ウェビナー集客のための無料サイト&広告サイト15選 - マジセミ

資料請求セミナー開催のお問い合せはこちら
  • ホーム
  • ブログ
  • ウェビナー集客のための無料サイト&広告サイト15選

blog マジセミSTYLE

IT業界のトレンド、ウェビナー最新事情など
スタッフがお届けするマジセミ発ブログです。

ウェビナー集客ノウハウ

ウェビナー集客のための無料サイト&広告サイト15選

ウェビナー集客のための無料サイト&広告サイト15選

開催するウェビナー(WEBセミナー)の情報をターゲット層に告知するとき便利なのが、セミナー・イベントの情報を集めた無料サイトや広告サイトです。

オンラインセミナー・イベントに興味のあるユーザーが数多く利用しているため、効率的に意欲的な参加者を集められるでしょう。

そこで今回はウェビナー集客にとくにおすすめの無料サイト&広告サイト15選を一挙紹介していきます。「ウェビナーの参加者が集まらなくて困っている」「はじめてウェビナーを開催するものの集客方法がよくわからない」という担当者の方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

ウェビナー集客:TECH PLAY

「TECH PLAY」は無料でイベントページの作成・公開ができる情報サイトです。

掲載されている情報はテクノロジーに関連するイベント・勉強会・カンファレンスがメイン。

テンプレートも用意されており、数分の簡単な操作でイベントページを作成できます。

また情報発信・交流のサポートが充実しているのも特徴です。

公開したイベントページはキーワードのほか、タグ、エリア、スケジュールから検索してもらえるうえに、タグ設定をしたユーザーに新着情報をメールでお知らせする機能もあります。活動内容が掲載されていく専用ページから、ターゲットとの交流も可能です。

ウェビナー集客:Peatix

エンタメ、ライフスタイル、ビジネスなど、15,000件以上の幅広いセミナー・イベントが掲載されている告知サイト「Peatix」。

かかる費用は有料イベント開催時の販売手数料のみ。最短5分の申込受付で、簡単に告知ページの作成・公開ができます。

ユーザー数は約850万人にも及び、イベント情報がスマートニュースで抜粋されるケースもあるなど訴求力は抜群です。さらに告知ページのPVやアクセス経路を解析する機能もついているため、集客力アップをはかれるでしょう。

ウェビナー参加者がフォロワーになるグループ機能を使って、メッセージのやり取りやウェビナー情報の自動告知も可能です。

ウェビナー集客:Doorkeeper

「Doorkeeper」はコミュニティ系のイベントを中心に、ビジネスオンラインセミナーも告知されている情報サイト。

1,650〜17,600円の月額使用料がかかるものの、初回のイベント開催は無料のため、使い勝手を試してから継続を検討できます。

ウェビナー情報の登録が完了するとサイト内のイベントリスト、検索フォーム、ユーザーの個別ページに掲載。効果的に参加者を集めることが可能です。

コミュニティページはイベント情報の掲載や、興味をもったユーザーとのやり取り、アクセス解析などができて多機能。またイベントページ、申し込みフォーム、案内メールは簡単に作成できるだけでなくカスタマイズ性も高く、ブランディングや集客力アップを期待できます。

設定した店員が満席になったときはキャンセル待ちの機能もあるため、参加意欲のあるユーザーを取り逃しません。

イベント前日はリマインドメールが自動送信されるため、業務の効率化にもつながるでしょう。

ウェビナ―の課題・悩みをマジセミが解決

ウェビナーの課題解決を
ワンストップでサポート!

  • ウェビナーの集客がうまくいかない
  • プログラムの作り方がわからない
  • 運営できるスタッフが足りない
「ウェビナーの集客や運営の方法がわからない」「参加者のニーズに合うプログラムを作れない」。ウェビナーに関する悩みは、マジセミのワンストップサービスが解決します。年間1200回のウェビナ―開催で積み上げたノウハウを提供。お客様が対応するのは、当日の講演のみです。

ウェビナー集客:ECのミカタ

「ECのミカタ」はEC・通販・ネットショップ運営のセミナー・イベント情報が集まるポータルサイトです。

サイトはキーワード、カテゴリ、開催日などによる検索機能が充実。ジャンル特化型のため、ニーズが合致していれば、効果的なターゲットへの訴求ができます。

また運営側で悩み相談・委託先選定サポート・月1回のリアルイベントといった施策も展開しているため、EC運営をしているユーザーの集客力は抜群。会員数は82,000人を超えています。

取材記事の公開、専任スタッフへの相談、マッチングサービスといった集客サポートを受けられるのも魅力です。料金は予算・プランに応じて相談ができます。

ウェビナー集客:こくちーずプロ

「こくちーずプロ」はセミナー・イベントの年間掲載数が10万件、利用者数が52万人を超える大規模な告知サイト。情報感度の高い多くのユーザーが利用しており、ウェビナー情報を幅広く告知できます。

かかる費用はチケット販売手数料のみで、登録・掲載は無料です。

簡単にイベントページや申し込みフォームの作成、参加者の管理、アンケートの集計ができ、セキュリティ対策も万全なため安心して利用ができます。

25のジャンル、エリア、開催日時、形態から細かく検索ができるなど、ユーザビリティの高さも特徴。

SEOに強いサイトのため、ウェビナータイトルを工夫すれば検索エンジンからのアクセスも期待できるでしょう。

上位表示支援、リピーターへのアプローチ、バナー広告掲載、ユーザーへのDMといった有料サービスを活用すれば、さらなる集客力アップも実現できます。

ウェビナー集客:セミナーBiZ

「セミナーBiZ」はビジネス関連のセミナーや交流会が集まる告知サイト。

参加費3,000円未満のウェビナーを掲載する場合には掲載費0円で利用が可能です。

また同時掲載セミナー数や掲載講師数に応じて5,500〜22,000円の月額費用を払えば、参加費3,000円以上のウェビナー掲載、くわしいセミナー情報の掲載、申込者管理、申込者情報のダウンロード、Facebookやサテライトサイトでの優先告知といった機能・サービスが利用できます。1ヶ月間の無料期間もあるため、実際に機能・サービスを試してから検討してみましょう。

サイトがSEOに強く、検索エンジンの上位表示をねらえるのも魅力。

セミナー詳細検索はキーワードや開催日・テーマ・地域はもちろん、参加費用や対象職種などの条件でも選択できる仕様です。

ウェビナー集客:ストアカ

「ストアカ」はビジネス関連から趣味・習いごとまで480ジャンル、7.2万件の幅広いオンラインレッスンが掲載されている日本最大級のポータルサイト。累計受講者数は117万人を超えています。

対象となるのはBtoBのウェビナーというよりも、1対1あるいは1対複数人の有料の対面式レッスンです。そのため主催側の講師が「先生」という形で前面に出るのが特徴。

利用ユーザーの多さに加え、口コミ・レビュー制度、PR・プロモーション支援といった集客を促進する機能・サービスも充実しています。またジャンル検索や公式アプリなどのユーザビリティも高く、リピーター獲得が期待できるでしょう。

ウェビナー集客:BIZeeビジネスセミナー

「BIZeeビジネスセミナー」はその名の通り、ビジネス系セミナーの集客ができる告知サイトです。企業はもちろん個人事業主が開催するウェビナーも掲載ができます。

参加人数やウェビナー参加費の有無に関わらず、登録・掲載料はすべて無料。

マイページから簡単に複数ウェビナーの募集や内容の変更・削除ができるなど、使い勝手にも優れます。

サイトの目立つ位置には新着セミナー・人気セミナーの項目があり、検索の際にはジャンルも細かく区切られているため、訪問ユーザーにしっかりとウェビナーの訴求が可能です。またドメインはSEOに強く、検索エンジンからの流入も見込めるでしょう。

ウェビナー情報ページに自社のホームページへのリンクを貼れるのもうれしいポイント。

ウェビナー集客:セミナー情報.COM

「セミナー情報.COM」は知名度が高く多くのユーザーが利用している告知サイトです。

サイトは参加費有料のセミナー用と、参加費無料のセミナー用の2種類。とくに利用者が多いのは前者になります。

掲載されているセミナーは大きくビジネスセミナー、マネーセミナー、情報技術セミナー、生活・文化・健康の4つです。

掲載は基本的に無料。さらに成果報酬型の有料プランもあり、複数のカテゴリーに登録できる、「参加特典付」の表記が行える、優先的に上位表示される、LPに離脱リスクの低いデザインを採用できるといったさまざまなメリットが得られます。

ユーザーは便利な検索機能に加え、クチコミ掲示板からもウェビナーを探すことが可能。満足度の高いウェビナーを開催すれば、それだけ集客力アップがはかれるでしょう。

ウェビナー集客:セミナーズ

「セミナーズ」はビジネスからIT・エンターテインメント・美容・スポーツまで、幅広いカテゴリーのセミナー情報が掲載されたサイトです。2020年のアップデートにより、ウェビナーの開催も可能になりました。

利用料は掲載のみであれば無料。ただし有料セミナーの場合には手数料がかかります。

簡単な操作でウェビナー情報の公開や参加者情報の管理が可能。

地域・カテゴリ・キーワードでの検索に加え、おすすめのセミナー・新着セミナー・近日公開予定などのコーナーからもウェビナーを見つけてもらえます。

また経営者・ビジネスパーソン・個人事業主が多くを占める8万人以上のユーザーに向けて、字数制限のないメールマガジンを配信できる有料サービスも魅力です。

いまさら聞けない
「ウェビナ―入門」をチェック!

いまさら聞けない「ウェビナー入門」

「成果が出るウェビナー」を実現するための重要ポイントを解説

ウェビナーの目的から集客手法、商談獲得ノウハウ、開催プロセスまで。ウェビナーを年間1000回以上開催するマジセミ代表・ 寺田が、さまざまな課題を抱えるウェビナーの改善方法をレクチャーします。
ウェビナ―動画一覧を見る

ウェビナー集客:connpass

エンジニアをつなぐ、IT勉強会支援プラットフォーム「connpass」。そのコンセプトの通り、IT関連のセミナー・イベントに特化した無料で利用できる告知サイトです。

ユーザーは新着イベントページや検索機能でセミナーを探せます。さらに通知機能を搭載したアプリも用意されており、ウェビナー情報をしっかりと届けられるでしょう。

メール通知や一括メッセージなど、告知に便利な機能も充実。

Twitter・Facebookとの連携で、connpassを利用しているフォロワーにイベントの公開コメントを告知する機能もあり、IT関連のウェビナー開催時には高い集客効果が期待できます。

ウェビナー集客:ミートアップ

「ミートアップ」は世界中に5,000万人以上のユーザーがいるグローバルなイベント告知サイト。日本語を含む15の言語に対応しています。

掲載されている情報のほとんどは海外開催のイベントのため、海外在住のターゲットに向けたウェビナーを開催するときに重宝するでしょう。

カテゴリはアウトドア、ビジネス、IT、スキル習得などさまざま。

費用は1ヶ月プランなら月額14.99ドル、6ヶ月プランなら月額59.94ドルです。

機能やサイトデザインはシンプルですが、参加者へのメール送信により継続的な関係を構築できます。

また月額30〜35ドルのMeetup Proに登録すれば、ブランディングツールの活用や参加者情報の収集・分析により、さらなる訴求力アップをはかれるでしょう。

ウェビナー集客:everevo

「everevo」はエンタメからファッション・美容・グルメまで、多岐にわたるセミナー・イベントを対象にした告知サイトです。

かかる費用は有料ウェビナー開催時の手数料のみ。

ウェビナーの告知にとどまらず、申し込みフォームの自動作成、事前決済、参加者管理、Googleカレンダーへの自動登録など、手間を減らす機能が豊富に搭載されています。

またFacebook・Twitterとも連携できるため、集客も効率化することが可能です。

参加者への連絡は個別・一括のどちらにも対応。リマインダーメールもウェビナー開催の1週間前から1週間後まで、細かく設定できます。

キャンセル待ち機能を使えば、定員があるウェビナーに興味をもったユーザーも、しっかりと確保できるでしょう。

ウェビナー集客:PassMarket

「PassMarket」はYahoo!JAPANが運営するイベントの告知サイト。それだけに信頼性と集客力は抜群です。

Yahoo! JAPAN IDさえあれば無料で登録・利用ができ、かかる費用も有料ウェビナー開催時の手数料のみ。

個人から法人まで主催者層が広く、ビジネスセミナー以外にもエンタメやグルメなどさまざまなカテゴリがあります。ビジネスパーソン以外の参加者を集めたい場合の利用にもおすすめです。

掲載したウェビナー情報は、キーワード・カテゴリ・日程から検索できます。ピックアップイベント、人気イベントランキング、もうすぐ開催されるイベントなどのコーナーでも紹介されるため、しっかりとユーザーに見つけてもらえます。

またメッセージの送信、アンケートの作成、参加者データの取得などマーケティングに活かせる機能も豊富です。

ウェビナー集客:オールイベント

「オールイベント」はビジネス、エンタメ、スポーツ、交流会、子供向け、料理、資格取得などさまざまなカテゴリのイベントを掲載できる告知サイト。利用は基本的に無料で、有料チケットの販売時のみ手数料が発生します。

掲載イベントはキーワード、カテゴリ、場所、日付といった細かい条件で検索可能です。

またサイト内には運営スタッフがピックアップしたイベントを紹介する「スタッフピック」、「開催間近のイベント」といったコーナーも設けられており、表示されれば高い訴求力を期待できるでしょう。

良質なウェビナー参加者をもっとたくさん集めるなら「マジセミ」

以上、ウェビナー集客におすすめの無料サイト&広告サイト15選を紹介してきました。上記のサイトを利用すれば、より多くのユーザーにウェビナー情報を周知でき、新規リードを獲得できるでしょう。

とはいえ集客力の高いサイトほど掲載ウェビナーも多いため、自社の情報が埋もれてしまうケースは少なくありません。

より着実にウェビナーの集客を成功させるのにおすすめなのが、ウェビナー代行サービスの「マジセミ」です。

マジセミでは企画や当日運営に加え、ターゲット層の集客まで、ウェビナー開催に必要なすべての業務をお任せいただけます。

集客には大手企業のマネージャーが多くを占める130,000件の独自ハウスリストを活用。また情報システムやセキュリティ担当の閲覧者が多いマジセミ運営のポータルサイトにも、情報を掲載することで、新規リードの獲得が可能です。

日本マーケティングリサーチ機構の2021年の調査では、「集客に強いセミナーNo.1」「新規の商談獲得に強いセミナーNo.1」にも選ばれました。

「本気度の高い良質な参加者をもっとたくさん集めたい」とお考えの担当者様は、ぜひマジセミの利用をご検討ください。

初めてのウェビナー開催は、
豊富な実績のマジセミへ

IT・製造業のウェビナーで
国内トップクラスの集客実績!

集客力
企画力
運営力
独自のハウスリストと企画に応じたターゲティングによる集客は、国内でもトップクラス。IT業界のトレンドや商品の魅力をふまえた企画設計から、参加者フォローまで押さえたトータルの運営まで、ワンストップでサポートいたします。