マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】CoprHD

【OSS情報アーカイブ】CoprHD

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

「CoprHD」とは

基本情報

概要

CoprHD(カッパーヘッド)とは、ストレージ仮想化ソリューションです。「SDS(Software-Defined Storage、ソフトウェア定義ストレージ)」により、マルチベンダーストレージを一元管理して、シンプルで拡張可能なプラットフォームを実現します。

基本説明

CoprHDは、仮想化技術などを用いて、タイプ/ベンダーが異なるストレージを論理的に統合し、サーバに対して一元的にボリュームを割り当てます。インフラストラクチャプロビジョニングも実行します。自動化されたワークフローを利用したサービス開発も可能です。

データセンターなどにおいて、マルチベンダーストレージ向けの単一でオープンなコントローラーとして機能します。柔軟性/選択肢/セキュリティ/透明性などの特徴があります。また、新しいサービス/アプリケーションを開発するための機能を提供します。

無償版と有償版

「CoprHD」は「EMC ViPR Controller」のオープンソース版です。両方とも、主にEMC社が開発しています。

「(有償製品版)EMC ViPR Controller」は、高機能な「ソフトウェア定義ソリューション」と「標準化インフラストラクチャによるプラグアンドプレイ型アーキテクチャ」を提供します。

「(有償製品版)EMC ViPR Controller」と「(無償オープンソース版)CoprHD」は、ほぼ同等の機能を提供します。「(無償オープンソース版)CoprHD」に欠けている機能は、「EMCオンラインサポート機能」「ライセンス管理機能」「ソフトウェア自動アップデート機能」などのみで、コアとなる機能は、ほぼすべて公開されています。

経緯

2015年06月 CoprHD、オープンソースコミュニティ向けにリリース

主な特徴

ストレージプロビジョニングタスク/再利用タスクの自動化

これらの自動化により、ストレージ管理者は、煩雑/反復的手動管理タスクから解放され、より注力すべきことに集中できます。人為的ミス/リスクも低減できます。

「ボリューム作成~FC-SANゾーニング~LUNマスキング~ファイルシステム作成/マウント操作」などの一連の処理を自動化できます。

ベンダー非依存

マルチベンダープラットフォームであるため、多くのベンダー製品(インフラストラクチャ)から最適な選択を行えます。多くのベンダー製品がCoprHDにネイティブ対応しています。

CoprHDネイティブ対応製品は、オープンソース版であるCoprHDのリリースにより、さらに拡大していくと見られています。

REST API

「REST API」が提供されていることにより、管理自動化ソリューションとの高度な連携が可能です。

例えば、VMware連携により、VMwareでストレージ管理/プロビジョニングを行えます。

主な機能

・SANポート検出機能
・SANゾーニング機能
・マスキング機能
・ボリューム作成/削除/拡張機能
・ボリュームマウント/アンマウント自動化機能
・スナップショット作成/削除機能
・ストレージリソース自動検出/プール化機能
・マルチユーザ対応ポータル画面
・仮想化ソリューション(VMware/Hyper-V/OpenStackなど)との連携機能

同様製品(概要情報)

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「OpenStack」「Ceph」「GlusterFS」など。

導入事例

高機能ストレージ仮想化ソリューションのオープンソース版として大きな注目を集めています。

ライセンス情報

CoprHDのライセンスは「Mozilla Public License 2.0」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

ダウンロード

ダウンロードページ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

トレンド解説

2024.05.07

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

「米国における 生成AI活用 最新動向」について解説しています。生成AIは日本企業にも多くの可能性をもたらし、「デスクワークの効率化」や「業務の自動化推進」に貢献しています。生成AIを理解し、活用することが、グローバルな競争力を高める鍵となります。

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

ChatGPT探訪

2024.05.07

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

マジセミSNSに投稿した 【担当者A】の「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜💬 を記事化したものです。 ChatGPTに課金していないみなさんにも、 AI同士の議論をお楽しみいただけます👍 ※原稿テキストを放り込むだけで、 ジョジョ風イラストを作成してしまう生成AIがすごくないですか?