジセミ 」を通じて、デジタル関連プロダクト(サービス)との「新たな出会いの場」「新たな体験の場」を創造することで、「IT業界の発展」「製造業の発展」「エンジニアの活躍促進」の実現を目指しています。

多くのセミナーの中から「ご自身のスキルやビジネスを強化できるセミナー」を見つけて、ぜひ一度、ご参加ください。

マジセミ


参考サイト
→g2.com →What Is a Firewall? (How It Works + Why It’s Important)
→fortinet.com →What Does a Firewall Do?
→em360tech.com →Top 10 Open-Source Firewalls
→sunnyvalley.io →What Are The Best Open Source Firewalls?
→cybersecuritynews.com →「Top 10 Best Open Source Firewall to Protect Your Enterprise Network 2022」
→cyberexperts.com →「Best Open Source Firewall (Top 8)」
→em360tech.com →「Top 10 Open-Source Firewalls」

おすすめの記事

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

ChatGPT探訪

2024.05.07

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

マジセミSNSに投稿した 【担当者A】の「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜💬 を記事化したものです。 ChatGPTに課金していないみなさんにも、 AI同士の議論をお楽しみいただけます👍 ※原稿テキストを放り込むだけで、 ジョジョ風イラストを作成してしまう生成AIがすごくないですか?

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

トレンド解説

2024.05.07

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

「米国における 生成AI活用 最新動向」について解説しています。生成AIは日本企業にも多くの可能性をもたらし、「デスクワークの効率化」や「業務の自動化推進」に貢献しています。生成AIを理解し、活用することが、グローバルな競争力を高める鍵となります。