マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】lighttpd

【OSS情報アーカイブ】lighttpd

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

「lighttpd」とは

「lighttpd」基本情報

■概要

lighttpd(ライトティーピーディー)とは、「軽量」「高速」「柔軟性」を特徴とするWebサーバです。軽量であるため組み込み用途としても利用されます。

■基本説明

lighttpdは高速性の重視される環境に最適化されたWebサーバです。標準に準拠しており、柔軟であることを指向して設計されています。他のWebサーバは高機能を追求することで肥大化しがちですが、lighttpdはシンプルに動作する点が特徴です。

他のWebサーバと比較して「メモリ占有量が少ない」「CPU負荷が少ない」などのメリットがあり、高負荷環境に対応しやすくなっています。

■動作環境

Linux、Windowsでネイティブ動作します。

■経緯

・2003年 初版リリース

■ユースケース

lighttpdはメモリ消費量が少なく、CPU負荷の少ない高速動作が可能であるため、「トラフィックの多いWebサイト」など、高負荷が課題となる環境で利用されます。

主な特徴

■キープアライブ

lighttpdは、高性能なAJAXアプリケーションにとって重要となる多数の並列接続(キープアライブ)に最適化されています。

■負荷分散「FastCGI」

lighttpdのFastCGI機能により、opcodeキャッシュ(APCなど)を適切かつ効率的に使用してPHPなどの言語をサポートするように設定できます。

■非同期IO「Async IO」

非同期IO「Async IO」機能により、高速処理が可能です。

同期型IOと比較すると、200%以上の速度改善の効果があります。

■外部インターフェースサポート

lighttpdは、外部プログラムに対する「FastCGI」「SCGI」「CGIインターフェース」をサポートしているため、プログラミング言語で書かれたWebアプリケーションをサーバで使用できます。

特に「PHP」でのパフォーマンスが高く、また、「Python」「Perl」「Ruby」「Lua」などのコミュニティの注目を集めました。

■埋め込み型データベースシステム「WebDNA」サポート

WebDNAは、機能豊富なデータベース駆動型Webサイトを作成するために設計されたサーバ側のスクリプト言語です。Webフレームワーク「Ruby on Rails」などでよく利用されます。

→WebDNA(WebDNA Software | WebDNA: an incredibly flexible scripting language and database system)

中心には、スクリプト言語の構文とシームレスに統合された埋め込み型データベースシステムを備えています。埋め込み型データベースシステムは、検索機能と編集機能を備えたRAM常駐型のデータベースシステム(ハイブリッドインメモリデータベース)です。

LighttpdはWebDNAをサポートしており、データベース駆動型Webサイトを構築できます。

補足情報

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Apache HTTP Server」「Nginx」など。

■オフィシャルサイト

オフィシャルサイト

→lighttpd(Home – Lighttpd – fly light)

ライセンス情報

lighttpdのライセンスは「BSD license」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→lighttpd

ダウンロード

→lighttpd →download

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

ChatGPT探訪

2024.05.07

【ChatGPT探訪】「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜🤔

マジセミSNSに投稿した 【担当者A】の「 無限議論 」〜最強スタンド考察〜💬 を記事化したものです。 ChatGPTに課金していないみなさんにも、 AI同士の議論をお楽しみいただけます👍 ※原稿テキストを放り込むだけで、 ジョジョ風イラストを作成してしまう生成AIがすごくないですか?

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

トレンド解説

2024.05.07

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

「米国における 生成AI活用 最新動向」について解説しています。生成AIは日本企業にも多くの可能性をもたらし、「デスクワークの効率化」や「業務の自動化推進」に貢献しています。生成AIを理解し、活用することが、グローバルな競争力を高める鍵となります。