マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】Zenko

【OSS情報アーカイブ】Zenko

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

「Zenko」とは

「Zenko」基本情報

概要

Zenko(ゼンコ)とは、「Amazon S3」ベースのマルチクラウドデータコントローラーです。クラウド間で統一されたインターフェースを提供し、異種環境間のデータワークフローをサポートします。

基本説明

Zenkoは、Amazon S3機能を拡張するもので、異なるプラットフォーム間を横断するインテリジェントなレイヤーを提供します。

Amazon S3準拠の単一インターフェース(Amazon S3 API)をあらゆるアプリケーションに提供し、サポートされているパブリッククラウドストレージ(プライベートクラウドストレージ)に直接データを格納できます。

経緯

Zenkoは、Scality社が開発しており、2017年7月にオープンソース公開されました。

「非常に謎めいた狐(善狐)」がZenkoの名称由来です。

主な特徴

マルチクラウドデータコントローラ

Zenkoは、「マルチクラウドデータコントローラー」として、「データオブジェクトのメタデータ管理」と「データサービス機能」を提供します。

複数のプライベートクラウド/パブリッククラウド/リージョンにまたがるデータオブジェクトのメタデータ(非構造化データ)を一括管理でき、クラウドストレージの効率性とスケールを最大化します。

「各環境に適合させるためにアプリケーションを書き直さなければならない」という手間を削減できます。

AWS S3 API

Zenkoは、Amazon S3 APIを使用し、「オンプレミス」「プライベートクラウド」「パブリッククラウド」など、マルチクラウドバックエンドデータストレージをサポートする単体の統一インターフェースを提供します。

サポートストレージ

Zenkoは、「Amazon S3」「Microsoft Azure Blob Storage」などに対応しています。

Amazon S3 API互換のストレージ製品を使えば、オンプレミス環境も対象に含めることができます。

その他のクラウドプラットフォームもサポートされていく予定です。

クラウドワークフローエンジン「Backbeat」

「Backbeat」は、メッセージングシステムを中心としたエンジンで、次のような拡張されたクラウドワークフローサービスを提供します。
・データレプリケーション
・データマイグレーション
・クラウドアナリティクス
・データライフサイクル管理
・コンテンツ配信 など

検索機能「Cluesoメタデータサーチ」

「Cluesoメタデータサーチ」とは、「Apache Spark」ベースのメタデータ検索機能です。

主なポイント
・ペタバイト級のデータに対応
・高付加価値データと単なるデータノイズを分離
・キー属性に基づいて情報をサブセット化
・メタデータ検索「S3 x-amz-metaヘッダー」によるカスタムメタデータのキー/値属性のサポート
・SQLの文法によるプラットフォームを横断した検索やサブセット化

クラウドロックインを回避

パブリッククラウドでのサービス停止事案から、「やはりオンプレミスにもデータのコピーを置いておきたい」「特定のクラウドベンダーへの全面的な依存は避けたい」という企業も増えてきています。

Zenkoは、このような要望に応えられるソリューションとして注目を集めています。

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「OpenDaylight」など。

オフィシャルサイト

オフィシャルサイト

→zenko.io

ライセンス情報

Zenkoのライセンスは「Apache License 2.0」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →Zenko/LICENSE

ダウンロード

→GitHub →scality/Zenko

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

トレンド解説

2024.05.07

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

「米国における 生成AI活用 最新動向」について解説しています。生成AIは日本企業にも多くの可能性をもたらし、「デスクワークの効率化」や「業務の自動化推進」に貢献しています。生成AIを理解し、活用することが、グローバルな競争力を高める鍵となります。

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

OSS情報

2024.07.04

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

「 Hoppscotch 」は、オープンソースのAPI開発エコシステムで、使いやすさとアクセシビリティを重視した軽量なWebベースのスイートです。無料版と有料版があり、PostmanやInsomniaの代替として利用可能です。