マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】Apache Ant

【OSS情報アーカイブ】Apache Ant

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

「Apache Ant」とは

基本情報

概要

Apache Ant(アパッチ アント)とは、ビルドツールです。複雑なコンパイル作業を自動化します。「XML記述」「Javaベースであるためプラットフォームに依存しない」などの特徴があります。

基本説明

Java実装Webアプリケーションを実行するために必要な「コンパイル→パッケージング→ デプロイ」の一連の作業を記述しておき、Javaの機能を用いて、コマンド一発で実行するためのツールです。

Ant自体はJavaで実装されていて、Java版「GNU make」といえるものです。OSなど特定の環境に依存しにくい特徴があります。

経緯

「Ant」は「Another Neat Tool」の略とされています。

もともと「Apache Tomcat」ビルド用に開発されました。

主な特徴

複雑なコンパイルプロセスを簡略化

ビルド手順(コンパイル/jarファイル作成など)を形式化できるため、複雑なビルド手順を自動化できます。

簡単なビルドコマンドでコンパイルできる場合(ソースファイルが1つしかなく、javacコマンドを1回実行するだけでコンパイル可能な場合など)は、逆に作業負荷が増えます。ビルドプロセスが複雑な場面において効果を発揮します。

処理プロセスのグループ化

ターゲットとして処理をまとめることができます。例えば「javacタスク」と「native2asciiタスク」をまとめてコンパイルターゲットにできます。ターゲットごとに必要とされる処理のみを選択して実行可能です。

また、ディレクトリ内の全ファイルを処理対象にできます。

依存関係解決

「jarファイル作成の前に、ソースがコンパイルされている必要がある」などの依存関係を自動解決できます。このような依存関係について意識する必要がなくなります。

インクリメンタルビルド

ビルド処理を行うタスクは、タイムスタンプを調べて処理が必要なファイルのみ処理します。

タスクをXMLで記述

複雑なタスク(ビルドルール)をXMLで分かりやすく記述できます。

用意されているAntプラグインを利用して、パラメータ指定のみでパッケージング/デプロイなどの処理を実現します。

Antが提供しているAPIを使用して、Javaでタスクの独自開発も行えます。

XMLでビルド内容が記述されているため、同一のビルドファイルでマルチプラットフォーム対応できます。

豊富なJava開発ツールに対応

各種Java開発ツール(javac/ja/rmic/war/native2asciiなど)に対応しています。また、JavaBeansからEJBを生成するxdoclet/vdocletなどからもタスクが提供されています。

IDE連携

統合開発環境「Eclipse」は、Antプラグインを標準搭載しています。

.NET Frameworkサポート

「IKVM.NETプロジェクト」および「Monoプロジェクト」により、「Ant task for IKVMC」として.NET Frameworkでの利用も促進されています。

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Bazel」「Maven」「Gradle」など。

ライセンス情報

Apache Antのライセンスは「Apacheライセンス」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

ダウンロード

ダウンロードページ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

トレンド解説

2024.05.07

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

「米国における 生成AI活用 最新動向」について解説しています。生成AIは日本企業にも多くの可能性をもたらし、「デスクワークの効率化」や「業務の自動化推進」に貢献しています。生成AIを理解し、活用することが、グローバルな競争力を高める鍵となります。

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

ChatGPT探訪

2024.05.07

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

マジセミSNSに投稿した 【担当者A】の「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜💬 を記事化したものです。 ChatGPTに課金していないみなさんにも、 AI同士の議論をお楽しみいただけます👍 ※原稿テキストを放り込むだけで、 ジョジョ風イラストを作成してしまう生成AIがすごくないですか?

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。