マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】Spring Boot

【OSS情報アーカイブ】Spring Boot

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

「Spring Boot」とは

概要

「Spring Boot」は、Javaプラットフォーム向けオープンソースアプリケーションフレームワーク「Spring」をベースとした開発環境です。

本番環境グレードのスタンドアロンアプリケーションを簡単に作成できます。

Springアプリケーションのセットアップに必要なボイラープレート構成を排除し、より高速で効率的な開発エコシステムとして機能します。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→spring.io →projects →spring-boot

■GitHub

→github.com →spring-projects/spring-boot

■ライセンス情報

Spring Bootのライセンスは「Apache License 2.0」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→github.com →spring-projects/spring-boot →LICENSE.txt

■システム要件

→docs.spring.io →spring-boot →docs →reference →getting-started.html [→#getting-started.system-requirements]

■インストール

→docs.spring.io →spring-boot →docs →reference →getting-started.html [→#getting-started.installing]

ポイント

・スタンドアロンのSpringアプリケーションを作成
・「Tomcat」「Jetty」「Undertow」を直接埋め込み—WARファイルデプロイは不要
・ビルド構成を簡素化—「スターター」依存関係を提供
・Springおよびサードパーティのライブラリを自動的に構成
・外部構成環境に対応した機能を提供—「メトリック機能」「ヘルスチェック機能」
・「コード生成」や「XML構成」に関する要件は無し

「Spring」ベース

■「Spring」とは

Springは、世界で人気のあるJavaフレームワークです。

「スピード」「シンプル」「生産性」に重点を置いているため、優れたエンタープライズJavaアプリケーションを構築できます。

→spring.io →why-spring

■「Spring」の利点を活用

「Spring Boot」は「Spring」の上に構築されているため、「Spring」のすべての機能と利点を活用できます。

「Spring」は開発者に柔軟性および汎用性を提供しますが、「Spring Boot」は「コードの長さと構成を削減」することに重点を置いています。

開発者はアプリケーションを構築するための時間と労力を大幅に削減できます。

「Spring Boot」の開発目標

・すべてのSpring開発に、高速で広くアクセス可能な入門エクスペリエンスを提供
・大規模クラスのプロジェクトに共通するさまざまな機能を提供—「組み込みサーバ」「セキュリティ」「メトリック」「ヘルスチェック」「外部構成」など
・コード生成やXML構成の要件は無し

組み込みサーブレットコンテナ

「Spring Boot」は、次の「組み込みサーブレットコンテナ」をサポートしています。
・Tomcat
・Jetty
・Undertow

SpringBootアプリケーションを、「サーブレット3.1以降と互換性のあるコンテナ」にデプロイすることもできます。

外部化構成

「Spring Boot」を使用すると、構成を外部化して、異なる環境で同じアプリケーションコードを操作できるようになります。

さまざまな外部構成ソースを使用できます。
・Javaプロパティファイル
・YAMLファイル
・環境変数
・コマンドライン引数 など

プロファイル機能

「Springプロファイル」は、アプリケーション構成の一部を分離し、特定の環境でのみ使用できるようにする方法を提供します。

ロギング機能

Spring Bootは、内部ロギングに「Commons Logging」を使用しますが、他のロギングツールもサポートしています。
・Java Util Logging
・Log4J2
・Logback

ローカライズサポート

「Spring Boot」はローカライズされたメッセージをサポートしているため、アプリケーションはさまざまな言語設定のユーザーに対応できます。

JSONマッピングライブラリとの統合

「Spring Boot」は、次の3つのJSONマッピングライブラリとの統合を提供します。
・Gson
・Jackson ←デフォルトライブラリ
・JSON-B

テスト用ユーティリティ

Spring Bootは、アプリケーションテスト時に役立つユーティリティ(アノテーション)を提供します。
・spring-boot-test
・spring-boot-test-autoconfigure—テストの自動構成をサポート

Kotlinのサポート

「Spring Boot」は、「Spring Framework」「Spring Data」「Reactor」など、他のSpringプロジェクトのサポートを活用することで、Kotlinのサポートを提供します。

参考サイト
→spring.io →projects →spring-boot
→docs.spring.io →spring-boot →docs →reference
→github.com →spring-projects/spring-boot
→rollbar.com →Spring vs. Spring Boot: Whats the Difference

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

OSS情報

2024.07.04

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

「 Hoppscotch 」は、オープンソースのAPI開発エコシステムで、使いやすさとアクセシビリティを重視した軽量なWebベースのスイートです。無料版と有料版があり、PostmanやInsomniaの代替として利用可能です。

【OSS情報】LLMトレーニング用ライブラリ「 GPT-NeoX 」📚

OSS情報

2024.07.18

【OSS情報】LLMトレーニング用ライブラリ「 GPT-NeoX 」📚

「 GPT-NeoX 」は、GPU上で大規模言語モデル(LLM)を効率的にトレーニングするためのライブラリです。NVIDIAのモデルを基に独自の最適化が加えられ、オートレグレッシブ言語モデルのトレーニング手法を集約しています。