営業マーケ

営業マーケ

Sales

営業マーケの課題を解決するウェビナー

コンテンツマーケティング、ウェビナー・Webセミナー、広告戦略などデジタルマーケティングから、商談・リード獲得、CRM/SFA、Salesforceなど営業関連のツール&ノウハウまで、法人・個人顧客獲得のためのウェビナーを検索できます。

デジタルマーケティング・広告
最新&人気ウェビナー

該当するセミナーはありません

デジタルマーケティング・広告
ウェビナーアーカイブ
(動画・資料)

デジタルマーケティング人材の確保、採用と育成どちらが最適解なのか ~事例を基に、デジタルマー...

3.9シナジーマーケティング株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

高まるデジタルマーケティングの必要性

DXの推進が当たり前ともいえる現状において、データの重要性を理解したうえでデジタル技術を活用し、自社のマーケティングに主体的に取り組むことができるデジタルマーケティング人材の需要が大変高まっています。 これまで、デジタルマーケティングの専任担当は置かず、マーケティング担当者が兼務していたといった企業も多いのではないでしょうか? 兼務となると、どうしてもデータを網羅的に把握するができなかったり、データの有効活用に取り組むスピードが遅くなってしまう可能性があります。

即戦力となるデジタルマーケティング人材の不足

こうしたデジタルマーケティングの重要性や課題感から専任担当を置きたいと思っても、即戦力となるデジタルマーケティング人材は不足しており、すぐに確保することは困難です。 その理由としては、デジタルマーケティングは座学による知識習得だけでは即戦力となり得ず、各デジタル技術の効果とその実行における知見がないと効果的な戦略を描けないと言えるためです。 デジタル技術といっても、その中身は膨大かつ複雑なため、網羅的に思考できるデジタルマーケティング人材自体が希少な存在になり、人材確保が非常に困難な状況になっています。

採用と教育、どちらが最適解なのか

本ウェビナーでは、「どのようにして即戦力のデジタルマーケティング人材を確保していけばよいのか?」を採用と教育という観点から解説いたします。 実際にデジタルマーケティングチームを立ち上げた事例もあわせてお伝えいたしますので、デジタル人材を確保するための最善手法を知るきっかけにしていただけると思います。 ・デジタルマーケティング人材が採用できない ・デジタルマーケティング人材を社内で育成したい ・デジタルマーケティング人材を確保していきたい このようなお悩みをお持ちの方に特におすすめの内容です。

プログラム

10:45~11:00 受付

11:00~11:05 オープニング(マジセミ)

11:05~11:45 デジタルマーケティング人材の確保、採用と育成どちらが最適解なのか ~事例を基に、デジタルマーケティングチームの立ち上げ方法を徹底解説~

11:45~12:00 質疑応答

主催

シナジーマーケティング株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

【再放送】広告からのLP流入は約95%も離脱、知っておきたい離脱防止施策8選 ~完全成果報...

4.0株式会社人々

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

本セミナーは、2023年2月8日に開催したセミナーの再放送(録画放送)です。

多数のご要望により、再放送での開催が決定しましたので、ご案内いたします。

デジタルマーケティングの大きな変化

Cookie規制が世界的にも急速に進み、日本国内でも2022年4月の改正個人情報保護法が施行されたことで、ユーザーに対して事前にCookie利用への同意取得が必要となりました。 これにより、Cookieの取得率が大幅に低下する傾向にあり、数パーセント程度まで低下した企業も多いのではないでしょうか? Cookieの取得率低下はリターゲティング施策での成果に大きな影響を及ぼしており、代替策を模索する動きが活発化しています。

WEBサイトの離脱者を食い止める

Cookie規制により一般的なリターゲティング施策に影響がある中で、注目度が増しているのが、サイトからの離脱防止施策の運用です。 本セミナーでは、離脱防止施策8選を紹介し、実際の運用現場で活用できるノウハウをお伝えいたします。 また、セミナー後半では、LINEのチャット機能を活用した、「Chi Chat」でのリターゲティング施策を詳しく解説いたします。 WEBサイトからの離脱防止、それによるLTVの向上が成果として期待でき、エンドユーザーが望む接点の構築に力を発揮します。

WEB広告代理店の方へおすすめの理由

「Chi Chat」は、WEB広告代理店様に、特におすすめのサービスです。 完全成果報酬型で運用を行うことができるため、広告予算に対して柔軟なご提案が行いやすい点や、PV数が比較的少ない場合も対応可能である点が、取り扱っていただいている代理店様からも好評を得ております。 クライアント様への新規提案の一つとして、「Chi Chat」をお考えになってみませんか?

本セミナーは、クライアントに有効な施策を提案したいという広告代理店様自社のLINEアカウントを作ってはいるが有効活用できていないといった方に特におすすめの内容です。

プログラム

10:45~11:00  受付

11:00~11:05 オープニング(マジセミ)

11:05~11:45 広告からのLP流入は約95%も離脱、知っておきたい離脱防止施策8選 ~完全成果報酬でCPAを削減できるチャットリタゲ施策~

11:45~12:00 質疑応答

主催

株式会社人々(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

広告からのLP流入は約95%も離脱、知っておきたい離脱防止施策8選 ~完全成果報酬でCPA...

3.7株式会社人々

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

デジタルマーケティングの大きな変化

Cookie規制が世界的にも急速に進み、日本国内でも2022年4月の改正個人情報保護法が施行されたことで、ユーザーに対して事前にCookie利用への同意取得が必要となりました。 これにより、Cookieの取得率が大幅に低下する傾向にあり、数パーセント程度まで低下した企業も多いのではないでしょうか? Cookieの取得率低下はリターゲティング施策での成果に大きな影響を及ぼしており、代替策を模索する動きが活発化しています。

WEBサイトの離脱者を食い止める

Cookie規制により一般的なリターゲティング施策に影響がある中で、注目度が増しているのが、サイトからの離脱防止施策の運用です。 本セミナーでは、離脱防止施策8選を紹介し、実際の運用現場で活用できるノウハウをお伝えいたします。 また、セミナー後半では、LINEのチャット機能を活用した、「Chi Chat」でのリターゲティング施策を詳しく解説いたします。 WEBサイトからの離脱防止、それによるLTVの向上が成果として期待でき、エンドユーザーが望む接点の構築に力を発揮します。

WEB広告代理店の方へおすすめの理由

「Chi Chat」は、WEB広告代理店様に、特におすすめのサービスです。 完全成果報酬型で運用を行うことができるため、広告予算に対して柔軟なご提案が行いやすい点や、PV数が比較的少ない場合も対応可能である点が、取り扱っていただいている代理店様からも好評を得ております。 クライアント様への新規提案の一つとして、「Chi Chat」をお考えになってみませんか?

本セミナーは、クライアントに有効な施策を提案したいという広告代理店様自社のLINEアカウントを作ってはいるが有効活用できていないといった方に特におすすめの内容です。

プログラム

9:45~10:00  受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:45 広告からのLP流入は約95%も離脱、知っておきたい離脱防止施策8選 ~完全成果報酬でCPAを削減できるチャットリタゲ施策~

10:45~11:00 質疑応答

主催

株式会社人々(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

【BtoC企業向け】Cookie規制時代にLINEリターゲティングを活用して新規顧客を獲得...

3.3株式会社人々

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

Cookie規制とは何か?デジタルマーケティングにどのような影響があるのか?

2022年4月に改正個人情報保護法が施行され、Webサイトを離れた後のユーザーの行動を追跡するサードパーティーCookie(3rd Party Cookie)は個人のプライバシーの侵害につながるとみなされ、企業はユーザーに対して事前にCookie利用への同意取得が必要となりました。 日本では、利用シェアの高いブラウザであるChromeとSafariでCookie規制が強化され、広告主にとっては下記のようなデメリットが生じています。

Cookieを活用したリターゲティング、オーディエンスターゲティングができなくなる

コンバージョン計測の精度が低下する

その結果、広告費およびCPAが高騰したり、従来のような広告でコンバージョンが獲得できなくなる

といったネガティブな影響が出てきます。

従来の広告では商品ブランドの魅力が伝わらない

さらに、近年スマホやクラウドサービスの普及により情報量が過多になり、ランディングページが以前よりも見られなくなってきています。 とある調査結果によると、ランディングページの最下部まで読み込むユーザーは全体の20%未満とも言われています。 広告出稿をし、ランディングページに遷移させても、顧客を購買・成約にまで至らせるのが難しくなってきています。

LINE公式アカウントはあるが、運用ができていない

そこで多くのBtoC向けWebサービス企業、チェーン展開・店舗型の企業ではLINE公式アカウントで、集客・CRMを行なっています。 広告知識がなくとも手軽に始められ、ユーザーのエンゲージメントが高いのがLINEの特徴です。 しかし、実際に下記のようなお悩みがある方が多いのではないでしょうか?

LINE公式アカウントを作ったが、運用業務に手が回らない

LINEに来訪したユーザーがすぐに離脱してしまう

クリエイティブ制作も発生するため、社内にリソースもない

これらの課題に対して、どのような解決策があるのでしょうか?

LINEを活用した成果報酬型の新規獲得手法とは?

本セミナーでは、「Cookie規制時代にLINEを活用して新規顧客を獲得する方法」をテーマに、Cookie規制の解説と、LINEを活用した成果報酬型の新規顧客獲得メソッド「Chi Chat」を活用した解決策を紹介いたします。 Google広告やSNS広告で広告費が高騰して困っている、LINEをもっと活用していきたい経営者・マーケティング責任者の方は奮ってご参加ください。

プログラム

9:45~10:00 受付

10:00~10:05 オープニング(マジセミ)

10:05~10:40 【BtoC企業向け】Cookie規制時代にLINEリターゲティングを活用して新規顧客を獲得する方法

・Cookie規制とは?経営者・マーケ担当者が知っておくべき影響と対策 ・なぜ新規顧客が獲得できないのか?なぜCPAが高騰してしまうのか? ・LINEを活用して低リスクで新規顧客を獲得する方法 ・Chi Chat製品解説、ユースケース紹介 ・製品デモ

10:40~10:55 質疑応答

主催

株式会社人々(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る