TOP /  ミドルウェア /  OSS+SBクラウドを活用し、重要業務システムをバックアップ ~「止められないシステム」「消えてはいけないデータ」をアクシデントから守る方法

OSS+SBクラウドを活用し、重要業務システムをバックアップ ~「止められないシステム」「消えてはいけないデータ」をアクシデントから守る方法 | ミドルウェア

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

メールアドレス


法人様向けの資料のため、フリーアドレスをご利用の場合は、会社名、お名前を入力してください。
会社名
お名前

「止められないシステム」「消えてはいけないデータ」をアクシデントから守る  (株式会社サードウェア 櫻井 健象)

DR環境も必要なときに作る。クラウド環境で再現性のあるシステムを作る  (SBクラウド株式会社 森 真也)

クラウド環境であれば、常にDR環境を稼働させておく必要もありません。DR環境が必要になったときに構築することができます。HashiCorp社が提供するTerraformやPackerといったオープンソースソフトウェアを使いながら、再現性のあるシステムの構築について紹介します。

DRBDによるDRサイトとのデータ同期  (株式会社サードウェア 黒木 博)

DRBD Proxyは、数十~数百km離れた拠点間でテラバイト級の大量データをリアルタイムにレプリケートできるソフトウェアで、オンプレミス~クラウドのデータ同期が可能です。本セッションでは、DRBD Proxyの紹介と活用事例について解説します。

オンプレとDRサイトとをセキュアに接続する  (NECネクサソリューションズ株式会社 内海 真一)

企業システムのクラウド利用が進む中、自社とクラウドをつなぐ通信環境の重要度が高まっています。「Clovernet」は、ネットワークのワンストップサービスとしてNECグループが提供する安心のサービスです。本セッションでは、「Clovernet」を活用してクラウドと自社データセンターとをセキュア接続する方法について解説します。

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該イベントの主催・共催・協賛・講演企業とも共有させていただき、 当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

メールアドレス


法人様向けの資料のため、フリーアドレスをご利用の場合は、会社名、お名前を入力してください。
会社名
お名前

セミナー全体の評価と、参加者からのコメント

参加者によるこのセミナーの評価は、
3.6 でした!(5点満点中)
セミナー名 OSS+SBクラウドを活用し、重要業務システムをバックアップ ~「止められないシステム」「消えてはいけないデータ」をアクシデントから守る方法
講演企業 株式会社サードウェア 、SBクラウド株式会社 、株式会社サードウェア 、NECネクサソリューションズ株式会社
開催日 2017年09月28日
その他のサービス業 40代 男性 の参加者
コメントなし
その他のIT関連業 40代 男性 の参加者
コメントなし
その他の業種 30代 男性 の参加者
クラウド+OSSを使ったDR方法がよくわかった。
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 40代 男性 の参加者
コメントなし
匿名の参加者
アリババcloudの話はOK。 その他は期待とは少し違った。個別製品の話は今のところ興味ではなかった。 当方大規模サイトの担当であり、少しミスマッチであった。
消費者に対してITを提供する企業(Webサービス、ゲームなど) 50代 男性 の参加者
森真也様の講習は指導性があり、大変参考になっています。 それを考慮して、クラウドのDR構築案を検討していけると思います。 SBクラウドの導入を検討してみたい可能性もあり、どうぞよろしくお願いします。
企業に対してITを提供する企業(ベンダー、SIerなど) 30代 男性 の参加者
コメントなし
匿名の参加者
コメントなし
匿名の参加者
コメントなし
匿名の参加者
コメントなし

「止められないシステム」「消えてはいけないデータ」
アクシデントから守る
OSS+クラウドシステムを活用し
重要業務データをバックアップ
1:大企業だけではない!「止められないシステム」「消えては困るデータ」
・全社システム
・基幹システム
・電子カルテ
・オーダリングシステム
・POS
・総務・財務・人事データ
・機密・社外秘・営業データ
2
・工場・計測データ
CopyRight 2017 ThirdWare Inc. All Rights Reserved
2:リスクが毎年大きくなる?身近に発生する停止・消失リスク
地震 水害・豪雨・津波・
土砂災害
虫獣害 落雷・停電
3
火災
消火活動等の水害
CopyRight 2017 ThirdWare Inc. All Rights Reserved
※参考1:最近発生した大災害(地震は震度5以上)
●地震
引用元:Tenki.jp
発生日
震源地
●水害
参考資料:国土交通省HP ◎2017年9月19日現在
発生
マグニチュード
最大震度
2017年9月8日 秋田県内陸南部 M5.2 5強
2017年7月11日 鹿児島湾 M5.3 5強
2017年7月2日 熊本県阿蘇地方 M4.5 5弱
2017年7月1日 胆振地方中東部 M5.1 長野県南部 M5.6 5強
2017年6月20日 豊後水道 M5.0 福島県沖 M5.7 5弱
2016年12月28日 茨城県北部 M6.3 福島県沖 M7.4 5弱
2016年10月21日 鳥取県中部 M6.6 沖縄本島近海 M5.6 熊本県熊本地方 M5.2 5弱
2016年7月27日 茨城県北部 M5.4 内浦湾 M5.3 熊本県熊本地方 M4.3 5弱
2016年5月16日 茨城県南部 M5.5 5弱
2016年4月29日 大分県中部 M4.5 5強
(雄物川水系堤防決壊) 避難指示・勧告対象約95,000人
九州北部
6弱
2016年6月12日 (雄物川流域) 5弱
2016年6月16日 ◎床上・床下浸水約2,200戸
5弱
2016年8月31日 梅雨前線活性化による豪雨
梅雨前線活性化による豪雨
6弱
2016年9月26日 秋田県全域 6弱
2016年11月22日 被害状況
5強
2017年2月28日
2017年6月
原因 5弱
2017年6月25日
2017年7月
水害地区
(九州北部豪雨)
◎死者25名・家屋被害930棟強
死者2名・負傷者82名・
2016年8月
関東・北海道他
台風11号
家屋被害3,200棟
※北海道の田畑に深刻被害
2016年8月 北海道他 台風7号
2016年6月 熊本県・長崎県他 梅雨前線活性化
河川決壊・
※北海道の田畑に深刻被害
死者6名・家屋被害2,202棟
土石流発生
死者8名、負傷者80名・
2015年9月
中部・関東・東北
台風18号 家屋被害19,723棟
(関東・東北豪雨) ※鬼怒川堤防決壊・他5河川で越
水による浸水被害発生
2012年7月
九州北部
梅雨前線活性化による豪雨 死者行方不明者32名
(九州北部豪雨) ・家屋被害16,718棟
岩手県沖に発生した巨大地殻
2011年3月
岩手・宮城・福島他 変動による巨大津波(東日本
超巨大津波発生・死者2万人・
原発事故誘発など甚大被害
大震災)
4
CopyRight 2017 ThirdWare Inc. All Rights Reserved
※参考2:今後の発生が予測される大災害
②首都直下型地震
※引用:朝日新聞 2012/4/18付 東京新聞 2013/12/20付
①南海トラフ巨大地震
・30年内に発生確率70%程度といわれている。
・M7クラスだが、直下型地震により破壊力は大きいと想定。
・30年内に発生確率70%程度といわれている。
・直下型で広範囲建物倒壊と電源ロスト1週間前後想定。
・M8-9クラスで東日本大震災に準ずる大きさ。
・大正期の関東大震災の様に火災発生も想定。
・津波被害も発生し、東日本大震災並みの被害が予想。
・交通網や通信網等のインフラ麻痺の影響大。相当時間の
・ライフラインの寸断や二次被害(火災・土砂災害
日常生活・ビジネスに大きな影響が残る。
他)も甚大。
・津波被害は僅少とされるが、ゼロメートル地帯を中心に
・「あらゆる可能性を想定した最大クラスの地震・津波」
浸水被害等も想定。
(大臣発表資料より)
※引用:日本経済新聞 2012/08/29付
5
CopyRight 2017 ThirdWare Inc. All Rights Reserved
※参考3:Windows2016 Server DatacenterEdition 新機能「StrageReplica」
・別拠点2
・拠点1
SMB3での
ブロックデバイス
レプリケーション
※ただし、DatacenterEditionのみの搭載
専用線(1Gbps以上)を推奨など、
コストは高く、中小企業を想定とは言い難い。
6
CopyRight 2017 ThirdWare Inc. All Rights Reserved
●ここまでの総括
◎日本は改めて(特に近年については)毎年大災害で大きな被害を被る。
◎中小企業でも既に基幹業務・日常業務はほぼ全てコンピューターを使って
おり、「止められないシステム」「消えてはいけないデータ」は数多くあ
る。
◎これからも大きな災害が想定されている。
◎上記より、情報システムの観点からもBCPを策定する必要がある。
◎そしてMicrosoftや多くのベンダーがDRを始めとした製品・システムを
世の中に送り出している。
7
CopyRight 2017 ThirdWare Inc. All Rights Reserved
●従って・・・
事業継続の為には、災害時にも業務継続
できる「DR」サイトは・・・・・
できれば
構築しておいた方が良い!!
8
CopyRight 2017 ThirdWare Inc. All Rights Reserved
●とはいえ、DRサイト構築は・・・
Hrm・・・!
高い!
理解の壁!
知識の壁!
9
CopyRight 2017 ThirdWare Inc. All Rights Reserved
●そこで提案!
今のオンプレメインのまま、DRサイトを
クラウド上に構築してみませんか?
10
CopyRight 2017 ThirdWare Inc. All Rights Reserved
●クラウドを利用すると・・・・
安い!
災害に強い!
早期復旧
リプ
レース
不要
●非被災拠点等からのアクセス可能
➡RTO短縮可能でSLAを高水準に保つ。
※クラウドに馴れる余裕のある運用が可能。
(+α)
11
CopyRight 2017 ThirdWare Inc. All Rights Reserved

はクラウドでも当然に親和性があり!
※マルチクラウド環境においてもリアルタイムで
データ同期!
※オンプレ➡クラウドでもリアルタイム同期
(下記はクラウドtoクラウド)
12
CopyRight 2017 ThirdWare Inc. All Rights Reserved

Proxyを使用すれば、遅延によるデータロスも最小限
※帯域幅が狭く、速度が出にくいWANやVPN等で遅延が発生しやすい環境下でも、「パケット圧縮」や「メモ
リバッファ」による転送アクセラレーションを行うことにより、特にデータベースの遅延によるデータ消失
リスクを最小限にすることによって、遠距離間やクラウドへのデータレプリケーションの品質を極限まで高
めることができます。
13
CopyRight 2017 ThirdWare Inc. All Rights Reserved
●アライアンス
SBクラウド株式会社
SoftBank Alibaba.com
技術力・ グローバル
マーケティング力 シェア
【Alibaba Cloud】
●手ごろなスターター・検証向けから、本番導入まで幅広く対応。コスパも高い。
●拡張性に優れ、料金追加で手軽で即座に容量拡張できる柔軟性。
●中国・アメリカを始め、複数のリージョンを選択可能。
●「サイバーセキュリティ保険」付パッケージプランもあり。
VPCによる専用線で日中間のネットワークを安定的に保つ「Express Connect」
でボーダレスなクラウド環境を構築可能
14
CopyRight 2017 ThirdWare Inc. All Rights Reserved
SBクラウド株式会社
【Alibaba Cloud】
※【注目点】
●Server Load Balancer(SLB)
➡ 通常数⼗万〜数百万するネットワーク機器が
月額わずか700円程度で使用可能
●Virtual Private Cloud(VPC)
➡ 外部からのサーバーのアクセスを制限する事で
社内ネットワークと同様の環境を作る。
よりセキュアな閉域網を作ることが可能。
➡【Expless Connect】
●Anti-DDoS
➡ 全てのAlibaba Cloudユーザーが無料で利用
可能。アプリケーションとインフラをDDoS
攻撃から保護可能。脅威を未然に防ぐ。
15
CopyRight 2017 ThirdWare Inc. All Rights Reserved
●アライアンス
NECネクサソリューションズ株式会社
※インターネットVPNサービス市場
●手ごろなインターネットVPNから閉域網まで様々選べる。
●規模もスモールスタートから冗長構成まで段階的な導入・拡張が可。
●MVNO(4G_LTE)を利用したVPN/Closedネットワークの構築も可能。
●信頼のNECグループの技術力で、セキュリティや保守管理も万全。
●インターネットVPN市場7年連続シェアNo.1の選ばれた実績。
16
CopyRight 2017 ThirdWare Inc. All Rights Reserved
●通信のNEC のVPNは「多彩」で「セキュア」
AWS/Azure/
NEC Cloud IaaSなど
※閉域網 Clovernet Cの場合
SBクラウド株式会社
【Alibaba Cloud】
他GCPなどクラウド
インターネットゲートウェイ
CloverNet
NTTドコモ
LTE網(MVNO)
インターネット
スマホ・タブレット
SIM対応ノートPCなど
本社
各拠点
17
CopyRight 2017 ThirdWare Inc. All Rights Reserved
●今までのDRは
金がある企業じゃないとムリ!!
・DRサイトオンプレ機器別途購入費用
・データセンター運営ランニングコスト
・DRサイト別途構築・試験・導入費用
・数年に一度のリプレース費用及び工数
・現地運用選任社員選定・ランニング
・定期点検費用
・高速回線別途敷設費用・
維持費
そんな金などない!
・高速専用回線
※ダウンタイム≒0(RTO≒0)で動かしたい場合
18
CopyRight 2017 ThirdWare Inc. All Rights Reserved
●これからのDRは
●DRBD Proxyがあれば、通常のVPN・
WAN回線でOK
→高価な専用回線を引くコストが削減
される
SBクラウド株式会社
【Alibaba Cloud】
4G LTE網
Anti-DDoS
クラウドDRサイト
CloverNet
●クラウドなので物理機器購⼊費用は無。また、構築も物理マシンに⽐べ楽なので、
工数や【特に】精神的肉体的負担が大幅に軽減!コストが大幅削減。
●月々の容量に応じたコストにつき、コストの適正化・平準化が図れる。
●また容量増の場合、柔軟に容量が増やせる為、増員や事業拡大でも安⼼。
●運用管理も楽で、メンテナンスの⼼配もほとんど無。
●数年ごとのリプレースの⼼配も無!労⼒とコストの節約可能!
19
CopyRight 2017 ThirdWare Inc. All Rights Reserved
●結び
災害の多い日本だからこそしっかりと
BCP対策!
そしてDR構築を始めてみませんか!
20
CopyRight 2017 ThirdWare Inc. All Rights Reserved
●お問合せ・ご質問に関しては
株式会社サードウェア 営業部 櫻井 宛まで
お願いいたします。
Mail:
sales@3ware.co.jp
ご清聴ありがとうございました。〜END〜
21
CopyRight 2017 ThirdWare Inc. All Rights Reserved

他のカテゴリから探す

IT業界の改革にご協力いただけませんか?

本サイトは、株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、中小IT企業による”本気”の情報提供セミナー「マジセミ」の結果レポートページです。「マジセミ」は、次を目的として活動しています。

我々はITエンジニアが、今よりももっと「誇り」と「喜び」をもって仕事をし、今よりももっと企業や社会に貢献できる、そんなIT業界を創りたいと考えています。

そのためには、技術をもった中小のIT企業がもっと元気になる必要がある。その為には、技術をもった中小のIT企業を、もっと皆様に知って頂く必要がある、と考えました。

株式会社オープンソース活用研究所
代表取締役所長 寺田雄一

本当かウソか、あなたが見極めてください。

もし、我々のこの活動にご賛同していただけるのであれば、ぜひ下のセミナーに参加してください。

「なんだ、結局ただの売り込みセミナーじゃないか」

もしそう感じたら、アンケートなり、あなたのFacebookなりに、そのままお書き頂き、拡散して頂いて構いません。

参加者からのお褒めの言葉、お叱りの言葉が、我々中小IT企業を成長させ、それが日本のIT業界を変えていくのだと、強く確信しています。

あなたの行動が、日本のIT業界を変えるのです。

日程を確認していただき、ご興味のあるセミナータイトルをクリックしてください。

「マジセミ」のFacebookページ

今後のセミナー情報などを提供させていただきたますので、「マジセミ」のFacebookページに「いいね!」をお願いします。

日本のIT業界を変えるためのアクション、ありがとうございました!