マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

おすすめITセミナー資料

2022.07.04

【ツール紹介】無料で使えるオープンソース「 ポータル プラットフォーム 」まとめ5選

【ツール紹介】無料で使えるオープンソース「 ポータル プラットフォーム 」まとめ5選

無料で使えるオープンソース「 ポータル プラットフォーム 」まとめ5選として、
「EspoCRM」「uPortal」「X2CRM」「Jahia」「CiviCRM」の概要を紹介しています。

※「社内ポータルとしてのNotion活用事例」に関するセミナー資料(43ページ)を無料で参照できます。

無料で使えるオープンソース「 ポータル プラットフォーム 」まとめ5選

1⃣カスタマー向けポータル「EspoCRM」

概要

「EspoCRM」は、ビジネスに活用できるオープンソースのカスタマーポータルソフトウェアです。

ユーザーインターフェースの使いやすさを特徴としており、すべての関係情報を管理できます。

「シングルページアプリケーションとして設計されたフロントエンド」+「PHPで記述されたRESTAPIバックエンド」を備えたWebアプリケーションとして動作します。

主な機能

・マーケティングオートメーション機能
・カレンダー機能
・メール機能
・ソーシャル機能
・顧客サポート機能
・ドキュメント管理機能
・在庫管理機能
・テレフォニー機能 など

オフィシャルサイト

→github.com →espocrm/espocrm

→espocrm.com

2⃣高等教育コミュニティ向けポータル「uPortal」

概要

「uPortal」は、高等教育コミュニティ向けのエンタープライズポータルフレームワークです。

オープンソースプロジェクトとして高等教育コミュニティによって構築されています。

「学術機関」「商業関連会社」「非営利団体」などのサポートにより、グローバルコミュニティからの貢献を通じて継続的に進化しています。

特徴

・オープンスタンダードベーステクノロジー :「Java」「XML」
・他のエンタープライズシステムと簡単に統合
・拡張性 :特定のローカルニーズに合わせてカスタマイズ
・スケーラブル
・豊富なコミュニティリソースおよびサポート

オフィシャルサイト

→github.com →uPortal-Project/uPortal

→apereo.org →projects →uportal

3⃣ソーシャルセールスポータル「X2CRM」

概要

「X2CRM」は、中小企業向けのソーシャルセールスアプリケーションです。

連絡および販売のアクションを1つのコンパクトなブログスタイルのユーザーインターフェースに合理化するように設計されています。

ソーシャルネットワーキングで使い慣れているインタラクティブなコラボレーションツールが統合されています。

主なモジュール

・コアモジュール「X2Sales」
・マーケティング管理「X2Marketing」
・サービス管理「X2Service」
・価格設定+見積もり+請求「X2Quotes」
・アクション管理「X2Actions」
・ドキュメント管理「X2Documents」
・タスク自動化「X2WorkFlow」
・インタラクション管理「X2Process」

オフィシャルサイト

→github.com →X2Engine/X2CRM

→x2crm.com

4⃣デジタルエクスペリエンスプラットフォーム「Jahia」

概要

「Jahia」プラットフォームは、デジタルエクスペリエンスプラットフォームです。

1つのプラットフォームから「Webサイト」「ポータル」「アプリ」「パーソナライズされたカスタマージャーニー」を管理できます。

特徴

・デジタルコンテンツを簡単に作成および管理
・Webサイトとmartechスタックからデータを収集
・顧客エクスペリエンスを最適化
・「マルチサイト」「マルチ言語」「マルチブランド」サポート
・ブランド一貫性のあるエクスペリエンスを提供
・コンバージョンに最適化されたWebサイト作成
・パーソナライズセルフサービスの提供
・ヘッドレスとして使用してパーソナライズコンテンツを配信

オフィシャルサイト

→github.com →Jahia/jahia

→jahia.com

5⃣非営利グループ向けポータル「CiviCRM」

概要

「CiviCRM」は、構成関係管理システムです。

「非営利グループ」や「非政府グループ」のニーズを満たすように設計されています。

「Drupal」「Joomla」「WordPress」のコンテンツ管理システム内で実行されるモジュールとしてリリースされています。

特徴

・さまざまなプラットフォームやデバイス間でシームレスに動作
・高品質
・高信頼性
・オープン性
・柔軟性
・常にプライバシーに配慮
・完全なドキュメント
・多様なサポートオプション

オフィシャルサイト

→github.com →civicrm/civicrm-core

→civicrm.org

関連セミナー紹介

セミナータイトル

Notionのはじめかた。
DX時代のあたらしい働き方をNotionで実現する 社内ポータルとしての活用事例、Confluenceからの移行事例も解説

開催日

2022/04/12(火)

セミナー資料①

資料タイトル

あたらしい働き方をNotionで実現する方法

資料ページ数

13ページ

資料イメージ

資料アジェンダ

■1. 当社の基礎情報
・VISION
・クラウドであたらしい働き方を
・フルリモートであたらしい働き方を
・3つの強み コンサル・構築から運用までクラウドを一元提供
・SaaS導入運用支援サービス ~Notionでデジタルトランスフォーメーション~

■2. Notionであたらしい働き方を
・経営者のメッセージ、マネージャーのメッセージが社員に届かない?
・社員の意見、希望、提言がマネージャーや社長に届かない?
・ナレッジの蓄積は部署を横断して全メンバー(非技術者含む)で

セミナー資料②

資料タイトル

Notion活用のご案内

資料ページ数

2ページ

資料イメージ

資料アジェンダ

■Notion活用のご案内
・プロフィール
・今日お話すること
・組織のページ
・ナレッジの蓄積
・業務以外の情報共有
・社内リンク集
・導入してよかったこと

セミナー資料③

資料タイトル

Notionとは?
-機能・特徴をわかりやすく解説-

資料ページ数

7ページ

資料イメージ

資料アジェンダ

■Notionとは
・こんなこと感じることありませんか?
・Notionはチームが効率的に楽しく、コラボレーションできるツールを提供します!

■Notionの主な利用方法
・1. チームWiki
・2. プロジェクト・タスク管理
・3. ドキュメント管理

■その他特徴
・導入企業
・Notionのコミュニティ

セミナー資料④

資料タイトル

クラスメソッドのNotion導入について

資料ページ数

21ページ

資料イメージ

資料アジェンダ

■本日のセッションについて

■自己紹介
・内製化支援サービスについて
・自部署での移行
・自部署でNotionを導入した後の変化
・私とNotion

■ドキュメントツール移行プロジェクト
・プロジェクト概要
・ツール移行の背景
・プロジェクトの目標整理
・プロジェクトのタイムライン(計画)
・Notion選定の理由
・プロジェクト終了後で目指す状態
・移行プロジェクトの進め方
・スムーズな移行のための注意点
・ツールに期待できないところは自分たちで決める
・プロジェクト終了に向けて
・まとめ

「セミナー資料ダウンロード」はこちらから(無料)

最後に

今後も毎日のように、多くのIT関連セミナーが開催されます。
ご自分のビジネスを強化できるセミナーを見つけて、ぜひ参加してみてください!

→マジセミTOPページ


参考サイト
→clientvenue.com →「The 10 Best Customer Portal Open Source for Making Clients Happy」
→opensource-it.com →「The Top 6 Open Source Portal Software」

おすすめの記事

【IT用語解説】「 デジタルヒューマン 」とは😊

IT用語解説

2024.01.26

【IT用語解説】「 デジタルヒューマン 」とは😊

【IT用語解説】「 デジタルヒューマン 」として、「デジタルヒューマンとは何か?」「どのようにして作成できるのか?」「私たちの世界にどのような影響を与えているのか?」などについて、まとめています。

AIツール関連 記事リストポータル

AIツール

2023.10.05

AIツール関連 記事リストポータル

AI 関連の記事をまとめたポータルページです。

【AIツール実験室】チャットAI対抗「添削能力」選手権🏆

AIツール実験室

2023.12.27

【AIツール実験室】チャットAI対抗「添削能力」選手権🏆

各チャットAIの「添削能力」について比較確認をしています。 「ChatGPT4と同等の添削能力を発揮した無料チャットAI」にご注目ください。 また、 ChatGPTカスタマイズ機能「GPTs」を利用して作成した GPTs文章添削機能「添削師匠さん✍️」を紹介しています。 課金勢は試しに使ってみてください。