マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】NetBeans

【OSS情報アーカイブ】NetBeans

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

「NetBeans」とは

基本情報

概要

NetBeans(ネットビーンズ)とは、オープンソースの統合開発環境(IDE)です。Oracleを中心としたコミュニティにより開発されているため、Java最新版にいち早く対応できる利点があります。

基本説明

ほぼ100%Javaで実装されている統合開発環境です。デスクトップ/モバイル/Webアプリケーションを開発できます。

NetBeansとよく比較される同様なJava統合開発環境として「Eclipse」があります。Eclipseはすでに広く使われており、シェア/多機能性/プラグインボリュームなどにおいてEclipseに一日の長があります。

経緯

1997年、最初のプレリリースが行われました。
1999年、「NetBeans」の名で初めてリリースされました。
オープンソースとして、NetBeans.orgが開発を引き継いでいます。

主な特徴

対応言語

Java/JavaScript/PHP/C言語/C++/Ruby/Python/Groovyなどのプログラミング言語に対応しています。

対応OS

Javaで実装されているため、Java VMが稼働するOS上で動作します。

モジュール/プラグイン

標準で多くの機能が搭載されており、プラグインマネージャにより機能追加できます。

軽快性

旧バージョンでは動作性能に問題があるとされていましたが、バージョン4.0以降、JavaVMの大幅な高速化により、ネイティブ環境との速度差はほぼないとされています。

最新Javaへの対応が早い

Javaを開発しているOracleが開発に参加しているため、Java最新版にいち早く対応できる利点があります。

プロジェクト管理機能

NetBeansでは、アプリケーションごとに個別のプロジェクトを作成して開発します。ウィザード形式で簡単に雛形を作成でき、ライブラリ依存関係解決もプロジェクト管理機能により簡単に対応できます。

ビルドツール(Apache Ant/Apache Maven)が統合されているため、コンパイル→ビルド→実行までのプロセスをワンクリックで行えます。

多言語対応

デフォルトで多言語対応しています。

高機能エディタ(コード支援機能)

キーワードハイライト/入力候補表示/自動補完/ブロック単位折り畳み/雛形生成/ヒント表示/キーボードショートカット/ジャンプ機能などのコーディングサポート機能を利用できます。

ビジュアルエディタ

高機能なビジュアルGUIエディタ「Matisse」を備えています。GUI部品を視覚的に配置してデザインでき、リアルタイムにコードに反映されます。

リファクタリング機能

クラス名/メソッド名/変数名などの一括変更が可能です。

バージョン管理システム

バージョン管理システム「CVS」「Subversion」「Mercury」をサポートしています。また「Git」などの他のバージョン管理システムにもプラグインにより対応できます。

デバッグ機能

デバッグ機能が統合されており、実行テスト時のブレークポイント設定/変数視覚化などが可能です。

ユニットテスト

単体テストツール「JUnit」「PHPUnit」などがサポートされています。デバッグのみではなく、コード品質向上にも役立ちます。

パッケージインストール

アプリケーショサーバなども一緒にパッケージされたインストーラーが用意されており、一括でインストールできます。

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Eclipse」など。

ライセンス情報

NetBeansのライセンスは「Common Development and Distribution License」「GNU General Public License v2」のデュアルライセンスです。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

ダウンロード

ダウンロードページ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

トレンド解説

2024.05.07

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

「米国における 生成AI活用 最新動向」について解説しています。生成AIは日本企業にも多くの可能性をもたらし、「デスクワークの効率化」や「業務の自動化推進」に貢献しています。生成AIを理解し、活用することが、グローバルな競争力を高める鍵となります。

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

ChatGPT探訪

2024.05.07

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

マジセミSNSに投稿した 【担当者A】の「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜💬 を記事化したものです。 ChatGPTに課金していないみなさんにも、 AI同士の議論をお楽しみいただけます👍 ※原稿テキストを放り込むだけで、 ジョジョ風イラストを作成してしまう生成AIがすごくないですか?

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。