マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】DevSpace

【OSS情報アーカイブ】DevSpace

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

コンテンツ

「DevSpace」とは

概要

「DevSpace」(デブスペース)とは、オープンソースのKubernetes環境用開発ツールです。

クラウドネイティブソフトウェアを迅速に開発し展開できるようにするために、Docker+Kubernetesを使用してアプリケーションを「開発」「デプロイ」「デバッグ」するために必要なすべての機能を提供します。

基本説明

DevSpaceは、Kubernetes管理ツール「kubectl」「helm」と同様に、軽量なクライアント専用のCLIツールとして利用します。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→devspace.sh

■GitHub

→github.com →loft-sh/devspace

■主要開発元

DevSpaceは、Loft Labsが中心となり開発が進められています。

→loft.sh →about

■ライセンス情報

DevSpaceのライセンスは「Apache License 2.0」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→github.com →loft-sh/devspace →LICENSE

■動作環境

DevSpaceは、任意のKubernetesクラスタで動作します。

■インストール

→devspace.sh →docs →getting-started →installation

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Skaffold」「Tilt」など。

Kubernetes環境ベース

DevSpaceは、Kubernetes用の開発者ツールであるため、Kubernetes環境内で直接「ビルド」「テスト」「デバッグ」を実施します。

■サーバ側コンポーネントは不要

・DevSpaceは「単一バイナリCLIツール」としてPC上で直接実行される
・IDE内のターミナルから直接使用可能
・kube-contextを使用してKubernetesクラスタと直接通信

■ローカルクラスタをサポート

・Docker Desktop
・Kubernetes
・minikube
・Kind など

■リモートクラスタもサポート

・GKE (Google Kubernetes Engine)
・EKS (Amazon Elastic Kubernetes Service)
・AKS (Azure Kubernetes Service)
・RKE (Rancher Kubernetes Engine)
・DOKS (DigitalOcean's managed Kubernetes Service) など

合理化ワークフロー

DevSpaceでは、すべてのビルドとデプロイの手順を自動化できます

■ビルド

すべてのイメージを並行してビルドします。
・Docker
・kaniko
・任意のカスタムビルドコマンド など

■イメージタグ付け

・カスタマイズ可能なタグスキーマに従ってイメージにタグ付け
・マニフェストとHelmチャート値のタグを更新

■イメージプッシュ

・イメージをパブリック(プライベート)レジストリにプッシュ
・必要に応じてプルシークレットを自動的に作成

導入の自動化

・さまざまな展開ツールをサポート
・リポジトリ間の依存関係管理
・簡単なCI/CD統合

コーディング中にコンテナをリアルタイム更新

・「devspace dev」コマンドにより、アプリケーションをデプロイ
・デプロイされたコンテナへのリアルタイム接続を確立
・ソースコードを変更すると、実行中のコンテナに同期
・ホットリロードを使用してアプリケーションを再構築/再起動

開発者ツール連携

任意の端末から開発環境を起動し、IDE内でDevSpaceを使用できます。

■マルチコンテナ ログ ストリーミング

・コーディング中にデプロイされたすべてのコンテナのログをストリーミング

■インタラクティブ ターミナル

・インタラクティブモードを使用してDevSpaceを起動
・Dockerイメージの1つのエントリポイントをsleepコマンドでオーバーライド
・ログストリーミングの代わりに、デプロイされたコンテナへのインタラクティブターミナルセッションを開く
・手動エントリポイントコマンドを使用して自分でコンテナを起動できる

参考サイト
→devspace.sh
→github.com →loft-sh →devspace
→devspace.sh →docs →getting-started →introduction
→helpnetsecurity.com →「DevSpace 6: Client-only developer tool for cloud-native development with Kubernetes」

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

OSS情報

2024.07.04

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

「 Hoppscotch 」は、オープンソースのAPI開発エコシステムで、使いやすさとアクセシビリティを重視した軽量なWebベースのスイートです。無料版と有料版があり、PostmanやInsomniaの代替として利用可能です。

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。

【OSS情報】LLMトレーニング用ライブラリ「 GPT-NeoX 」📚

OSS情報

2024.07.18

【OSS情報】LLMトレーニング用ライブラリ「 GPT-NeoX 」📚

「 GPT-NeoX 」は、GPU上で大規模言語モデル(LLM)を効率的にトレーニングするためのライブラリです。NVIDIAのモデルを基に独自の最適化が加えられ、オートレグレッシブ言語モデルのトレーニング手法を集約しています。