マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】OpenCV

【OSS情報アーカイブ】OpenCV

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

「OpenCV」とは

「OpenCV」基本情報

■概要

OpenCV(オープンシーブイ)とは、オープンソースのコンピュータビジョンおよび機械学習ソフトウェアライブラリです。

■基本説明

OpenCV(Open Source Computer Vision)は、コンピュータビジョンアプリケーションに共通のインフラストラクチャを提供し、商用製品でのマシン認識の使用を促進するために構築されています。

特に、リアルタイムアプリケーションに焦点を当てた高度に最適化されたライブラリです。

■主要開発元

OpenCVは、非営利団体「OpenCV Foundation」を中心として開発されています。

「OpenCV Foundation」は、世界で最も優れたオープンソースのコンピュータビジョンライブラリを構築するだけでなく、グローバルな開発者を教育するための包括的なオンラインコースを作成することも使命としています。

→github.io →The OpenCV Foundation

■経緯

・2000年:初版リリース

■ユースケース

OpenCVは画像処理に関わる多くの用途で利用され、安全保護に関するケースでも活用されています。

・顔検出
・工場での製品ラベル検査
・監視カメラでの侵入検知
・各種設備監視
・水泳プールでの溺死事故防止
・滑走路上の障害物(ゴミなど)の検出
・ロボット制御—周囲認識、物体認識 など

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→opencv.org

ライセンス情報

OpenCVのライセンスは「3-clause BSD License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →opencv/opencv →LICENSE

動作環境

OpenCVは「Linux」「MacOS」「Windows」「iOS」「Android」をサポートしています。

ダウンロード

→OpenCV →Releases

導入事例

OpenCVは、スタートアップからグローバル企業まで、さまざまなソフトウェアでライブラリとして利用されています。

・Google
・Yahoo
・Microsoft
・インテル
・IBM
・ソニー
・ホンダ
・トヨタ など

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「ImageMagick」など。

「OpenCV」の主な特徴

■豊富なライブラリ

OpenCVには、「古典的および最先端のコンピュータビジョン」と「機械学習アルゴリズム」を合わせて、2500以上の最適化されたアルゴリズムが用意されています。

主なライブラリ

・顔検出および認識
・オブジェクト識別
・人間の行動分類
・ステレオカメラから3D点群抽出
・類似画像検索
・景色認識 など

■GPUサポート

OpenCVはGPUに対応しており、リアルタイムビジョンアプリケーションに対応できます。

CUDA

CUDAは、NVIDIAが提供しているGPU向け汎用並列コンピューティングプラットフォームです。

OpenCVには、すべてのGPUアクセラレーション機能を含むGPUモジュールが含まれており、新しいコンピューティング技術とGPUアーキテクチャに適応しています。

→OpenCV →CUDA

OpenCL

「OpenCL(Op​​en Computing Language)」は、「CPU」「GPU」「DSP」などの異種プラットフォーム間で動作するコードを書くためのオープンスタンダードです。

OpenCVは、OpenCLにも対応しており、「画像処理」「行列演算」「オブジェクト検出」などの処理において、CPUよりもはるかに効果的にGPU上で多くのアルゴリズムを実行できます。

→OpenCV →OpenCL

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

ChatGPT探訪

2024.05.07

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

マジセミSNSに投稿した 【担当者A】の「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜💬 を記事化したものです。 ChatGPTに課金していないみなさんにも、 AI同士の議論をお楽しみいただけます👍 ※原稿テキストを放り込むだけで、 ジョジョ風イラストを作成してしまう生成AIがすごくないですか?

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

トレンド解説

2024.05.07

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

「米国における 生成AI活用 最新動向」について解説しています。生成AIは日本企業にも多くの可能性をもたらし、「デスクワークの効率化」や「業務の自動化推進」に貢献しています。生成AIを理解し、活用することが、グローバルな競争力を高める鍵となります。