マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】Lustre

【OSS情報アーカイブ】Lustre

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

コンテンツ

「Lustre」とは

概要

Lustre(ラスター)とは、オープンソースの並列ファイルシステムです。LustreファイルシステムはPOSIX準拠のファイルシステムインターフェースを提供し、「数千クライアント」「ペタバイトクラスストレージ」「高速I/O帯域幅(数百ギガバイト/秒)」への拡張が可能です。

基本説明

カーネギーメロン大学の研究プロジェクトから生まれたLustreファイルシステムは、リーダーシップクラスのHPC(High-Performance Computing)シミュレーション環境の多くの要件をサポートし、最もパワフルなスーパーコンピューターのいくつかをサポートしています。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→lustre.org

■GitHub

→github.com →lustre/lustre-release

■主要開発元

Lustreは、OpenSFSとEOFSが中心となり開発が進められています。

→opensfs.org

→eofs.eu

■ライセンス情報

Lustreのライセンスは「GNU GENERAL PUBLIC LICENSE Version 2」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→github.com →lustre/lustre-release →COPYING

■動作環境

Lustreは「RHEL」「CentOS」などのLinuxディストリビューションで動作します。

■ダウンロード

→lustre.org →download

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Ceph」「Apache Hadoop」など。

Lustreファイルシステム

Lustreアーキテクチャの中心的コンポーネントは「Lustreファイルシステム」です。

これはLinuxオペレーティングシステムでサポートされており、POSIX標準準拠のUNIXファイルシステムインターフェースを提供します。

Lustreファイルシステムは、ext4ジャーナリングファイルシステムの改良版を使用してデータとメタデータを保存します。パフォーマンスを改善し、Lustreファイルシステムに必要な追加機能を提供するように拡張されています。

ストレージ

Lustreストレージアーキテクチャは、さまざまな種類のクラスタをサポートします。

ファイルレイアウトは「ファイル単位」「ディレクトリ単位」「ファイルシステム単位」で構成できます。これにより、ファイルI/Oを単一ファイルシステム内の特定アプリケーション要件に合わせて調整できます。

Lustreファイルシステムのクラスタ総帯域幅を中断することなく、クラスタ拡張が可能です。

高可用性

Lustreファイルシステムは、共有ストレージパーティションを使用したアクティブフェイルオーバーをサポートします。

さまざまな高可用性(HA)マネージャーと連携することで、単一障害点を発生させずに、自動フェイルオーバーが可能となっています。

これにより、アプリケーションの透過的リカバリを実行できます。

ユーティリティ

Lustreには各種ユーティリティが付属しています。

■構成ユーティリティ

Lustreは、ファイルシステムのセットアップや調整をサポートする構成ユーティリティを提供します。

■テストフレームワーク

Lustreソースコードには、ファイルシステムとネットワークの全体的なベンチマークに対して個々のLustreコンポーネントをテストするための、「一連のテスト」と「テストフレームワーク」が含まれています。

単一ノードで一連のテストをセットアップして実行し、大規模なクラスタでテストを実行できます。

■パフォーマンスモニター

Lustreファイルシステムは、パフォーマンスやチューニングを調べるための各種パフォーマンスモニターを提供します。

■ディザスタリカバリツール

Lustreファイルシステムは、オンライン分散ファイルシステムチェック機能(LFSCK)を提供します。

この機能により、重大なファイルシステムエラーが発生した場合に、ストレージコンポーネント間の整合性を復元できます。

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

【OSS情報】LLMトレーニング用ライブラリ「 GPT-NeoX 」📚

OSS情報

2024.07.18

【OSS情報】LLMトレーニング用ライブラリ「 GPT-NeoX 」📚

「 GPT-NeoX 」は、GPU上で大規模言語モデル(LLM)を効率的にトレーニングするためのライブラリです。NVIDIAのモデルを基に独自の最適化が加えられ、オートレグレッシブ言語モデルのトレーニング手法を集約しています。

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

OSS情報

2024.07.04

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

「 Hoppscotch 」は、オープンソースのAPI開発エコシステムで、使いやすさとアクセシビリティを重視した軽量なWebベースのスイートです。無料版と有料版があり、PostmanやInsomniaの代替として利用可能です。