マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】Filebeat

【OSS情報アーカイブ】Filebeat

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

「Filebeat」とは

概要

Filebeat(ファイルビート)とは、Elastic Stackに属する「軽量ログデータ収集ツール」です。

サーバエージェントとしてインストールされたFilebeatは、指定したログファイルなどを監視し、ログイベントを収集して、インデックス作成のためにElasticsearchやLogstashに転送します。

Elastic Stackファミリー

Filebeatは、ログ分析ソリューション「Elastic Stack」の一部として構成されています。

そのため、以下の製品とシームレスに連携します。
・サーバ側データ処理パイプライン「Logstash」
・分析検索エンジン「Elasticsearch」
・データ視覚化ツール「Kibana」 など

Filebeatを「Elastic Stack」と連携させることで、あらゆるフォーマットでデータを取得し、リアルタイムで「検索」「分析」「可視化」できます。

→elastic.co →jp →elastic-stack

Filebeatの仕組み

Filebeatは基本的に以下の通りに動作します。
①サーバエージェントとしてFilebeatを起動
②Filebeat:ログデータ用に指定した場所を検索する1つ以上の入力を開始
③Filebeat:発見するログごとにハーベスタを開始
④各ハーベスタ:ログを読み取り、共通ライブラリ「libbeat」に送信
⑤libbeat:イベントを集約し「Filebeat用に構成した出力」に送信

→elastic.co →guide →beats →filebeat →how-filebeat-works

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→elastic.co →jp →beats →filebeat

■GitHub

→github.com →elastic/beats →tree →master →filebeat

■主要開発元

Filebeatは、Elasticが中心となり開発が進められています。

→elastic.co →jp →about

■ライセンス情報

Filebeatのライセンスは「Elastic License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→github.com →elastic/beats →licenses →ELASTIC-LICENSE.txt

■クイックインストール

→elastic.co →guide →beats →filebeat →filebeat-installation-configuration

■ダウンロード

→elastic.co →jp →downloads →beats →filebeat

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Logstash」「Fluentd」など。

バックプレッシャーセンシティブプロトコル

Filebeatは、データの突発的な増加を考慮して、LogstashやElasticsearchにデータを転送する際に、独自の「バックプレッシャーセンシティブプロトコル」を使用します。
・Logstashがデータ処理に対応できない状態を検知すると、読み込みのペースを緩める
・Logstashの高負荷状態が解消すると、読み込みスピードを戻して処理を続行

堅牢性

Filebeatは、読み込みや転送が中断された場合に、中断されたログ行を記録しています。

そのため、システムの復旧と同時に、中断した場所から処理を再開できます。

クラウドコンテナ対応

Filebeatは「Kubernetes」「Docker」「クラウド環境」にもデプロイできます。

すべてのログストリーム収集に加え、「ポッド」「コンテナ」「ノード」「仮想環境」「ホスト」「その他メタデータ」なども取得し、自動で関連付けします。

監視機能

「Elastic Stack」の監視機能を使用して、環境で実行されているFilebeatインスタンスの状態に関する洞察を得ることができます。
・内部収集:監視データを監視クラスタに直接送信
・Metricbeat収集:Filebeatインスタンスから監視データを収集し、監視クラスタに送信
・[非推奨]レガシーコレクション:監視データを本番クラスタに送信

参考サイト
→elastic.co →beats →filebeat
→elastic.co →guide →beats →filebeat
→github.com →elastic/beats →filebeat

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

【OSS情報】LLMトレーニング用ライブラリ「 GPT-NeoX 」📚

OSS情報

2024.07.18

【OSS情報】LLMトレーニング用ライブラリ「 GPT-NeoX 」📚

「 GPT-NeoX 」は、GPU上で大規模言語モデル(LLM)を効率的にトレーニングするためのライブラリです。NVIDIAのモデルを基に独自の最適化が加えられ、オートレグレッシブ言語モデルのトレーニング手法を集約しています。

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

OSS情報

2024.07.04

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

「 Hoppscotch 」は、オープンソースのAPI開発エコシステムで、使いやすさとアクセシビリティを重視した軽量なWebベースのスイートです。無料版と有料版があり、PostmanやInsomniaの代替として利用可能です。

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。