マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

ツール・サービス紹介

2023.03.03

【無料で使える】「 ビジネスチャット 」ツールまとめ

【無料で使える】「 ビジネスチャット 」ツールまとめ

【無料で使える】「 ビジネスチャット 」ツールまとめ として、
以下の内容を紹介しています。

・【無料オープンソース】「 ビジネスチャット 」ツール 4選
・【有償ツール】「 ビジネスチャット 」ツール 8選
・【導入事例】日本交通がオープンソースビジネスチャット「 Mattermost 」を全社導入した理由

コンテンツ

【無料オープンソース】「 ビジネスチャット 」ツール 4選

①自己ホスト型インストール「Chatwoot」

①自己ホスト型インストール「Chatwoot」

概要

「Chatwoot」は、オープンソースのセルフホスト「カスタマーエンゲージメントスイート」です。

「さまざまなチャネルで顧客と会話」「顧客データ管理」「プロファイルに基づいて顧客と再エンゲージ」などに活用できます。

デフォルトで「自己ホスト型インストールをサポート」しているため、顧客データを所有し、各種規制に準拠できます。

会話チャネルサポート

・Webサイト
・Facebook
・Instagram
・Twitter
・Telegram
・WhatsApp
・Line
・SMS
・APIチャネル
・Eメール

オフィシャルサイト

→github.com →chatwoot/chatwoot

→chatwoot.com

②シンプル+使いやすさ「LiveHelperChat」

②シンプル+使いやすさ「LiveHelperChat」

概要

「LiveHelperChat」は、オープンソースの「ライブサポートチャットツール」です。

「シンプル+使いやすさ」を1か所で実現し、サイトに無料でライブサポートを提供できます。

特徴

・Webアプリ
・モバイルアプリ
・音声通話機能
・ビデオ通話機能
・スクリーンシェア機能
・WordPressサポート
・高いデータ保護機能
・AIサポート :「Rasa」「DeepPavlov」

統合機能

・RestAPI
・ボット
・Telegram
・Twilio
・WhatsApp
・Facebookメッセンジャー など

オフィシャルサイト

→github.com →LiveHelperChat/livehelperchat

→livehelperchat.com

③モバイルファースト「Tinode」

③モバイルファースト「Tinode」

概要

「Tinode」は、オープンソースメッセージングプラットフォームです。

モバイルファーストで構築されており、無制限かつ柔軟なメッセージング環境を構築できます。

特徴

・パーミッシブライセンス :Apache2.0ライセンス
・拡張性 :「認証スキーム」「データベースバックエンド」「自動化ボット」「プラグイン」
・セルフホスティング
・スケーラブル :Go言語ならではの拡張性
・セキュリティ :WebSocket通信
・開発コミュニティ :GitHubプロジェクトは8000を超えるスターを獲得

オフィシャルサイト

→github.com →tinode/chat

→tinode.co

④高水準データ保護機能「Rocket.Chat」

④高水準データ保護機能「Rocket.Chat」

概要

「Rocket.Chat」は、オープンソースの通信プラットフォームです。

「高水準のデータ保護機能を必要とする組織」向けに高度なカスタマイズ性を提供します。

さまざまなチャネルからのディスカッションを「顧客別単一ビュー」で統合表示できます。

複数の会話チャネルと統合

・Webサイトライブチャット
・Eメール
・Facebookページ
・Twitter
・WhatsApp
・Instagram など

オフィシャルサイト

→github.com →RocketChat/Rocket.Chat

→rocket.chat

【有償ツール】「 ビジネスチャット 」ツール 8選

①情報共有プラットフォーム「Talknote」

①情報共有プラットフォーム「Talknote」

概要

「Talknote」は、組織のチカラを最大化する「情報共有プラットフォーム」です。

「フィードによるリアルタイム情報共有」「データ蓄積」「組織運営改善」など、チカラを最大限に発揮できる環境づくりをサポートします。

★無料プラン

無料で「14日間」試用できます。

→talknote.com →price

特徴

■情報蓄積
・あらゆる情報を「資産」として共有
・会話の中で流されてしまいがちな「仲間への称賛」「携わる業務の経緯や背景」「属人的ノウハウ」も蓄積
・「強い組織の土台となるようなやり取り」をチームで共有

■データドリブン組織運営
・コミュニケーションをデータ化
・チームコンディションを可視化
・変化を把握
・働きすぎやメンタル面などもフォロー
・状況改善に役立てる

■カスタマーサクセス支援
・専任担当者が導入サポート
・ユーザーの課題や目的に合わせる
・導入時の最適な「コミュニケーション設計」や「運用ルール構築」を提案

主な機能

■コミュニケーション活性化機能
・ノート
・メッセージ
・タイムライン
・プロフィール
・スタンプ
・いいね
・サンクス
・既読・未読

■HR機能
・組織スコア
・アクションリズム解析
・オーバーワーク検知

■業務効率化機能
・メンション
・タスク管理
・絞り込み検索
・社外コミュニケーション
・動画
・メール連携
・ブックマーク
・ハッシュタグ
・シェア機能
・予約投稿

■管理機能
・ノート一括登録・変更
・部署連動機能
・利用環境制限
・メンバーの権限管理

オフィシャルサイト

→talknote.com

②国産ビジネスチャットツール「WowTalk」

②国産ビジネスチャットツール「WowTalk」

概要

「WowTalk」は、国産ビジネスチャットツールです。

「圧倒的な使いやすさ」+「万全なセキュリティ対策」で多くのユーザーに利用されています。

社内ビジネスチャット(SNS)を「月額300円」から簡単にスタートできます。

★無料プラン

「スタンダードプラン」を2週間無料で試用できます。

→wowtalk.jp →contact →entry

特徴

■導入メリット
・業務効率アップ
・大幅なコスト削減
・情報漏えい防止
・災害時の統制

■シンプルな使いやすさ
・誰もが使いやすい直感的なデザイン
・ルーキーからベテランまで誰もが使いやすい
・どのような要望にも対応できるカスタマイズ性
・導入したその日から業務効率アップを実感

主な機能

■コミュニケーション
・トーク :検索機能
・無料通話・ビデオ :最大5名で利用可能
・共有(掲示板)
・タスク管理
・ファイル送受信
・翻訳機能

■セキュリティ
・メンバーリスト管理
・パーティション機能
・アクセス制限

■管理機能
・個人単位の機能カスタマイズ設定
・安否確認機能 :有事災害の際に従業員安否を即座に確認
・外部サービス連携

オフィシャルサイト

→wowtalk.jp

③エンタープライズ対応ビジネスチャット「ChatLuck」

③エンタープライズ対応ビジネスチャット「ChatLuck」

概要

「ChatLuck」は、大規模・オンプレミス導入対応可能な「エンタープライズ対応ビジネスチャット」です。

★無料プラン

すべての機能を「30日間」の無料トライアルで試用できます。

→chatluck.com →form →trial

特徴

■導入実績
・自治体・政令指定都市
・鉄道・交通
・金融・地方銀行
・製造・研究開発 など

■セキュリティ
・アクセス権限
・ネットワークポリシー設定
・端末認証
・内部統制機能
・メッセージ(ファイル)監査
・ダウンロード履歴監査
・削除データ監査 など

■ネットワーク分離
・「中継サーバ」が無害データのみを内部ネットワークに中継 :「テキストチャットのみ」など
・チャットを介したマルウェア侵入を防止
・ファイルの外部漏洩を防止
・インターネットとのネットワーク分離環境でもチャット基盤を構築可能 :「自治体」「金融機関」など

■オンプレミス導入
・クラウドおよびオンプレミスに対応
・柔軟なシステム構成に対応 :「自社専用環境構築」「VPN」「LGWAN」「ネットワーク分離」
・数万名を超える利用規模でも高い応答性能と安定性を実現

■ボットユーザー機能
・さまざまなタスクや処理を自動化
・ボットユーザーAPIを介して多様なボットを開発

■外部連携
・チャットボット
・外部システム
・メッセージ通知API :メール通知を置き換え

オフィシャルサイト

→chatluck.com

④メッセージング+ビデオ会議「RingCentral」

④メッセージング+ビデオ会議「RingCentral」

概要

RingCentralは、チームに「メッセージング」+「ビデオ会議」を提供します。

→ringcentral.com →teams →overview

★無料プラン

「RingCentral Video Pro」として無料で利用できます。

クレジットカード登録は必要ありません。

→ringcentral.com →office →plansandpricing →#video

特徴(無料版)

・無制限の会議
・最大100人の参加者をホスト
・アプリなしでブラウザで即座に参加
・クラウドの記録を最大7日間保存
・統合 :「Google Workspace」「Microsoft Teams」「Microsoft 365」
・ワンクリックで会議を切り替え
・ファイル共有機能
・タスク管理機能

⑤非同期メッセージングツール「Twist」

⑤非同期メッセージングツール「Twist」

概要

Twistは、非同期メッセージングツールです。

→twist.com →home

★無料プラン

無料版を利用できます。

→twist.com →pricing

より思慮深い応答

Twistは、さまざまなタイムゾーンで作業しているチーム向けに設計されています。

レイアウトは「Eメール」+「インスタントメッセージング」の機能を組み合わせて、「1単語の即時応答」ではなく「より長くより思慮深い応答」を促進しようとしています。

特徴(無料版)

・過去1か月のコメント(メッセージ)にアクセス
・最大500人のメンバー
・最大5つの統合
・無制限のゲスト

⑥チーム共同作業促進「Cisco Webex Teams」

⑥チーム共同作業促進「Cisco Webex Teams」

概要

「Cisco Webex Teams」のすべてのプランには、「メッセージ機能」「ファイル共有機能」「ホワイトボード機能」など、チーム共同作業を促進する機能が含まれています。

→webex.com →ja →team-collaboration

★無料プラン

機能制限ありの無料版を利用できます。

→webex.com →ja →pricing

メッセージ機能

・グループメッセージ機能 :意思決定を迅速化
・通知カスタマイズ機能 :「メッセージにフォローアップのためのフラグ」「メンションのみ抽出」

ファイル共有機能

・送受信ファイルはメッセージと並行して整理
・リアルタイム共同編集 :「Microsoft OneDrive」「SharePoint Online」

⑦チャネル内作業管理「Flock」

⑦チャネル内作業管理「Flock」

概要

Flockは、インドで人気のメッセージングアプリです。

会話を整理し、チャネル内のすべての作業を管理できることで、意思決定と問題解決を合理化するために役立ちます。

→flock.com

★無料プラン

1〜20人程度までのチームに適している「スタータープラン」を無料で利用できます。

→flock.com →pricing

特徴(無料版)

・無制限の1-1&グループメッセージ
・10000件の検索可能なメッセージ
・10のパブリックチャネル
・チームあたり合計5GB
・単一チーム管理者
・1-1ビデオ通話

⑧メッセージングからCRMまで「Bitrix24」

⑧メッセージングからCRMまで「Bitrix24」

概要

Bitrix24は、「メッセージング」から「CRM」まで、幅広い機能を提供しているソリューションです。

「個人およびチームのチャット機能」に加え、「1対1またはグループ向けの音声通話(ビデオ通話)機能」や「タスク管理機能」など、豊富な機能を利用できます。

→bitrix24.jp

★無料プラン

無料版が提供されています。

→bitrix24.jp →prices

オンプレミスエディション

自社サーバにホスティングできる「オンプレミスエディション」も利用できます。

「データ」「ソースコード」「ヘルプデスクやeラーニングなどの追加ツール」「統合オプション」など、さまざまなカスタマイズが可能です。

【導入事例】日本交通がオープンソースビジネスチャット「 Mattermost 」を全社導入した理由

必須となったビジネスチャットツール

企業にとって、ビジネスチャットツールは社員間や取引先とのコミュニケーション手段として、必須のものとなっています。

以下のチャットツールがよく利用されています。
・Chatwork
・Slack
・Microsoft Teams
・Google Chat
・Mattermost など

日本交通のビジネスチャット導入経緯

チャットツールがバラバラに導入される

タクシー事業最大手「日本交通」も、ビジネスチャットの有用性から、個人レベルや部門レベルでいくつかのビジネスチャットやメッセージアプリを使うようになっていました。

各種問題が発生

しかし、ツールが統一されていないことで「社内コミュニケーションが煩雑」「情報が分散してしまう」「セキュリティ面での課題」などの問題が発生しました。

全社統一導入の検討開始

さまざまな問題を解消するために、ビジネスチャット全社統一導入の検討が開始されました。

Mattermost選定の決定打は「コスト面」

全社導入となると利用者が1000ユーザーを超えることからコスト面の課題が浮上しました。

さまざまな検討の結果、オープンソースのビジネスチャットツール「Mattermost」の全社導入が決定しました。

「Mattermost」とは

「Mattermost」とは、日々のビジネスで生産性を高めるために役立つオープンソースチャットツールです。

→mattermost.com

主な特徴

・Slack風
・メールの煩雑さを軽減
・メッセージング機能—1:1、グループ
・チャット用チャネル機能—トピックベース、グループベース、会議ベース
・プロジェクトでの合理化されたコラボレーション機能
・検索機能—メッセージ、チャネル全体
・ファイル共有機能 など

導入担当者に聞く「Mattermostのメリットとデメリット」

本セミナーでは、実際にMattermostの導入を担当された、日本交通株式会社 システム担当部長 岡村様に、Mattermost導入に関する各種質問に対して、率直にお答えいただいています。

質問内容

・なぜMattermostを導入したのか?
・オープンソースに対する不安はなかったのか?
・コミュニティ版?エンタープライズ版?
・機能面で不足はなかったのか?
・セキュリティ面での問題はなかったのか?
・導入時の苦労は?
・運用は大変ではないのか?
・他のビジネスチャットツールと比較して「操作性」や「使い勝手」はどうなのか?
・他のビジネスチャットツールとの連携はどのようにしているのか? など

セミナー資料① 日本交通は、なぜビジネスチャットの全社導入でオープンソースのMattermostを選択したのか?

セミナー資料① 日本交通は、なぜビジネスチャットの全社導入でオープンソースのMattermostを選択したのか?

ページ数

25ページ

アジェンダ

■御社について教えてください。
・日本交通様について

■なぜビジネスチャットを導入したのですか?
・セキュリティ問題
・情報分散による業務の非効率化

■どの様な組織、規模での利用となるのでしょうか?
・利用者と利用人数について

■なぜMattermostを選択したのですか?
・選択の背景1『分かり易さ』
・選択の背景2『コスト』
・年間コストイメージ
・Mattermostを選択するに当たっての疑問

■Mattermostを導入したことで得られたものはありますか?
・導入の利点『情報漏洩リスクへの対策』
・導入の利点『浸透スピード』
・導入の利点『連絡問合せの効率化』

■今後の展開について教えてください。
・今後の対応検討項目

セミナー資料② Mattermostの紹介

セミナー資料② Mattermostの紹介

ページ数

50ページ

アジェンダ

■Slackについて
・なぜSlackが人気が高いのか
・コミュニケーションの加速について
・Slackの課題について

■Mattermostについて
・Slack風チャット型コミュニケーションツール「Mattermost」
・Mattermost画面イメージ
・Mattermost導入企業組織
・Mattermostの利用イメージ
・Mattermostの主な機能

■MattermostとSlackの比較
・MattermostとSlackの違いについて
・クラウドか?オンプレミスか?
・一般的な比較
・Mattermostはクラウドでもオンプレミスでも利用可能
・Mattermost vs Slack 検討のポイント

■第一の視点:取り扱うデータの種類
・外に置きたくないデータは必ず存在する
・社内データの取り扱いについて
・外部のセキュリティ対策が万全でも
・セキュリティの公開範囲を考える
・一度の開錠が取り返しのつかない事態になることも
・セキュリティの公開範囲を考える
・Mattermostの場合、どの範囲も可能
・予め公開範囲を設定しておけば。。
・外部と内部のデータの棲み分けが大事

■第二の視点:カスタマイズ性
・カスタマイズ性を求めるならMattermost
・Mattermostの場合、OSSのため、社内基盤システムとの親和性が高い

■第三の視点:コストパフォーマンス
・Slackと比べてコストが安い

■Mattermost製品版のメリット
・サポートレベル
・製品版のみの豊富なサポート
・プレミアムサポートに含まれるもの
・Mattermost SLA
・クラスタリング構成に対応(E20のみ)
・Active Directory / LDAP認証に対応

セミナー資料③ VICENTマネージドサービスプランについて

セミナー資料③ VICENTマネージドサービスプランについて

ページ数

29ページ

アジェンダ

■VICENT Cloudの紹介
・VICENT Cloud について
・提供アプリケーション一覧
・サービスレベル目標(SLA)
・一般的なクラウドサービスとの違い

■VICENT Cloud Mattermostプラン
・VICENT Cloud Mattermostプラン(CE利用)
・VICENT Cloud Mattermostプラン(EE E10利用)
・VICENT Cloud Mattermostプラン(EE E20利用)
・サーバネットワーク構成例(シングル構成)
・サーバネットワーク構成例(クラスタ構成)
・VICENT Cloud Mattermostプラン&Slack月額定価比較表

■その他提供ソリューションについて
・サポート分野
・導入コンサルティングサービス
・保守サポートサービス
・プレミアムサポートサービス

■移行ソリューションについて
・Slack to Mattermostの移行をサポートします。

動画視聴+資料ダウンロード(無料)はこちらから

【導入事例紹介】日本交通がオープンソースビジネスチャット「 Mattermost 」を全社導入した理由とは?

【お知らせ】ITセミナー「マジセミ」のご紹介

「 マジセミ 」では、日々、多くのIT関連セミナーを開催しています。

参加者のみなさまのために「本当に役立つ情報の提供」を目標としています。

また、「 マジセミ 」を通じて、デジタル関連プロダクト(サービス)との「新たな出会いの場」「新たな体験の場」を創造することで、「IT業界の発展」「製造業の発展」「エンジニアの活躍促進」の実現を目指しています。

多くのセミナーの中から「ご自身のスキルやビジネスを強化できるセミナー」を見つけて、ぜひ一度、ご参加ください。

マジセミ


参考サイト
→isotropic.co →「The Top 6 Open Source Chat / Communication Tools 2022」
→geekflare.com →「7 Best Open Source Live Chat Software to Talk to Your Customers」
→ringcentral.com →「The 10 best free messaging apps for small businesses」
→boxil.jp →「【2022年】ビジネスチャットツール比較13選!導入メリットや失敗しない選び方」
→dxbase.diamond.jp →「6大ビジネスチャットツール徹底比較」
→product-senses.mazrica.com →「ビジネスチャットツールおすすめ11選!失敗しない選び方を解説」

おすすめの記事

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

OSS情報

2024.07.04

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

「 Hoppscotch 」は、オープンソースのAPI開発エコシステムで、使いやすさとアクセシビリティを重視した軽量なWebベースのスイートです。無料版と有料版があり、PostmanやInsomniaの代替として利用可能です。

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。

【OSS情報】LLMトレーニング用ライブラリ「 GPT-NeoX 」📚

OSS情報

2024.07.18

【OSS情報】LLMトレーニング用ライブラリ「 GPT-NeoX 」📚

「 GPT-NeoX 」は、GPU上で大規模言語モデル(LLM)を効率的にトレーニングするためのライブラリです。NVIDIAのモデルを基に独自の最適化が加えられ、オートレグレッシブ言語モデルのトレーニング手法を集約しています。