TOP / セミナー講演資料 / 

関連するセミナー

他のカテゴリから探す

GMOのシングルサインオンサービス「トラスト・ログイン」販売/OEMパートナー募集 説明会 ~GMOグループとの協業でビジネスを加速させる~

開催日:2020年 8月27日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

GMOの在宅勤務体制で実証されたIDaaSとは

弊社GMOインターネットグループでは1月27日(月)より、4か月の在宅勤務を実施し、緊急事態宣言解除後も週1-3日はテレワーク推奨となっております。その中で自宅からでも安全に社内システムにアクセスするために、トラスト・ログインを積極活用しております。

従業員の安全確保、またその在宅体制においても情報資産のセキュリティを守るための多くの機能がトラスト・ログインに集約されております。

(クライアント認証、ワンタイムパスワード、IP制限、ステップアップ認証等)

貴社のお客様に「安心」をお届けする

GMOインターネットグループが提供するIDaaS「トラスト・ログイン」では、この度パートナーを募集します。

 貴社のお客様におかれましても、認証やシングルサインオンのニーズは必ずあるはずです。

 「トラスト・ログイン」を使って一緒にお客様に「安心」をお届けするパートナーを募集します。

 

共同マーケティングで、貴社のビジネスを加速

「トラスト・ログイン」では、パートナーと積極的に共同プロモーションを行っていきます。

 両社で協力し、またパートナー同士の連携・協業も後押ししながら、お互いのビジネスを拡大していきます。

 

再販や貴社製品・サービスとの連携、OEMなど

パートナーの形態は再販のみならず、貴社製品・サービスとの連携や、「トラスト・ログイン」のOEM提供も可能です。

まずは説明会にご参加頂き、個別にご相談させて頂ければと思います。

プログラム

10:45~11:00 開場

11:00~11:30 トラスト・ログイン製品説明

まずはトラスト・ログインについて、デモンストレーションを交えてご説明します。

11:30~11:50 パートナー制度説明

パートナー制度の概要とメリット、実際のパートナー様の活動例をご紹介します。

11:50~12:00 質疑応答

対象

IDaaSの販売をご検討されている資本金1000万以上のシステムインテグレーション(SIer)様

主催

GMOグローバルサイン株式会社

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


企業はどのようなAI(人工知能)技術を取り入れるべきか? ~AI自動翻訳と音声認識の実際~

開催日:2020年 8月27日

本セミナーはオンラインセミナーとなり、Zoomを使用して実施します。

 

お申し込み後、メールにて参加URLをお送りします。

実用レベルではまだ限られる、AI(人工知能)の活用領域

ここ数年で、AI(人工知能)技術は急速に発展しており、様々な分野でAI活用の研究が行われています。

しかし、企業での活用で、実用レベルに達している領域はそれほど多くなく、以下の種類に分類されます。

・文章理解(自然言語処理) 

・音声理解(音声認識)   

・画像理解(画像認識)

・機械制御(産業用ロボット、建設機械など)

本Webセミナーでは、このうち自然言語処理(本セミナーではAI自動翻訳)と音声認識について、企業での活用の実際を解説します。

中国語の翻訳ニーズの急増

例えば、中国語の翻訳ニーズが急増しています。

英語であれば自社で対応できても、中国語まで含めると難しいことが多く、AI自動翻訳のニーズが高まっています。

Google翻訳などとの違い

また、AI自動翻訳と聞くと「Google翻訳などと何が違うのか?」と疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。

本Webセミナーでは、そのような疑問に答えつつ、実際の画面などを使ってデモンストレーションをしていきます。

Web会議の普及による、議事録作成のニーズ

テレワークの普及によって、Web会議を行うことが多くなってきました。

これにより、議事録作成のニーズが高まっています。

本Webセミナーでは、AIを活用した音声認識技術によって、議事録を自動的に作成するデモンストレーションをご紹介します。

リアルタイム翻訳も可能に

さらに、Web会議においてリアルタイムに翻訳することも可能です。

こちらについても、デモンストレーションを含めてご紹介致します。

主催

株式会社ロゼッタ

当日会場アクセスに関するお問合せ

03-5215-5671

セミナー事務局

マジセミ株式会社





(PR)100社以上が出展する国内最大級のIT総合バーチャル展示会「マジTECH」開催中!



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


OSSのプロジェクト管理「Redmine」ベースにガントチャートなど必要機能を包括提供する「Easy Redmine」とは ~無償版との違いと、ガントチャート、グラフなどによる可視化、ワークフローなど機能の紹介~

開催日:2020年 8月26日

本セミナーは、Webセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

OSSのプロジェクト管理「Redmine」とは?

「Redmine」とは、オープンソースのプロジェクト管理ツールです。

チーム内のタスク管理と進捗管理の情報共有がWebベースで簡便に行えます。

ガントチャート、グラフなどによる可視化、ワークフローなど、プロジェクト管理で必要な機能は別途プラグインの導入が必要

しかし、プロジェクト管理で必要になる、ガントチャート、グラフなどによる可視化、ワークフローなどを使う場合、Redmine に加えてそれぞれのプラグインを個別に導入しなければなりません。

多くの場合、それはシステム管理者にとって面倒な作業ですし、それらのプラグインを含めて包括的なサポートを行っていくには多くの労力が必要です。

必要な機能を包括的に提供する「Easy Redmine」とは?

今回ご紹介する「Easy Remine」は、オープンソースの Redmine をベースに包括的に機能拡張をします。

Redmine の基本的な機能はもちろん、ガントチャート、グラフなどによる可視化、ワークフロー、ダッシュボードなど、全てワンストップで提供するため、管理者は簡単に必要な機能を備えたプロジェクト管理のシステムを導入することができます。

また、サポートも包括的に提供されるため、より一層管理者の負担を軽減することが可能です。

さらに、使いやすい画面やモバイル対応のデザインなど、Easy Redmine 独自の機能も活用することができます。

無償版 Redmine との違いや、価格は?

本セミナーでは、Easy Redmine についてご紹介するとともに、無償版のRedmineとの違いや、Easy Redmine の価格について解説します。

なお、Easy Redmine は、25ユーザー/15万程度から導入可能です。

プログラム

15:45~16:00 受付

16:00~16:40 Easy Redmineのご紹介

16:40~17:00 質疑応答

主催

株式会社ヒューリンクス

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


テレワークでの、主要ツールの選択 (ビジネスチャットとオンラインストレージ)

開催日:2020年 8月26日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

第二波が懸念される中、テレワークの推進は必須

新型コロナウィルスの感染が再び増加しています。

緊急事態宣言の後、一部の企業ではテレワークを解除しているところもあるようですが、「ニューノーマル」と言われているように、テレワークは恒久的な施策として推進していく必要があります。

そこで本セミナーでは、テレワークにおける主要ツールである、ビジネスチャットとオンラインストレージについて、解説していきます。

ビジネスチャットの比較(Slack、Chatwork、LINE WORKS、・・・)

ビジネスチャットは、Slack、Chatwork、LINE WORKSなどが人気です。

これらはどう違うのでしょうか?

どのような観点で比較、選定すればよいのでしょうか?

主催企業のサービスである「Chat45」を交えて解説します。

自宅PCで機密情報を扱うリスク

テレワークにおいて、場所を選ばずファイルを共有できるオンラインストレージは必須のツールです。

しかし、自宅PCなどで機密情報などを扱うことになるため、様々なリスクがあります。

自宅PCにある機密情報を、社員や家族が持ち出してしまう

自宅PCにある機密情報が、メール添付などで外部に漏洩してしまう

自宅PCの画面のスクリーンショットを保存することで、機密情報が漏洩してしまう

自宅PCがウィルスに感染し、そのPC上のファイルはもちろん、オンラインストレージ上のファイルまで影響が及ぶ

このようなリスクに対して、どのような対策を取るべきなのか、「セキュアSAMBAPro」の紹介や事例を交えて解説します。

プログラム

09:45~10:00 受付

10:00~10:20 ビジネスチャットの比較

10:20~10:40 自宅PCで機密情報を扱うリスクと対策

10:40~11:00 質疑応答

主催(共催)

株式会社 Nurinubi

スターティアレイズ株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記載頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


常駐から始める、ベトナムオフショア開発(オフショア開発のリスクと対策)

開催日:2020年 8月26日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

本Webセミナーの対象者

・エンジニアが不足していて、ベトナムオフショア開発の活用を検討している方

・ベトナムオフショア開発は未経験で、不安がある方

・過去、オフショア開発を実施したが、失敗してしまった方

・ベトナムオフショア開発での品質や納期に不安がある方

コロナ禍で、ITエンジニアは不足、単価も大幅UP

新型コロナウイルスの感染拡大で、コスト削減を急いでいる企業も多いと思いますが、ITエンジニアはテレワークへの対応や、今後急速に加速するデジタルトランスフォーメーションへの対応などのため、従来よりもさらに不足しています。

また、単価も大幅にUPしています。

人材サービス大手のエン・ジャパンによると、

・「社内SE」の3月の求人は前年同月に比べ67.3%増えた。

・「運用管理・保守」は57.3%増。4月も2ケタ増が続きそうだ。

・時給も上がっている。社内SEは3月に2.5%(55円)高い2298円となり、4月はさらに5%弱上がる見込みだ。

とのこと。

益々増える、ベトナムオフショア開発

このような中、ベトナムへのオフショア開発が増えています。

オフショア開発と言えば、中国が主流ですが、システムエンジニア人件費が急速に上昇しており、開発コストが増大しています。そこで、ベトナムへのオフショア開発が増えています。

しかしながら、「品質」「納期」「仕様誤認」などの不安も。。。

しかしながら、オフショア開発に対して「品質」「納期」「仕様誤認」などの不安はあると思います。

中国などで一度失敗している方も多いでしょう。

請負契約とラボ契約の違いは?

また、オフショア開発で多い「ラボ契約」について、請負開発とどうちがうのか、疑問に持たれている方も多いと思います。

どうやって選べばいい?どうやって始めればいい?

さらに、ベトナムオフショア開発をやりたいと思ったときに、どうやって会社を選んで、評価して、どうやってスタートすればよいか、分からない方も多いでしょう。

全ての疑問に答えます!

10社以上のベトナムオフショア開発企業と取引があり、30回以上のオフショア開発セミナーを企画・運営している、オープンソース活用研究所 所長の寺田が、このような疑問に全てお答えします。

常駐から始める、ベトナムオフショア開発

また、最初はお客様のオフィスに常駐しながらトライアルを行い、仕様や業務を理解したあと、常駐エンジニアがブリッジSEを務めながらオフショア開発を行うことで、大幅にリスクとお客様側の負担を減らすやり方についても解説します。

プログラム

15:45~16:00 受付

16:00~16:30 常駐から始める、ベトナムオフショア開発(オフショア開発のリスクと対策)

16:30~17:00 質疑応答

主催

株式会社NAL JAPAN

セミナー事務局

マジセミ株式会社





(PR)100社以上が出展する国内最大級のIT総合バーチャル展示会「マジTECH」開催中!



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


広告代理店やデザイン会社に発注しても、ITについて理解出来ず、的外れなものになってしまう問題

開催日:2020年 8月25日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

広告代理店やデザイン会社に対する不満

IT製品の販売のためには、適切な宣材(ウェブ、リーフレット、動画など)が不可欠です。

しかし、広告代理店やデザイン会社に発注しても、ITについて理解することが出来ずに的外れなものになってしまうケースは多いと思います。

結局、IT企業側で手取り足取り赤を入れることになってしまい、完成まで時間も手間も掛かる、ということになりがちです。

IT製品の宣材制作はなぜ難しいのか?

なぜ、IT製品の宣材制作は難しいのでしょうか?

他の業界の宣材制作とどこが違うのでしょうか?

IT製品の場合は、どのように進めればうまくいのでしょうか?

大手広告代理店とのコンペに勝ち抜いたメンバーが解説

本Webセミナーでは、大手広告代理店とのコンペに勝ち抜いた株式会社エム・イー・シーのメンバーが、IT製品の宣材制作はなぜ難しいのか?どのように進めればよいのか?について解説します。

IT知識と表現力を併せ持つ宣材制作サービス

株式会社エム・イー・シーは、SIビジネス、自社製品やSaaSも扱うITベンダーでありながら、「売るための制作」も手掛ける珍しい存在です。

お客様の製品・サービスについて深く理解し、売るために適した媒体を選定、制作まで一気通貫でご提供することが出来ます。

どれくらいの価格で制作できるの?

もちろん制作するものにもよりますし、内容にもよりますが、通常の広告代理店へ発注するよりも大幅なコストダウンが可能です。

※広告代理店レスにすることで費用を抑えられることはもちろんですが、もともとの料金設定もリーズナブルであるためです。

本Webセミナーでは、株式会社エム・イー・シーの宣材制作サービスについて、事例とともにご紹介します。

プログラム

15:45~16:00 受付

16:00~16:40 広告代理店やデザイン会社に発注しても、ITについて理解出来ず、的外れなものになってしまう問題

(プレゼン内容)

・IT製品の宣材制作はなぜ難しいのか?

・事例に基づく制作の進め方

16:40~17:00 質疑応答

主催

株式会社エム・イー・シー

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


「人の移動が制限された新しい生活様式」時代におけるオフショア活用の利点 〜オフショア活用企業が感じた進化の実感とは〜

開催日:2020年 8月25日

本セミナーは、Webセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

※本セミナーは、6/30、7/30に開催した同名のセミナーと同じ内容です。

※お申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

今“人の移動が制限される”ことを前提にした業務態勢強化が必要に

ビジネス環境が急激に変化する現在、“人の移動が制限される”ことを前提にした業務態勢強化が企業経営の重要なテーマになっています。

直面する課題への対応とともに、今後の新しい商流・商習慣も見据えた企業全体の取り組みが重要となります。

コロナ禍で求められたIT体制の継続性担保とリモートワーク希望技術者の増加

このような状況のなか、IT業界、IT関連の部門では、IT技術者のオンサイトに依存した運営体制のデメリットが明らかになりました。

「満員電車での通勤リスク」「リモート対応出来る企業に行きたい」という理由で転職を希望するエンジニアも増加しており、IT技術者が不足している人材市況下において、非常に重要なテーマとなりつつあります。

オフショア活用企業が実感した「自分たちの進化」

当社はベトナムを中心としたオフショア開発体制を基盤に、様々なお客様のIT体制を海外からご支援する取組を行ってまいりましたが、今回の緊急事態宣言を経て、思いもしなかったメリットがお客様から実感として以下のようなコメントが寄せられました。

・「開発・運用が停止しなくて済んだ」

・「オフショア活用を推進した結果、社内にリモートワークに対応したIT体制が整備できていいて、思ったよりもスムーズに対応できた」

オフショア開発で得られる事業継続性と多様な効果

本セミナーでは、すでにオフショア活用している企業様が今回のリモートワーク 体制にどのように対応できたかを解説することによって、これからオフショア開発を検討するお客様が得られる様々なメリットについて解説します。

それととともに、「言葉の壁」「文化の壁」「距離の壁」の3つのオフショア活用の壁を、従来は常駐型SES・技術者派遣に大きく依存していた企業様がどのように超えていったのかをご紹介します。同時に、3つの壁を超えるにあたって重要なポイントと、その克服のポイントについても解説いたします。

コロナ後に、オフショア開発をスタートした事例も紹介

また、コロナ後にオフショア開発をスタートした事例について、どのようなプロセスで進めて行ったのか、不安はなかったのか、といった観点も交えながら紹介致します。

プログラム

09:45~10:00 受付

10:00~11:00 「人の移動が制限された新しい生活様式」時代におけるオフショア活用の利点

〜オフショア活用企業が感じた進化の実感とは〜

 [講師]:株式会社コウェル 取締役 吉田 謙

11:00~11:30 質疑応答

主催

株式会社コウェル

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


マジTECH 202007(スミセイ情報システム)

開催日:2020年 8月25日

マジTECH 202007(マインドシフト)

開催日:2020年 8月25日

マジTECH 202007(日本生工技研)

開催日:2020年 8月25日

ようやく仮想通貨以外でも普及してきた、ブロックチェーンの国内事例解説 ~Amazonベストセラー1位『WHY BLOCKCHAIN』の著者、坪井大輔氏が登壇~

開催日:2020年 8月20日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

ようやく仮想通貨以外でも普及してきた、ブロックチェーン

「未来を変える技術」と言われているブロックチェーンですが、長らく仮想化通貨以外のユースケースが出てきませんでした。

しかし最近、ようやくビジネスでの活用事例が増えてきました。

Amazonベストセラー1位『WHY BLOCKCHAIN』の著者、坪井大輔氏が、ブロックチェーンの基礎から解説

本Webセミナーでは、Amazonベストセラー1位『WHY BLOCKCHAIN』の著者、坪井大輔氏が、まずブロックチェーンの概要や、技術的な背景、特徴、なぜブロックチェーンが必要とされているのか、などについて、分かりやすく解説します。

VNEXT HOLDINGSのブロックチェーン開発事例紹介

さらに、日本国内の事例を中心に、VNEXT HOLDINGSのブロックチェーン活用事例を多数ご紹介します。

サプライチェーンマネージメント

部品メーカーから、組み立て、販売、小売りまで、企業をまたがっての様々な記録や履歴の共有、トレーサビリティなど、これまで紙ベースで行っていた業務をブロックチェーンで実現。

自動車の利用履歴

自動車生産、販売されてから、利用者が使っている状況(走行、事故、故障など)などの履歴を管理、他にも保険などについても一元管理し、共有。

食品のトレーサビリティ

生産、加工及び流通のそれぞれの段階を通じて、食品の移動の履歴を全て記録。消費者の安全・安心な食品の選択を実現。

地域通貨、組織内通貨

仮想通過の応用として地域通貨や組織内通貨を実現。キャッシュレスを推進し、新型コロナウイルス対策拡大防止に貢献。

NFTトークンによるゲームアイテム、デジタルコンテンツの管理

ゲームアイテム、デジタルコンテンツなどをNFTトークンとして発行することで、簡単に低コストでユーザーに分配し、ユーザー同士で簡単に売買。

プログラム

14:45~15:00 受付

15:00~15:10 オープニング

15:10~15:45 WHY BLOCKCHAIN

株式会社INDETAIL 代表取締役 CEO 坪井大輔

(プロフィール)

北海道のシリアルアントレプレナー。2009年起業、ゲームと開発で年商10億円以上。2019年2事業を13億で一部上場企業へ売却。ブロックチェーンに集中。ベトナム在住しつつ、東京/札幌/海外などで活躍。

15:45~16:20 ブロックチェーンの国内事例

VNEXT HOLDINGS株式会社 グエン テイ タオ

(プロフィール)

2000年、国費留学生として来日、一橋大学商学部/MBA卒業。2006年、エヌエヌ生命保険入社、ファイナンシャルエンジニアリング、リスク管理、投資戦略等の業務担当。2018年 VNEXT HOLDINGS入社、ブロックチェーンビジネスデベロップメント責任者。

16:20~16:30 質疑応答

主催(共催)

株式会社INDETAIL
VNEXT JAPAN株式会社

セミナー事務局

マジセミ株式会社



当日緊急連絡先

zoom@osslabo.com

※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


社内システムを修正無しでSAML化して、IDaaSに接続する方法 ~テレワークでのセキュリティ強化のため、クラウドも社内システムも統合認証する~

開催日:2020年 8月20日

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

IDaaSとは

IDaaSとは、フェデレーション/シングルサインオンやID管理の機能をクラウドサービスとして提供するものです。

多数のクラウド・オンプレミス上のシステムに対するID情報やアクセス権限などをクラウドにて一元管理し、さらに多要素認証などでセキュリティを強化します。

近年、「クラウドファースト」の方針の元、認証基盤もクラウドで実装したいという企業が増えており、IDaaSが注目されています。

Okta、OneLogin、トラスト・ログイン、IIJ ID や、AzureADも

IDaaSとしては、グローバルではOkta、OneLoginなどのシェア高く、国産のIDaaSとしては、トラスト・ログインや、IIJ IDがあります。

また、AzureADもIDaaSとしての機能を一部備えています。

完全テレワークに備え、社内業務システムとのフェデレーション/シングルサインオンする

一般的にIDaaSは社内システムとの連携が苦手です。

IDaaSは基本的には、異なるインターネットドメイン間でユーザー認証を行うためのプロトコルであるSAMLという認証の仕組みを使用しています。

しかし、社内システムはSAML対応していないものがほとんどで、IDaaSによるSSOの対象外とされるケースが多くあります。これではSSOの導入効果は半減です。

一部のIDaaSでは、代理認証と呼ばれる方式を使ってSAML未対応のWebシステムと認証連携が可能ですが、パスワードがインターネット上に流れてしまうため、セキュリティ的に問題視される場合もあります。

本セミナーでは、Okta、OneLogin、トラスト・ログイン、IIJ ID や、AzureAD などのIDaaSと、社内業務システムとをセキュアに認証連携するための方法について解説します。

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:45 よりセキュアに連携するために、社内システムをSAML化する方法

クラウドサービス(SaaS)と、社内Webシステムの混在は、当面続きます。
またテレワークの普及により、社内リソースに社外からアクセスすることはますます一般的になります。
社内Webシステムも巻き取ったセキュアなSSOを実現し、セキュリティと利便性の両方を高めるためのツール「Keygateway」について、少し詳しくご説明します。

13:45~14:00 質疑応答

主催

かもめエンジニアリング株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

zoom@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548
](url)


「AI自動翻訳による生産性向上と働き方改革」~企業において、AI自動翻訳はどこまで使えるのか?~

開催日:2020年 8月19日

本セミナーはオンラインセミナーとなり、Zoomを使用して実施します。

お申し込み後、メールにて参加URLをお送りします。

4,500   社のお客様が抱えていた、翻訳業務の課題

現在多くの企業の翻訳業務において、以下のような課題があります。

・翻訳会社へ外注しているが、外注費が高額。また、納品までに時間を要する。

・語学力のある社員が翻訳しているが、優秀な社員が翻訳作業しているので、 本業に支障。

・無償 Web サービスで翻訳しているが、情報漏洩リスクがある。
 

企業において、AI自動翻訳はどこまで使えるのか?

そのような状況の中、AI自動翻訳が注目されています。

無料で使えるツールもありますが、そのようなツールを使ったことがある方は、「実際の企業の業務で使えるのだろうか?(使えないだろう)」と感じられた方も多いと思います。

4,500以上の導入実績

本セミナーでは、医薬・化学・機械・IT・法務・金融など2,000分野の専門分野データベースを蓄積し、4,500以上の導入実績を持つAI自動翻訳 T-4OO をご紹介すると共に、実際に翻訳業務の効率化・コストダウンに成功した大手企業の事例  や、部門別の活用事例をご紹介します。
 

主催

株式会社ロゼッタ

当日の緊急連絡先

03-5215-5671

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


IoT業界の著名ゲストが、製造業×IoTの不可欠な課題について議論

開催日:2020年 8月18日

本セミナーは、アドバンテック株式会社が主催するWebセミナー「アドバンテック・ゲートウェイ・フォーラム」のご紹介です。

本セミナーはWebセミナーです

参加方法は、お申込み後に主催企業から直接ご連絡させて頂きます。

IoTの業界で活躍されている方をゲストをむかえてパネルディスカッション

『アドバンテック・ゲートウェイ・フォーラム』とは単なるウェブカメラに向かって話すだけのWebセミナーではありません。

各回IoTの業界で活躍されている方をゲストにむかえて、「ゲートウェイ」について濃いパネルディスカッションおよび視聴者との質疑応答を行う、インタラクティブなオンラインセミナーです。

今回のゲストは以下の方々です。

【モデレーター】

小泉 耕二

株式会社アールジーン代表取締役/IoT NEWS代表。フジテレビLive News αコメンテーターとしても活躍。

【スピーカー】

辻 一郎

株式会社KYOSO ビジネスソリューション事業部 R&Dグループ長。「IoT.kyoto」を立ち上げ、エバンジェリストとしてIoTやAIの啓蒙活動も行っている。

古澤 隆秋

アドバンテック株式会社 IIoT事業統括責任者として、製造業IoT化に貢献すべくコラボレーションを中心に新たなビジネス戦略を立ち上げている改革者。

松本 整

アドバンテック株式会社 IIoT事業部 中小企業診断士

芹澤 弘

アドバンテック株式会社 IIoT事業部 iFactory 担当

「マシン」 制御に欠かせないゲートウェイ

今回の 『アドバンテック・ゲートウエイ・フォーラム』では、 「マシン」 の世界を中心に語りつくします。

「マシンのデータはそもそも何が大事なのか?」、「マシンの制御に欠かせない PLC とは?」、「設備のデータの管理とは何?」 等、製造業×IoTをすすめるうえで不可欠な課題についてパネリストと真っ向から体当たりします。

また、製造業の皆様がIoT化を進めるうえで最も重要な課題である「一体目安価格はいくらか?」というコスト面についても、今回のフォーラムでは具体的な製品を用いて、ご案内させていただきます。

主催

アドバンテック株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

ajp.iiot.marketing@advantech.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


巣ごもり消費で不正も急増。EC事業者が知っておきたい手口と対策

開催日:2020年 8月 7日

本セミナーは、Webセミナーです。

zoomでのオンライン開催です。

お申込み後に参加URLをお送りいたします。

EC事業者のみなさんに、被害の事例や不正が増加する原因などをお伝えすることで、より安全で効率的なEC運営のお役に立てればと思います。

こんなことをお話します

(1)個人情報流出等の不正アクセスは4年間で約11倍に増加。被害事例や不正アクセスが発生することでの影響、対策とは?

(2)ネット通販で発生している「なりすまし注文」。ECにおけるクレジットカード不正利用被害額(年間)は222.9億円にもなり、年々増加。最新の不正傾向や手口を交え、課題解決の方法をお伝えしていきます。

今回はオンラインでの開催となります。ぜひお気軽にご参加ください。

※同業の方等、弊社の判断で参加をお断りする場合がございます。

セミナープログラム

15:50-16:00 受付開始

URLからご参加ください

16:00-16:05 オープニング

16:05-16:30 あなたの会社も狙われる?最新の不正アクセス事情とWebサイトに求められる対策

かっこ株式会社 O-motion事業部

川口 祐介

16:30-16:55 ソーシャルディスタンス時代のネット通販における不正対策

かっこ株式会社 O-PLUX事業部

竹中 悠貴

16:55-17:00 アンケート

主催

かっこ株式会社

当日のアクセスに関するお問合せ

03-6447-4535

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


マジTECH 202007(NTTコム ソリューションズ)

開催日:2020年 8月 6日

マジTECH 202007(ビーブレイクシステムズ)

開催日:2020年 8月 6日

マジTECH 202007(バイタリフィ)

開催日:2020年 8月 6日

マジTECH 202007(ソフトウェア・パートナー)

開催日:2020年 8月 6日

「一人情シス」を助けるAWSのはじめ方(移行・セキュリティ・運用編)

開催日:2020年 8月 5日

本セミナーは、Webセミナーです。

ツールはTeamsを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

満員御礼につき再講演!

本セミナーは、7月9日に開催した同タイトルのセミナーと同じ内容です。

一人情シスとは/一人情シスの課題

一人情シスとは、「1人(または2~3人程度の少人数)で企業のシステム部門を担当している状態」を指す言葉です。Dell EMCの調査によると、100人以上1000人未満の中堅企業の約38%が情報システム担当者1名以下の体制となっています。

一人情シスの状態だと、保守・運用業務やセキュリティ対策などの「守りのIT」だけで手いっぱいとなり、現在重要となっている「攻めのIT」が実施できないといった課題があります。

本Webセミナーでは、AWSを活用して一人情シスを支援し、その負担を軽減する方法について解説していきます。

どうやってAWSを始めればよいのか?どこからAWSに移行すればよいのか?

とはいえ、AWSへの移行について、どのように検討すればよいのでしょうか?

どのようなシステムからAWSに移行すればよいのでしょうか?

また、どのようなプロセスで移行すればよいのでしょうか?

AWSのセキュリティはどう担保すればよいのか?

パブリッククラウドを利用する場合、セキュリティは気になるポイントだと思います。

どのようにAWSのセキュリティを担保すればよいのでしょうか?

社内のネットワークとAWSとを、どのように接続すればよいのでしょうか?

AWSに移行した後の運用(監視や自動化)はどうすればよいのか?

情報システム担当としては、システムの運用がどうなるかも気になると思います。

AWSに移行したあと、監視などのシステムの運用はどうなるのでしょうか?

自動化、効率化などはどのように行っていければよいのでしょうか?

ツールや、アウトソースについても解説

本Webセミナーでは、AWS初心者にもわかりやすく上記のような疑問に対して答えていきます。

また、AWSが提供する移行・セキュリティ・運用を強化するためのツールの紹介や、アウトソース活用のポイントについても解説致します。

プログラム

15:45~16:00 受付

16:00~16:40 「一人情シス」を助けるAWSのはじめ方(移行・セキュリティ・運用編)

16:40~17:00 質疑応答

主催

東日本電信電話株式会社

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


クラウド活用だけで終われないBCP - ハイブリッドクラウド×AIOps -

開催日:2020年 7月31日

本セミナーは、Webセミナーです。

お申込み後に参加URLをお送りいたします。

パンデミックや大規模自然災害を見据えた、事業継続のためのクラウド戦略とは?

近年、気候変動による自然災害が多発しています。今年も既に大きな被害が出ています。

また、新型コロナウィルスによるパンデミックは、「オフィスに行けない」という、事業継続に対する新たなリスクを顕在化させました。

企業の事業継続を考えたとき、ITインフラのクラウド戦略はどのように考えればよいのでしょうか?

全てパブリッククラウドに移行することが正しいのでしょうか?

また、世の中の動向はどうなっているのでしょうか?

本セミナーでは、事業継続を見据えたクラウド戦略の在り方について解説します。

クラウドだけではない、運用に対する課題を、AI(人工知能)による運用自動化で解決する

クラウド戦略だけでは、事業を継続することはできません。

システムを継続的に運用するためには、以下のような課題が山積しています。

たとえば、、、

・運用人員が不足している

・オペレータしかいない

・顧客ニーズに答えられない

・多種多様なクラウド専門知識を持っていない

・作業が属人化している

・24H 365Dの窓口が無い

・休日・夜間対応を減らしたい

・セキュリティ運用も統合して実施して欲しい

・監視だけでなくAPL保守も対応して欲しい

・提供サービスを増やしたい

本セミナーでは、このような課題に対して、収集したデータをAI(人工知能)で分析、判別し、問い合わせ対応や、障害復旧、報告などの運用を自動化することで解決する取り組みについて解説します。

主催

日本システムウエア株式会社

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


「今こそコロナ第2波への対策を!テレワークでの社内問い合わせ管理負荷から解放されませんか」 ~即日導入可能!ITIL準拠社内ヘルプデスクの活用方法~

開催日:2020年 7月31日

本セミナーは、Webセミナーです。

お申込み後に参加URLをお送りいたします。

SIer、ITベンダー、情報システム部門、購買部門、総務部門のご担当者様など、問い合わせ対応にお困りの全ての方へ

新型コロナウィルスの影響によるテレワークのための環境整備に、未だ追われていませんでしょうか?更に加えて、問い合わせが急増し、下記のような課題が発生し対応は「パンク寸前」となっていませんか?

 

・メールでは無数の問い合わせのやり取りに埋もれて、問い合わせを管理できない

・エクセルで管理しても更新が追いつかず、全ての問い合わせを把握できていない

・既存問い合わせツールに不満(費用感、操作性、機能など)がある

・お客さまの問い合わせ状況がチームで共有できておらず、ワンオペからクレームに繋がる

 

第2波に対する備えが早急に必要!テレワークによる、社内問い合わせの対応で増える残業、滞る業務…

環境整備後も、その使い方やトラブルなどの対応で、社内ヘルプデスクへの問い合わせは増える一方です。そんなさなか、コロナ第2波への備えが早急に必要となっております。ますます担当する社員の残業も急増していると言われています。

このような状況をどのように解決すればよいのでしょうか。

 

最短2時間導入!?「かんたん」「誰でも」「今すぐ使える」が合言葉です。

ツールの導入=「難しい」「専門的」「時間がかかる」というイメージが多いのではないでしょうか?更に在宅環境となると、複雑な導入やメンテナンス困難ですよね。

新入社員ですら使いこなせるかんたんツールです。最短2時間で導入も出来きるので、今日から実務として使えます。

 

クラウド型ヘルプデスクツール「freshservice」のデモンストレーションも

本Webセミナーでは、問合せが急増する課題をどのように解決できるのか、クラウド型ヘルプデスクツール「freshservice」をご紹介しながら解説します。

さらに、誰でもすぐに簡単に利用できる「freshservice」のデモンストレーションも実施します。

 

プログラム

15:45~16:00 入場

16:00~16:50 「コロナ第2波対策!テレワークでの社内問い合わせ管理負荷から解放されませんか」~即日導入可能!ITIL準拠社内ヘルプデスクの活用方法~

(プレゼンの内容)

問い合わせ対応のお助けツールでもある「Freshservice」をご紹介いたします。

~3つの特長~

・最短2時間!?複雑な導入やメンテナンスは不要。簡単導入で誰でもすぐ使えるお手軽さ

・G2 CrowdのITSMカテゴリーでは、満足度・注目度共にNo.1!その他にも、様々な賞を受賞。

・社内問い合わせ対応の機能は全てこれ1つで網羅できます。

16:50~17:00 質疑応答

 

主催

OrangeOne株式会社

当日緊急連絡先

メール:sales-assistant@orangeone.jp
電話:03-3234-8807

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548
](url)


「人の移動が制限された新しい生活様式」時代におけるオフショア活用の利点 〜オフショア活用企業が感じた進化の実感とは〜

開催日:2020年 7月30日

本セミナーは、Webセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

※本セミナーは、6/30に開催した同名のセミナーと同じ内容です。

※お申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

今“人の移動が制限される”ことを前提にした業務態勢強化が必要に

ビジネス環境が急激に変化する現在、“人の移動が制限される”ことを前提にした業務態勢強化が企業経営の重要なテーマになっています。

直面する課題への対応とともに、今後の新しい商流・商習慣も見据えた企業全体の取り組みが重要となります。

コロナ禍で求められたIT体制の継続性担保とリモートワーク希望技術者の増加

このような状況のなか、IT業界、IT関連の部門では、IT技術者のオンサイトに依存した運営体制のデメリットが明らかになりました。

「満員電車での通勤リスク」「リモート対応出来る企業に行きたい」という理由で転職を希望するエンジニアも増加しており、IT技術者が不足している人材市況下において、非常に重要なテーマとなりつつあります。

オフショア活用企業が実感した「自分たちの進化」

当社はベトナムを中心としたオフショア開発体制を基盤に、様々なお客様のIT体制を海外からご支援する取組を行ってまいりましたが、今回の緊急事態宣言を経て、思いもしなかったメリットがお客様から実感として以下のようなコメントが寄せられました。

・「開発・運用が停止しなくて済んだ」

・「オフショア活用を推進した結果、社内にリモートワークに対応したIT体制が整備できていいて、思ったよりもスムーズに対応できた」

オフショア開発で得られる事業継続性と多様な効果

本セミナーでは、すでにオフショア活用している企業様が今回のリモートワーク 体制にどのように対応できたかを解説することによって、これからオフショア開発を検討するお客様が得られる様々なメリットについて解説します。

それととともに、「言葉の壁」「文化の壁」「距離の壁」の3つのオフショア活用の壁を、従来は常駐型SES・技術者派遣に大きく依存していた企業様がどのように超えていったのかをご紹介します。同時に、3つの壁を超えるにあたって重要なポイントと、その克服のポイントについても解説いたします

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~14:00 「人の移動が制限された新しい生活様式」時代におけるオフショア活用の利点

〜オフショア活用企業が感じた進化の実感とは〜

 [講師]:株式会社コウェル 取締役 吉田 謙

14:00~14:30 質疑応答

主催

株式会社コウェル

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


RPA+ルールベースAIで、複雑な意思決定も自動化

開催日:2020年 7月30日

本セミナーは、Webセミナーです。

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。

なお、事前に以下のURLでテストをお願い致します。

https://zoom.us/test

普及するRPA

昨年はRPAが大きく飛躍しました。

新型コロナウィルス感染拡大によって「働き方改革」が待ったなしになった現在、RPAの重要性はさらに増しています。

単純作業の自動化は可能だが、複雑な意思決定はできない

業務の自動化を行うRPAですが、課題もあります。

基本的にRPAが自動化するのは、定型的な繰り返し作業になります。

複雑なルールや判断をRPAで実現するのは困難です。

また、無理やり実装しようとすると、ルールや判断基準が変更になった場合にRPAを改修するコストが増大してしまいます。

RPA+ルールベースAIで、複雑な意思決定も自動化する

本Webセミナーでは、このような課題に対してRPAに「ルールベースAI」を組み合わせることで解決する方法について解説します。

最短15分で新しいルールを作成可能な、ルールベースAI開発プラットフォーム 「yonobi」

さらに、今回の課題解決を実現する、WebUIからルールの定義、ビルド、動作確認、リリースが可能なルールベースAI開発プラットフォーム 「yonobi」について、ご紹介します。

プログラム

15:45~16:00 受付

16:00~16:40 RPA+ルールベースAIで、複雑な意思決定も自動化する

(プレゼン内容)

・RPAの課題(単純作業の自動化は可能だが、複雑な意思決定はできない)

・RPA+ルールベースAIで、複雑な意思決定も自動化する

・最短15分で、新しいルールを作成可能な「yonobi」の紹介

・ルールを簡単に作成できる、デモンストレーション

16:40~17:00 質疑応答

主催

株式会社オージス総研

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日アンケートにご記入頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548


常駐から始める、ベトナムオフショア開発(オフショア開発のリスクと対策)

開催日:2020年 7月29日