マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】OpenCms

【OSS情報アーカイブ】OpenCms

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

「OpenCms」とは

「OpenCms」基本情報

■概要

OpenCms(オープンシーエムエス)とは、「使いやすい」「信頼性が高い」など特徴を持つプロフェッショナルユースに対応できるコンテツ管理システムです。

■基本説明

OpenCmsは、Webサイト用コンテンツ管理システムです。Webサイトに対して、さまざまな効率的なコンテンツ作成/管理機能を提供します。

ブラウザベースのユーザーインターフェースで、オフィスアプリケーションと同様の統合WYSIWYGエディタを使用してコンテンツを作成できます。高度にカスタマイズされたレイアウトやインタラクティブな機能を作成できます。

作成されたコンテンツはテンプレートエンジンによって統一されたレイアウトに整形されて出力されます。サイト全体のレイアウトを統一でき、W3C標準準拠に対応できます。

■動作環境

OpenCmsは、オープンソース環境や商用環境などを問わずに、多くのITインフラに対応できます。

主な特徴

■Javaベース

OpenCmsは、Java技術に基づいており、サーブレットとしてJavaプラットフォーム上で動作します。

■XMLスキーマ

OpenCmsのテキストコンテンツは、XMLスキーマを使用して定義されます。

コンテンツマネージャーのユーザーインターフェースは、データベースリポジトリに格納されているスキーマに基づいてXMLファイルを作成します。JavaServer Pagesに基づくテンプレートシステムにより、XMLからWebページを作成します。

主な機能

OpenCmsは、Webコンテンツ管理システムとして必要とされるさまざまな機能を提供します。

●エディタ機能
・ページエディタ
・インラインコンテンツ編集
・フォームベースコンテンツエディタ
・サイトマップエディタ
●検索機能
・全文検索エンジン「Apache Solr」統合
・コンテンツ検索
●画像管理
・画像処理機能
●ワークフロー機能
●サイト管理機能
・エクスプローラビュー
・リンク管理
・管理ビュー
・JSP統合 など

■外部連携機能

コンテンツ管理相互運用性サービス(CMIS)

OpenCmsはコンテンツ管理相互運用性サービス(CMIS)を実装しています。

外部アプリケーションは標準化された方法でOpenCmsのコンテンツリポジトリにアクセスできます。

統合モジュールメカニズム

OpenCmsの統合モジュールメカニズムを使用すると、コンテンツや機能を他のマシンに簡単にバンドルできます。

補足情報

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「WordPress」「Drupal」「Concrete5」など。

■オフィシャルサイト

オフィシャルサイト

→OpenCms(OpenCms, the Open Source Java Web Content Management System)

ライセンス情報

OpenCmsのライセンスは「GNU Lesser General Public License 2.1 + GNU Public License 2.1」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→OpenCms →OpenCms Usage License

ダウンロード

→OpenCms →OpenCms Downloads

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

【OSS情報】LLMトレーニング用ライブラリ「 GPT-NeoX 」📚

OSS情報

2024.07.18

【OSS情報】LLMトレーニング用ライブラリ「 GPT-NeoX 」📚

「 GPT-NeoX 」は、GPU上で大規模言語モデル(LLM)を効率的にトレーニングするためのライブラリです。NVIDIAのモデルを基に独自の最適化が加えられ、オートレグレッシブ言語モデルのトレーニング手法を集約しています。

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

OSS情報

2024.07.04

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

「 Hoppscotch 」は、オープンソースのAPI開発エコシステムで、使いやすさとアクセシビリティを重視した軽量なWebベースのスイートです。無料版と有料版があり、PostmanやInsomniaの代替として利用可能です。

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。