マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

IT用語解説

2024.01.26

【IT用語解説】「 デジタルヒューマン 」とは😊

【IT用語解説】「 デジタルヒューマン 」とは😊

はじめに

現代のデジタル技術の進歩は、
私たちの「生活」「仕事」「コミュニケーション」に大きな変革をもたらしています。

その中でも特に注目されているのが、
「デジタルヒューマン」という概念です。

本記事では、
・デジタルヒューマンとは何か?
・どのようにして作成できるのか?
・私たちの世界にどのような影響を与えているのか?
などについて、
まとめています。

「デジタルヒューマン」とは

概要

リアルなデジタルレプリカ

「デジタルヒューマン」とは、
デジタル技術を駆使して作られた
「人間のリアルなデジタルレプリカ」です。

「リアルな人間」のように見えるだけでなく、
「動作」もリアルに模倣します。

新しいエクスペリエンス

「デジタルヒューマン」の
「リアリスティックな外見」と「インタラクティブ機能」は、
新しい形の「コミュニケーション+エクスペリエンス」を提供できます。

最新技術

デジタルヒューマンは、
各種最新技術を組み合わせて作成されます。

利用されている主なテクノロジー

◯コンピュータグラフィックス
・3Dモデリング
・テクスチャリング
・アニメーション技術
・モーションキャプチャ技術
◯人工知能
◯機械学習 など

「デジタルヒューマン」の特徴

「現実の人間」をリアルに再現

・肌の質感
・表情
・動き など

インタラクティブなコミュニケーション

・「人間の振る舞い」をリアルに模倣
・「人間との対話」が可能
・リアルタイムの「対話」や「感情表現」を実現

一方向的コミュニケーションタイプ

デジタルヒューマンは、
「双方向コミュニケーションが可能なタイプ」とされますが、
「一方向的なコミュニケーションを行うタイプ」も含まれる という考え方もあります。

学習と適応

・機械学習技術により継続的に学習
・環境や相手に応じて行動を調整できる

活用分野

エンターテインメントと広告

・映画
・テレビ
・ゲーム
・メタバース

教育分野

・バーチャル教師
・トレーナー

医療分野

・患者とのコミュニケーションサポート
・精神疾患治療におけるセラピスト

ビジネス分野

・役所 :証明書発行手続き
・銀行 :住宅ローンアシスタント
・小売店 :接客スタッフ
・大型商業施設 :コンシェルジュ
・観光ツアーガイド

「デジタルヒューマン」の種類

①フィクショナル

・架空のキャラクター
・エンターテインメント業界でよく見られる
・「映画」や「ゲーム」など

②リアルベース

・「実在する人物」をベースに作成される
・その人物の動きや表情をリアルに再現する

③AIドリブン

・完全にAIによって制御される
・リアルタイムでの対話や応答が可能

「デジタルヒューマン」と「アバター」の違い

「デジタルヒューマン」と「アバター」は、異なる概念とされる場合もありますが、
「アバター」は「デジタルヒューマンの形態の1つ」とする考え方もあります。

「アバター」の場合

表現の自由度

・「リアルな人間の外見」から「架空のキャラクター」まで幅広い
・「リアリズム」よりも、「個性やスタイル」を重視

ユーザーの代理キャラクター

・自己表現ツール
・ユーザー自身を代表するために使用される
・「個人の娯楽」や「コミュニケーション」に使用されることが多い

ユースケース

・オンラインゲーム
・ソーシャルメディア
・バーチャルリアリティ
・SNS

カスタマイズ性

ユーザーが自由に「外見」や「アクセサリー」をカスタマイズできる

まとめ

デジタルヒューマン

・人間のような外見を持つ
・人間のように振る舞う
・AI技術を駆使してインタラクティブに動作するタイプもある

アバター

・ユーザーの代理として使用される
・より広範な表現の自由度を持つ
・自律性は無く、ユーザーが設定し操作する

「デジタルヒューマン」作成ツール

デジタルヒューマンを作成して利用できるツールを紹介します。

UnrealEngine系ツール「MetaHuman Creator」

概要

・クラウドベースツール
・無料
・さまざまなデバイスでリアルタイム実行が可能

直感的にデジタルヒューマンを作成できる

・リアルなポーズ :モーションキャプチャ機能
・リアルな表情 :フェイシャルキャプチャ機能

「Unreal Engine」互換

・「Epic Games」が開発
・「Unreal Engineマーケットプレイス」 :無料で使用可能な多数のアニメーションが用意
・作成したキャラクターは「Unreal Engineプロジェクト」で無料で使用できる

ハイエンドグラフィックス

・高度なグラフィックス性能を提供
※最高レベルのグラフィックを得るためには、ハイエンドPCが必要になる場合がある

オフィシャルサイト

→unrealengine.com →ja →metahuman

頭部3Dモデル ジェネレータ「Headshot 2」

概要

・「写真」や「3Dモデル」からリアルなデジタルヒューマンを作成
・Reallusionが開発
・3Dキャラクター生成ソリューション「Character Creator」のAI搭載プラグイン
・さまざまな3Dプロジェクトにおいてその能力を発揮

高度なAI機能

・さまざまなメッシュ状態を処理
・「静的モデル」を「完全にリギングされたキャラクター」に変換

2つのモード

・手軽に作成できる「オートモード」
・細部までコントロールできる「プロモード」
・それぞれ異なるレベルのカスタマイズと品質を提供

主な機能

・フォトグラメトリ :リアルなモデルを作成
・デジタルスカルプチャ :高解像度3Dキャラクターの作成
・テクスチャ生成
・レンズ補正
・テクスチャとメッシュの位置合わせ
・テクスチャベイキング
・ハイポリノーマルベーキング
・頂点カラーからテクスチャへの変換
・UVリマッピング
・音声リップシンク
・モバイル3Dスキャニング :手軽で費用対効果の高い3Dモデル作成方法

オフィシャルサイト

→reallusion.com →jp →character-creator →headshot

「デジタルヒューマン」の課題

発展が続くAI分野と同様に、
「デジタルヒューマン」には、
「技術的」「倫理的」「社会的」な側面から
多くの課題もあります。

バイアスと倫理的課題

・AIシステムが訓練データの偏見を学習し反映する恐れがある
・不公平な扱いが生じる可能性がある :「性別」「人種」「年齢」などに基づく

透明性と説明責任

「金融」「医療」「法執行」などの高リスク分野において、
「AIの意思決定プロセスの透明性」が重要となる。

ポリシーと規制

・プライバシー保護
・データセキュリティ
・消費者保護

ヘルスケア

・「人間中心のケア」を維持する必要がある
・「患者の福祉」を最優先する

教育と啓発

デジタルリテラシーの重要性は増している
・「AI」や「デジタル技術」に関する教育強化が必要

国際協力と標準化

・AI技術は、さまざまな国々で開発されている
・国際的な「安全基準」と「協力体制」の構築が重要

技術的挑戦

・自然言語理解
・「表情」や「声の抑揚」をリアルタイムに再現する能力
・「不気味の谷」現象の克服
・感情認識 :人間の感情や意図を正確に読み取る能力
・適切な反応

「デジタルヒューマン」の最新トレンド

【ソニー】顔の動きのリアルな再現技術

概要

・「人間の顔の動き」を、よりリアルに再現する技術を開発
・特に「目」と「唇」の動きの再現に注力
・「カメラで撮影した人物の映像」から「各部位の形状」を正確に取得
・人間らしさを再現する上での「不気味の谷」と呼ばれる障壁を越える試み

紹介記事

→sony.com →仮想空間上に自分とそっくりなDigital Human。「不気味の谷」を越え、3Dモデルに命を吹き込むためのこだわりとは。

【サイバーエージェント】リアリズムと表現力向上

・「森島研究室」と「サイバーエージェント」による共同研究
・CG技術を活用して「人間らしい表現」を追求
・「新たな感動体験」を生み出すことに重点を置く
・「NeRF」(Neural Radiance Field) :自由視点画像生成に関わるアルゴリズムの研究

紹介記事

→cyberagent.co.jp →世界初、デジタルヒューマンによる「感動体験」を目指して ー森島研究室と創り出すCG技術の未来ー

【NEC】デジタルヒューマン協議会を設立

・「デジタルヒューマンの社会実装」を目指すための協議会を設立
・「デジタルヒューマン白書 2023」を公開
・デジタルヒューマンの活用がもたらす社会的意義や利活用方法
・9つのユースケースについての詳細

紹介記事

→jpn.nec.com →NEC、デジタルヒューマン協議会を設立~デジタルヒューマンの社会実装の加速に向けて、先進企業による情報交換の場として活動開始~

「デジタルヒューマン」の将来展望

「デジタルヒューマンの進歩」は、
私たちの生活や働き方に大きな変化をもたらす可能性を示しています。
多くの分野での利用が期待されており、
そのためには「倫理的」「技術的」な課題に対するさらなる議論と解決が必要です。

活用領域の拡大

エンタメ領域

・VTuber
・バーチャルインフルエンサー

一般領域への拡大

・リモートワーク
・オンラインコミュニケーション

メタバースとの関連性

・「メタバース」は「デジタルヒューマン」にとって活動の場
・メタバース内での「コミュニケーション」や「エンターテイメント」を担う重要な役割を果たす

人間との区別がつかなくなる

・AIと機械学習の進歩により、将来的には「より自然な会話能力と感情表現」を実現する可能性が高まる
・「人間との区別が難しくなるレベル」に到達する可能性がある
・「人間のように振る舞うデジタル存在」の普及で、社会や文化に混乱をもたらす可能性がある

まとめ

本記事では、
「デジタルヒューマン技術」の可能性と影響について
まとめました。

「デジタルヒューマン技術」の進歩は、
私たちの生活を大きく変える潜在力を秘めています。

私たち一人ひとりが、
「デジタルヒューマンに関する知識」を身に付け、
実際に体験し、
その魅力や利便性を理解することで、
デジタルヒューマンの価値を十分に享受できることを期待できます。

「デジタルヒューマン」ウェビナー資料(無料)

「デジタルヒューマン」についての、
「ウェビナー」や「資料」は、
こちらから参照できます。

→majisemi.com →デジタルヒューマン

【お知らせ】AI関連 記事リストポータル

こちらのページでは、
【ChatGPTプラグイン探訪】および【AIツール実験室】の記事一覧を参照できます。

→AIツール関連 記事リストポータル

AI関連記事リストポータルのイメージ

【お知らせ】「マジセミ」のご紹介

「マジセミ」では、日々、多くのIT関連セミナーを開催しています。

多くのセミナーの中から「ご自身のスキルやビジネスを強化できるセミナー」を見つけて、ぜひ1度、参加してみてください。

マジセミのイメージロゴ

マジセミ関連プラットフォーム

プラットフォーム 説明 URL
マジセミ マジセミで実施されるさまざまなセミナーの開催情報を確認できます。
「IT関連セミナー」「製造業関連セミナー」など、ご自身のビジネスを強化できるセミナーを検索できます。
→majisemi.com
マジセミサービス 「セミナーを開催したい方」向けの情報を確認できます。
トライアルからの利用が可能です。
→majisemi.com →service
YouTubeマジセミ動画①
IT製造業DX
「マジセミ」で開催している年間1000回のウェビナーの中から、「IT業界と製造業DX」の最新トレンドをサマリー動画でお届けします。 →youtube.com
→@majisemi
YouTubeマジセミ動画②
ITセキュリティ
ITセキュリティの最新トレンドに関するものを集めてサマリー動画でお届けしています。 →youtube.com
→@majisemisecurity
マジセミドライブ 「AIツール実験室」などの、IT関連コンテンツを紹介しています。 →majisemi.com
→topics
マジセミFacebook 毎日「マジセミ関連情報」や「IT関連ニュース」などを紹介しています。 →facebook.com
→OSSNews
マジセミX(Twitter) マジセミFacebookと同様に投稿しています。 →twitter.com
→Majisemi_it
マジセミInstagram マジセミFacebookと同様に投稿しています。 →instagram.com
→majisemi_it/
マジセミThreads マジセミFacebookと同様に投稿しています。 →threads.net
→@majisemi_it
マジセミBluesky マジセミFacebookと同様に投稿しています。 →majisemi.bsky.social

おすすめの記事

【IT用語解説】「 デジタルヒューマン 」とは😊

IT用語解説

2024.01.26

【IT用語解説】「 デジタルヒューマン 」とは😊

【IT用語解説】「 デジタルヒューマン 」として、「デジタルヒューマンとは何か?」「どのようにして作成できるのか?」「私たちの世界にどのような影響を与えているのか?」などについて、まとめています。

【トレンド解説】超入門「 スマートファクトリー 」🏭

トレンド解説

2024.04.15

【トレンド解説】超入門「 スマートファクトリー 」🏭

「 スマートファクトリー 」への理解を深めるための解説として、初心者向けにわかりやすくまとめた記事です。「新しい工場の概念」「デジタルツインの活用」「IoT技術による最適化」など、現代の製造業に必要な知識を効果的に学べます。 スマートファクトリー の導入によるメリットを具体的に解説しています。

【AIツール実験室】チャットAI対抗「添削能力」選手権🏆

AIツール実験室

2023.12.27

【AIツール実験室】チャットAI対抗「添削能力」選手権🏆

各チャットAIの「添削能力」について比較確認をしています。 「ChatGPT4と同等の添削能力を発揮した無料チャットAI」にご注目ください。 また、 ChatGPTカスタマイズ機能「GPTs」を利用して作成した GPTs文章添削機能「添削師匠さん✍️」を紹介しています。 課金勢は試しに使ってみてください。