マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

おすすめITセミナー資料

2022.08.18

【無料オープンソース】「 運用監視 」ツールまとめ3選

【無料オープンソース】「 運用監視 」ツールまとめ3選

無料オープンソース「 運用監視 」ツールまとめ3選として、
以下の概要を紹介しています。

1⃣ネットワーク化リソース監視ツール「Munin」
2⃣Nagios互換監視フレームワーク「Shinken」
3⃣DataDog代替アプリ監視ツール「SigNoz」

※「運用DXによるビジネスチャンス拡大」に関するセミナー資料(42ページ)を無料で参照できます。

無料オープンソース「 運用監視 」ツールまとめ3選

1⃣ネットワーク化リソース監視ツール「Munin」

概要

「Munin」は、ネットワーク化されたリソース監視ツールです。

Webインターフェースを介して、「さまざまな監視対象を調査するための情報」をグラフで表示します。

リソース傾向により、「どのような要因によりパフォーマンスが低下しているのか?」について分析するために役立ちます。

特徴

■簡単インストール
・10分以内にセットアップを完了

■パフォーマンス監視
・サーバ
・ネットワーク
・SAN(Storage Area Network)
・アプリケーション
・気象測定デバイス…

■リアルタイムアラート
・マスター/ノードアーキテクチャ :マスターが定期的にすべてのノードに接続しデータを要求
・サーバ上で実行されているすべてのサービスを監視
・5分ごとにサーバをポーリング

■スケーラブル
・あらゆる規模の環境を監視
・「Raspberry Pi」から「100以上のクラスタノード」までをサポート

■プラグイン
・プラグアンドプレイ機能に重点
・デフォルトの監視プラグインで多くのグラフが提供
・500以上のプラグインが利用可能
・任意言語で独自プラグインを作成可能

■長期開発期間によるノウハウの蓄積
・初期バージョンのリリースは2002年
・機能強化が継続されている

オフィシャルサイト

→github.com →munin-monitoring/munin

→munin-monitoring.org

2⃣Nagios互換監視フレームワーク「Shinken」

概要

「Shinken」は、Pythonで記述されたNagios互換の監視フレームワークです。

「大規模な環境に拡張できる柔軟な監視システムアーキテクチャの開発」を主な目標としています。

PythonをサポートするすべてのOSで動作します。

特徴

■簡単インストール
・Pythonパッケージ管理ツール「pip」でインストール
・いくつかのパッケージ(deb/rpm)が利用可能

■Nagiosからの移行が簡単
・Nagiosの構成およびプラグインをShinkenで置き換え動作
・多くのNagiosプラグインを活用

■スマートSNMPポーリング
・多くのルータやスイッチを含む巨大インフラストラクチャへの対応

■独立性
・標準インターフェースを介して他ツールと統合できるモジュール式ツールを提供

■柔軟性
・クラウドコンピューティングによって大きく変化するアーキテクチャに適合

■スケーラビリティ
・別サーバに新しいデーモンをインストールすることで負荷分散

オフィシャルサイト

→github.com →naparuba/shinken

→shinken-monitoring.org

3⃣DataDog代替アプリ監視ツール「SigNoz」

【ツール紹介】無料オープンソース「 運用監視 」ツールまとめ3選

概要

「SigNoz」は、アプリケーションパフォーマンスモニタリングツールです。

「DataDog」「NewRelic」などの監視ツールを代替可能なオープンソースツールとして、アプリケーションを監視し、問題解決するために役立ちます。

特徴

■分散トレースによるソフトウェアスタック可視化
・メトリクス確認 :「レイテンシ」「サービスエラー率」「外部API呼び出し」…
・トレースデータ集計により、ビジネス関連指標を取得

■正確なリクエストトレースによる状況把握
・ダウンストリームサービスの問題
・遅いDBクエリ
・支払いゲートウェイなどのサードパーティサービスへの呼び出し

■フィルタリング機能
・サービス名
・操作
・待ち時間
・エラー
・タグ/注釈…

■メトリクスとトレースの統合UI
・デバッグするためにPrometheusからJaeger に切り替える必要は無し

オフィシャルサイト

→github.com →SigNoz/signoz

→signoz.io

関連セミナー紹介

セミナータイトル

運用DXによる更なるビジネスチャンスの拡大に向けて
~ソリューションパートナー募集ウェビナー~

開催日

2022/05/19(木)

セミナー資料

資料タイトル

運用DXによる更なるビジネスチャンスの拡大に向けて
~ソリューションパートナー募集ウェビナー~

資料ページ数

42ページ

資料イメージ

【ツール紹介】無料オープンソース「 運用監視 」ツールまとめ3選

資料アジェンダ

■システム運用事業者を取り巻く市場の状況
・システム運用事業者に付きまとう2つの課題
・課題①運用現場の慢性的な人手不足・高齢化
・課題②顧客がシステム運用事業者に求める価値の変容
・これからのシステム運用サービスは

■運用DXに向けたプロダクトラインナップ
・運用基盤となる高度な監視
・運用オペレーションの自動化
・ロケーションフリー次世代クラウドPBX
・クリティカルアラートの電話発報
・電話発報→アクション

■PATROLCLARICE
・パトロールクラリスとは︖
・各サーバに自動ログインして監視
・監視・管理機能概要
・特殊な監視の自動実行
・手動で行っていた運用手順書を自動化

■robostein
・ロボシュタインの特長と機能
・フローチャート(ローコード)による業務自動化ツール
・クラウド上でフローを作成
・ノード︓自動処理ブロック
・連携ソリューション実績(一部)

■VoiceX
・当社独自開発・独自運用のクラウドPBXサービスです。
・他システムとの連携を自動化
・電話通報とアクション

■運用DX︓障害検知→復旧までを自動化
・システム運用自動化の例

■電話業務のDX
・着信・発信の状況を共有
・チャットを使った情報共有の例
・音声テキスト化(文字起こし)の活用例
・IT運用におけるDXを推進します

■パートナー様へ
・ビジネスメリット
・収益モデル
・パートナーの種類
・パートナー様へのご支援

■事例
・パートナー事例:TDIシステムサービス様
・ビジネス事例:インターネットイニシアティブ様

「セミナー資料ダウンロード」はこちらから(無料)

【ツール紹介】無料オープンソース「 運用監視 」ツールまとめ3選

最後に

今後も毎日のように、多くのIT関連セミナーが開催されます。
ご自分のビジネスを強化できるセミナーを見つけて、ぜひ参加してみてください!

→マジセミTOPページ

関連ページ

→マジセミドライブ →【ツール紹介】無料で使える「 オープンソース 監視ツール 」まとめ5選

→マジセミドライブ →【ツール紹介】無料で使えるオープンソース「 クラウド監視ツール 」まとめ5選

→マジセミドライブ →【ツール紹介】無料で使えるオープンソース「 AWS監視ツール 」まとめ5選

→マジセミドライブ →【ツール紹介】無料で使えるオープンソース「 ネットワーク監視 ツール 」まとめ5選


参考サイト
→betterstack.com →「Best Open Source Application Monitoring Tools in 2022」
→softwaretestinghelp.com →「12 Best Open Source Monitor Tools In 2022 [TOP RANKINGS]」
→cloudinfrastructureservices.co.uk →「Top 20 Best Open Source Monitoring Tools for Servers, Networks & Apps」

おすすめの記事

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

トレンド解説

2024.05.07

【トレンド解説】米国における「 生成AI活用 」最新動向📈

「米国における 生成AI活用 最新動向」について解説しています。生成AIは日本企業にも多くの可能性をもたらし、「デスクワークの効率化」や「業務の自動化推進」に貢献しています。生成AIを理解し、活用することが、グローバルな競争力を高める鍵となります。

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

OSS情報

2024.07.04

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

「 Hoppscotch 」は、オープンソースのAPI開発エコシステムで、使いやすさとアクセシビリティを重視した軽量なWebベースのスイートです。無料版と有料版があり、PostmanやInsomniaの代替として利用可能です。

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。