TOP / 近日開催のセミナー / 

関連するセミナー

他のカテゴリから探す

IDaaSで AD や社内システムと連携する方法

開催日:2019年 5月14日

IDaaSとは?

IDaaSはクラウド上でシングルサインオンとID管理の機能を提供するサービスです。

多数のクラウド・オンプレミス上のシステムに対するアクセスルールやアイデンティティ情報をクラウドにて一元管理し、多要素認証でセキュリティも強化します。

一般的にIDaaSは社内システムとの連携が苦手

IDaasは基本的には、異なるインターネットドメイン間でユーザー認証を行うためのプロトコルであるSAMLという認証の仕組みを使用しています。

しかし、社内システムは、SAML対応していないものも多くあります。

その場合は、どうすればよいのでしょうか?

また、社内のユーザー情報やパスワードについては、AD(Active Directory)で統合管理している企業が多いと思います。

その場合、IDaaSとADとの連携はできるのでしょうか?

月額100円から利用できるIDaaS「トラスト・ログイン」とは?

「トラスト・ログイン」は月額100円から利用でき、シングルサインオンと社内システムやクラウドサービスのIDとパスワードを一括管理できるIDaaSです。

対応アプリ数は4,500以上、日々ユーザーの利便性を向上させています。

また、GMOグローバルサイン株式会社という認証局が提供するサービスですので、セキュリティ的にも安心です。

「トラスト・ログイン」で、ADと連携する方法を解説

本セミナーでは、既にAD環境で管理しているユーザー情報やパスワードを活用し、「トラスト・ログイン」と連携することでシングルサインオンを実現する方法を解説します。

プログラム

14:00~14:30 受付

14:30~14:50 「トラスト・ログイン」とは?

14:50~15:10 ADのユーザー情報をマスターにして、IDaaS(トラスト・ログイン)と連携する方法

15:10~15:30 質疑応答

主催

GMOグローバルサイン株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

03-5485-1152 ※駅構内から、地上一般道への通路案内は、各路線案内窓口へお問合せ願います。

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


今からでも遅くない、簡単IoTのすすめ (事例とデモ/浜松町IT秘密の話しクラブ)

開催日:2019年 5月14日

ここでしか聞けない、IT業界の「秘密の話し」

本勉強会は、主にシステムインテグレーターを対象とした、有料(月会費制)の講座です。

新規ビジネスの企画や、事業戦略の立案などに参考になる、ここでしか聞けない「秘密の話し」をシェア(共有)することで、会員企業のビジネス拡大に活かしていきます。

「情報」はビジネスの命

あたりまえの話しですが、ビジネスをやるにあたって「情報」は命です。他社が知らない情報を得ることによって、差別化ができるのです。

例えば、こんな「秘密の話し」を会員限定でシェア(共有)します

・これからどの分野が成長するのか?

・ユーザー企業とベンダー/システムインテグレーターとの、トラブル事例!

・このような、ベンダー/システムインテグレーター、ユーザー企業とは付き合いたくない・・・

・ユーザー企業が内製化に取り組む、本当の理由!

・ユーザー企業は、どうやって調達するベンダー/システムインテグレーターを決めている?

・人月ビジネスは終わるのか、終わらないのか?

・新規ビジネスをやってみた結果・・・

・今新規ビジネスをやるなら、この領域がおすすめ!

・ITエンジニア採用の実際、表と裏?

・共同ビジネス、パートナー募集の特別なお知らせも

さらに、「一緒に共同ビジネスを立ち上げたい」「パートナーを探している」といった情報を、いち早く会員にお伝えしていきます。

禁止事項

機密性の高い話しをシェアしますので、禁止事項があります。

・資料は公開致しません

・録音、撮影は禁止です

・プレゼン中のパソコン、スマートフォンの操作は禁止です

・会員以外への口外禁止です(※持ち帰り、社内で共有したい場合などは、必ず発表者から許諾を得て下さい)

懇親会で、さらなる秘密の話し

毎回、懇親会を行います。お酒が入った席で、さらなる「秘密の話し」が出るかもしれません。

また会員同士の懇親を深め、会員同士がつながることで、ビジネスチャンスがひろがあります。

今回は、「IoT」について勉強します!

IoTというワードが登場してしばらくたちますが、IoTの市場動向はどうなのでしょうか。

また、SIerはどのようにIoTと付き合っていくべきなのでしょうか。

今回は、IoTの専門家をお招きし「今からでも遅くない、簡単IoTのすすめ」と題してゲスト講演をしていただき、IoTの動向や事例などについて議論していきます。

お楽しみに!

本勉強会は会員制です。

会員登録がお済で無い方は、以下URLから会員登録をお願い致します。

https://osslabo.com/ossbusiness

主催

株式会社オープンソース活用研究所



※ご記載頂いた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。

ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂きます。ご記載頂いた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

当日会場アクセスに関するお問合せ

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


AWSやAzure、GCPなどへの「クラウド移行」における、認証・ID管理の検討 OneLogin、Okta、HDE One、CloudGate等IDaaS比較とOSSの検討

開催日:2019年 5月16日

※本セミナーで解説する比較については、各製品のWebページ等から得た情報を整理したものが中心であり、実機での比較ではありません。

※本セミナーの主催者である、かもめエンジニアリング株式会社は、IDaaSではなくオープンソースによる認証・ID管理システムのご提供をしており、その立場からの比較、主張になりますので、ご理解の上ご参加ください。

クラウド時代でも重要な認証基盤

現在、多くの企業でオンプレの業務システムをAWSやAzure、GCPなどへ移行する「クラウド移行」が推進されています。

その際、複数の社内システムや、Office365、Salesforce、G Suiteなどのクラウドサービスを含めたシングルサインオン、ユーザーIDの管理をどう設計すればよいのか、どのようにユーザーや管理者の利便性を高めながらセキュリティを強化すればよいのか、というのは重要な課題です。

注目されるIDaaS

そのような中、システム全体がクラウドになるのであれば、認証基盤もクラウドサービスで、という考えの下、「IDaaS」が注目度を高めています。

IDaaS(OneLogin、Okta、HDE One、CloudGateなど)の比較

本セミナーでは、主要なIDaaSである、OneLogin、Okta、HDE One、CloudGateなどについて、機能や料金などの比較を行います。

※HDE Oneは、HENNGE Oneに商標変更しています。

オープンソース活用の検討

さらに、AWSやAzure、GCPなどのクラウドプラットフォーム上にOpenAMやKeycloak、Keyspiderなどのオープンソースの認証・ID管理ツールを稼働させる方式についても、比較・検討を行います。

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~16:15 セッション

かもめエンジニアリング株式会社 潮村剛

16:15~17:00 質疑応答、ディスカッション

主催

かもめエンジニアリング株式会社

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


【大阪開催】大手製造業も多数採用、オープンソースの企業情報ポータル「LIFERAY」とは?

開催日:2019年 5月20日

LIFERAYとは

LiferayはWebシステムを構築するためのオープンソースのポータル製品です。

ポータルを実現するためのフレームワーク、およびそのフレームワーク用に開発されたポートレット(機能部品)、及びポートレットの開発環境から構成されています。

LiferayはJavaで実装されており、JBoss、 Apache Tomcat、WebSphereなど多くのアプリケーションサーバやWebコンテナ上で動作します。

ユーザ/組織管理、Webページ管理、アクセスコントロールなど一般的にWebサイトで使われる多くの機能が標準で搭載されているほか、ドキュメント管理やカレンダー、ブログ、掲示板など、すぐに使えるポートレットが60以上用意されています。ポータルとしてすぐにご利用頂けます。

  

LIFERAYの特長

・iPhone、iPad、Androidなどのスマートデバイスなどに対応した画面レイアウトを自動的に表示する、「レスポンシブデザイン」に対応。

・iPhone、iPad、Androidなどのスマートデバイスから簡単にドキュメントにアクセスするための、専用のアプリを提供。

・FacebookやTwitterとの連携。

・ルールエンジンにより、ユーザ属性や検索キーワード、アクセス履歴にもとづき、ユーザに最適なコンテンツを表示する「パーソナライズ機能」を提供。

・ブラウザの言語設定などにより、自動的に言語を切り替えられる「多言語対応」。

・SalesforceCRMとの連携。(当社オリジナル・ソリューション)

・米調査会社であるガートナーは,ポータル市場領域で活動しているベンダ各社の相対的な位置関係を示すマジック・クアドラントでLiferayをIBM,Microsoft,Oracle,SAPのような大手企業と同じリーダ領域に位置づけています。

・Liferayはオープンソースポータルの世界市場シェア 1位で、既に大手企業で多く活用されています。

  

LIFERAYの概要、事例を解説

本セミナーでは、LIFERAYの概要を解説するとともに、企業における導入事例をご紹介します。

  

最新バージョンの紹介も

さらに、最新バージョンであるLIFERAY7.1についても、変更点などをご紹介します。

  

当社、ユニファイド・サービス株式会社は、2007年よりLiferayに取り組んでいます。

日本で最も早くLiferayに注目し、活用してきた会社の一つです。

当社では、10年間以上にわたって蓄積してきた、Liferayに関するノウハウや活用事例が豊富にございます。

大手ベンダー、大手システムインテグレーターに対しても、技術支援をしています。

  

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~15:35 オープニング

15:35~16:05 LIFERAYとは?

16:05~16:20 国内大手製造業におけるLIFERAY導入事例

16:20~16:35 LIFERAY7.1のご紹介

16:35~17:00 質疑応答

  

主催

ユニファイド・サービス株式会社

  

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


ベトナムIT企業視察ツアー説明会

開催日:2019年 5月21日

2019/7/11(木)~12(金)に、ベトナムIT企業 5社(予定)を訪問

日本では現在、システムエンジニアが大幅に不足しています。

オフショア開発と言えば、中国が主流ですが、システムエンジニア人件費が急速に上昇しており、開発コストが増大しています。

そこで、ベトナムへのオフショア開発が注目されています。

以前より、「ポスト中国」として期待されていましたが、ここ数年で力を付けて、日本からの委託も急速に増えています。

そこで弊社では、2019/7/11(木)~12(金)にベトナム ハノイに訪問し、5社(予定)を訪問する視察ツアーを企画いたしました。

訪問予定のベトナムIT企業

NAL https://nal.vn/
ITSOL http://itsol.vn/ja/
DEHA https://deha.co.jp/
RIPERA
※残り1社調整中。訪問企業は変更される場合があります。

貴社を担当予定のブリッジSE(5社4人)と直接会話できる

今回の視察ツアーでは、ベトナムIT企業の営業担当ではなく、ブリッジSEと直接会話することができます。

実際に貴社が発注したときに担当を予定しているブリッジSEがそれぞれ対応します。

どのようにコミュニケーションが取れるのか、実際に会話して実感して頂けます。

5社に対して、その場でトライアルの見積り依頼

ベトナムオフショア企業を選定する場合、通常最初に少額でトライアルの案件を発注します。

今回の視察ツアーでは、参加企業(日本企業)にはトライアルのRFPを持ってきていただきます。

資料は必須ではなく、口頭説明でも構いません。

(トライアルの予定が無い企業は参加できません。トライアルは通常0.5人月程度、15~30万円程度からで実施可能です。)

ベトナムIT企業 5社を訪問し、それぞれにトライアル案件の説明をして頂きます。

ツアー後1週間程度で、5社からご提案させて頂きます。

なお、今回のツアーでは、日本側企業1社とベトナムIT企業1社の打ち合わせを5回(予定)実施します。

移動時はアテンドさせていただく予定です。

(団体で各社を回るタイプではありません)

参加費用

アテンド費用等はかかりません。無料です。

フライト、宿泊費、現地の移動や飲食にかかる費用は各社ご負担ください。

参加条件

前述のように、トライアル案件がある企業のみ、ご参加可能です。

開催条件

日本側企業の申し込みが5社以上で開催いたします。

5社に満たない場合、中止させて頂く可能性があります。

参加をご検討される企業は、この説明会にご参加下さい

ご都合悪ければ、個別に(info@osslabo.com)までご連絡下さい。

★皆様のご参加をお待ちしております!★

プログラム

18:30~19:00 受付

19:00~19:30 ベトナムIT企業視察ツアー説明会

19:30~20:00 質疑応答

主催

株式会社オープソース活用研究所

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


【大阪開催】【店舗をお持ちの企業限定】ローカル検索を最適化して、Google Map などの順位改善や自社ブランド価値の向上を行う方法

開催日:2019年 5月21日

消費者の情報収集は、モバイルデバイス経由が主流に

近年スマートフォンの所持率が約8割になり、目的のお店の情報を得るためにGoogle Mapで店舗情報を入手したり、SNSで口コミを検索して、来店するかどうかを判断する時代となりました。
  

GoogleMapなどの情報は正しく登録されていますか?

しかし検索された情報は正しく表示されるでしょうか?
そもそも、実際に店舗は存在しているのにマップアプリ上に表示されなかったり、たとえ表示されても、住所や電話番号が間違っていると、せっかく目的を持って検索してくれた顧客の来店機会を逃す事になりますし、ブランドイメージにそぐわない画像等がアップされていた場合には、重大なブランドイメージの毀損に繋がる恐れがあります。
  

今注目されている、ローカルSEOとは?

検索エンジンで上位表示させる施策の一つとしてSEO対策がありますが、近年は、Google Map等のマップアプリの情報を最適化する手段として、ローカルSEO(またはMEO = Map Engine Optimization とも言われています)が注目されています。
  

Fortune500の3分の1の企業が利用している、デジタル・ナレッジ管理プラットフォーム「Yext」とは?

デジタル・ナレッジ管理プラットフォーム「Yext」は、既にFortune500の3分の1の企業に導入され、現在多くの企業から引き合いを頂いているデジタル・ナレッジ管理プラットフォームです。
「Yext」を利用する事で、GooleMapだけではなく、Facebookやインスタグラム等のSNSや、TripAdvisorやYelpのような口コミサイト等、複数のプラットフォームを一元管理出来るようになり、自社の集客パフォーマンスやブランドイメージを大きく向上させる事が出来ます。
  

間違った地図情報やブランドイメージの毀損で機会損失しないために

本セミナーでは、「Yext」を利用して、効率よくローカル検索を最適化し、自社ブランド価値および集客パフォーマンスを向上させる方法、特に近年増えているインバウンドへの対策方法なども交えてご紹介致します。
  

プログラム

15:00~15:30 受付開始

15:30~15:35 オープニング

15:35~16:30 セミナー講演

16:30~17:00 質疑応答

  

主催

ユニファイド・サービス株式会社

  

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257
)


【5/22東京 or Webセミナー】マイクロソフト エバンジェリスト 西脇資哲氏が解説!! Windows 10 の魅力と新機能のポイント、ほか(事例で学ぶWindows10移行セミナー)

開催日:2019年 5月22日

こちらは、株式会社マイナビが主催するセミナーの紹介です。

マジセミでは、特別に40名をご招待します。

2020年01月14日 Windows 7 延長サポートが終了します。サポートが終了することで、PC端末に必要な更新が受けられなくなります。また、サポートが終了したPC端末を使用し続けてると、セキュリティ更新プログラムの提供が行われなくなるため、マルウェアへの感染やフィッシング詐欺などのセキュリティリスクが高まります。

本セミナーでは、Windows 10 が前世代のOSと比較してもたらされるメリットを紹介しながら、導入から移行における計画、実行のポイント、移行するためのサービス、運用方法が大きく変わるアップデート、ハウツーやノウハウを事例とともに紹介します。

当日プログラム

9:30 開場

10:00~10:50 【事例講演1】(仮) Windows 10 への移行により「セキュリティ向上」と「業務効率化」を実現したブリヂストンの取り組み

登壇者

児島 高夫 氏

株式会社ブリヂストン

ITネットワーク本部 ITインフラ企画部 グローバルIT基盤企画ユニット

10:50~11:40 全て見せます 横河レンタ・リースの Windows 10 の移行と運用

登壇者

松尾 太輔 氏

横河レンタ・リース株式会社

事業統括本部 ソフトウェア&サービス事業部

事業部長

2002年3月:日本大学生産工学部管理工学科 卒業。

2002年4月:横河レンタ・リース株式会社入社。SEとして、主に大手通信キャリア向けのLinuxサーバー構築に関わる。

2010年4月:サーバー仮想統合を提案するプリセールスSEチームを発足。そのチームリーダーに着任。

2014年4月:事業推進部長に着任。自社開発製品の企画、開発、プリセールスを担当。

2017年4月:事業統括本部 システム事業部 ソフトウェア&サービス開発部長。

2019年4月:事業統括本部 ソフトウェア&サービス事業部長に就任し現在に至る。

講演サマリー

Windows 10 の導入は、単なるPCリプレースではなく、生産性とセキュリティを継続的に向上するための仕組みづくりです。逆に単なるPCリプレースとしてしまうと、必ず運用で躓くことになります。

Windows 10 の導入から運用について、実際に当社での進め方から生まれた必勝パターンをITMedia「Windows 10 運用マスターへの道」、ZDNet「Windows 10 移行の心技体」好評連載中の松尾太輔が詳しくご説明します。

11:50~12:40 調整中

12:40~13:10 休憩

13:10~13:40 【基調講演】マイクロソフト エバンジェリスト 西脇資哲氏が解説!!Windows 10 の魅力と新機能のポイント

登壇者

西脇 資哲 氏

日本マイクロソフト株式会社

エバンジェリスト・業務執行役員

マイクロソフトにて多くの製品・サービスを伝るエバンジェリスト。1990年代から企業システム、データベース、Java、インターネットのビジネスに関与し、1996年から約13年間オラクルにてエバンジェリストとして従事。その後、2009年にマイクロソフトにてエバンジェリスト活動を継続。著書に「プレゼンは “目線” で決まる」、「新エバンジェリスト養成講座」など。

講演サマリー

2020年1月14日に Windows 7 の全てのサポートが終了します。本講演では、サポート終了の影響、Windows 10 が前世代のOSと比較してもたらされるメリットや新機能の解説、移行をスムーズに行うための手法を分かりやすくご説明いたします。

13:40~14:30 これからの時代のソフトウェアベンダーとユーザー企業の付き合い方~変化する時代での新しい考え方~

登壇者

丸山 悠介 氏

エムオーテックス株式会社

カスタマーサクセス本部

カスタマー戦略担当

組織内CSIRTとしてユーザー企業、ベンダー企業半々の立場。

パートナーセールス、ダイレクトセールスを経て、製品導入前から導入後のユーザーアフター対応まで一通り経験。

2019年4月より新設されたカスタマーサクセス本部に所属。自社製品を活用したお客様の成功を日々考えている。

講演サマリー

オンプレからクラウド、ライセンス販売からサブスクリプション。

急速にIT環境が変化する時代、ベンダーとユーザー企業のあり方も大きく変化していきます。

従来のソフトウェアの販売ビジネスの課題をベンダー目線、ユーザー企業目線でお話した上でこれからの時代に対応していくべき新しい視点、考え方をお伝えします。

製品紹介は極力少なめでお送りします。

14:30~15:20 調整中

15:20~16:10 【事例講演2】13,000台のPCをWindows 7 からWindows 10 に移行~強固なセキュリティの確保と働き方改革を支えるモバイル環境を構築~

登壇者

市原 敬 氏

神奈川県

総務局 ICT推進部 情報システム課

課長 

主催

株式会社マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局

※同業他社、システムインテグレーター、学生の方は参加をご遠慮いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。
※お申し込みが定員に達した場合は、抽選により参加をご遠慮ただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

当日会場アクセスに関するお問合せ

株式会社マイナビ ニュースメディア事業部 マイナビニュースセミナー運営事務局 03-6267-4336

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


セミナーから商談を獲得するためのプレゼン入門 (資料の作り方とトークのテクニック/マーケティング基礎講座)

開催日:2019年 5月23日

マーケティング初心者でも一から学べる基礎講座で、自社サービスを創り、他社と差別化し、市場で勝ち残るための「マーケティング勉強会」

本勉強会は、主にシステムインテグレーターを対象とした、有料の講座です。

事業戦略、差別化、ビジネスモデル・・・全ては「マーケティング」に集約されます。本勉強会は「マーケティング」を重視し、基礎から学んでいきます。

今回のテーマは

年間600回(2019年目標)のセミナーを開催するマジセミ株式会社 代表の寺田が、、セミナーから商談を獲得するためのノウハウと、プレゼン資料の作り方、トークのテクニックなどについて解説します!

 

このような悩みについてお答えします

本講座では、このような悩みを解決するヒントをお伝えします。

マーケティングやセールスを担当されている方はご参加ください。

 

求む!挑戦する会社!



オープンソースビジネス勉強会 を開催します。

下請けに甘んじているのではなく、自社の商品・サービスを企画、開発し、新たなビジネスに挑戦する会社を募集します。

 

SIはオワコン

「SIはオワコン」と言われています。

それはなぜでしょうか?

APIエコノミー、AWSなどのクラウド、ユーザー企業の内製化、といったIT業界の激変。これらにより、SIerの価値が急速に下がっています。



 

SIerはどうするべきか?

では、SIerはどうするべきでしょうか?

一言で言うと、「差別化」です。

自社の強みをベースとした、商品、サービスを企画、開発し、ブランディングし、ユーザー企業から直接指名される存在になる必要があります。



 

多くの新規ビジネスは失敗します!

しかし、新規ビジネスの立ち上げは、はっきり言って難しいです。多くの企業が失敗しています。

なぜなら多くのSIerには、その経験がありません。

そのような中、まちがった判断で多額の投資をして、失敗するケースも散見されます。

 

リスクを抑えて、新規ビジネスを立ち上げるために

本勉強会では、極力投資金額を抑えて、低リスクで新規ビジネスを立ち上げることを推奨しており、そのノウハウを学んでいきます。

これは成功するまで何度でもチャレンジできることを意味します。

 

新規ビジネス立ち上げのノウハウを学んでいきます

また、野村総合研究所で国内最大規模のオープンソース事業「OpenStandia」を社内ベンチャーとして立ち上げ、成功させ、かつ、現在国内で数十社のIT企業に対してマーケティング支援を行い、次々と成功に導いている寺田が、新規ビジネス立ち上げのノウハウを共有していきます。



 

これらを「知っている」のと「知らない」のとでは、貴社の新規ビジネスが成功する確立は、まったく違ってきます。

 

 

この勉強会でしか得られない、貴重な体験

月に1回程度、当社オフィスにて勉強会を開催します。

会員同士が繋がることで、ビジネスも広がっていきます。

その他、セミナー集客支援や、無料広告掲載など、様々な特典があります。



 

募集するメンバーは、以下のような方です。

オープンソースビジネス/それ以外に関わらず、新規事業を企画している方。

または、立ち上げた新規事業を成長させたいと考えている方。

新しいことに挑戦したいと考えている方。

IT業界を変えたいと考えている方。

 

 

「挑戦する会社」からのご連絡、お待ちしています!

ご確認の上、お申込み下さい。

主催

株式会社オープンソース活用研究所



セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


【東京開催】AI OCRとRPAによる業務効率化について (RPA導入の課題と解決策)

開催日:2019年 5月23日

こちらは、株式会社アクシオが主催するセミナーの紹介です。

マジセミでは、特別に東京10名、福岡5名、大阪5名をご招待します。

■5月23日(木) 東京

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90740

■6月20日(木)福岡

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90742

■7月5日(金)大阪

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90743

RPA導入の課題と解決策

PC操作を自動化するRPAは、働き方改革や業務効率化への期待から、業種に係らずに普及が進んでおり、AIとの組合せによりさらに市場拡大すると考えられています。

本セミナーでは、ロボPCの管理を含めWinActorを導入されたお客様が直面する課題をどのように解決したのか解説します。

また、これまで諦められていた手書き帳票のOCRを可能にするDX Suite(AI-OCR)。他を圧倒するその読取精度とWinActorとの連携に関して紹介します。

プログラム

14:00~14:05 ご挨拶

14:05~14:50 RPA駆け込み寺

株式会社NTTデータ

社会基盤ソリューション事業本部

ソーシャルイノベーション事業部

デジタルソリューション統括部

RPAソリューション担当

課長

中川 拓也 氏

RPAの導入が急拡大した反動でしょうか。「RPAツールを選定し、社内に向けて普及・促進しているのだが浸透しない」や、逆に「IT部門が選定したRPAツールの活用を推奨されているのだが、人事部の担当者には難しくて使いこなせない」といったご相談が増えています。何故、このようなことが起こるのでしょう。RPAツールを使いこなせないのが悪いのでしょうか。もちろん、そうは思いません。

本セッションでは、RPAの本質を明確にした上で、RPA導入目的を達成するための、失敗しない導入方法論をご紹介します。今からでも遅くはありません。RPAを適切に活用し、働き方改革を一緒に実現していきましょう。

14:50~15:20 多様なワークスタイルをサポートするITインフラとは~テレワーク、Robotic Process Automationを快適に活用!~

アセンテック株式会社

第3営業部

部長

潤田 雅也 氏

働き方改革対応や業務効率化でVDIを検討・導入する企業が増えていますが、コストやシステム管理等の課題があります。本講演では、従来のVDIの課題を解決するオリジナルのソリューションをご紹介します。低コストでテレワークを実現、スモールスタートでRobotic Process Automationを導入できるなどのメリットをご説明します。

15:20~15:35 休憩

15:35~16:20 AI活用で実現する、働き方改革~実績No.1、300社以上が利用する DX Suite~

AI inside 株式会社

執行役員

事業開発本部長

梅田 祥太朗 氏

人口減少社会で業務効率化や働き方改革が求められるなか、どのようにAIを業務で活用できるのか?RPA市場の拡大と合わせて、AI-OCRのニーズは非常に高まっています。本セミナーでは、当社が開発しているAI 推論・学習エンジン「Neural X」を基盤とした、AI-OCR「DX Suite」のリアルタムデモを通じ進化したAI-OCRをご覧いただきます。また、事例を通じ今後のAI活用の可能性もお伝えします。

16:20~17:05 RPAの導入で経験するロボPCの管理課題とは・・ OnRPA®の第二弾!OnRPA2で何が解決できるのか

株式会社アクシオ

RPA導入のお客様の要求から生まれたOnRPA®。その開発の経緯から、機能、効果、導入事例を解説します。また、RPAの本格導入後に経験する煩わしいシナリオ実行のタスク管理に対応するOnRPA2の詳細を紹介します。その他、画面ロック問題や解像度や色味によるエラーなど導入して分かる注意点や課題を紹介します。

*講演内容、講師など、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

主催

株式会社アクシオ

当日会場アクセスに関するお問合せ

TEL:03-6717-7000

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


Win7/Win2008のサポート終了、Win10ではサポートされないVBアプリをどうするか ~ブラックボックス化、担当者不在、セキュリティリスクなど、マイグレーションの課題と対策~

開催日:2019年 5月28日

2020年1月にWindows 7のサポートが終了

2020年1月にWindows 7 とWindows Server 2008 の延長サポートが終了します。サポートが終了後は、セキュリティ関連などの更新プログラムが提供されません。特にVB6.0で開発されたアプリケーションは、最新バージョンでサポートされなくなるため、移行や再構築の対応が急務です。

既存システムのブラックボックス化がネックに

しかし移行や再構築に際して、既存システムが老朽化やブラックボックス化していると、対応が難しくなります。仕様書が整備されていない、不要なコードが残っている、等の問題を抱える企業も少なくありません。

このように既存システムに負債を抱えていると、業務に支障が出たり、保守費用がかさみます。このまま放置すると企業の生き残りが危うくなる可能性もあります。

担当者不在やセキュリティ面での課題も

この他にも属人化したシステムであったり、全体の業務を知る人が異動または退職してしまっているケースも少なくありません。また既存システムと同様のセキュリティを担保できるのか、といった不安も多く聞かれます。

VBアプリのモダナイゼーションにおける注意点は

これらの問題を解決する方法の第一歩は、既存システムを可視化することです。本セミナーでは、可視化方法をご紹介するとともに、VBのアプリ資産を移行するモダナイゼーションについてデモを交えて解説します。

プログラム

13:40~14:00 受付

14:00~14:10 オープニング

14:10〜15:00 < セッション1 > VBモダナイゼーション/可視化・診断編

Windows7 & Windows Server 2008サポート終了対策 はじめの一歩

VBレガシー資産再構築を進めるには既存資産の可視化から

~デジタル・トランスフォーメーションの実現はIT総合診断でスタート~

開発事業本部 ソリューション開発グループ

チームリーダ 石川嘉士

15:00〜15:50 < セッション2 > VBモダナイゼーション/変換・移行編

迫る!Windows7 & Windows Server 2008 サポート終了

やるなら今!VB6.0アプリ資産モダナイゼーションの進め方

開発事業本部 ソリューション開発グループ

プロジェクトマネージャー 板倉利幸

15:50〜16:20 質疑応答/モダナイゼーションに関する個別ご相談など

主催

株式会社システムズ

当日会場アクセスに関するお問合せ

03-5798-3109

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


ITILプロセス構築の入門解説と、ツール選定について ~効率的なサービスデスク業務を効果的に行う方法~

開催日:2019年 5月28日

インシデント管理の重要性

近年あらゆる業務がシステム化され、障害や不具合が発生した際には、迅速な対応が必要となります。利用者が困っている現象を、より早く取り除くことで品質や生産性を向上することができます。また対応工数を減らし、コスト削減することも重要なポイントです。これらを実現するためには、適切なインシデント管理が必要となります。

非効率なインシデント管理に限界を感じている

ではどうすれば、効率的なインシデント管理ができるのでしょうか。既にインシデント管理を行っている場合でも、次のような課題を抱えている企業は多いと思います。

・エクセルやメールでの管理に限界を感じる

・インシデントや問合せが多く、管理しきれない

・インシデント発生時の対応フローが無くて非効率

・同じ問合せが繰り返し発生している

・システム変更の度に大量の障害報告が発生する

ITILを活用した管理方法

そこで近年、ITILというフレームワークをインシデント管理に活用する事例が増えています。このITILを活用する大きなメリットとしては、インシデント管理と問題管理を分けて管理することにより、インシデントの再発防止が可能になることです。また、問い合わせから報告までの業務フローが明確化され、業務効率を向上することができます。

どうやったらITILを導入できるのか?ITILに対応したツールの選び方

このITILを導入する方法の一つとして、ツールで自動化することが効率的です。しかしツールが高額ではないか、導入や操作が難しいのではないか、更にはコストに見合ったメリットがあるのか、といった点が懸念されます。そこで本セミナーでは、現場で実際にITILプロセスの構築を行う際のノウハウを解説すると共に、ITILに対応したツールの選び方や、ツール導入で失敗しないためのポイントをご紹介します。

プログラム

15:00-15:30 受付

15:30-16:30 ITILプロセス構築の入門解説(どうやったらITILを導入できるのか?)

16:30-17:00 ManageEngineが提供するITサービス管理ツールの実演紹介/ツールを活用した実際の運用方法が一目でわかる、実演セッション

ITサービス管理ツール「ServiceDesk Plus」の製品概要

実際の画面を用いたデモンストレーション

17:00-17:30 個別相談会

貴社が現在抱えている課題についてお気軽にご相談ください。フェス社担当者、ゾーホージャパン社エンジニアも同席し、技術的な話も踏まえてご相談に応じます。

※ 参加/途中退出自由

主催

ゾーホージャパン株式会社

共催

株式会社フェス

当日会場アクセスに関するお問合せ

045-319-4613

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


【東京開催】企業や組織が今直面している、セキュリティの最前線について (FireEye SECURITY FRONTLINE)

開催日:2019年 6月 6日

こちらは、株式会社マイナビが共催するセミナーの紹介です。

東京、大阪、名古屋の3会場で開催します。

マジセミでは、特別に東京30名、大阪10名、名古屋10名をご招待します。

6月6日(木)東京

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90754

6月19日(水)名古屋

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90755

6月20日(木)大阪

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90757

正しいセキュリティ対策は、“知る”ことから――。攻撃の前と後、そして攻撃中のリスクに、どう対処するか。

「安心、安全」を実現するために求められるのは、不安の払拭です。

特に情報セキュリティにおける不安の主な要因は、「何が起こっているのか」「なぜ起こっているのか」「誰が引き起こしているのか」「今度は何が起こるのか」などにあることが多いのではないでしょうか。

これら「わからない不安」を払拭することで、安心・安全へ前進することができます。

そのために欠かすことができないのが、さまざまな情報源から得られる「脅威インテリジェンス」です。

FireEye SECURITY FRONTLINEは、世界中のセキュリティ最前線(FRONTLINE)で活躍するアナリストをはじめ、ヒトと機械を駆使して集められた脅威インテリジェンスを軸に、攻撃の前と後、そして攻撃中のリスクからお客様を守ることを使命とするFireEyeがお届けするセミナーシリーズです。

今起こり得る脅威とその理由や背景を解説し、お客様の具体的な課題を解決する糸口を知っていただくためのセッションを用意しています。

ぜひ、わからない不安を払拭し、安全・安心への道標を見つけてください。

プログラム

13:30 受付開始

14:00 - 14:10 ご挨拶

ファイア・アイ株式会社
執行役副社長 岩間 優仁

14:10 - 15:10 進化する脅威とサイバーセキュリティ:防御は「線」ではなく「面」で ~M-Trends 2019 の考察と教訓~

最高技術責任者 伊東 寛

15:10 - 15:25 Coffee Break

15:25 - 16:00 「セキュリティ FRONTLINE(最前線) – 課題編」 『常識』が通用しない今の脅威を考える

プロダクトマーケティングマネジャー 横川 典子

16:00 - 16:35 「セキュリティ FRONTLINE(最前線) – 解決編」 今の脅威に立ち向かうための効果的な戦い方

技術本部 エンタープライズ事業部
コンサルティング・セールス・エンジニア 杉浦 一洋

16:35 - 16:40 Break

16:40 - 17:20 攻撃者追跡と侵害調査の現場から~FireEyeのココがすごい!をMandiantコンサルが解説~

Mandiantシニアコンサルタント 中村 祐
Mandiantコンサルタント 杉山 貴裕

主催

ファイア・アイ株式会社

共催

株式会社マイナビ

事務局

株式会社マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局

※個人事業主のお客様、学生、もしくは競合企業の方は参加をご遠慮いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

※お申込みが定員に達した場合は、抽選により参加をご遠慮ただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ご入力いただいた個人情報は、マイナビニュースにおける個人情報の取り扱い規定により、ファイア・アイ株式会社からの製品やサービスに関する情報のメール、電話、郵送でのご提供を目的とし開示致します。

※本セミナーへご来場の際は、ファイア・アイ株式会社における秘密保持契約へのご同意を必要と致します。

当日会場アクセスに関するお問合せ

株式会社マイナビ ニュースメディア事業部 マイナビニュースセミナー運営事務局 TEL:03-6267-4336

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


大成建設様講演、組織のリスク管理の観点から見たセキュリティ運用のポイント (標的型攻撃の「標的」を探るサイバーセキュリティセミナー)

開催日:2019年 6月14日

本セミナーは、株式会社マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局が主催するセミナー「ターゲットを知り、策を練る標的型攻撃の「標的」を探るサイバーセキュリティセミナー」のご紹介です。

マジセミでは特別に、15名をご招待します。

標的型攻撃の「標的」を探る

あとを絶たないサイバー攻撃の猛威は、被害に遭った企業の信用失墜、果ては倒産など、ときにその企業の存続をも窮地に陥れる重大なリスクであることはすでにご存じのことでしょう。

本セミナーでは、近年特に被害が拡大している標的型攻撃をはじめとした攻撃傾向、またその対策におけるトレンドを解説。

基調講演には大成建設株式会社 社長室情報企画部の北村 達也氏を招へいし、 同社のTaisei-SIRTの取り組みから今後、企業が執るべきセキュリティ対策のポイントをご紹介します。

当日プログラム

14:00~14:30 受付

14:30~15:20 【基調講演】組織における効果的な「セキュリティ運用」のポイント ~ 組織内CSIRTの視点から ~

登壇者

北村 達也氏

大成建設株式会社

社長室情報企画部

専任部長/Taisei-SIRTリーダー

1981年、大成建設に入社。ICT部門にてスーパーコンピュータやメインフレーム、オープン系サーバ、ネットワークなどICTインフラ全般の標準化、構築・運用を幅広く担当する一方で、支店総務やセキュリティポリシー策定、Office365導入による働き方改革を経験する。

2013年1月にTaisei-SIRTを設置し、その構築、運用のチームリーダとしてインシデント対応やセキュリティ環境整備を担当する。

講演サマリー

昨今、国内外のサービスから流出した数十億件単位のアカウント情報がインターネット上にさらされ、それらの情報を利用したと思われる「ばらまき型」のメール攻撃が頻発している。その一方で、正規Webサイト改ざんによる不正プログラムの拡散やWebサイトそのものが標的として攻撃されるなど、サイバー空間の脅威は非常に深刻になっている。

このようななかで、企業がセキュリティを担保するためにはNISTの「Cyber Security Framework」に合わせて「特定」「防御」「検知」「対応」「復旧」の5つのプロセスを整備していくことが有効であるが、特に攻撃の兆候や侵入を検知し、対応するというインシデント発生時の緊急時対応体制が重要になる。

ここでは、大成建設の組織内CSIRTの検知、対応の取り組みを取り上げ、組織のリスク管理の観点から見たセキュリティ運用のポイントについて紹介する。

15:20~16:20 超標的型攻撃時代に最適な”人”を守るメールセキュリティ強化策 ピープル・セントリック・セキュリティ

登壇者

Maiwand Youssofzay氏

日本プルーフポイント株式会社

Enterprise Sales Dept. Asia Pacific & Japan Region

Security Awareness Specialist

Proofpointが持つセキュリティ意識向上のための教育ソリューションのチャンピオンとして、日本を含むアジア太平洋地域を担当。エンタープライズセキュリティ市場の市場での10年の経験を活かし、PSATプルーフポイント・セキュリティアウェアネス・トレーニングソリューションの啓蒙活動、顧客との直接の会話を通じて得た要望を製品に反映させるためのフィードバックを継続的に行う。Proofpoint以前は、Symantec、Telstra(オーストラリア最大の通信 会社)で主にセキュリティ製品の販売に携わる。

講演サマリー

BECをはじめ、巧妙に“人の脆弱性”を突いてくる昨今の標的型攻撃。本講演では、メールセキュリティ市場で世界的リーダーポジションにあるプルーフポイントが、独自のインテリジェンスにより、組織内で最も攻撃される人VAP=Very Attacked Person™を重点的にセキュリティ強化する方法を解説します。VAPを守る主な対策として、プルーフポイントのサイバーセキュリティ教育ソリューションをご紹介します。

16:20~16:30 休憩

16:30~17:10 セキュリティ最後の砦!AIを活用したデータアクセスUBAとRASP(Runtime Application Self-Protection)による最新の自己保護セキュリティ

登壇者

福田 一夫氏

株式会社 Imperva Japan

1999年CTC伊藤忠テクノソリューションズに入社。以来、テレコムキャリア、ISP向け大規模ネットワークの設計、構築業務に従事。

その後、電力会社、運輸会社、製造業向けなどITインフラ次期ネットワーク、セキュリティ構想のコンサルティング業務を経て、現在Imperva Japan SEマネージャーとして勤務。

講演サマリー

日々進化するサイバー攻撃に対応するため、企業では様々なセキュリティ製品の導入、検討がなされていると思います。一方で、仮想化・コンテナ化による開発環境の変化や、過剰なセキュリティ投資、煩雑化する運用など新たな問題も発生しております。

Impervaからは従来のセキュリティ対策とは異なる最新のアプローチである、データ中心の保護「データアクセスUBA」と、アプリケーションにビルトインされたリアルタイムの検知/自己保護「RASP(Runtime Application Self-Protection)」をご紹介いたします。

17:10~17:20 アンケート記入・質疑応答

主催

株式会社マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局

協賛

日本プルーフポイント株式会社 株式会社 Imperva Japan

※同業他社、システムインテグレーター、学生の方は参加をご遠慮いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

※お申し込みが定員に達した場合は、抽選により参加をご遠慮ただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

当日会場アクセスに関するお問合せ

株式会社マイナビ ニュースメディア事業部 マイナビニュースセミナー運営事務局 03-6267-4336

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


【名古屋開催】企業や組織が今直面している、セキュリティの最前線について (FireEye SECURITY FRONTLINE)

開催日:2019年 6月19日

こちらは、株式会社マイナビが共催するセミナーの紹介です。

東京、大阪、名古屋の3会場で開催します。

マジセミでは、特別に東京30名、大阪10名、名古屋10名をご招待します。

6月6日(木)東京

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90754

6月19日(水)名古屋

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90755

6月20日(木)大阪

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90757

正しいセキュリティ対策は、“知る”ことから――。攻撃の前と後、そして攻撃中のリスクに、どう対処するか。

「安心、安全」を実現するために求められるのは、不安の払拭です。

特に情報セキュリティにおける不安の主な要因は、「何が起こっているのか」「なぜ起こっているのか」「誰が引き起こしているのか」「今度は何が起こるのか」などにあることが多いのではないでしょうか。

これら「わからない不安」を払拭することで、安心・安全へ前進することができます。

そのために欠かすことができないのが、さまざまな情報源から得られる「脅威インテリジェンス」です。

FireEye SECURITY FRONTLINEは、世界中のセキュリティ最前線(FRONTLINE)で活躍するアナリストをはじめ、ヒトと機械を駆使して集められた脅威インテリジェンスを軸に、攻撃の前と後、そして攻撃中のリスクからお客様を守ることを使命とするFireEyeがお届けするセミナーシリーズです。

今起こり得る脅威とその理由や背景を解説し、お客様の具体的な課題を解決する糸口を知っていただくためのセッションを用意しています。

ぜひ、わからない不安を払拭し、安全・安心への道標を見つけてください。

プログラム

13:30 受付開始

14:00 - 14:10 ご挨拶

ファイア・アイ株式会社
執行役副社長 岩間 優仁

14:10 - 15:10 進化する脅威とサイバーセキュリティ:防御は「線」ではなく「面」で ~M-Trends 2019 の考察と教訓~

最高技術責任者 伊東 寛

15:10 - 15:25 Coffee Break

15:25 - 16:00 「セキュリティ FRONTLINE(最前線) – 課題編」 『常識』が通用しない今の脅威を考える

プロダクトマーケティングマネジャー 横川 典子

16:00 - 16:35 「セキュリティ FRONTLINE(最前線) – 解決編」 今の脅威に立ち向かうための効果的な戦い方

技術本部 エンタープライズ事業部
コンサルティング・セールス・エンジニア 杉浦 一洋

16:35 - 16:40 Break

16:40 - 17:20 攻撃者追跡と侵害調査の現場から~FireEyeのココがすごい!をMandiantコンサルが解説~

Mandiantシニアコンサルタント 中村 祐
Mandiantコンサルタント 杉山 貴裕

主催

ファイア・アイ株式会社

共催

株式会社マイナビ

事務局

株式会社マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局

※個人事業主のお客様、学生、もしくは競合企業の方は参加をご遠慮いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

※お申込みが定員に達した場合は、抽選により参加をご遠慮ただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ご入力いただいた個人情報は、マイナビニュースにおける個人情報の取り扱い規定により、ファイア・アイ株式会社からの製品やサービスに関する情報のメール、電話、郵送でのご提供を目的とし開示致します。

※本セミナーへご来場の際は、ファイア・アイ株式会社における秘密保持契約へのご同意を必要と致します。

当日会場アクセスに関するお問合せ

株式会社マイナビ ニュースメディア事業部 マイナビニュースセミナー運営事務局 TEL:03-6267-4336

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


【大阪開催】企業や組織が今直面している、セキュリティの最前線について (FireEye SECURITY FRONTLINE)

開催日:2019年 6月20日

こちらは、株式会社マイナビが共催するセミナーの紹介です。

東京、大阪、名古屋の3会場で開催します。

マジセミでは、特別に東京30名、大阪10名、名古屋10名をご招待します。

6月6日(木)東京

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90754

6月19日(水)名古屋

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90755

6月20日(木)大阪

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90757

正しいセキュリティ対策は、“知る”ことから――。攻撃の前と後、そして攻撃中のリスクに、どう対処するか。

「安心、安全」を実現するために求められるのは、不安の払拭です。

特に情報セキュリティにおける不安の主な要因は、「何が起こっているのか」「なぜ起こっているのか」「誰が引き起こしているのか」「今度は何が起こるのか」などにあることが多いのではないでしょうか。

これら「わからない不安」を払拭することで、安心・安全へ前進することができます。

そのために欠かすことができないのが、さまざまな情報源から得られる「脅威インテリジェンス」です。

FireEye SECURITY FRONTLINEは、世界中のセキュリティ最前線(FRONTLINE)で活躍するアナリストをはじめ、ヒトと機械を駆使して集められた脅威インテリジェンスを軸に、攻撃の前と後、そして攻撃中のリスクからお客様を守ることを使命とするFireEyeがお届けするセミナーシリーズです。

今起こり得る脅威とその理由や背景を解説し、お客様の具体的な課題を解決する糸口を知っていただくためのセッションを用意しています。

ぜひ、わからない不安を払拭し、安全・安心への道標を見つけてください。

プログラム

13:30 受付開始

14:00 - 14:10 ご挨拶

ファイア・アイ株式会社
執行役副社長 岩間 優仁

14:10 - 15:10 進化する脅威とサイバーセキュリティ:防御は「線」ではなく「面」で ~M-Trends 2019 の考察と教訓~

最高技術責任者 伊東 寛

15:10 - 15:25 Coffee Break

15:25 - 16:00 「セキュリティ FRONTLINE(最前線) – 課題編」 『常識』が通用しない今の脅威を考える

プロダクトマーケティングマネジャー 横川 典子

16:00 - 16:35 「セキュリティ FRONTLINE(最前線) – 解決編」 今の脅威に立ち向かうための効果的な戦い方

技術本部 エンタープライズ事業部
コンサルティング・セールス・エンジニア 杉浦 一洋

16:35 - 16:40 Break

16:40 - 17:20 攻撃者追跡と侵害調査の現場から~FireEyeのココがすごい!をMandiantコンサルが解説~

Mandiantシニアコンサルタント 中村 祐
Mandiantコンサルタント 杉山 貴裕

主催

ファイア・アイ株式会社

共催

株式会社マイナビ

事務局

株式会社マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局

※個人事業主のお客様、学生、もしくは競合企業の方は参加をご遠慮いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

※お申込みが定員に達した場合は、抽選により参加をご遠慮ただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

※ご入力いただいた個人情報は、マイナビニュースにおける個人情報の取り扱い規定により、ファイア・アイ株式会社からの製品やサービスに関する情報のメール、電話、郵送でのご提供を目的とし開示致します。

※本セミナーへご来場の際は、ファイア・アイ株式会社における秘密保持契約へのご同意を必要と致します。

当日会場アクセスに関するお問合せ

株式会社マイナビ ニュースメディア事業部 マイナビニュースセミナー運営事務局 TEL:03-6267-4336

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


【福岡開催】AI OCRとRPAによる業務効率化について (RPA導入の課題と解決策)

開催日:2019年 6月20日

こちらは、株式会社アクシオが主催するセミナーの紹介です。

マジセミでは、特別に東京10名、福岡5名、大阪5名をご招待します。

■5月23日(木) 東京

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90740

■6月20日(木)福岡

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90742

■7月5日(金)大阪

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90743

RPA導入の課題と解決策

PC操作を自動化するRPAは、働き方改革や業務効率化への期待から、業種に係らずに普及が進んでおり、AIとの組合せによりさらに市場拡大すると考えられています。

本セミナーでは、ロボPCの管理を含めWinActorを導入されたお客様が直面する課題をどのように解決したのか解説します。

また、これまで諦められていた手書き帳票のOCRを可能にするDX Suite(AI-OCR)。他を圧倒するその読取精度とWinActorとの連携に関して紹介します。

プログラム

14:00~14:05 ご挨拶

14:05~14:50 RPA駆け込み寺

株式会社NTTデータ

社会基盤ソリューション事業本部

ソーシャルイノベーション事業部

デジタルソリューション統括部

RPAソリューション担当

課長

中川 拓也 氏

RPAの導入が急拡大した反動でしょうか。「RPAツールを選定し、社内に向けて普及・促進しているのだが浸透しない」や、逆に「IT部門が選定したRPAツールの活用を推奨されているのだが、人事部の担当者には難しくて使いこなせない」といったご相談が増えています。何故、このようなことが起こるのでしょう。RPAツールを使いこなせないのが悪いのでしょうか。もちろん、そうは思いません。

本セッションでは、RPAの本質を明確にした上で、RPA導入目的を達成するための、失敗しない導入方法論をご紹介します。今からでも遅くはありません。RPAを適切に活用し、働き方改革を一緒に実現していきましょう。

14:50~15:20 多様なワークスタイルをサポートするITインフラとは~テレワーク、Robotic Process Automationを快適に活用!~

アセンテック株式会社

第3営業部

部長

潤田 雅也 氏

働き方改革対応や業務効率化でVDIを検討・導入する企業が増えていますが、コストやシステム管理等の課題があります。本講演では、従来のVDIの課題を解決するオリジナルのソリューションをご紹介します。低コストでテレワークを実現、スモールスタートでRobotic Process Automationを導入できるなどのメリットをご説明します。

15:20~15:35 休憩

15:35~16:20 AI活用で実現する、働き方改革~実績No.1、300社以上が利用する DX Suite~

AI inside 株式会社

執行役員

事業開発本部長

梅田 祥太朗 氏

人口減少社会で業務効率化や働き方改革が求められるなか、どのようにAIを業務で活用できるのか?RPA市場の拡大と合わせて、AI-OCRのニーズは非常に高まっています。本セミナーでは、当社が開発しているAI 推論・学習エンジン「Neural X」を基盤とした、AI-OCR「DX Suite」のリアルタムデモを通じ進化したAI-OCRをご覧いただきます。また、事例を通じ今後のAI活用の可能性もお伝えします。

16:20~17:05 RPAの導入で経験するロボPCの管理課題とは・・ OnRPA®の第二弾!OnRPA2で何が解決できるのか

株式会社アクシオ

RPA導入のお客様の要求から生まれたOnRPA®。その開発の経緯から、機能、効果、導入事例を解説します。また、RPAの本格導入後に経験する煩わしいシナリオ実行のタスク管理に対応するOnRPA2の詳細を紹介します。その他、画面ロック問題や解像度や色味によるエラーなど導入して分かる注意点や課題を紹介します。

*講演内容、講師など、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

主催

株式会社アクシオ

当日会場アクセスに関するお問合せ

TEL:092-482-1212

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257


【大阪開催】AI OCRとRPAによる業務効率化について (RPA導入の課題と解決策)

開催日:2019年 7月 5日

こちらは、株式会社アクシオが主催するセミナーの紹介です。

マジセミでは、特別に東京10名、福岡5名、大阪5名をご招待します。

■5月23日(木) 東京

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90740

■6月20日(木)福岡

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90742

■7月5日(金)大阪

https://osslabo.doorkeeper.jp/events/90743

RPA導入の課題と解決策

PC操作を自動化するRPAは、働き方改革や業務効率化への期待から、業種に係らずに普及が進んでおり、AIとの組合せによりさらに市場拡大すると考えられています。

本セミナーでは、ロボPCの管理を含めWinActorを導入されたお客様が直面する課題をどのように解決したのか解説します。

また、これまで諦められていた手書き帳票のOCRを可能にするDX Suite(AI-OCR)。他を圧倒するその読取精度とWinActorとの連携に関して紹介します。

プログラム

14:00~14:05 ご挨拶

14:05~14:50 RPA駆け込み寺

株式会社NTTデータ

社会基盤ソリューション事業本部

ソーシャルイノベーション事業部

デジタルソリューション統括部

RPAソリューション担当

課長

中川 拓也 氏

RPAの導入が急拡大した反動でしょうか。「RPAツールを選定し、社内に向けて普及・促進しているのだが浸透しない」や、逆に「IT部門が選定したRPAツールの活用を推奨されているのだが、人事部の担当者には難しくて使いこなせない」といったご相談が増えています。何故、このようなことが起こるのでしょう。RPAツールを使いこなせないのが悪いのでしょうか。もちろん、そうは思いません。

本セッションでは、RPAの本質を明確にした上で、RPA導入目的を達成するための、失敗しない導入方法論をご紹介します。今からでも遅くはありません。RPAを適切に活用し、働き方改革を一緒に実現していきましょう。

14:50~15:20 多様なワークスタイルをサポートするITインフラとは~テレワーク、Robotic Process Automationを快適に活用!~

アセンテック株式会社

第3営業部

部長

潤田 雅也 氏

働き方改革対応や業務効率化でVDIを検討・導入する企業が増えていますが、コストやシステム管理等の課題があります。本講演では、従来のVDIの課題を解決するオリジナルのソリューションをご紹介します。低コストでテレワークを実現、スモールスタートでRobotic Process Automationを導入できるなどのメリットをご説明します。

15:20~15:35 休憩

15:35~16:20 AI活用で実現する、働き方改革~実績No.1、300社以上が利用する DX Suite~

AI inside 株式会社

執行役員

事業開発本部長

梅田 祥太朗 氏

人口減少社会で業務効率化や働き方改革が求められるなか、どのようにAIを業務で活用できるのか?RPA市場の拡大と合わせて、AI-OCRのニーズは非常に高まっています。本セミナーでは、当社が開発しているAI 推論・学習エンジン「Neural X」を基盤とした、AI-OCR「DX Suite」のリアルタムデモを通じ進化したAI-OCRをご覧いただきます。また、事例を通じ今後のAI活用の可能性もお伝えします。

16:20~17:05 RPAの導入で経験するロボPCの管理課題とは・・ OnRPA®の第二弾!OnRPA2で何が解決できるのか

株式会社アクシオ

RPA導入のお客様の要求から生まれたOnRPA®。その開発の経緯から、機能、効果、導入事例を解説します。また、RPAの本格導入後に経験する煩わしいシナリオ実行のタスク管理に対応するOnRPA2の詳細を紹介します。その他、画面ロック問題や解像度や色味によるエラーなど導入して分かる注意点や課題を紹介します。

*講演内容、講師など、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

主催

株式会社アクシオ

当日会場アクセスに関するお問合せ

TEL:06-6341-3334

セミナー事務局

マジセミ株式会社



※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257