マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】Kernel-based Virtual Machine

【OSS情報アーカイブ】Kernel-based Virtual Machine

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

「Kernel-based Virtual Machine」とは

「Kernel-based Virtual Machine(KVM)」基本情報

概要

Kernel-based Virtual Machine(KVM)(カーネルベースド バーチャルマシン)とは、Linuxカーネルに搭載されているハイパーバイザ型仮想化機能です。Linux内に仮想マシンを作成し、Linux/Windowsなどの複数のゲストOSを起動できます。

基本説明

KVMを使用することで、1台のLinux内に仮想マシンを作成し、LinuxやWindowsなどの複数のOSについて、修正を加えずにそのまま動作させることができます。

KVMは、ハイパーバイザ(完全仮想化)型に分類される仮想化機能です。「BIOSも含めたハードウェアすべて」を仮想化します。

CPU/メモリを仮想化する「KVM」と、入出力関連を仮想化する「QEMU」の機能により、完全仮想化を実現します。

主な特徴

動作要件

動作要件① Linuxカーネルバージョン
Linuxカーネルバージョン「2.6.20」以降が必要です。

動作要件② CPUの仮想化機能対応
KVMの動作のためにハードウェアのサポートが必要となるため、仮想マシンのホストのプロセッサ(CPU)が仮想化機能に対応している必要があります。
Intelプロセッサでは「VT-x」、AMDプロセッサでは「AMD-V」という機能が対応しています。

Linuxカーネル標準搭載

KVMのカーネルコンポーネントは、メインラインのLinuxに含まれています。

同様の仮想化機能「Xen」は外部ハイパーバイザーで、マシンの制御を引き受け、ゲスト間でリソースを分割します。

KVMはLinuxの一部であるため、通常のLinuxスケジューラとメモリ管理を使用できます。そのため、KVMは、「Xen」よりも小型軽量で、シンプルに動作できるメリットがあります。

入出力I/O仮想化機能「QEMU」

KVMは、複数のOSを動作させるために、CPU/メモリなどを仮想化する機能を提供します。

「QEMU」はゲストOSの入出力I/O(ディスク/ネットワークなど)を仮想化します。「QEMU」にもCPU仮想化機能はありますが、KVMはこの機能を使用せずにCPUの仮想化を実現しています。

「KVMはCPUを仮想化」「QEMUはI/Oを仮想化」の分担でマシンを仮想化しています。

サポートゲストOS

KVM+QEMUでの仮想化は、多くのゲストOSに対応しています。

→KVM →Guest Support Status

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Xen」など。

オフィシャルサイト

オフィシャルサイト

→KVM(Kernel-based Virtual Machine)

ライセンス情報

Kernel-based Virtual Machineのライセンスは「GNU General Public License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→KVM(Kernel-based Virtual Machine) →FAQ →What is the difference between KVM and VMware?

ダウンロード

→KVM(Kernel-based Virtual Machine) →Downloads

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

トレンド解説

2024.05.07

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

「米国における 生成AI活用 最新動向」について解説しています。生成AIは日本企業にも多くの可能性をもたらし、「デスクワークの効率化」や「業務の自動化推進」に貢献しています。生成AIを理解し、活用することが、グローバルな競争力を高める鍵となります。

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

OSS情報

2024.07.04

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

「 Hoppscotch 」は、オープンソースのAPI開発エコシステムで、使いやすさとアクセシビリティを重視した軽量なWebベースのスイートです。無料版と有料版があり、PostmanやInsomniaの代替として利用可能です。

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。