システム運用

システム運用

Operation

システム運用の課題を解決するウェビナー

システムの保守・監視、ITサービスマネジメント、IT 資産管理、インシデント管理など、システムの管理・運用の課題を解決するウェビナーが満載。現場ですぐ活かせるノウハウや最新ツール情報が得られます。

運用管理・運用監視
最新&人気ウェビナー

該当するセミナーはありません

運用管理・運用監視
ウェビナーアーカイブ
(動画・資料)

マネージドサービス事業者の"サービス拡充"と"運用効率化"の両立 ~AWS,Azure,オ...

3.7株式会社コムスクエア

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

右肩上がりで増加するデータ通信量、データセンターの役割もより一層重要に

近年のデジタル化の進展に伴い国内のデータ処理量は増加の一途を辿っています。 今後もさらなる技術の発展により継続的な増加が見込まれており、データの処理・蓄積などを行うインフラであるデータセンターの役割がより一層重要になっています。

増え続ける監視対象に対し、監視サービスも追従し続ける必要がある

データ通信量に加え、監視すべき対象も増え続ける状況にあります。 従来のオンプレミスだけでなく、クラウドも単一ではなくAWSやAzure、GCPなど複数のクラウドを併用するマルチクラウドや、オンプレミスと併用するハイブリッドクラウドなど、多様なニーズに合わせて監視サービスを拡充し続けることが求められています。

監視サービス拡充のジレンマ

しかし、監視サービス拡充のジレンマとして運用の複雑化が懸念されます。 監視対象の幅を広げるために、監視ツールのカスタマイズやツールの追加といった選択肢がありますが、その結果、運用は複雑化が進み、運用工数が膨れ上がることが想定されます。

監視サービスの拡充と運用の効率化を同時実現するには

そのため、マネージドサービスを提供するデータセンターやシステム運用事業者においては今後、サービスを拡充する際、ツールを単純に増やすだけでなくサービス拡充後の運用効率を鑑みたツールの選定が必要になってきます。

本セミナーでは監視 / 運用 / サポートの3つの観点からサーバ・ネットワーク統合監視運用ソリューション「パトロールクラリス ファミリー」を採用したマネージドサービス事業者の事例をご紹介するとともに、実際にどのように課題を解決したのかを解説いたします。

・増え続ける顧客からの監視要望に自社のマネージドサービスが追い付かない

・日々の監視設定や顧客への報告など細々とした業務に忙殺されている

・ツールの仕様に対してエンドユーザーから問い合わせがあった際のメーカー側の対応に不満

上記に該当するものがあるデータセンター事業者 / システム運用事業者の方は、ぜひご参加ください。

プログラム

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ)

14:05~14:45 マネージドサービス事業者のサービス拡充運用効率化の両立~AWS,Azure,オンプレ…監視対象の拡大と、アラート対応・報告書作成などの業務効率化は、両立できるのか?~

14:45~14:55 質疑応答

主催

株式会社コムスクエア(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

【SIer・MSP事業者向け】ハイブリッドクラウド環境の監視問題をどう解決するか? ~日本...

3.4株式会社はてな

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

SIerやMSP事業者は多様化するITリソースを監視・運用する必要がある

パブリッククラウド(AWS・Azure・Google Cloud)の普及により、世の中ではクラウド化の流れがより一層進んでいます。SIerやMSP事業者の皆さまも、「オンプレからクラウドに移行したい」といったお客様からのご相談が増えているのではないでしょうか。一方で、クラウド移行は全ての環境を一度に進めるのではなく、段階的に進めるケースが一般的です。企業には従来からのオンプレで稼働するシステムも同時に存在することになるため、SIer・MSP事業者にはクラウドとオンプレにまたがる環境の監視・運用が求められるのです。

オンプレ、クラウド、それぞれで監視環境や運用基盤が乱立してしまう課題

クラウド化というだけでも、オンプレや自社データセンターと異なる監視・運用が必要となってきます。その上、クラウドとオンプレのハイブリッド環境で、それぞれ監視環境や運用基盤を構築するとなると、SIerやMSP事業者の運用負荷は増大してしまいます。これらは両立・統合することはできないのでしょうか?

日本製SaaS型監視サービス”Mackerel(マカレル)”で監視環境の導入・運用を効率化

本セミナーでは、ハイブリッドクラウド環境においてSIerやMSP事業者がどのように監視環境を実現するべきか解説いたします。また、その具体的な手段として日本製SaaS型監視サービス”Mackerel(マカレル)”についてご紹介すると共に、SIer・MSP事業者向けのパートナープログラムについてご紹介いたします。

講演プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ)

13:05~13:45 【SIer・MSP事業者向け】ハイブリッドクラウド環境の監視問題をどう解決するか? ~日本製SaaS型監視サービス”Mackerel(マカレル)”でオンプレ・クラウドを統合監視~

13:45~13:55 質疑応答

主催

株式会社はてな(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

ITサービスマネジメントセミナー

0.0株式会社野村総合研究所

本セミナーはWebセミナーです

参加方法(URL)は主催企業より直接メールにてご連絡いたします。 なお、「nri.co.jp」「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

~ITサービスにおける価値創造とその実践方法~

システム運用の役割は、かつての「システム維持管理」から、「ITサービス提供」、さらに「顧客の価値創造」へとステップアップする必要があります。その為には、ユーザ視点での価値にフォーカスしたITサービスマネジメントが求められます。

本セミナーでは、前半でユーザ視点での価値創造についてITILv3とITIL4の違いなども交えて整理します。 後半では具体的なITサービスマネジメント改善手法をご紹介いたします。

※セッションの途中でもご質問等を受け付けます、終了後には個別のご相談もお受けいたします。皆様のご参加、お待ちしております。

対象者

・システム運用プロセスを改善したい方 ・ITILを導入したいが上手く進んでいない方 ・サービスデスクを改善したい方 ・ISO20000等の規格や内部統制への対応が必要な方 ・属人的な運用から脱却したい方 ・日々溜まるナレッジを効率的に活かしたい方 ・運用のミスを減らし、対応スピードを上げたい方 ・変更/リリース管理を整備したい方 ・ITILv3とITIL4の違いに興味がある方 ・クラウドの運用に課題を抱えている方

プログラム

14:00-14:30 「ITサービスマネジメントとは」

ITILv3においてサービスとは“価値を提供する手段“でしたが、ITIL4では“価値の共創を可能にする手段“となりました。ユーザにとっての価値とは一体何でしょうか。本セッションでは「価値とは何か」を再考し、統制面およびITサービスマネジメントについて整理いたします。

株式会社野村総合研究所 クラウド運用ソリューション事業部 花崎 徹治

14:30-15:00 「ITサービスマネジメントの実践」

ITサービスマネジメントに求められるものが高度化していますが、簡単に解決できない壁があります。本セッションでは、ITサービスマネジメントへの取り組みにおいてありがちな課題を挙げ、それに対する解決方法をご紹介いたします。

株式会社野村総合研究所 クラウド運用ソリューション事業部 寺井 忠仁

主催

株式会社野村総合研究所(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社マイナビ(プライバシー・ポリシー) 株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

増え続けるトラフィックで通信が不安定に、ネットワーク増強以外の対策は?

3.5アラクサラネットワークス株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

コロナをきっかけに爆発的に増えたインターネットトラフィック

インターネットの普及に伴い年々増加していたトラフィック量ですが、総務省の推計によるとコロナ禍をきっかけにテレワークの普及や動画配信サービスの利用増により約2倍に増えたと言われています。 ネットワークサービスを提供している通信事業者においては、トラフィックが増えても品質を落とすことなくユーザーに通信を提供することが求められています。

一部ユーザーの大量データ通信によりネットワーク全体が不安定になり、QoEが低下

トラフィックの増加により課題となっているのが、ネットワークの不安定化です。 主な原因は一部のユーザーによる大量データ通信にあるのですが、それによりネットワーク全体の品質が低下してしまうのです。 それによって加入ユーザの体感通信品質(QoE)が低下してしまい、場合によってはクレームや悪評、他社への乗り換えにつながってしまうこともあります。

ネットワークへの設備投資では増加するトラフィックに対応しきれない

増加するトラフィック量に対処する手段として、ネットワークの増強が考えられます。 しかしながら、右肩上がりで増え続けるトラフィック量に設備投資で対処するとなると投資額を増やし続けなければならなくなります。 しかも、トラフィック量に比例して契約ユーザー数が増えていくわけではないので、コストだけが膨らみ収支を圧迫する結果となってしまいます。 以上のことから、設備増強以外の手段で増え続けるトラフィックに対処する方法が求められているのです。

トラフィックの自動制御により、投資コストを抑えながらQoE向上を実現する

そこで本セミナーでは、ネットワーク増強ではなくトラフィックの自動制御により通信を安定させる方法について解説します。 トラフィック制御となると、一般的な製品では手動でユーザ設定などが必要であるため運用が大変であったり、自動制御ができる製品はコストが高いなどの問題があります。 それらの問題をクリアし、投資コストを抑えて通信の安定化を実現できるアラクサラネットワークス社の製品『AX-Traffic Optimizer』について紹介いたします。

・一部ユーザの大量データ通信による通信の不安定化に悩まされている

・ネットワーク増強は投資コストがかかるため、別の手段で通信を安定化させたい

・ユーザの体感通信品質(QoE)を高め、より多くの方に継続利用してもらいたい

とお考えの通信事業に携わる方(サービスプロバイダ(ISP/ASP/xSP)、MNO/MVNOおよびCATV事業者など)は、ぜひご参加ください。

プログラム

10:45~11:00 受付

11:00~11:05 オープニング(マジセミ)

11:05~11:45 増え続けるトラフィックで通信が不安定に、ネットワーク増強以外の対策は?

11:45~11:55 質疑応答

主催

アラクサラネットワークス株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

ハイブリッド/マルチクラウドにおける監視の課題と勘所 ~監視環境の構築・運用の工数削減を実...

3.8株式会社はてな

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

クラウド化が進む中、クラウドとオンプレの併用・マルチクラウドなどインフラ環境は多様化している

クラウドへの移行過渡期やユーザの利用目的に応じて、クラウドとオンプレの併用、あるいはAWSやAzureなどマルチクラウドでインフラ環境を構築するケースが増えています。システム不具合が発生した際、運用側はユーザーに極力影響を与えないため、または速やかに状況を知らせるために、システム監視を行う必要がありますが、異なるインフラをまたがる環境下では統合的なシステム監視を行うのに難しさがあります。

ハイブリッド/マルチクラウド環境におけるオープンソース監視ツール利用による工数増大

監視環境を構築する手段は様々ですが、その一般的に浸透している手法としてオープンソースの監視ツールを利用する手段があります。オープンソースであることから利用自体にライセンス料はかからず、監視対象のシステムの特性に合わせて細かな部分まで監視することが可能です。一方で、オープンソースを使って監視を行う際には監視対象のサーバにソフトをインストールし、各種設定を行う必要がります。それに加え監視サーバー自体を監視・保守していかなければなりません。

ハイブリッド/マルチクラウド環境でこの手法で監視基盤を構築すると、人的な工数が増えてしまい本来力を割くべきクラウドを徹底的に使いこなす方へリソースを割けないという課題に繋がります。

かんたんに、ハイブリッドクラウド、マルチクラウドの監視ができる、”Mackerel(マカレル)”のご紹介

本セミナーでは、ハイブリッドクラウド、マルチクラウドにおけるオープンソース監視ツール利用時の課題を踏まえつつ、それを解決するSaaS型の監視ツールである「Mackerel(マカレル)」について紹介致します。

講演プログラム

10:45~11:00 受付

11:00~11:05 オープニング(マジセミ)

11:05~11:45 ハイブリッド/マルチクラウドにおける監視の課題と勘所                                                                                  ~監視環境の構築・運用の工数削減を実現するSaaS型監視ツールのご紹介~

11:45~11:55 質疑応答

主催

株式会社はてな(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る

Web会議やO365などSaaSの「通信」が遅い・不安定、を調査するネットワーク監視の課題...

3.9アラクサラネットワークス株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

コロナをきっかけにより重要性が増したネットワーク運用

従前より多くの企業が課題を抱えていたネットワーク運用ですが、新型コロナをきっかけにより一層その重要性が高まりました。 企業活動を滞りなく進めていく上では、円滑なネットワーク運用が欠かせない状況になっています。

障害時に原因の切り分けができず、対処が遅れてしまう

ネットワーク運用に関して多くの企業が抱えている問題としては、障害時の対処です。 Web会議やO365などSaaSの「通信」が遅い・不安定など、ネットワークトラブルが起きたときにボトルネックを特定できず、原因の切り分けができないことで対処が遅れ、場合によっては大きな損失につながってしまうケースもあります。

ネットワーク監視に適したツールがわからない

原因の切り分けを行うため、ネットワーク状況を可視化するソリューションも多く出回っています。 しかしながら、分析の粒度が粗くトラブルシュートに使うには不十分、あるいは詳細な分析はできるものの高いスキルが無いと読み取りや解析が困難で、ネットワークエンジニアが不足している昨今では使いこなせる人材に限りがあるといった状況が起きています。

詳細な分析が手軽にできるネットワーク可視化ソリューション

そこで本セミナーでは、「分析の粒度が粗い」「分析に時間がかかる」をいずれも解決するネットワーク可視化の方法について解説します。 詳細な分析が手軽にできるアラクサラネットワークス社のソリューション「AX-Network-Visualization(AX-NV)」についても紹介しますので、ネットワーク障害発生時の原因究明や対処に問題を抱えている方はぜひご参加ください。

プログラム

10:45~11:00 受付

11:00~11:05 オープニング(マジセミ)

11:05~11:45 Web会議やO365などSaaSの「通信」が遅い・不安定、を調査するネットワーク監視の課題

11:45~11:55 質疑応答

主催

アラクサラネットワークス株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

ITシステムの異常予兆が察知できない、24時間365日対応するリソースがない 〜AIOps...

4.4TIS株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

複雑化・大規模化するITシステムにおける運用・監視の課題

DXやクラウド化が進む中、IT管理者は複雑化・大規模化するシステムを監視し、迅速かつ適切に保守・運用することが求められています。 しかし、システム管理の難易度が高まる一方で、人員増や急速なスキルアップは期待できないという現場も多いのではないでしょうか。

システムトラブルでいつまで緊急対応を続けるのか?

システムトラブルが生じるのは仕方がないとはいえ、24時間365日対応を強いられるのはシステム管理者にとって大きな負担であるのは間違いありません。 トラブルの兆候に気づくことができず、突発対応に迫られることも多いのではないでしょうか。 予兆を速やかに検知し、事が起こる前に対応できるのが理想的ですが、実際にはなかなか難しいものです。

目視では異常の発見が遅い、リソースにも限界あり

現在、システムの監視は一般的に目視またはツールによって行われています。 目視の場合、リソースにも限界があるため、異常を見逃してしまう、発見が遅れてしまう、問題に対応できないなどの問題はどうしても生じます。 ツールを使えば異常時には担当者に通知を送れるため目視よりも確実かつ楽になりますが、ツールの適切な設定には知識が必要ですし、問題対応ができるわけではありません。

システムの異常をできるだけ早く特定するには?

システムの異常をできるだけ速く特定すること、トラブル発生時に問題を切り分けて素早く対応すること、これらは現在のシステム運用の大きな課題です。 限られたリソースの中で、こうした課題を解決し、ITシステムを適切・効率的・安定的に運用するにはどうしたらよいのでしょうか。 本セミナーでは、「ITシステムの異常予兆が察知できない、24時間365日対応するリソースがない」をテーマに、AIOps適用の勘所や注意点とともに、AIOpsを活用したサーバー運用自動化ソリューションを実際の事例を交えてご紹介します。

プログラム

10:45~11:00 受付 11:00~11:05 オープニング(マジセミ) 11:05~11:45 ITシステムの異常予兆が察知できない、24時間365日対応するリソースがない〜AIOpsを取り入れたサーバー運用自動化〜 11:45~11:55 質疑応答

主催

TIS株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

「利用企業70%が必要なし」でも再考したい「Microsoft 365」のデータ保護の重要...

3.8バラクーダネットワークスジャパン株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認ください。

世界中で利用拡大中の「Microsoft 365」に迫りくる、さまざまな脅威

新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大の中、多くの企業・組織ででリモートワーク導入が加速しました。特に、Microsoftが提供するクラウドサービス「Microsoft 365」は、業務効率化、生産性向上に大きく寄与しています。 もはや業務になくてはならない存在とも言えるMicrosoft 365ですが、その一方で、自然災害やランサムウェアなどの高度化するサイバー攻撃といったセキュリティ事故やデータ消失、業務停止などさまざまな脅威に晒されています。

「70%の企業が、Microsoft 365をバックアップする必要はない」、本当にそれで大丈夫?

そういう状況下にありながらも、Microsoft 365における障害や事故に対する危機管理の意識は、決して高いとは言えないのが現状のようです。 Barracuda Networksが2021年1月に発表した調査レポート「Office 365 バックアップの現状」によると、回答企業の70%が、Microsoft 365をバックアップする必要はないと考えているとのことです。

万が一の備え「バックアップ」の重要性をあらためて考えてみませんか?

Microsoft 365のサービス群は、非常に大量のデータを取り扱います。そのため、万が一のトラブルなど不測の事態から、それら重要なデータを保護する対策や万全な体制は必要不可欠だと言えます。 Microsoft 365には、削除されたデータを復元できる機能が標準的に搭載されてはいますが、復元対象の量や期間などに制限があるため、場合によっては万全な対応策とは言えないケースもあります。

簡単設定で、包括的なMicrosoft 365サポートを実現する最適な方法を解説

本セミナーでは、Microsoft 365におけるバックアップ対策の重要性を解説するとともに、SaaS特有のデータ保護の課題とその具体的な解決策について、デモを交えてご紹介します。簡単設定で包括的なMicrosoft 365サポートを実現する最適な方法を知りたいシステム運用部門の方は、ぜひご参加ください。

講演プログラム

13:45~14:00 受付

14:00~14:05 オープニング(マジセミ)

14:05~14:45 「利用企業70%が必要なし」でも再考したい「Microsoft 365」のデータ保護の重要性               ~自社のバックアップ対策、本当に大丈夫ですか? 簡単設定で包括的サポートを実現する最適な方法~

14:45~14:55 質疑応答

主催

バラクーダネットワークスジャパン株式会社(プライバシー・ポリシー

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

資料を見る

失敗しないエンドポイントセキュリティ製品の選び方とは? EDR・EPPの違い、製品選定のポ...

3.9JBサービス株式会社

本セミナーはWebセミナーです

ツールはZoomを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。 なお、「osslabo.com」「majisemi.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認下さい。

2/8同社開催セミナーが好評のため、追加講演を開催いたします

前回のセミナーに参加できなかった方は奮ってご参加ください。

働き方の変化に伴い、セキュリティ脅威が増大

テレワークの導入企業が増え、働き方が大きく変わってきました。 自宅や社外からのインターネットや社内リソースへのアクセスが増加していることで、これまでよりも自らが利用するエンドポイント機器に対してセキュリティ対策を講じる必要が出てきました。また、最近ではEmotetが復活し、2月上旬からはIPA(独立行政法人情報処理推進機構)らが感染への注意を呼びかける程に猛威を奮っています。

どのようにエンドポイントセキュリティ製品を選定すればよいのか?

現在のエンドポイントセキュリティは、EPPやEDR機能を備えた製品が主流です。  EPP:データベースに登録されたマルウェア特有のパターンをもとに検出する仕組み,またはふるまい検知やサンドボックス機能  EDR:エンドポイントにおける振る舞いを監視・記録し、不審な振る舞いに対する即時対応を支援する仕組み

EPPやEDRの仕組みは企業のセキュリティ強化に効果的で、既存のマルウェアはもちろん未知のマルウェアにも対応できます。 しかし、同じような機能を持った製品が多いため、専門的な知識がない場合には製品選定が非常に難しい状況と言わざるを得ません。

見落としがちな導入後の運用課題

製品の導入をしたからマルウェアの脅威がなくなったというわけではありません。 セキュリティ製品で重要なことは導入した後にこそあります。 例えば日々の運用の中で、設定や検知のルールを正しくメンテナンスすることや、インシデントが発生した際の調査と対応を迅速に実施することが挙げられます。 これらの対応がおろそかになってしまうと製品のメリットを最大限に活かすことができません。 しかしながら人的リソースや専門知識の不足からこれらの運用に不安を抱える現場担当者も少なくありません。

製品選定も運用も失敗しないための選択肢とは?

本セミナーでは、実効力のあるセキュリティ体制の構築に向けた、エンドポイントセキュリティの製品比較・選定ポイント、運用課題の解決方法を事例を交えながら解説します。 エンドポイントセキュリティ製品のリプレイスを検討している方のヒントになれば幸いです。

プログラム

12:45~13:00 受付

13:00~13:05 オープニング(マジセミ )

13:05~13:40 失敗しないエンドポイントセキュリティ製品の選び方とは?(JBサービス)

・ワークスタイルの変化とセキュリティ脅威の動向 ・製品の特長と選定ポイント ・導入後の運用課題 ・導入事例 ・まとめ(製品の選び方)

13:40~13:55 質疑応答

主催

JBサービス株式会社

協力

株式会社オープンソース活用研究所(プライバシー・ポリシー) マジセミ株式会社(プライバシー・ポリシー

セミナー詳細を見る