マジセミドライブ

ウェビナー関連のニュースやITサービス&ツールの最新情報を随時配信します。

OSS情報

2020.01.01

【OSS情報アーカイブ】Draft

【OSS情報アーカイブ】Draft

※当記事に記載されている情報は、古くなっている場合があります。オフィシャルサイトで最新情報をご確認ください。

「Draft」とは

「Draft」基本情報

概要

Draft(ドラフト)とは、「Docker」コンテナデプロイサポートツールです。Microsoftが提供しています。「Kubernetes」クラスタ上へのデプロイと継続的インテグレーション機能を提供します。

基本説明

Draftを使用すると、Kubernetesクラスタ上で動くコンテナベースアプリケーションの開発工程を簡素化できます。

開発者は、Docker/Kubernetesの管理作業から解放され、アプリケーション開発に専念できます。

「Kubernetes」とは

「Kubernetes(クーベルネイテス)」とは、Dockerコンテナ群管理フレームワークです。コンテナ群のデプロイ/オーケストレーション/クラスタリング管理/運用管理などの各機能を提供します。
→OSS×Cloud News →オープンソースの運用管理・運用自動化/Kubernetesとは

経緯

Draftは、2017年5月、オープンソース公開されました。

主な特徴

Draftのターゲット

Draftは、開発者のワークフローである「インナーループ」をターゲットしています。

「インナーループ」とは「コード記述中状態(バージョン管理コミット前)」を意味しています。

2ステップでKubernetesへデプロイ

Draftを使用すると、2つのコマンドのみで、Kubernetesへのデプロイを行えます。

ステップ①「draft create」
1. Draftが対象アプリケーション言語を検知
2.「Dockerファイル」と「Kubernetes用パッケージマネージャHelmに対応したパッケージング」をソースツリー出力

ステップ②「draft up」
1. Dockerファイルを基にビルドを実行
2. Kubernetesへデプロイ

継続的インテグレーション

Draftでデプロイされたコンテナアプリケーションのコードをローカル環境で修正すると、継続的インテグレーションが行われます。
1. 自動的にKubernetesへデプロイ
2. バージョン管理システムにコミットしてプッシュ

Docker/Kubernetesのインストール不要

Draftを使用する場合、ローカル開発環境にDocker/Kubernetesのインストールは必要ありません。

サポート言語

主要な開発言語をサポートしています。
Python
Node.js
・Java
Ruby
PHP
Go

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Paus」「Rancher」など。

ライセンス情報

Draftのライセンスは「MIT License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →Azure →Draft →LICENSE

ダウンロード

→GitHub →Azure →Draft

参考元サイト

・GitHub →Azure →Draft
・Azure →Blog →Announcements →Streamlining Kubernetes development with Draft
・ZDNet →MS、コンテナベースのアプリ開発を効率化するオープンソースツール「Draft」リリース
・Publickey →マイクロソフト、アプリを自動的にDockerコンテナ化してKubernetesへデプロイしてくれる「Draft」をオープンソースで公開
・OSDN →Magazine →米Microsoft、Kubernetesで動くコンテナアプリ構築ツール「Draft」を発表
・TechCrunch Japan →MicrosoftのDraftはコンテナ化の面倒を引き受けるクラウドサービス、デベロッパーはアプリケーションのコードをローカルに書くだけ
・Wantedly Engineer Blog →Docker Compose を使った オープンソース PaaS: Paus のご紹介

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

この記事のタグ一覧

おすすめの記事

【OSS情報】LLMトレーニング用ライブラリ「 GPT-NeoX 」📚

OSS情報

2024.07.18

【OSS情報】LLMトレーニング用ライブラリ「 GPT-NeoX 」📚

「 GPT-NeoX 」は、GPU上で大規模言語モデル(LLM)を効率的にトレーニングするためのライブラリです。NVIDIAのモデルを基に独自の最適化が加えられ、オートレグレッシブ言語モデルのトレーニング手法を集約しています。

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

OSS情報

2024.07.04

【OSS情報】WebベースAPI開発スイート「 Hoppscotch 」🌐

「 Hoppscotch 」は、オープンソースのAPI開発エコシステムで、使いやすさとアクセシビリティを重視した軽量なWebベースのスイートです。無料版と有料版があり、PostmanやInsomniaの代替として利用可能です。

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

ウェビナーまとめ

2024.05.15

経営活動に活用できる 原価管理 を実現するには? 〜製造業の現実的な課題に向き合い、現場視点から改善する原価管理手法の必達プロセスをご紹介〜

2024年3月12日に三菱電機ITソリューションズ株式会社とアットストリームパートナーズ合同会社の共催で、組立加工製造業向けのセミナー「なぜか高くなる原価を管理する 不確実性の時代を乗り切るためのコスト戦略とは」が開催されました。本セミナーでは、製造業における原価管理の現状と改善手法について深く掘り下げ、経営活動への具体的な活用方法を提示しました。今回は、その講演の要点をお伝えします。