マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】Perl

【OSS情報アーカイブ】Perl

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

「Perl」とは

基本情報

概要

Perl(パール)とは、テキスト処理を得意とするオープンソースプログラミング言語です。実用性、多様性、簡潔な記述、柔軟性、拡張性の高さが特徴で、CGIなどのサーバサイドプログラムも得意としています。

【略称】
「Perl」とは、もともと略語ではなく意味はなかったのですが、後付けで意味が付いています。
「Practical Extraction and Report Language(実用データ取得レポート作成言語)」
「Pathologically Eclectic Rubbish Lister(病的折衷主義のがらくた出力機)」
Perlを深く知ると、この2つの意味を理解できるようになるといわれています。

【経緯】
Larry Wall氏が1987年に最初のバージョンを発表しました。UNIXでの、簡易テキスト処理プログラム、システム管理プログラム用言語として人気を博しました。
徐々に機能拡張され、インターネットが普及し始めると、Webサーバで動的にWebページを作成するCGI(Common Gateway Interface)の開発言語として広く普及しました。

【基本説明】
Perlは、インタプリタ言語であり、コンパイルを必要としません。
テキスト処理が得意で、強力な正規表現を扱える点が特徴です。また、CGIスクリプト、システム管理系も得意なスクリプト言語です。
「軽量プログラミング」と呼ばれていて、プログラマーの負担が軽く、コードの作成/修正を簡単にできます。
基本的な文法や記法はC言語に似ていますが、自由度が高く、記号などを組み合わせた簡潔な記法で処理を記述できます。
数値と文字列の自動変換機能、連想配列、リファレンス(変数などのメモリ上の位置を扱う機能)など、高度な機能を標準で搭載しています。
UNIXやWindowsなど多くのプラットフォーム上で動作します。

【処理系】
Perlは、コンパイルなどの処理が不要な言語であるため、インタプリタ言語として扱われます。しかし、Perlプログラムの実行処理では、実行前に、処理系がPerlソースコードをバイトコードに変換(ランタイムコンパイル)してから、実行されます。
Perlに関する表記法として、プログラミング言語としては「Perl」、処理系としては「perl」と記述します。

主な特徴

【設計思想】
文法の許容度が高く、プログラムの美しさよりも機能性や拡張性を優先する設計思想になっています。

【積極的な開発姿勢】
積極的に新しい機能を取り入れる開発姿勢として知られています。プログラムのモジュール化、オブジェクト指向化などが行われています。

【成熟言語】
Perlは、比較的歴史が古い言語です。そのため、導入事例が数多くあり、開発者の数も多いため、ドキュメント類が豊富にそろっています。利用のしやすさ/安定性という点でも優れています。

【モジュール】
プログラムのモジュール化の仕組みを利用して、世界中のプログラマが、標準にない機能や便利な機能をPerlモジュールとして公開しています。それらの多くは、CPAN(Comprehensive Perl Archive Network)というサイトに蓄積され続けています。
利用者は、数多くのモジュールを利用することができます。

【派生Perl】
Perlには、いくつかの種類があります。主要なものを紹介します。
(1)Perl5
  最も普及しているバージョンです。
(2)Perl6
  現在の最新バージョンで、2010年にリリースされましたが、Perl5との互換性はありません。
(3)Active Perl
  Windows向けのPerlです。
(4)Strawberry Perl
  Active Perlに比べて玄人向けといわれています。

【後方互換性】
Perlの利点として、後方互換性が非常に高いという点があります。長年に渡り安心して使えるというメリットがあります。

同様製品(概要情報)

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

「Ruby」、「PHP」など。

導入事例

「Movable Type」などの開発言語としても利用されていて、長年の裏付けもあり、中小規模からエンタープライズ規模まで、さまざまな領域で幅広く利用されています。

ライセンス情報

Perlのライセンスは、「GNU General Public License」と「Artistic License」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

ダウンロード

ダウンロードページ

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

OSS情報

2024.07.04

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

「 Hoppscotch 」は、オープンソースのAPI開発エコシステムで、使いやすさとアクセシビリティを重視した軽量なWebベースのスイートです。無料版と有料版があり、PostmanやInsomniaの代替として利用可能です。

【OSS情報】LLMトレーニング用ライブラリ「 GPT-NeoX 」📚

OSS情報

2024.07.18

【OSS情報】LLMトレーニング用ライブラリ「 GPT-NeoX 」📚

「 GPT-NeoX 」は、GPU上で大規模言語モデル(LLM)を効率的にトレーニングするためのライブラリです。NVIDIAのモデルを基に独自の最適化が加えられ、オートレグレッシブ言語モデルのトレーニング手法を集約しています。